もう限界…仕事のストレスで疲れたときの原因と対処法

もう限界…仕事のストレスで疲れたときの原因と対処法の画像

この記事のまとめ

  • 業務量の多さや人間関係は「もう限界」と感じる原因になりやすい
  • 仕事で「もう限界」と感じると、退職を頻繁に考えたり体調が不安定になったりする
  • 「もう限界」と感じたら、信頼できる人に相談したり休んだりするのが効果的
  • 「もう限界」の状況から抜け出すには、自己分析と企業研究で合った仕事を見つける

もう限界…と感じる方へ。生きていると仕事や人間関係など、さまざまなストレスを抱えてしまいがちです。「もう限界だ」と口に出して言いたくなるほど辛い状況に陥っている人もたくさんいることでしょう。無理をするとより辛くなってしまうため、「もう限界」と感じる原因を突き止めて正しい対処を行うことが大切です。このコラムでは、限界を感じてしまう原因と対処法をまとめました。仕事の適性も合わせて確認してみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事で「もう限界」と感じる原因

仕事をしていると少なからずストレスを感じることはありますが、「もう限界」と感じる原因の多くは「業務量の多さ」「周囲との関係性」「仕事に対する適性」に分類できます。

業務量の多さ

自分のキャパシティやスキルに合わないほどの業務量を抱えていると、やってもやっても仕事が終わらず「もう限界」と感じやすくなります。業務量が多くなる要因として考えられるのは、人手不足や特定の人に業務が偏る配置など。また、労働者側のスキルや認識不足も考えられます。

周囲の人との関係性

社会人になると学生のときほど深い人間関係を構築することは減るものの、スムーズな業務には良好な人間関係が欠かせません。また、会社にいる時間は思いのほか長いため、周囲との関係性が良くないとストレスを感じる機会は増えてしまいます

人間関係で悩む社会人は多い

仕事の人間関係でトラブルに…辞めたいときの注意点と割り切るコツ」のコラムでも取り上げているように、人間関係が原因で仕事先でトラブルになったり、退職を選んだりしている人は少なくないようです。

仕事に対する適性

そもそも担当している仕事に適性がないと、どんなに努力しても結果や評価につながりにくく、「こんなに頑張ってるのに辛い、もう限界」と感じてしまいやすくなるでしょう。適性とは、もともと持つ能力や性格が仕事内容に合っていること。たとえば、コミュニケーションが苦手な人が営業職についても、適性がないため成果につながりにくいと考えられます。

仕事以外で「もう限界」となる原因もある

「もう限界」と感じる理由は仕事だけではありません。家族や恋人、友人との関係性や自分の生活、将来などを考えたときに限界を感じてしまうこともあるでしょう。特に、近い距離で理解者になってくれるはずの家族や恋人が理解を示してくれなかったり、協力してくれなかったりすると「もう限界」と感じやすくなるようです。

未経験OK多数!求人を見てみる

「限界」の意味や状態は人によって違う

一人ひとりの考え方や感じ方が異なるため、「もう限界」と感じる「限界点」も、もちろん一人ひとりで異なります。自分では「これ以上だともう限界だ」と思っていても、他の人にとっては「まだまだ大丈夫」な領域というケースもあるでしょう。

「自分は限界を感じているけど周りは問題なさそう、自分の努力が足りないのでは」と考えてしまうと、ストレスが大きくなったり人間関係の軋轢が生まれたりする原因になります。これらを防ぐためにも、自分はどれくらいの仕事量をこなせるのか、人との関わりはどの程度を求めるのかなど、自分自身の限界点を知っておくことが大切です。

無理をして周囲に合わせて限界を超えると、体調を崩したり自信を失ったりすることに。限界を超える一歩手前で自分をセーブすることが、限界点を超えないための一つの方法でもあります。
体調を崩しているのであれば、病院へ行き医師の診断を仰ぐ。仕事量が多く捌けないときは、先輩や上司へ相談する。人間関係が上手くいかないときは、部署異動を願い出る。仕事が合っていないのであれば転職を考えてみるなど、今の状況に合った行動をとることで、限界からの抜け道を見つけることができる可能性もあります。

「もう限界」と感じたときに起こること

仕事やプライベートで辛いことが続き、「もう限界」と感じると、体調や感情に変化が表れるといわれています。普段にくらべてネガティブな考えが続いたり、体調が不安定になったりしたら限界が近い可能性があるので、出来るだけ休息を意識しましょう。

物事に対して「無理」と感じることが増えた

意欲があったり前向きだったりするときは、「無理かも」と感じても取り組み、成し遂げることができます。しかし、限界を感じている場合は普段なら問題なくできることでも「無理、できない」と感じてしまう機会が増えるようです

特に、「無理かも」と思うようなことが立て続けに起きたり、仕事でもプライベートでも問題を抱えていたりすると、打開策が見えずに辛さを感じてしまうでしょう。

頻繁に退職を考えるようになった

仕事で限界を感じると、仕事を辞めることを頻繁に考えるようになります。特に、普段は意欲的に業務に取り組んでいるなど問題がないように見える人が頻繁に「仕事を辞めたい」と思うようになったら、本当に限界が近づいてる可能性が高め。「辞めたい」と周囲に伝えることで、自分の辛さや限界を伝える意味もあるでしょう。

体調や感情が不安定になった

限界を自覚していなくても、体調や感情に表れることがあります。たとえば、「朝、起きれなくなった」「頭痛や腹痛の頻度が高まる」など。ストレスは体調に表れやすいといわれているため、普段と異なる状態が続いている場合は限界を感じている可能性があります

仕事で「もう限界」と感じた時の対処法

仕事で限界を感じたら、無理をせず周囲に相談したり仕事を休んだりすることが大切。また、限界を感じる原因が分かっているなら、適切な対処を行うことで解決に向かう可能性があります。

信頼できる人に気持ちを伝える

仕事で限界を感じたら、先輩や上司など信頼できる人に「もう限界です」「もう限界だから助けてほしい」と相談してみましょう。素直に自分の現状と困っていることを相談すれば、解決先を提示してくれることがあります。

また、解決には直接つながらなくても、「この人はこういうことで困っている」と把握してもらうことで、担当業務の選定や周囲との関係性などに考慮してくれる可能性もあるでしょう。

休暇制度や休職制度を使って休む

「もう限界」「もう疲れた」と感じたときは、制度を利用して心身を休めることも大切です。有給休暇があれば積極的に活用しましょう。特に業務量が多くて限界を感じている人は、休むことで仕事が滞る懸念から休みを取らない傾向も考えられます。

しかし、無理をして働き続けて体調を崩してしまっては本末転倒。休めるときにしっかり休み、心身をいたわりましょう。数日の休日で回復しない見込みがあるなら、休職も選択肢に入れてください。

自分なりのストレス発散法を試す

ストレスを抱え込んでしまうと限界を感じやすくなるため、自分なりのストレス発散法を見つけて実践してみましょう。スポーツやカラオケ、日帰り旅行、趣味に打ち込むなどが、ストレス発散法として挙げられます。「ストレス発散できない人の特徴とは?解消法や予防策も解説!」のコラムでも、ストレスと発散法についてまとめているのでご一読ください。

原因を突き止めて適切な対処を行う

ストレスを発散させたり仕事を休んだりしても、「もう限界」と感じる直接的な原因が解決しなければ、また限界を感じるときがきてしまいます。快適に仕事を続けるためにも、限界を感じる要因を突き止めて対処を行いましょう

業務量の多さが原因なら上司に相談する

担当する業務が多すぎて限界を感じているなら、上司に相談して業務の量を減らしてもらうなど適切な配分をお願いしましょう。ただし、自分のスキルや仕事への取り組み方が業務量が増えてしまう要因の可能性もあるので、一方的に仕事を減らすよう依頼するのは良くありません。
自分なりに業務改善に取り組んでいることも伝えたうえで、業務量の調整を相談しましょう。

人間関係が原因なら改善に取り組む

チームや部署での人間関係が限界を感じる要因なら、人間関係が良好になるような取り組みを意識するのがおすすめ。ただし、相手の性格や考えを変えることは困難なので、自分が変わる必要があります。
自ら意欲的に周囲に話しかけたり、分け隔てなく挨拶をしたりと小さなことから始めてみましょう。

仕事の適性が原因なら部署移動を検討する

どんなに努力しても成果につながらなかったり、長年取り組んでいるのにうまくいかなかったりと、仕事に対する適性が「もう限界」と感じる原因なら、仕事そのものを変えるのが効果的です。部署異動なら転職せずに業務内容だけを変えられるので、負担も少なくおすすめ。会社の経営方針や社風に賛同できない場合は、転職を検討しましょう。

「もう限界」から抜け出そう!自分に合った仕事を見つけるコツ

「もう限界で人生がつらい」「心がもう限界」など、深刻な悩みを抱えるほど現状が辛ければ、無理せず退職・転職を選択するべきです。前述したように、会社の経営方針や社風などは努力で変えられるものではありません。合わない環境で働き続けるのは限界を感じやすく、またキャリアやスキルアップにも影響を及ぼします

限界を感じて転職を検討するなら、下記を参考に自分に合った仕事や会社を探してみましょう。

自己分析を行って適性や職場に求める条件を明らかにする

自分に合った仕事や働きやすい職場を見つけるには、自分について深く理解することが大切です。自己理解がないまま「社内の雰囲気が良さそう」「仕事内容が楽しそう」と安易に転職先を決めると、入社後に「思っていたのと違った」「自分には合わなかった」と後悔することに。

まずは自己分析を改めて行い、自分の性格や求めるものについて確かめましょう。自己分析については「自己分析とは?就活や転職でどう使う?基本的なやり方をご紹介」のコラムでご確認いただけます。

企業研究を行って条件に合う企業を見つける

自己分析を終えたら、自己分析から導き出した自分に合う条件の会社を見つけるために、企業研究を行います。企業情報については把握しきれない部分も多いので、機会があれば会社説明会に行ったりOB訪問を行ったりしましょう。「企業研究とは?その必要性とスムーズに行うコツを知っておこう!」のコラムも参考にしてください。

転職のプロに相談して第三者の意見を聞く

自分で行った自己分析や企業研究の内容に不安があったり、客観的な視点から判断してもらいたかったりするなら、転職のプロに相談するのがおすすめ。ハローワークの職員や民間エージェントのスタッフにカウンセリングをしてもらえば、プロ視点からのアドバイスをもらえるため、より適性に合った仕事や会社を選べます

今の仕事に限界を感じているなら、転職エージェントのハタラクティブに相談してみませんか?
限界を感じる理由や悩みの原因などをお話いただければ、担当アドバイザーが解決策をご提案します。もちろん、適性や希望を考慮した転職先のご紹介や選考対策もばっちり。
ご紹介する求人や企業は、すべてスタッフが訪問調査を行っているので、社風や人間関係などもしっかりお伝え出来ます。「限界を感じているけど転職に踏み切れない」「自分に合った仕事や職場が知りたい」など、転職に関するお悩みならハタラクティブにお任せください。

この記事に関連するタグ