高卒ニートが就職するために本当に必要なこと

2018/06/29

【このページのまとめ】

  • ・高卒ニートが就職しづらい主な理由は学歴やコミュニケーション力など
    ・社会人経験やアルバイト経験がある場合は、同じ業種やそこでの経験を活かせる仕事がおすすめ
    ・社会生活に徐々に慣れるためにも、まずは無理のないアルバイトから働き始めよう
    ・自己分析を行い、これまでの歩みを棚卸しして自分軸を見つけることも大切
    ・応募に際して必須の資格でない限り、資格取得の勉強に時間を割くことは得策ではない
    ・就職エージェントを活用するなど、一人で悩まずに就活サポートを積極的に受けてみよう

高学歴ニートの就職難が伝えられる中、高卒ニートはさらに就職しづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。学歴やニートというデメリットを克服して正社員の内定を取るためには、押さえておきたいポイントがあります。就活をあきらめてしまう前に、ぜひ当コラムをお読みください。

◆高卒ニートが就職しづらいと言われる理由

高卒ニートの就職が難しい理由としてまず挙げられるのが「学歴」ではないでしょうか。
大卒や院卒などの高学歴ニートもいる中で、「高卒で働いていない」という状況がさらに不利になってしまうのは想像に難くありません。
近年は人材不足などに伴い、高卒を歓迎する企業は増加傾向にありますが、採用の対象となるのは、あくまでも働く意欲のある人や、やりたい仕事が明確な人です。ニートという選択肢をとる人に対して、「働く意欲がない」「自立心がない」「将来のビジョンを考えていない」とシビアに判断する企業が多いのも事実です。
また、人間性やコミュニケーション力に問題があるのではないかと懸念されてしまうことも。
では、こうしたニートのネガティブなイメージを払拭するためにはどうしたら良いでしょうか?



◆どうすれば高卒ニートから就職できる?

一度でも社会人経験があれば、同じ分野の仕事や、そこで培った経験を活かせる業種で活躍できるかもしれません。また正社員として働いたことがなくても、長期のアルバイト経験がある方であれば、アピールできることもあるのではないでしょうか。
とはいえ、やはりニートからいきなり就職を目指しても内定は出づらいため、まずはアルバイトから働き始めることをおすすめします。人と接すること、仕事をこなすことなどハードルが高いと感じるかもしれませんが、リハビリも兼ねて、無理のないペースで働けるアルバイトを探しましょう。
また、現在の自分の状況を踏まえた上で自己分析をすることも大切。「なぜ働きたくなかったのか」「就職を考えたのはなぜか」「得意なことや大切にしていることは何か」「つまずきがちなポイントは何か」など、これまでの歩みを棚卸しして整理することで、「自分軸」が見えてくるようになります。やりたい仕事を見つけるためには、この作業がとても有効です。



◆資格の取得は意味がない?

高卒ニートから就職を目指す際に、資格を取得してから就活した方が良いのではないかと考える人もいるかもしれません。
しかし短期間の勉強で取得できるような資格は、実は就職にも業務にも役立たないケースが多いようです。
就職したいと考えている職種に必須の資格でない限り、資格取得から就活するという流れは、時間と労力を無駄にしてしまうことも。

高卒ニートの場合、まだ年齢が若い方も多いのではないでしょうか。年齢が若いということは、就活において最大のメリットであるといっても過言ではありません。ウォームアップのためのアルバイト期間のことも考えると、資格取得のための勉強に時間を割くよりも、ハローワークと就職エージェントを併用するなど、効率よく早期就職を目指す方が賢明です。


若年層に特化した就職支援サービスのハタラクティブでは、優良企業の未経験歓迎の求人や学歴不問の求人を多数ご紹介可能です。
さらに自己分析や適性判断といった就活の準備から、書類の書き方、面接対策、就職後のケアまで、就活を長期的にフォローしています。
プロの就活アドバイザーがマンツーマンでサポートに当たるため、社会復帰に関する悩みなども相談しやすい環境が整っています。
一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

関連する記事

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ