気疲れしやすいのはどんな人?特徴や原因を知って解消しよう

気疲れしやすいのはどんな人?特徴や原因を知って解消しようの画像

【このページのまとめ】

  • ・気疲れしやすい人の特徴は「責任感が強い」「完璧主義」「感受性が豊か」などがある
  • ・気疲れれしやすいシチュエーションは仕事や人間関係、環境の変化などさまざま
  • ・気疲れしたときは「ゆっくり休む」「趣味に没頭する」「働き方を見直す」が効果的
  • ・なかなか気疲れが解消できない場合は睡眠や食事の質を見直すことも大切
  • ・今の職場が原因で気疲れしている場合は転職するのも一つの手

気疲れしている人のなかには、どのようなタイプがしやすいのか特徴を知りたい方もいるのではないでしょうか。また、気疲れの原因と解消法を知りたい方もいるでしょう。
このコラムでは、気疲れしやすい人の特徴やシチュエーションを詳しく解説。仕事による気疲れ診断チェックリストや、解消法についても詳しく紹介します。仕事と前向きに向き合えるよう、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

「気疲れ」の意味

「気疲れ」とは、緊張やストレスからくる精神的な疲労を意味します。身体的な疲れと比べ、精神的な疲れは分かりにくく、自分が気疲れしていることに気づかないことも多々あるようです。
気疲れしているときに現れる症状については、「精神的に疲れた時はどんな症状が出る?仕事を休むタイミングは?」のコラムで紹介しています。

気疲れしやすいのはどんな人?

気疲れしやすい人は、「責任感が強い」「完璧主義」「感受性が豊か」などの特徴があります。以下で解説しているので、自分に該当する箇所があるかどうかをチェックしてみてください。

責任感が強い

責任感が強く、頼まれた仕事を断れないタイプの人は、気疲れしやすい傾向があります。責任感が強い人は、弱音を吐いたり自分で決めたことを途中で投げ出したりしません。仕事でも、一つの物事に対し真摯に取り組む姿勢を評価されがちです。他者からの信頼を得やすい一方で、「自分がやらなければ」と気負い過ぎると、精神的な疲労が溜まるでしょう。

完璧主義

完璧主義の人は、自分自身にプレッシャーをかけ続ける傾向があるため、気疲れしやすいといえるでしょう。高い目標を掲げ、「ゴールに辿り着くまで一切の妥協も許せない」という姿勢が気疲れの原因になることも多いようです。

他者からの視線や評価が気になる

他者からの視線や評価を気にし過ぎて、気疲れしてしまう人もいます。周囲に気を遣う優しさや配慮は、仕事をするうえで大切な資質。しかし、自分の感情をないがしろにして、他者の反応ばかりを気にしてしまうと、精神的に疲れが溜まってしまうでしょう。

自己主張ができない

いつも相手の意見ばかりを優先させて、自己主張ができない人も気疲れしやすいといえます。人は誰しも相手が嫌がるほうではなく、望むことや喜ぶほうを選択したいと考えるものです。しかし、あらゆる物事において、相手の意見を優先していると「本当は〇〇したかった…」というストレスが蓄積される可能性も。また、自己主張ができない人は、助けを求めるのも苦手な傾向があります。
たとえば、仕事量が多く残業が続いているとき、さらに仕事を頼まれても断れなかったり、誰かに「手伝って欲しい」と言えなかったりするでしょう。

感受性が豊か

気疲れしやすい特徴として、感受性が豊かな人も挙げられます。特に、ネガティブな意見や感情に影響を受けてしまうと、立ち直るまでに時間が掛かることも。また、苦手な人の話や悪口に対しても優しく、相手に感情移入する場合が多いので気疲れしてしまうでしょう。

ネガティブ思考

ネガティブ思考で些細なことを気にしてしまう人も、気疲れしやすいタイプといえます。常に周囲と自分を比較して悲観的になったり、自分に能力がないと落ち込んだりして疲れることが多いでしょう。また、ネガティブ思考な人は完璧主義で思い込みが激しい場合も。自分が描いた高い理想に達していないと思い込んだ結果、自分自身を責め続けてしまうこともあるのです。
他者と比較し自分に厳しくいることは、仕事をするうえで大切なこと。ただし、自分を卑下し、追い込み過ぎると心身ともに疲弊してしまいます。

休息、睡眠不足

残業や休日出勤などが続き、十分な休息を取れていない場合も気疲れしやすいでしょう。休みの日も仕事のことが頭から離れず、精神的に休息が取れていないと疲れは溜まる一方です。睡眠不足のときは頭が回らなかったり、些細なことでイライラしたりした経験は誰にでもあるでしょう。体や脳が疲れているときは、神経が過敏に反応してしまう傾向があるため、適度な睡眠と休息を取るのが大切です。

気疲れしたら心と体を休めることが大事
周囲の視線や評価が気になったり、ネガティブな発言に影響を受けたりすると気疲れするでしょう。しかし、他者を尊重するあまり、自分をないがしろにしてはいけません。心身ともに疲弊してしまう前に、「気疲れしたときの解消法5選」を参考にして心と体を休めましょう。

気疲れしやすいシチュエーション

生活のなかで気疲れしやすいシチュエーションには、仕事や人間関係、環境の変化などさまざまです。以下で詳しく解説しているのでご参照ください。

日々大量の仕事に追われている

日々大量の仕事に追われている場合、気疲れしやすいでしょう。仕事の量だけでなく、自分の能力以上のことを求められ「なんとかしなくては」と追い込み過ぎると精神的に疲れてしまいます。努力で補えるならまだ良いですが、気疲れして辛いときは正直に申し出ることも必要です。

人間関係で悩んでいる

人間関係の悩みも、気疲れしやすいシチュエーションといえます。相手が上司や同僚であれば、仕事で関わらないわけにはいかず、職場に行く限り気疲れは解消されません。そのため、仕事の人間関係に疲れきってしまい、転職や退職を決断する人がいるのも事実です。

引っ越しや異動をした

引っ越しや異動をきっかけに、気疲れすることも多くあります。環境や人間関係が新しくなると、慣れるまでは緊張したり気を遣ったりして、肩に力が入ってしまうもの。また、「新しい仕事を1日でも早く覚えたい」「人間関係を構築しなくては」といった意識が気疲れに繋がることも考えられます。環境の変化によるストレスの解消法や予防法を知りたい方は、「ストレス発散できない人の特徴とは?自分に合った気分転換方法を探そう」も併せてご覧ください。

環境の変化で気疲れしたときはストレス解消しながら乗り切ろう
環境の変化による気疲れは、誰しも感じる可能性があるうえ、慣れるまでに一定程度の時間が必要です。適度にストレス解消しながら乗り切りましょう。おすすめのストレス解消法を5つ、次項で詳しく解説します。

気疲れしたときの解消法5選

気疲れしたときは仕事中でも簡単に行える、深呼吸やストレッチをするのがおすすめです。それ以外にも、趣味に没頭したり働き方を見直したりなど、以下に紹介する5つの解消法を試してみてください。

1.深呼吸をしてゆっくり休む時間を作る

緊張や集中しているときは呼吸が浅くなりがちなので、目を閉じながら深呼吸を行うことで気分がすっきりするでしょう。気疲れしているときは、精神面だけでなく肉体も疲労している場合が多いため、しっかりと栄養を摂り十分な睡眠時間を確保するのが大切です。また、マッサージや温泉といったリラックス効果の高いもので、ゆっくり休む時間を作るのも良いでしょう。整体やヘッドスパ、アロマオイルなどを試すのも効果的。自分に合ったリラックス方法を選んでみてください。

スポーツでも気疲れを解消できる?
一見スポーツは疲れを増幅させそうに感じますが、運動により体の緊張を解すことで、リフレッシュにつながることがあります。ヨガやジムなどへ行き、スポーツで汗を流すのもポピュラーな方法でしょう。ストレスが溜まっていると体も強ばるもの。ゆっくり休む時間をつくりつつ、テニスやフットサル、水泳など自分に合ったスポーツで体を動かしてみるのも効果的です。

2.趣味や好きなことに没頭する

趣味や好きなことに没頭する時間をつくり、嫌なことやストレスを感じることから離れてみるのもおすすめです。気疲れしないためには、仕事とプライベートの切り替えも大切。音楽が好きなら音楽鑑賞、旅行が好きなら1人旅などを思いっきり楽しむことで、心の健康状態をリセットしましょう。

3.働き方を見直す

「仕事量が多い」「スキルに見合わない業務を任されている」といった場合は、上司に相談して仕事量や仕事内容を調整してもらいましょう。企業によっては、異動が可能な場合もあります。与えられた仕事を、なんとかこなすために頑張るのは悪いことではありません。しかし、気疲れしているときは、誰かに助けを求めることも大切です。

4.苦手な人と距離を置く

苦手な人と距離を置くのも、気疲れを解消する方法の一つです。「この人とは合わないな…」と感じる相手とは挨拶や必要最低限の会話にとどめ、一定の距離を置くことも考えましょう。

5.周囲の視線や評価を気にし過ぎない

気疲れを解消するには、周囲の視線や評価を気にし過ぎないのも重要です。一つの物事に対し、人それぞれ捉え方や考え方が異なるのは当然のこと。たとえ周囲と反対の意見をもっていたり、誰かに嫌われたりしても自分自身の価値は変わらないのです。
「周囲の意見がまったく気にならない」と思える人が少ないのは事実ですが、気にし過ぎて気疲れするよりも、「考え方の違い」「合わないだけ」と割り切る気持ちも大切にしましょう。

気疲れしたときは自分と向き合う時間を大切に
人間関係に悩んだり仕事に追われたりして気疲れしたときは、ノートに自分の気持ちを書いてみるのも有効です。自分と向き合う時間を作ることで、本当の気持ちを確認できるでしょう。また、仕事中も、できるだけこまめに小休憩をとるのもおすすめです。

仕事による気疲れ診断チェックリスト

仕事による疲れの度合を、自覚症状と勤務状況から確認できるリストが厚生労働省の「労働者の疲労蓄積度自己診断チェックリスト」にあります。以下に当てはまる部分があるかどうかチェックしてみましょう。

【自覚症状】
・イライラする
・不安だ
・落ち着かない
・ゆううつだ
・よく眠れない
・体の調子が悪い
・物事に集中できない
・することに間違いが多い
・仕事中、強い眠気に襲われる
・やる気が出ない
・へとへとだ(運動後を除く)
・朝起きたとき、ぐったりした疲れを感じる
・以前と比べて疲れやすい

上記の症状が「ときどきある=1点」「よくある=3点」で計算します。
合計点数が「0~4点=Ⅰ」「5~10点=Ⅱ」「11~20点=Ⅲ」「21点以上=Ⅳ」です。下記の勤務状況の結果と合わせて総合判定を行います。

【過去1カ月の勤務状況】
・時間外労働
・不規則な勤務
・出張に伴う負担
・深夜勤務に伴う負担
・仕事についての精神的負担
・仕事についての身体的負担
・休憩や仮眠の時間数および施設

上記の項目を、「大きい、多い=1点」「非常に大きい、非常に多い=3点」で計算しましょう。なお、「休憩や仮眠の時間数」は「不適切=1点」で加算します。合計点数が「0点=A」「1~2点=B」「3~5点=C」「6点以上=D」です。
総合判定の点数は、自覚症状で出た記号と、勤務状況で出たアルファベットが合わさる部分の数字をもとにします。たとえば、自覚症状の合計点数が15点で勤務状況が5点の場合、総合判定は4です。総合判定4は、仕事による負担度が「高いと考えられる」という結果になります。

仕事による気疲れ診断チェックリストの表画像

(引用:厚生労働省「疲労蓄積度自己診断チェックリスト」)

このようなチェックリストは、自分の症状や状況を客観的に知ることができるので、気疲れしているときは試してみると良いでしょう。ストレスを感じやすい人の特徴や解消法については、「仕事でのストレス!どう解消したらいい?」のコラムでも紹介しています。

参照元
厚生労働省
労働者の疲労蓄積度チェックリスト

なかなか気疲れが解消できないときの対処法

なかなか気疲れが解消できないときは、生活スタイルを見直したり身近な人に相談したりしましょう。我慢し続けていると、心身の健康バランスを崩す恐れがあるため、できるだけ早く対処したほうが賢明です。

生活スタイルを見直す

気疲れが解消できないときは、睡眠や食事といった生活スタイルを見直してみましょう。ストレスを溜めてしまう原因の一つに、仕事とプライベードとのオン・オフがうまくできていない場合があります。質の悪い睡眠や栄養バランスの偏った食事をしていると、体を壊しかねません。仕事とプライベートをしっかり区別するためにも、快適な住環境を整え、リラックスできる時間を確保しましょう。

気疲れの原因と距離をとる
精神的に疲労を感じているときは、無理にストレス渦中に身を置き続ける必要はありません。原因となるものと距離をとりましょう。「気疲れしたときの解消法5選」でも紹介した、「休息を取る」「趣味や好きなことに没頭する」「運動してリフレッシュする」など、自分のやりたいことをして過ごしてみてください。忙しい場合は、たとえば隙間時間に5分間だけ仕事のことを考えないだけでもOKです。できることから少しずつ実践してみましょう。

家族や友人などに相談する

気疲れしたときは、1人で抱え込まずに家族や友人などに相談しましょう。気疲れしやすい人は困ったことがあっても、「迷惑になるかも…」「嫌な顔をされたらどうしよう…」などとマイナスに考えてしまうことが多々あります。不安や悩みがあるときは、家族や友人、先輩など身近な人を頼りましょう。

転職するのも一つの手

何をしても気疲れやストレスが解消できなかった場合は、転職を視野に入れるのも一つの手。仕事で気疲れしてしまうのは、今の職場や仕事内容が自分に合っていない可能性も考えられます。気疲れの原因を根本的に見直すため転職を検討したいという方は、できれば在職中に転職活動を行いましょう。退職後に転職活動をする場合、転職先が決まるまで給与を得られなくなり、収入がない不安から焦って次の企業を決めてしまうリスクがあるためです。また、転職活動をスムーズに行うには、転職エージェントを活用するのがおすすめ。エージェントが適性に沿った求人を紹介してくれるだけでなく、面接のスケジュール調整や面接対策などのサポートをしてくれます。

就職・転職支援サービスのハタラクティブは、求人サイトには掲載していない「非公開求人」を多数ご用意。プロの専任アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングや企業選定、面接対策などを行います。内定・入社後も定期的にご連絡をするため、アフターフォローも万全です。安心して転職活動を進めることができます。サービスはすべて無料なので、お気軽にご相談ください。

仕事での気疲れにまつわるQ&A

仕事で気疲れすることが多いと、会社に行くのが憂鬱になることがあるでしょう。気疲れでのストレスは早めに解消するのがポイント。気疲れに対処する方法をQ&A方式で考えます。

気疲れを自覚する方法は?

「仕事を溜めすぎている」「質問したいことを我慢した」など、日常の何気ない行動から気疲れを自覚できます。「仕方がない」といって放置するとストレスが溜まってしまい、頭痛や睡眠障害を引き起こすことも。「仕事で緊張する!心を解きほぐす対処法と予防法をご紹介」を読んで、身体に症状が出る前に対処しましょう。

人間関係での気疲れを解消したいです

職場の人とは毎日会うため、良好な関係が築けないとストレスが溜まりやすいでしょう。相手を変えるのは難しいので、自分の考え方を変えるのがおすすめ。仕事での関係と割り切って、適度な距離を保つのも一つの方法です。どうしても辛い場合は、異動を願い出たり、転職を検討したりするのも良いでしょう。「職場の人間関係で悩んだときの対処法と心がけ」を参考にしてください。

何かを断るときの上手な方法はありますか?

断る理由を説明し、言い方に気をつけるのがポイント。ただ「お断りします」だけでは相手に不快な思いをさせてしまうので、感謝や謝罪の気持ちも伝えるようにしましょう。無理をして引き受けてしまうとストレスから体調不良になるなど、かえって迷惑をかけてしまうこともあります。「仕事の断り方で印象が変わる!注意すべき4つのポイント」を読んで、断りたいときはきちんと断るのもマナーの一つです。

疲れたときは休んでも良いですか?

疲れたら有給休暇を使っても問題ありません。ストレスを解消したり、身体を休めたりして、上手にリフレッシュしたほうがモチベーョンを保てるでしょう。ただし、繁忙期や重要な会議の日など、仕事に影響があるときは避けるのがマナーです。「精神的に疲れた時はどんな症状が出る?仕事を休むタイミングは?」で休み方を紹介していますので、ご一読ください。 1日休んでも改善されず、「仕事に行きたくない」という気持ちが続く場合は転職を検討するのも手。ハタラクティブでは、一人ひとりに合った会社を見つけるために就活アドバイザーがサポートいたします。マンツーマンで相談しやすく、サービスはすべて無料です。ぜひ、ご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION