就いてよかった仕事のランキングをご紹介!男性・女性別に人気の職種も解説

就いてよかった仕事のランキングをご紹介!男性・女性別に人気の職種も解説の画像

この記事のまとめ

  • 就いてよかったと思う仕事の一般的な基準には、やりがいや雇用の安定性などがある
  • 女性が就いてよかったと思う仕事には事務職や秘書、大学職員などが挙げられる
  • 就いてよかったと思う仕事を選ぶためには、離職率の考慮や非正規雇用の検討なども有効
  • 仕事で充実感を得るには、自分らしさを活かせるうえ業務を通じて成長できるものを選ぶ

「就いてよかった」と思える仕事を知りたい方もいるでしょう。一般的な要素としては、ワークライフバランスの取りやすさや雇用の安定性といったものが挙げられますが、就いてよかったと思える仕事の基準は人それぞれです。よって、自分にとって働きやすい仕事の条件を考えてみるのが必要といえます。このコラムで一般的に人気のある職業をチェックするとともに、就いてよかったと思える仕事を見つける方法を知りましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就いてよかった仕事のランキングを選ぶ際の7の基準

就いてよかったと思う仕事の基準は人それぞれですが、一般的には人間関係の円滑さや休暇の取りやすさ、雇用の安定性などが挙げられるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.やりがいを感じられる

人は業務でやりがいを感じると、この仕事に就いてよかったと思うようです。自分の仕事の意味や業務の成果がはっきり分かると、仕事に価値を感じるようになります。やりがいを感じながら働いていると業務の大変さも乗り越えやすいので、安定して仕事を続けられるでしょう。

人の役に立てることを実感できる

人の役に立っていることを実感できると、この仕事に就いてよかったという充実感につながります。人は、仕事に対して自分の働く意味を求めるからです。業務中に人の役に立っていると実感する機会が多ければそれだけ自分の働きには意味があると思えるため、仕事に対する満足度が高まるでしょう。

2.ワークライフバランスを取りやすい

ワークライフバランスの取りやすさも、就いてよかったと思う仕事の大事な要素。仕事が忙しくて思うように休めないと心身ともに疲労を感じ、日々の生活に不満がたまっていくからです。生活に不満を感じたままでは長期間働くのは難しいので、ある程度ワークライフバランスを取れるのは必須条件といえるでしょう。

勤務場所や時間を選びやすい

勤務場所や時間を自分で選択しやすいのも、就いてよかったと思う仕事の条件の一つ。ある程度仕事の時間や場所を選べるとプライベートとの両立がしやすく、働きやすいと感じるからです。また、結婚や出産といったライフイベントの変化に比較的強いのもメリットといえるでしょう。

残業が比較的少ない

就いてよかったと思う仕事の特徴の一つに、残業が比較的少ないといった要素があります。残業が多いと拘束時間の長さや業務量に疲弊してしまい、プライベートとのバランスが取りにくいと感じられるもの。残業が比較的少ないと日々の満足度が高まるので、この仕事に就いてよかったと感じるようです。

休暇を取りやすい

休暇を取りやすい仕事は、就いてよかったという満足度につながりやすいでしょう。急な用事やイベントなどで休暇を取りたいときに融通が利くと、仕事とプライベートとの両立を図りやすいからです。よって、ある程度業務内容が大変であっても、休暇を取りやすいと仕事に対する満足度が高まるといえるでしょう。

3.雇用が安定している

就いてよかったと感じる仕事には、雇用の安定性が高いものが多いのも特徴の一つ。どんなにやりがいがあって給与が高い仕事だったとしても、雇用が不安定だと将来のことが気になって不安を抱えてしまいやすいからです。雇用が安定していれば急な失職といったリスクが低いので、安心して働き続けられるでしょう。

4.福利厚生が充実している

この仕事に就いてよかったと思うきっかけの一つに、充実した福利厚生が挙げられます。福利厚生の中には、家賃などの費用を補助してもらえたり多くのサービスが受けられたりするだけでなく、スキルアップを奨励してくれるものも。福利厚生が充実している職場は働きやすく、キャリア形成にも有利なので満足度が高いようです。

5.仕事のストレスがかかりにくい

業務においてストレスを感じにくいことは「就いてよかった」と思える仕事における大事な要素の一つです。例としては、業務量が多すぎないことや対人関係の悩みがないことなどが挙げられるでしょう。業務をするうえでストレスがかかりにくい仕事はとても働きやすいので、勤続しやすいのもメリットです。

人間関係のトラブルが少ない

人間関係のトラブルが少ない職場だと、この仕事に就いてよかったという気持ちにつながるようです。一般的には、退職の主な原因の一つに挙げられるほど人間関係の悩みは多いもの。よって、人間関係のトラブルがないとそのぶん非常に働きやすく、仕事の満足度につながりやすいといえます。

自分のペースで仕事を進められる

自分である程度業務量を決められたり、業務を進めるペースを調整できたりする仕事は「就いてよかった」と満足度が高いようです。

6.仕事が正当に評価される

自分の仕事が正当に評価されるという点も、この仕事に就いて良かったと感じる理由になるようです。自分の仕事が評価されないとやる気を失い、仕事を続ける気力がなくなってしまうもの。しかし、こなした仕事が正当な評価を受けると充実感ややりがいを感じることができるので、就いてよかったという満足感につながるといえるでしょう。

7.知識やスキルを身に付けやすい

知識やスキルを身に付けやすい仕事も、就いてよかったという満足感が得られやすいといえます。業務を通じて知識やスキルを身に付けられる仕事は、その後のキャリア形成に役立つからです。将来への投資になるともいえるので、就いてよかったと感じられるようになるでしょう。

ホワイト企業の特徴とは?働きやすい職場の見分け方」のコラムでは働きやすい職場の特徴をご紹介していますので、こちらもご参照ください。また、自分にとって働きやすい仕事については「自分にとって「働きやすい会社」を選ぼう!」のコラムで詳しく解説しています。

女性が就いてよかったと思う仕事のランキング

女性が就いてよかったと思う仕事には、事務職やWebライター、受付といったものがあるようです。以下、それぞれご紹介します。

1.事務職

事務職は、自分のペースでストレスなく業務を進めたい人にとっては、「就いてよかった」と感じる仕事であるといえるでしょう。電話や来客対応以外の業務であれば、基本分のペースで仕事を進めることが可能です。

2.コールセンター

コールセンターの仕事は、対応に慣れていけば淡々と業務を進められるので、1人で仕事を進めたい人は、就いてよかったと感じるようです。また、基本的に電話応答が主な仕事となるので業務の範囲が限られており、比較的始めやすい仕事といえます。

3.Webライター

Webライターは、ノルマはあるものの、「自分のペースで仕事を進められる」「在宅ワークがしやすい」などの働きやすさから魅力を感じる人は多いようです。
働く場所や時間にとらわれず働きたいと考えている人には、就いてよかったと感じられる仕事といえるでしょう。

4.受付

企業の受付は来客や電話対応のマニュアルが用意されていることがほとんどなので、ストレスを感じにくい特徴があるようです。基本的に複雑な業務内容がなく、コミュニケーション力があれば取り組みやすい仕事なので就いてよかったと感じる人も多いといえます。

5.秘書

秘書の仕事はある程度人と関わりながら業務を進めたい人にとっては、「就いてよかった」と感じることが多いでしょう。業務内容としては事務職に似ており、特定の人のサポートを行うのが仕事です。依頼された仕事を1人でこなすことが多いうえ、基本的にノルマもないので、業務上でのストレスは少なめであるといえるでしょう。

6.図書館の職員

図書館の職員は静かな環境の中で業務に取り組め、ストレスを感じにくいことから「就いてよかった」と感じる人が多い仕事です。図書館の来客対応や館内の本の管理が主な業務内容。本が好きな人や静かな環境で業務に集中したい人にはおすすめの仕事です。

7.大学の職員

大学の職員は雇用が安定していることが多いうえ、落ち着いた環境の中で業務に取り組めるので「就いてよかった」と思う人の多い仕事です。主な仕事としては学生対応や書類管理、教員の補助などが挙げられます。給与も比較的高額なので、高収入を狙う人にもおすすめです。

8.看護師

看護師は業務を通してやりがいを感じる場面が多いため「就いてよかった」と思う人が多い仕事の一つです。主な仕事は、医師の診察や手術などのサポートや病人やけが人の回復を助けること。大変な仕事ですが、人から感謝されたり仕事を通じて成長できたりすることに大きなやりがいを感じる人が多いようです。

9.保育士

子どもが好きな人にとって、就いてよかったと感じられる仕事が保育士。保育士は子どもを預かり、身の回りのお手伝いをするだけの仕事ではありません。子どもに生活習慣を身につけさせたり成長をサポートしたりすることも業務のうちです。日々子どもたちと触れ合い、成長を見守る仕事にやりがいを感じる人は多いようです。

10.アパレル販売職

アパレル販売職の仕事は売上が給与に反映されるので、仕事のモチベーションが維持しやすいといえます。主な仕事は洋服・ファッション雑貨の販売や商品の在庫管理、レジ対応など。来客対応で顧客の実際の反応を見られるので、自分の薦めた商品を購入してもらえたり常連のお客さまができたりしたときなどに大きなやりがいを感じやすく「就いてよかった」と思うようです。

働きやすい職場を探している女性の方には「女性が働きやすい職場の見極めポイントをご紹介」のコラムも参考になります。

男性が就いてよかったと思う仕事のランキング

男性が就いてよかったと思う仕事には、バスの運転手やルート営業といったものが挙げられます。以下、それぞれ見ていきましょう。

1.警備員

警備員は「人と関わることがあまりない」「ノルマがない」といった理由から、就いてよかったと感じる人が多いようです。見回りや警備が中心で基本的に誰かと行動を共にしない仕事なので、特に対人関係のストレスを感じにくいのが特徴。よって、一人で黙々とする仕事が良い人に向いているといえます。

2.清掃員

清掃員は「人との関わりが少ない」「毎日決まった場所を掃除すれば良い」といった理由から働くうえでのストレスを感じにくく、就いてよかったと思う人が多い仕事です。ルーティンワークや一人で集中して業務を行うのが良い人向きの仕事でしょう。
また、特別な資格やスキルを求められることもなく、比較的始めやすい仕事ともいえます。

3.バスの運転手

バスの運転手は単独で行う仕事なので対人ストレスをあまり感じにくく、「就いてよかった」と感じる人が多いようです。また、ノルマや残業がない点や毎日業務内容が決まっているという点が働きやすさに繋がっているのでしょう。自動車の運転が好きな人に向いている仕事です。

4.工場作業員

工場作業員は基本的に急な仕事が舞い込んでくることがなく、自分の業務に集中できることから「就いてよかった」と思う人の多い仕事です。最初は覚えることが多くても、同じ作業を繰り返すことが多く慣れれば効率よく動けるようになるので、比較的働きやすいといえるでしょう。また、人との会話が比較的少ないことから、コミュニケーションが苦手な人に向いています。

5.社内SE

社内SEの仕事にはITスキルが必要ですが、人から感謝される機会が多くやりがいを感じやすいことから「就いてよかった」と思う人が多いといわれています。社内SEは自社のネットワーク関連のみを担当するため、クライアントの納期に合わせて作業する必要のある通常のSEに比べ「厳しい要求をされにくい」「人から頼られることが多い」といった特徴があります。よって、自分のスキルで人の役に立てるというやりがいを感じつつも、比較的忙しくない状況で働くことが可能といえるでしょう。

6.マンションの管理人

マンションの管理人は人と接する機会はありますが、基本的に残業やノルマがないため就いてよかったと思える仕事です。主な仕事はマンションの受付や点検、報告、連絡といった管理業務で資格も必要なく、比較的目指しやすい職種であるといえます。しかし、住民トラブルの仲裁に入る場合もあるので、若い人よりも人生経験を積んだ年配の人に向いている仕事のようです。

7.倉庫作業員

倉庫作業員は静かな場所で一人黙々と作業ができるので、業務に集中したい人にとっては「就いてよかった」と思えるようです。また、業務内容によっては運搬作業などで大きく身体を動かすこともあるため、じっと座って仕事するのが苦手という人にも向いているでしょう。

8.ルート営業

ルート営業は飛び込み営業やノルマがないことから就いてよかったと感じる人が多いようです。業務の進め方が決まっていて臨機応変に動く必要性があまりないことから、通常の営業より働きやすいという特徴があります。よって、初めて営業職に就く人に向いているといえるでしょう。

9.電気やガスの検針員

電気やガスの検針員は業務でのプレッシャーを感じにくいことから、就いてよかったと思う人が多いといわれています。なぜなら、毎日決められた場所の検針を行うので、ノルマが発生したり業務に関する要求が多かったりすることがないからです。よって、比較的ストレスを感じることなく働けるといえるでしょう。

10.不動産関係

不動産関係の仕事は比較的高収入のため、「就いてよかった」と感じる人が多いでしょう。不動産の販売や仲介では成果に応じて給与が決まるインセンティブ制であることが多いので、やりがいを感じられる仕事です。また、不動産業務を通して身につけた知識は家を購入するときや部屋を借りるときなどに役立つのもメリットといえるでしょう。

就いて良かったと思う仕事に活用できる資格

「就いて良かった」と思う仕事は、志望者も増える傾向にあります。資格を取得することで採用の可能性が高まるだけでなく、業務にも役立つでしょう。

簿記

簿記は、企業の経理業務に関する知識を有していることを証明する資格です。簿記を取得することで「ビジネスにおけるお金の流れ」「経営状況の把握」といった基礎知識を身につけられるため、経理や会計といった業務だけでなく、営業や小売でも活用できるでしょう。「簿記ってどんな資格?保持するメリットと活用できる仕事」のコラムで詳細をご確認ください。

MOS

MOSは、「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略。オフィス業務で多用されるエクセルやワードといったマイクロソフト社の製品を使用できるスキルを証明できます。特にパソコン作業が多い事務や総務といった仕事で役立つでしょう。

秘書検

オフィスマナーや常識を問われる資格で、取得することで基本的なビジネスマナー、上司のサポートスキルがあることを証明できます。秘書業務にかぎらず、営業職や事務職など幅広い職種で活用できるのが特徴です。

宅建士

宅建士は、難易度の高い国家資格として知られています。不動産の売買・賃貸借契約の際の重要事項説明は宅建士しか行えず、また不動産仲介などの事業では、従業員の5人に1人の割合で宅建士を配置する義務があるため、不動産関連の仕事で活用できるでしょう。詳しくは「宅建の仕事内容とは?事務でも働ける?資格の取得法も解説」のコラムをご覧ください。

介護関連の資格

就いてよかった仕事として「やりがい」や「人の役に立つ」を挙げる場合、介護関連の資格は役立ちます。「介護職員初任者研修」からスタートし、国家資格である介護福祉士を目指すことも可能。「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」のコラムでは、介護の資格をはじめ仕事内容についても解説しています。

就いてよかったと思う仕事を選ぶべき3つの理由

仕事を選ぶ際に「就いてよかった」と思うかどうかを重視するのが大切である理由は、働きやすさだけでなく自分の成長といったものにも影響してくるからです。以下、就いてよかったと思うような仕事を選ぶべき理由を3つご紹介します。

1.長期的に働くことが可能

就いてよかったと思う仕事を選ぶと、長期にわたって働きやすい点がメリットとして挙げられるでしょう。なぜなら、ストレスを感じにくい仕事であれば辞めたいと思わないため、働き続けられるからです。結果として雇用が安定し、新しい仕事を探す手間やリスクがなくなるといった利点があります。

2.自分らしさを活かして働ける

自分らしさを活かして働けることも、就いてよかったと思う仕事を選ぶメリットの一つ。
仕事における自分らしさには「自分の強みを業務で発揮できているか」「自然体で働いているか」といったものが挙げられます。どこか無理をしながら働いていると心身ともに疲労が溜まり、仕事がうまくいかなくなってしまうことも。また、自分らしさを活かして働くと仕事のやりがいも感じやすいので、より充実した働き方ができるでしょう。

3.仕事を通して成長できる

「就いてよかった」と思う仕事を選ぶべき理由の一つに、業務を通じて成長できるからといった点が挙げられます。なぜなら、仕事に就いたことを後悔しながら働いていると思うように自分の実力を発揮できないうえ、成長したいという前向きな気持ちにもなれないからです。企業によっては変化を求めず挑戦を好まない社風のところもありますが、そのなかでも自分のアイデアを発信したり業務への工夫をしたりすることで、自分自身の大きな成長につながるでしょう。

就いてよかったと思う仕事を選ぶための3つのポイント

就いてよかったと思う仕事を選ぶためには「離職率をチェックする」「まずは派遣社員などの非正規で働いてみる」といった方法があります。以下、就いてよかったと思う仕事を選ぶための3つのポイントを見ていきましょう。

1.離職率に注目する

就いてよかったと感じる仕事を探すときには、離職率に注目しましょう。離職率が高い企業の場合、「上司が部下にストレスを与えている」「人手が不足している」といった慢性的な問題を抱えている可能性があるからです。反対に離職率の低い企業は人が長く働いているということなので、働きやすい職場である可能性が高いでしょう。就いてよかったと感じる仕事に就きたいのであれば、離職率が高くない企業や業種を選ぶのがおすすめです。

2.給与の高さだけで選ばない

「就いてよかった」と思えるような仕事に就くには、高い給与にこだわらないようにするのが大切。給与が高い仕事はそれだけ責任が重く、業務内容がハードである可能性が高いからです。
就いてよかったと思える仕事を探すには、給与面のほか勤務時間や業務内容、通勤時間などを考慮してストレスがかからないかどうかをじっくり検討しましょう。

3.派遣社員などの非正規雇用で働いてみる

気になる仕事があれば、まずは派遣社員などの非正規雇用で働いてみるのも一つの手。
初めから正社員として入社すると、万が一自分に合わなかった場合短期退職につながってしまう可能性があるからです。まずは非正規で働いてみて、企業の雰囲気や業務内容を掴んでから改めて検討するのも良いでしょう。

就いてよかったと思う仕事を探すための3つの方法

就いてよかったと思う仕事に出会うためには、自分で探す方法だけでなく転職支援サービスで紹介してもらう方法などいくつかの方法があります。
自分にぴったりの仕事を探したいなら、まず求人の探し方を吟味したうえで転職活動を始める必要があるでしょう。以下、求人探しの方法を3つご紹介します。

転職サイトを利用する

転職サイトを利用して探す方法は「多くの求人を見られる」「一度にいくつもの求人に応募できる」などのメリットがあります。一方で、「選考対策のアドバイスを受けられない」「企業とのやり取りをすべて自分でこなす必要がある」といったデメリットも。
転職サイトを利用する方法は忙しいなか一人で転職活動を進める必要があるため、ある程度自分の希望する仕事を絞り込めている人に向いているでしょう。

ハローワークやジョブカフェを利用する

就業経験の少ない人は、ハローワークやジョブカフェといった公的な転職支援サービスを利用するのも良いでしょう。ハローワークやジョブカフェでは、就業経験の少ない若年層の人に向けて正社員の仕事を紹介しています。また、無料の就職セミナーや職員のカウンセリングも受けられるため、転職活動に不安を持つ人に向いているでしょう。一方、ハローワークやジョブカフェには「支援対象が幅広いため、自分に合う求人が見つかりにくい」「職員が忙しく頻繁にカウンセリングを受けられない」などのデメリットがあります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用も効率よく仕事を探すための一つの手段です。
転職エージェントは民間企業の運営する転職支援サービスですが、企業ごとに支援対象や扱う業界が異なるので事前にある程度求人の傾向が分かるのがメリット。自分に合ったサービスを利用することで入社後に後悔しにくい仕事が見つかるうえ、業界や企業に詳しい専任の就活アドバイザーから適切なアドバイスがもらえるでしょう。
転職エージェントのデメリットとしては就活アドバイザーの紹介がないと求人に応募できない点があります。しかし、アドバイザーが紹介するのは就活のプロの視点で選んだ「求職者が最も内定を得やすく働きやすいであろう求人」です。よって、自分で選んだものに比べてよりマッチしている求人である可能性が高いといえるでしょう。

就いてよかったと思えるような仕事をお探しの方は、20代向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは就業経験が少ない若年層の方に向け、「就いてよかった」と思えるような仕事の求人をご紹介しています。ハタラクティブで扱う求人は経験やスキルよりも人柄やポテンシャルを重視し、将来の主力として長く活躍してくれるような人材を探している企業が多いため、入社後に就いてよかったと満足できる職場が見つかりやすいといえるでしょう。ハタラクティブのご登録・ご利用はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

就いてよかったと思う仕事に関するFAQ

充実した毎日を送るためには、「就いてよかった」と思うような仕事に就くことが重要です。ここでは、就いてよかったと思う仕事に関してよくある質問と回答をご紹介します。

就いてよかったと思える仕事とはどんなもの?

就いてよかったと思える仕事として女性では事務職や秘書、男性ではバスの運転手や社内SEといったものが挙げられます。就いてよかったと思う理由については人それぞれなので、自分にとってはどんな仕事が良いのかを考えてみてください。「「良い仕事」とはどんなもの?価値観や条件から自分に合う仕事を見つけよう」のコラムでは自分に合った良い仕事の見つけ方を解説していますので、ご一読ください。

就いてよかったと思える仕事に就くには?

まずは「この仕事に就いてよかった」と思える仕事はどんなものかを考えてみましょう。自分なりに就いてよかったと思える仕事の要素をノートに書き出してみるのがおすすめです。ある程度書き出したら、自分にとっての優先順位が高い要素をできるだけ満たしている仕事を探してみてください。「適職を見つけて転職を成功させよう!」のコラムでは適職に就く方法について解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

就いてよかったと思える仕事を選ぶ際のポイントは?

就いてよかったと思える仕事を選ぶ際には「離職率に注目する」「給与面だけで選ばない」といったポイントがあります。離職率の低さは人が辞めにくいということを意味しているので、働きやすい職場といえるでしょう。また、給与面など求人条件の一部だけを見るのではなく全体の条件をよく検討してから決めるのも大事といえます。働きやすい職場の条件については「働きやすい職場の条件とは?メリットポイントをご紹介」のコラムでもご紹介していますので、併せて参考にしてください。

就いてよかったと思う仕事の見つけ方は?

就いてよかったと思う仕事を見つけるには、自分で探す方法以外に転職支援サービスを利用する方法もあります。転職支援サービスではカウンセリングを行ったうえでぴったりな仕事を紹介してくれるのが特徴です。20代向け転職エージェントのハタラクティブでは就活アドバイザーがプロの目線からあなたにぴったりな仕事をご紹介していますので、ご活用ください。

この記事に関連するタグ