学歴コンプレックスの具体例や克服するための方法を詳しく解説!

学歴コンプレックスの具体例や克服するための方法を詳しく解説!の画像

この記事のまとめ

  • 学歴コンプレックスとは、自身の学歴への劣等感を指す
  • 大卒・高卒・中卒それぞれに学歴コンプレックスのパターンが考えられる
  • 学歴コンプレックスは、自分の心の問題といえる
  • 学歴コンプレックスの解消法は自分を正しく評価し、社会で必要とされるものを理解する
  • スキルや資格、仕事で実績を残すことなどで学歴コンプレックスは克服できる

学歴コンプレックスを持っていても、上手に付き合ったり解消したりする方法を知っていれば、前向きに自分を受け入れることができるかもしれません。このコラムでは、「学歴コンプレックスとは何か?」「克服するためにはどうしたいいのか?」などを解説しています。自分の強みが分からず自信が持てない…という方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

学歴コンプレックスとは

学歴コンプレックスとは、自身の学歴に対する劣等感を指す言葉です。
他人の学歴を必要以上に気にしすぎたり、自分より高学歴の人に嫉妬や嫌悪感、敵対心を抱いたり、無意識に自分と他人を比較して卑屈になったり、あるいは優越感に浸って自分より低学歴の人を見下してしまったりする、などの行動をとる特徴があります。また、自分の子どもにも必要以上に教育熱心になるあまり、子どもの意思よりも成績や受験にばかり気を取られてしまう、ということにもなりかねません。

未経験OK多数!求人を見てみる

学歴コンプレックスを感じるときとは

学歴コンプレックスには、最終学歴や大学の知名度などによって、さまざまなパターンが考えられます。では、どんなときに学歴コンプレックスを感じるのでしょうか。以下で、学歴別でコンプレックスを感じやすいパターンを解説します。

大卒で学歴コンプレックスを感じている場合

大卒で学歴コンプレックスを抱いている人の場合は、有名大学への受験に失敗した、もしくは断念した、第一志望に落ちてしまい、第二志望や滑り止めのワンランク下の大学に入学したなどがあげられるでしょう。
そのため、自分の志望校や上位校の卒業者と接すると劣等感を感じ、学歴コンプレックスを抱いてしまうパターンが多い傾向にあるようです。

高卒で学歴コンプレックスを感じている場合

高卒の方の場合は、同じ職場に大卒の方がいる場合、待遇の違いにより学歴コンプレックスを抱いてしまう人が少なくないようです。就職して数年後に、同い年で大卒の新入社員が入ってくると、ここでも待遇面に差を感じてしまう人もいるでしょう。
高卒が学歴コンプレックスを感じる理由と対処法については、「高卒が学歴コンプレックスを感じる6つの理由と対処法まとめ!」にも詳しくまとめています。

中卒で学歴コンプレックスを感じている場合

中卒の方の場合は、本人のコンプレックスよりも、会社での評価や対応、世間からの風当たりなどに厳しさを感じることが多い傾向にあるようです。しかし、中卒で就職し、社会で活躍している人も当然います。中卒で就職活動をお考えの方は、「中卒者のメリットを活かす就職活動」も合わせてご覧ください。

学歴コンプレックスを解消するための方法とは?

この項目では、学歴コンプレックスを解消する方法を紹介します。

自分を正しく評価する

学歴コンプレックスを解消する方法として効果的なのは、自分を正しく評価することです。企業によっては学歴を気にせず採用を行うケースもあります。学歴のみを過剰に気にしてしまうと、自分に対して正しく評価できない可能性があるため、ネガティブに考えすぎないことが大切といえるでしょう。学歴を重視せずに採用を行う企業については、「就職に学歴は関係ある?学歴フィルターがある理由や就活でのアピール方法」でも記載しているため、合わせてチェックしてみてください。

社会が必要としているものを理解する

社会に出て仕事を始めると、学歴よりも会社への貢献度やコミュニケーション能力、人間力などの方が重視される傾向にあります。そのため、仕事で実績を残したり、資格やスキルなど自分にしかできないことを身につけたりするなど、学歴以外のことで成功を収めることも、コンプレックスの解消に効果的といえるでしょう。

学歴コンプレックスがどうしても解消できない場合は

それでも、就活や転職活動をしているとどうしても他人の学歴が気になったり、自分と比較してしまいがちになります。なかなか仕事が決まらないと、学歴のせいだと感じたり、それがもとでコンプレックスに発展したりする人もいるかもしれません。逆に、学歴にこだわるあまり学歴以外に自分の強みが分からないという人も多くいるでしょう。
学歴ばかりを重視する環境にいる方は、思い切って学歴に影響されずに活躍できる場所を探してみるのも良いかもしれません。

どうしても学歴コンプレックスを解消できないときは、転職エージェントを利用することも考えてみませんか?ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが学歴に関係なく、あなたに合った仕事をアドバイスします。カウンセリングを通じて、自分の強みも見つけられるかもしれません。是非、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ