新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介

仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介

公開日:

最終更新日:

仕事で気疲れしやすい人必見!どんな症状が出る?解消法もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・気疲れとは、精神的疲労を指す
  • ・つねに周りに気を遣っていたり責任感が強かったりする人は、気疲れしやすい
  • ・仕事で気疲れしやすいのは、急な職場環境の変化や人間関係の不安がある場合
  • ・気疲れしたときは、休息を取ったり趣味に没頭したりして仕事から距離を置こう
  • ・気疲れが原因で仕事に支障が出ている場合は、転職を検討してみるのも手

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

気疲れして眠れない、ストレスが溜まってつらいという人はいませんか?気疲れの原因は人によって異なりますが、大きなストレスを感じる前に解消することが大切です。気疲れをそのまま放っておくと、ひどい場合は頭痛や吐き気といった体調不良の症状を引き起こしかねません。このコラムで気疲れしやすい人の特徴や、シチュエーション、解消方法を知り、仕事がつらくなる前に対処しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

気疲れするってどういうこと?

気疲れとは、精神的な疲労を意味します。運動や力仕事による肉体的な疲労は痛みや違和感がともなう場合があるため「疲れた」と感じやすいですが、精神的な疲労は一見して分かりにくく、自分が気疲れしていることに気づかないことも多々あるようです。

気疲れ、すなわち精神的な疲労を放置していると、ひどい場合はストレスを溜め込んだり、頭痛や吐き気といった体調不良の症状を引き起こしたりすることも。つらさを我慢していると、肉体的な影響を及ぼす恐れがあるため、早め早めに解消して疲れを溜めないことが大切です。

気疲れしやすい人の6つの特徴

気疲れしやすい人には、以下のような特徴が見られる傾向があります。「自分は気疲れしているのか?」と疑問を感じている人は、次の項目に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1.つねに周りに気を遣っている

日頃から周りに気を遣っている人は、必要以上に疲れてしまう場合があるでしょう。周りに気を遣い、優しさや配慮を感じさせる行動を取ることは、仕事をするうえで大切な資質といえます。しかし、自分を後回しにしてまで過度に気を遣っている場合は、気疲れする原因になるので気をつけなければなりません。

2.十分な休息をとれていない

残業や休日出勤を続けていて十分な休息を取れていない場合も、気疲れしやすい状態であるといえるでしょう。睡眠不足や肉体的な疲労を感じているときに、「頭が回らない」「ちょっとしたことが気になる」ということもあるのではないでしょうか。平時は気にならないことも、体や脳が疲労しているときは過敏に反応してしまう傾向があるため、休息をとれていない場合は要注意です。

3.ネガティブ思考で些細なことを気にしてしまう

ネガティブ思考で些細なことを気にしてしまう人も、気疲れしやすいタイプといえます。「周りから良く思われないのではないか」と不安になりやすかったり、「相手を不快にさせたくない」と自己主張ができなかったりしていると、気疲れしてしまうこともあるでしょう。

4.責任感が強く、NOと言えない

責任感が強く、頼まれた仕事を断れないタイプの人も、気疲れしてしまう傾向があります。責任感が強い人は、基本的に真面目で物事にも真摯に取り組む姿勢が評価されがちです。「この人なら任せられる」と信頼してもらえる一方で、「自分がやらなければ」と気負いすぎてしまうと精神的な疲労が溜まりやすいため、気をつけたほうが良いでしょう。

5.完璧主義でプライドが高い

完璧主義で、「こうでなければいけない」といった信念やプライドを持って物事に取り組む人は、自分に対する評価にも敏感な傾向があります。単に仕事に対する評価だけでなく、「良い人に思われたい」と人間性の評価も気にしてしまう場合は、気疲れしやすい可能性が高いでしょう。

6.ストレス耐性が低い

ストレスに対する耐性が低い人は、気疲れしやすいタイプと考えられます。何に対してストレスを感じるかは人それぞれ異なりますが、「コミュニケーションが苦手」「人混みが苦手」といった苦手なものがある場合は、それに晒され続けることで強いストレスを感じ、精神的な疲労を感じてしまうでしょう。

仕事で気疲れしやすいシチュエーション

続いて、仕事で気疲れしやすいシチュエーションをいくつかご紹介します。仕事で気疲れする原因を探っていきましょう。

人事異動などで職場環境が変わった

人事異動や転職などで職場環境が変わると、はじめて関わる上司や同僚、取引先などへあいさつをしたり、新しい業務を覚えることになったりと、気疲れしやすい状況がしばらく続くことになります。新しい環境に慣れるまでは、精神的な疲労は溜まりやすいといえるでしょう。

職場に苦手な上司や合わない同僚がいる

職場にモラハラな上司や苦手な同僚がいるなど、人間関係の不安を抱えている場合は、精神的な負担も大きくなります。仕事をするうえでは、たとえ苦手な人であっても必要であれば関わらなければなりません。上司のご機嫌伺いをしたり、周りの空気を読んだりしていれば、それだけ気疲れしてしまうこともあるでしょう。

実力以上のノルマや成果を求められている

自分の能力以上にノルマを課せられていたり、はじめて大きなプロジェクトを任せられたりする場合は、かかってくるプレッシャーも大きくなります。期待に応えるため、いつも以上に周りに気を配ったり、多くの人と関わったりすると、精神的に疲れてしまうこともあるでしょう。

マルチタスクで自分に合わない業務量をこなしている

マルチタスクでたくさんの仕事を抱えている場合も気疲れしやすい状況といえます。業務量が多いのはもちろん、異なる業務を行うには頭の切り替えも必要です。そのため、抱えているタスクが多ければ多いほど気疲れしてしまうのは無理もありません。

気疲れしたときの解消法5選

ここでは、気疲れによる精神的ストレスを少しでも解消できるよう、ちょっとしたコツをご紹介します。「気疲れした」と感じたときに試してみてはいかがでしょう。

1.栄養を取りゆっくり休息する

体と心を休めるため、しっかりと栄養を取り十分な睡眠時間を確保しましょう。気疲れしているときは、精神面だけでなく肉体も疲労している場合が多いです。一旦仕事から離れて十分な栄養と睡眠を取り、心身ともにリフレッシュさせましょう。

2.趣味や好きなことに没頭する

趣味や好きなことに没頭する時間をつくり、嫌なことやストレスを感じることから離れてみるのもおすすめです。気疲れしないためには、オン・オフの切り替えも大切。音楽が好きなら音楽鑑賞、旅行が好きなら一人旅などを思いっきり楽しむことで、心の健康状態をリセットしましょう。

3.マッサージや温泉でリラックスする

マッサージや温泉といったリラックス効果の高いものを試すのも一つの手です。整体やヘッドスパ、アロマオイルなどを試すのも効果的。自分にあったリラックス方法を選んでみてください。

4.ヨガやジムなどで体を動かす

ヨガやジムなどへ行き、スポーツで汗を流すのもポピュラーな方法でしょう。スポーツは一見して気疲れと関係のないように見えますが、ストレスが溜まっていると体も強ばるもの。運動により体の緊張を解すことで、リフレッシュにつながることがあります。テニスやフットサル、スイミングなど、自分に合った方法で体を動かしてみてください。

5.「些細なこと」と割り切る

気疲れしたときは、「些細なこと」と割り切ってしまうのもおすすめ。気にしてしまうものを突然気にしないことに変えるのは難しいかもしれませんが、「些細なこと」「仕事は仕事」「次頑張れば良い」などと言葉に出してみることは誰にでもできるはずです。つらい気持ちを引きずるのはメリットになりません。まずは「些細なこと」と口に出してみることで、気持ちを切り替えてみましょう。

こんな症状は危険?気疲れ診断チェックリスト

仕事の気疲れが多く次のような症状がでているときは、すぐに状況を改善したほうが良い可能性があります。

・仕事に集中できずぼーっとしてしまう
・過去の失敗を引きずり立ち直ることができない
・頭痛や吐き気などの体調不良を起こしている
・眠りが浅い、または眠れない日々が続いている
・休暇中も仕事のことばかり考えてしまう
・仕事が原因で会社を休みがちになっている
・会社へ行こうとすると具合が悪くなる

仕事をしていると、気疲れしてしまうこともあります。気疲れすることに過敏になる必要はありませんが、仕事に影響を及ぼしかねない大きなストレスや体調不良などを引き起こしている場合は、我慢してはいけません。あまりに気疲れがつらい人は、次の項で「気疲れが改善されないときに取るべき対処法」をチェックしてみてください。

気疲れが改善されないときに取るべき5つの対処法

最後に、なかなか気疲れが改善されないときに取るべき対処法を5つご紹介します。つらいのを我慢し続けていると、心身の健康バランスを崩す恐れがあるため、できるだけ早く対処したほうが賢明です。

1.一人で悩まず家族や先輩に相談する

気疲れするようなことがあったときは、一人で抱え込まずに誰かに相談してみるようにしましょう。気疲れしやすい人は、仕事で困ったことがあっても、「今相談すると迷惑になるかも…」「嫌な顔をされたらどうしよう…」などとマイナスに考えてしまうことが多々あります。しかし、分からないまま進めるのはミスのもとになるため、かえって良くありません。不安や疑問のあるときは、家族や友人、先輩など身近な人を頼ってみても大丈夫です。

2.気疲れの原因から距離を置く

精神的に疲労を感じているときは、気疲れの原因から少し離れることも必要です。無理にストレス渦中に身を置き続ける必要はありません。解消法でもお伝えした、「休息を取る」「趣味や好きなことに没頭する」「運動してリフレッシュする」など、自分のやりたいように過ごしてみてください。仕事が忙しく時間が作れない人は、「5分間仕事のことを考えない」だけでもOKです。できることから少しずつ実践してみましょう。

3.仕事の量や内容の調整を行う

自分のスキルに対して業務量が多い場合や自分に合わない仕事をしている場合は、上司に相談し、仕事の量や内容の調整をお願いしてみましょう。企業によっては、部署異動が可能な場合もあります。

4.睡眠や食事といった生活環境を見直す

基本に立ち返り、睡眠や食事といった生活環境を見直してみましょう。ストレスを溜めてしまう原因の一つに、仕事とプライベードとのオン・オフがうまくできていない場合があります。仕事が終わっても、散らかった部屋での睡眠や栄養バランスの偏った食事をしていると、体を壊しかねません。仕事とプライベートをしっかり区別するためにも、快適な住環境を整え、リラックスできる時間を確保しましょう。

5.転職を視野に入れる

何をしても改善しなかった場合は、転職を視野に入れて考えてみてはいかがでしょう。仕事でどうしても気疲れしてしまうのは、今の職場が自分に合っていない可能性もあります。「会社の風土にどうしてもついていけない」「成果主義の会社が合わないと感じる」など、会社と自分の考えの違いを感じている場合は、今の状況のまま改善を望むのは難しいといえます。

気疲れの原因を根本的に見直すため転職を検討したいという方は、できれば在職中に求職活動を行いましょう。退職後に転職活動をする場合、転職先が決まるまで給与を得られなくなり、収入がない不安から焦って次の企業を決めてしまうリスクがあるためです。また、転職活動をスムーズに行うには、転職エージェント(転職支援サービス)を活用するのがおすすめ。エージェントが適性に沿った求人を紹介してくれるだけでなく、面接のスケジュール調整や面接対策などのサポートをしてくれます。 

就職・転職支援サービスのハタラクティブは、求人サイトには掲載していない「非公開求人」を多数ご用意。専任のアドバイザーがつき、カウンセリングや企業選定、面接対策などをマンツーマンで行います。内定・入社後も定期的にご連絡をするため、アフターフォローも万全。安心して転職活動を進めることができます。サービスはすべて無料なので、お気軽にご相談ください。

仕事での気疲れにまつわるQ&A

仕事で気疲れすることが多いと、会社に行くのが憂鬱になることがあるでしょう。気疲れでのストレスは早めに解消するのがポイント。気疲れに対処する方法をQ&A方式で考えます。

気疲れを自覚する方法は?

「仕事を溜めすぎている」「質問したいことを我慢した」など、日常の何気ない行動から気疲れを自覚できます。「仕方がない」といって放置するとストレスが溜まってしまい、頭痛や睡眠障害を引き起こすことも。「仕事で緊張する!心を解きほぐす対処法と予防法をご紹介」を読んで、身体に症状が出る前に対処しましょう。

人間関係での気疲れを解消したいです

職場の人とは毎日会うため、良好な関係が築けないとストレスが溜まりやすいでしょう。相手を変えるのは難しいので、自分の考え方を変えるのがおすすめ。仕事での関係と割り切って、適度な距離を保つのも一つの方法です。どうしても辛い場合は、異動を願い出たり、転職を検討したりするのも良いでしょう。「職場の人間関係で悩んだときの対処法と心がけ」を参考にしてください。

何かを断るときの上手な方法はありますか?

断る理由を説明し、言い方に気をつけるのがポイント。ただ「お断りします」だけでは相手に不快な思いをさせてしまうので、感謝や謝罪の気持ちも伝えるようにしましょう。無理をして引き受けてしまうとストレスから体調不良になるなど、かえって迷惑をかけてしまうこともあります。「仕事の断り方で印象が変わる!注意すべき4つのポイント」を読んで、断りたいときはきちんと断るのもマナーの一つです。

疲れたときは休んでも良いですか?

疲れたら有給休暇を使っても問題ありません。ストレスを解消したり、身体を休めたりして、上手にリフレッシュしたほうがモチベーョンを保てるでしょう。ただし、繁忙期や重要な会議の日など、仕事に影響があるときは避けるのがマナーです。「精神的に疲れた時はどんな症状が出る?仕事を休むタイミングは?」で休み方を紹介していますので、ご一読ください。 1日休んでも改善されず、「仕事に行きたくない」という気持ちが続く場合は転職を検討するのも手。ハタラクティブでは、一人ひとりに合った会社を見つけるために就活アドバイザーがサポートいたします。マンツーマンで相談しやすく、サービスはすべて無料です。ぜひ、ご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ