優しすぎる人にはどんな仕事が向いてる?適職をご紹介

優しすぎる人にはどんな仕事が向いてる?適職をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 優しすぎる人が仕事をしやすいのは、アットホームでノルマや競争のない職場
  • 優しすぎる人には言葉遣いが丁寧、几帳面といった特徴がある
  • 優しすぎる人が仕事で発揮できる強みには、思考の深さや思いやりなどがある
  • 優しすぎる人には介護士や保育士のほか、事務職や商品企画などの仕事も向いている

優しすぎる人に向いてる仕事は何か知りたい方もいるでしょう。優しすぎる人は他人のことをよく考える人なので、サービス業に限らず人をサポートする仕事や何かを生み出す仕事にも向いています。また、優しすぎる人は仕事で損をすると思っている人もいるでしょうが、特徴をうまく活かすと職場で厚く信頼され、業務で大きな成果を出せることも。優しすぎる人に負担がかからず、特徴を活かして活躍できる職場を探してみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

優しすぎる人が仕事をしやすい4つの職場

人に対して優しすぎる人には、風通しの良い職場やアットホームな職場が合うようです。以下、それぞれ見ていきましょう。

1.社員の意見をよく聞いてくれる職場

定期的に上司の面談があるなど社員の意見を積極的に聞こうとするところは、優しすぎる人にとって仕事しやすい職場といえます。そのような職場ではお互いを尊重し合っているので、優しすぎる人に過度な負担がかかりにくいでしょう。

2.アットホームな雰囲気の職場

優しすぎる人はギスギスした雰囲気をとても苦手とするので、アットホームな職場は仕事をしやすいと感じるでしょう。また、お互いに気心が知れており自然と相手のことを考えるので、優しすぎる人の長所を存分に活かせます。

3.ノルマや競争がない職場

ノルマや競争がないのも、優しすぎる人が働くうえで大事な要素。ノルマや競争があると誰もが常に達成への焦りや周囲への警戒を感じているので、職場内の空気が悪くなるからです。そのうえ、優しすぎる人は自分だけ積極的に勝とうとしないので、ノルマが達成できなかったり競争に負け続けたりして辛い気持ちを味わうことになるでしょう。

4.丁寧に教育してくれる職場

優しすぎる人にとっては、仕事を各自で覚えさせる職場よりも丁寧に教育してくれる職場のほうが向いています。なぜなら、優しすぎる人は周囲の空気を読み過ぎてしまうので忙しい人に話しかけるのをためらってしまうからです。よって、自分で仕事を覚えなくてはならない職場では分からないことがあってもなかなか質問できず、仕事で困りやすいでしょう。

優しすぎる人は他人の気持ちに敏感で、繊細な部分を持ちあわせています。「繊細な人とは?性格や向いている仕事などを徹底解説!」のコラムでは繊細な人に向いてる仕事についてご紹介していますので、こちらも参考にしてみてください。

優しすぎる人の7つの特徴

優しすぎる人には、「人のことをよく考える」「争いごとを好まない」などの特徴があります。以下、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.言葉遣いが丁寧

優しすぎる人には、言葉遣いが丁寧な人が多いようです。人に不快な思いを抱かせないように気をつけているので、おのずと丁寧な話し方をします。丁寧な言葉遣いは人に信頼感を与えるので、職場でも良い印象を与えているでしょう。

2.人のことをよく考える

人のことをよく考えて行動するのも優しすぎる人の特徴。相手の事情を深いところまで察し、寄り添ってあげるので感謝されることが多いようです。よって、人から慕われやすいといえるでしょう。

3.あまり気が強くない

優しすぎる人はあまり気が強くありません。そのため、気の強い人に圧倒されて考えを言えなかったり遠慮しすぎたりします。自分に不利な状況になっても毅然とした態度を取れないので、損をすることが多いようです。

4.人を優先しすぎてしまう

優しすぎる人は常に自分のことを後回しにするほど、人を優先しすぎてしまうところがあるようです。人のためを思いすぎて相手の事情を最優先するので、自分が損をすることも多いでしょう。

5.几帳面な性格

相手を常に気遣う細やかさから、几帳面な性格が多いのも優しすぎる人の特徴の一つ。他の人に対してだけでなく、仕事や日常生活においても几帳面であることが多いようです。

6.言葉で表現するのが苦手

優しすぎる人には口下手な人が多いといわれています。これは、相手を傷つけたくないあまり言葉を選びすぎているからです。本当はとても優しいのに言葉が足りないので、何を考えているのかが伝わりにくいところがあります。

7.争いごとを好まない

優しすぎる人はいつも人に対して柔らかい態度で接し、争いごとを好みません。争いごとは相手を傷つけるものだと思っているからです。優しすぎる人は他人を傷つけるのを極力避けようとするので、争いごとに発展しないよういつも気をつけています。

優しすぎる人が仕事で発揮できる3つの強み

優しすぎる人の特徴のうち、仕事をするうえで強みとなるものは以下の4つです。それぞれ詳しく解説します。

1.思いやりがある

優しすぎる人の他人に対する思いやりは、仕事をするうえで大きな強みとなります。仕事は人と協力して行うものなので、思いやりをもって接すると円滑にコミュニケーションができ仕事を進めやすいでしょう。

2.人の話を丁寧に聴ける

人の話を丁寧に聴くのも優しすぎる人の強みです。自分のことで精一杯な人は他人の話にあまり耳を傾けませんが、優しすぎる人は他人を優先するので相手の話を傾聴します。よって、仕事における相談相手として心強い存在になるでしょう。

3.他の人のために最善を尽くせる

他の人のために最善を尽くせるのは、優しすぎる人の大きな強み。一般的には、自分のために最善を尽くせても人にしてあげるのはほどほどに止める人が多いです。しかし、優しすぎる人は他の人に対して自分の思う最善を尽くすために労を惜しみません。その姿勢は仕事でも活かされ、仲間のフォローや取引先への対応で良い効果を生むでしょう。

4.思考が深い

優しすぎる人は他人についてよく考えることもあり、深い思考を持つ人が多いようです。そのため、仕事でも何かを分析したり論理的に考えたりすることに優れており、一目置く人も多いでしょう。

ここで挙げたように「優しすぎる」という性格一つから、複数の強みを見出せることが分かるでしょう。自分の強みは就活のアピールポイントとなるので、事前に明らかにしておいてください。自分の強み・長所の見つけ方は「【長所一覧あり】就活で効果的にアピールしよう!例文もご紹介」のコラムで解説しているので、こちらも参考にしてください。

優しすぎる人の仕事における3つの弱み

優しすぎる人の特徴で仕事をする際に困りやすい点は、以下の3つです。

1.断れないので仕事を回されることが多い

優しすぎる人は他の人の頼みをできるだけ聞いてあげたいと思うので、仕事を頼まれれば引き受けてしまうようです。自分が辛くても引き受けてしまうため、余裕があるから引き受けてくれるのだろうと捉えがちな周囲の人は優しすぎる人の苦しみに気づかないこともあります。

2.自分が困ったときに人に相談できない

優しすぎる人は相談されたら親身になって対応する一方で、自分から他人に相談を持ちかけるのは苦手なようです。相談を受けることが大変なのを分かっているので、他人に迷惑をかけてしまうと思い躊躇してしまいます。そのため、仕事で困ったときに助けを求めることができず苦しい状況に陥りやすいようです。

3.自分をないがしろにしてしまうこともある

優しすぎる人は無理に仕事を引き受けてしまったり人の話を一方的に聞いていたりと、他人を優先しすぎて自分をないがしろにしてしまうことがあります。また、人に嫌なことをいわれても反論できず、ストレスが溜まっていくことも。よって、そのうち仕事を辛いと思うようになることもあるようです。

優しすぎる人はその特徴の活かし方によって、仕事のできる人にもできない人にもなり得ます。優しすぎる人の強みを活かして仕事で活躍したいと考える方は「仕事ができる人にはこんな特徴が!効率的な仕事術とは」のコラムもご覧ください。

優しすぎる人の6つの適職

優しすぎる人には保育士や介護士といった人を相手にする仕事のほか、事務職など人をサポートする業務も適しているでしょう。以下、それぞれ解説します。

1.保育士

保育士は優しすぎる人に向いてる職業としてよく挙げられるでしょう。保育士には子どもたちを見守るだけでなく心情を察して動く必要があります。優しすぎる人は相手のことを深く考えられるので、子どもたちの様子を察して適切な対応ができるでしょう。

2.介護士

介護士も相手の求めるものを的確に読み取る力が必要です。優しすぎる人の特性は、なかなか考えを伝えられない被介護者の様子から必要なものを判断したり、さらに快適に過ごしてもらうためにはどうすれば良いか考えたりできるという点で介護士の仕事に役立つでしょう。

3.カウンセラー

優しすぎる人には、カウンセラーの仕事も向いています。カウンセラーには人の話を傾聴する能力が求められるからです。優しすぎる人は人の話をよく聞いて相手に寄り添い、深い思考ができるので優れたカウンセラーとして活躍できるでしょう。

4.事務職

対人の仕事以外で優しすぎる人の特性を活かせるのは、事務職です。事務職は人のサポートをする仕事なので、相手のニーズを読み取る力が必要。また、優しすぎる人はよく気が利くうえに几帳面なので、事務職として高い能力を発揮できます。

5.システムエンジニア

システムエンジニアも優しすぎる人の適職といえます。なぜなら、システムエンジニアはクライアントの要望を聞き取り、ニーズに合ったプログラムを考える仕事だからです。優しすぎる人は相手の望むものを察するのに長けているうえ、思考も深いのでシステムエンジニアとして活躍できます。

6.商品開発

商品開発も優しすぎる人にとっては適職の一つ。商品開発には人が求めているものを明確に読み取る力が必要だからです。優しすぎる人の他人が困っていることや望んでいることを敏感に察して深い思考ができる能力は、商品開発の仕事で活かせるでしょう。

優しすぎる人に向いてる仕事の探し方

優しすぎる人に向いてる仕事を探すときには、職場の雰囲気や働き方から検討するのがおすすめです。以下、優しすぎる人に向いてる仕事の探し方をご紹介します。

求人サイトを利用する

求人サイトで働き方や職場の雰囲気で検索をかけて探すと良いでしょう。求人サイトには「アットホームな職場」「教育体制が整っている」など、職場に関する情報が載っています。また、求人サイトは求人数が多く、インターネットが使えれば24時間いつでも利用できるのがメリットです。

就職支援サービスを利用する

就職支援サービスで仕事選びの相談をするのもおすすめ。民間企業の運営する就職支援サービスを就職エージェントといいますが、専任の就活アドバイザーがカウンセリング後に求人を紹介してくれるのが特徴です。就職エージェントは企業ごとに扱う業界や支援対象が違うので、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。仕事で困っていることや希望する職場の雰囲気などを就活アドバイザーに相談すると、優しすぎる人に合った仕事のアドバイスが受けられます。
優しすぎる人は自分より他人を優先してしまう傾向があるので、活き活きと働くためには雰囲気が良くコミュニケーションの取りやすい職場が適しているでしょう。自分に合った就活方法を選んで、働きやすい職場を探してみてください。

優しすぎる人に合う職場を探している方は、20代向け就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブでは、経験豊富な就活アドバイザーがカウンセリングを通じてご希望をうかがったうえで、あなたに合った求人を厳選してご紹介します。ハタラクティブが扱う求人はポテンシャルや人柄を重視する企業が多いので、スキルや経験に自信のない人も安心です。ご登録、ご利用はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

優しすぎる人の仕事にまつわるQ&A

優しすぎる人の仕事について、よくある質問をQ&A形式でご紹介します。やりがいを感じながら仕事に取り組めるよう、ぜひ参考にしてください。

優しすぎる人に向いている仕事は?

優しすぎる人には、保育士やカウンセラー、事務職などが向いているでしょう。保育士やカウンセラー、事務職では、「相手に寄り添う」「相手の視点に立つ」「穏やかに接する」といった優しすぎる人の強みを活かせます。「穏やかな人に向いている仕事を紹介!長所や短所から適職を探そう」のコラムでは優しすぎる人が参考にしたい仕事選びのポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

仕事で気疲れしてしまう…

仕事で気疲れする場合、「苦手な人とは距離を置く」「休日に気分転換する」といったことを心掛けましょう。周りを気にし過ぎず、「自分は自分」と考えることも大切です。「気疲れしやすいのはどんな人?特徴や原因を知って解消しよう」のコラムでは仕事の気疲れの対処法を解説しているので、チェックしてみてください。

仕事を頼まれると断れません。

自分では対応できないと思った仕事は、遠慮せずに理由を述べて断りましょう。引き受けたあとに「やっぱりできない」となると、かえって迷惑を掛けてしまいます。「仕事の断り方で印象が変わる!注意すべき4つのポイント」で仕事の断り方を解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

就職しても職場の雰囲気になじめるか不安…

飲食店や書店など職場を事前に見学できる場合は、実際に行ってみて雰囲気が自分に合うか確かめましょう。職場の雰囲気は、求人サイトや企業の公式サイトでも確認できます。就職・転職支援エージェントのハタラクティブでは、一人ひとりの性格や希望に合わせてお仕事をご紹介しています。仕事内容だけでなく職場の雰囲気が事前に分かるので、就職後の不安を軽減できるでしょう。サービスはすべて無料ですので、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ