ブランクも好印象に!30代ニートが就職するためのコツ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ブランクも好印象に!30代ニートが就職するためのコツ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・30代になるまでニートを続ける理由は、夢があった、ニートでいることの不満や危機感がなかった、病気の治療や介護をしていたなど
    ・30代ニートからの就職は、視野を広げて人手不足や未経験者を歓迎している業界や企業から就職先を探す
    ・生活習慣を見直し、就職後の生活を維持するための基盤を整えよう
    ・履歴書や面接では事実を正確に伝え、前向きに仕事をする意欲があることを示す

ニートのまま30代に突入…そろそろ本格的に就職活動しなくては、と考えていませんか?
就活しはじめたものの、30歳以上を歓迎している求人が少なく、焦りを感じている人もいるでしょう。
30代のニートは正社員になれるのか?その実情と、就職するためのコツをまとめたので、ぜひご一読ください。

◆30代ニートの就職は難しい?

30代になると対象となる求人は減り、就職が難しくなると言われていますが、ニート期間があるとブランクから、さらに敬遠されやすいのが現実です。
あらかじめ社会の厳しさは分かっているのになぜ、30代になるまでニートを続ける人がいるのでしょうか?就活の実情を知る前に確認しておきましょう。

・夢を追いかけていた
・ニート生活に不満や危機感がなかった
・病気の治療や親族の介護をしていた

難関資格の取得が必須の仕事であったり、アーティスト活動をしたかったりとその夢は人それぞれ。
30代になっても資格が取得できなかったり、芽が出なかったりするケースが多いようです。
また、援助や貯蓄があり、生活面での不満や危機感を抱く場面がなければ、あえてニート生活から脱出しようという考えに至らない人も。
30代になって援助や貯蓄が減ったことではじめて危機感を覚える人は少なくありません。
このような自分の医師とは関係がなく、自分自身の病気の治療や、親族の治療・介護などが必要だったという人もいます。

同じニートでも30代になるまで就職しなかった理由はさまざまですが、本人に就職の意思があればどのようなケースでも正社員になることは可能です。
特に病気の治療や親の介護は本人の働く意欲は関係ありませんから、やむを得ず無職として過ごしていたのだと理解してもらえます。
ただし、どのような理由であっても年齢が上がるほど就職には不利になってしまうので、早めに就活を始めた方が良いでしょう。


◆30代ニートが就職するポイント

30代ニートというハンデがあっても就職できるとお伝えしましたが、新卒の就活と同じ方法では困難を極めます。
就活するときのポイントを抑えておきましょう。

まず、仕事を選びすぎないこと。
やりたいことや興味のある分野で活躍したいと思うかもしれませんが、多くの企業では30代を中途採用する場合、年齢に伴った職務経験・スキルがあることを重視します。
希望の業界・職種がそのような採用基準を設けていた場合、内定が出る可能性はぐっと狭まってしまうでしょう。
自分が気になるもの以外の業界・企業・職種についても詳しく調べ、選択肢を広げてください。

このとき、人手不足の業界や未経験者を歓迎している企業についても調べてみましょう。
30代未経験者の就活では「採用されやすい仕事」を探し、応募するのが早期就職に繋がるからです。
求人に応募するときは、採用されやすい仕事の中から、自分の特性を活かせるものを選ぶと良いでしょう。

もしも、気になる職種が資格を取得することで採用に有利になるのであれば、資格取得を目指すのもおすすめです。
ただし、資格の難易度や試験回数によっては長いブランクを招きやすいため、詳細についてチェックしておいた方が良いかもしれません。


◆まずは生活習慣を整えよう

業界・職種研究などと並行して取り組んでほしいのは、生活習慣を整えること。
ニート生活が長いと昼夜逆転していたり、運動不足になっていたりして、就職できても一般的な正社員の生活に馴染みづらい傾向にあるようです。
馴染めないことで心身ともにストレスを感じ、早期退職に繋がってしまった例もあります。

そうならないためにも、起床・就寝・食事の時間を一定のリズムに整え、適度な運動を取り入れた生活を送りましょう。
急激に生活を変化させようとすると疲れてしまい、習慣づく前に諦めてしまうこともあります。急に早寝早起き・無理な運動をしても無意味になりかねません。
「毎朝○時起床・○時就寝」「3食同じくらいの時間に食べる」「散歩か軽いジョギングをする」程度を目安に自分が無理なく実行できるペースを組み、まずは「続ける」ことを重視して過ごしましょう。

ある程度生活リズムが整ったら、非正規雇用で仕事に慣れるのもおすすめです。
仕事が楽しくなるとフリーター生活を続けてしまうことになるので、あらかじめフリーターでいる期間を決めた上で行動してください。


◆履歴書の対策方法

30代でニート期間が長いと、履歴書を作成するときに「前職の勤務期間を長めに書く」「ニート期間中にアルバイトしていたことにする」などブランクを補うような虚偽の経歴を書いてしまいたくなる人もいるのではないでしょうか。
しかし、これは経歴詐称になりますから、絶対にしてはいけません。
「バレることはない」と思っていても、選考時に前職に就職状況の確認をされて発覚・不採用となるケースはありますし、入社時の各種手続きや前職・取引先企業の人間関係などから後々発覚することも。
選考時であれば単純に不採用となるだけでトラブルにはなりませんが、入社後に発覚すると減給や降格、解雇などへ発展することもあります。

自分の経歴に自信がない人は、経歴欄ではなく、志望動機欄や自己PR欄などでアピールしましょう。
採用担当者は、応募者が30代までニートを続けていたという事実から、「働く意欲はあるのか」「社会適応力はあるのか」に注目して選考を行います。
これらの項目で、ニートを続けてしまった理由を明確にするとともに、ニート期間で学んだことやその経験をこれからどう活かそうと思ったのかなどを伝え、前向きに就職を考えていることや働く意欲が湧いてきたことを示すと良いでしょう。


◆履歴書の対策方法

履歴書作成時と同様、つい面接でも見栄を張りたくなるかもしれませんが、こちらでも誠実な対応を心掛けるのがベター。
事実を正確に伝えつつ、これからは前向きに働きたい意欲があることを示してください。

また、特にニート期間が長い人は、回答内容のほかにもコミュニケーションの基礎ができているかどうかにも注目しましょう。
ニート期間が長いほど、家族や友人など親しい人以外とはそれほど交流がない状況が日常化しており、コミュニケーション能力が低くなっていることに気づいていない場合があります。
面接時は、質問に対して的確な回答になっているか、会話が成立しているか、相手に不快な印象を与えてしまう姿勢・口調・表情になっていないかなどに気をつけて臨みましょう。

これらはいきなり本番で意識できるものではありませんから、模擬面接を通して繰り返し練習しておくのがおすすめです。
家族や友人に頼んでみても良いですが、より的確なアドバイスを受けるには第三者に依頼するのがベター。
次項で詳しくご紹介する、ハローワークや就職エージェントなどの就職支援機関を活用してみてはいかがでしょうか。


◆第三者の手助けを借りてみよう

前項の「面接の対策方法」でもお伝えしたように、面接の練習をするなら第三者…特に就職支援に特化している機関に頼りましょう。
このような就職支援機関では模擬面接以外にも履歴書の添削や作成指導、面接のアドバイス、求人の紹介などさまざまな支援を受けることができます。

ニートからの就職で特におすすめな支援機関は、ハローワーク、サポステ、就職エージェントの3つ。

ハローワークは都道府県の各地域に設置されているため気軽に利用できますし、サポステは就職経験のない若年者を対象にカウンセリング・コミュニケーション訓練・就労体験などを実施しているため就職に向けて段階ごとにステップアップしていくことが可能です。
就職エージェントは利用できる地域は限られているものの、信頼できる企業の求人を紹介してもらえるほか、専任のアドバイザーがカウンセリングから就職、内定後のフォローまで一貫してサポートしてくれることが特徴となっています。

ハタラクティブはニートやフリーターなどの就職を支援している就職エージェント。
就職経験がなく不安を感じている、経歴に自信がなく履歴書をどう作成すればよいか分からない、などお気軽にご相談ください。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ