既卒は就職エージェントを利用できる?選び方や利用方法を詳しく解説

既卒は就職エージェントを利用できる?選び方や利用方法を詳しく解説の画像

この記事のまとめ

  • 既卒も就職エージェントの利用は可能
  • エージェントと求人サイトの違いは、担当者の有無や手厚いサポートなど
  • 既卒者がエージェントを利用することで長期的なキャリア形成を行える
  • 既卒者がエージェントを利用するなら、未経験向けの求人が多いサービスを選ぼう
  • 既卒がエージェントを選ぶときのポイントは、複数のエージェントに登録すること

「既卒がエージェントを利用して就職できるか不安」という方もいるでしょう。既卒もエージェントを利用して就職することは可能です。このコラムでは、エージェントの利用方法や既卒の就活に就職・転職エージェントがおすすめの理由を紹介します。また、エージェントを使うメリットや活用するコツなども合わせて解説。自分に合ったエージェントを利用し、既卒からの転職を成功させましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

エージェントは既卒も使える?

エージェントは既卒も使える?の画像

既卒もエージェントを利用して就職活動を行うことが可能です。エージェントとは就職や転職のサポートをする人材紹介会社のこと。エージェントによっては利用者を「社会人経験△年以上」「管理職」など制限している場合もありますが、既卒向けのエージェントを選べば、既卒者に合った求人を紹介してもらえるのでおすすめです。

未経験OK多数!求人を見てみる

既卒就職におすすめの「エージェント」とは?

前述のとおり、エージェントとは就職や転職を希望する人をサポートする人材紹介会社のこと。具体的には、求職者へのカウンセリング、求職者に合う求人の紹介、応募書類作成のアドバイスや面接対策、入社後のフォローなどを担当します。
さらに、エージェントは求職者と採用企業との間に立って、給与や勤務時間など、条件面の調整・交渉も実施。「エージェント=代理人」という名前の通り、求職者と企業との橋渡し役を担っています。
既卒の就活に関して詳しく知りたい方は「新卒とは?いつまでを指す?就活のやり方や成功のコツを解説します」にて、解説しています。ぜひ、参考にしてください。

既卒の就活に就職・転職エージェントがおすすめな理由

既卒の就活に就職・転職エージェントがおすすめな理由は、求人サイトには載っていない非公開求人が閲覧できる、推薦状を書いてもらえるなどが挙げられます。
以下で詳しく紹介するので、転職エージェントを利用する際の参考にしてみてください。

求人サイトには載っていない非公開求人を閲覧できる

就職・転職エージェントは、求人サイトに載っていない非公開求人を閲覧できるメリットがあります。非公開求人とは、一般には公開しておらず、エージェントなどに登録すると紹介してもらえる求人のことです。非公開求人は応募が殺到するような好条件の求人が多い傾向にあるため、エージェントに登録すると必然的に良い求人を紹介してもらいやすいでしょう。

推薦状を書いてもらえる

就職・転職エージェントでは、企業に応募する際、エージェントからの推薦状を書いてもらえます。推薦状とは、エージェントが企業に求職者の紹介をする書類のことです。推薦状を書いてもらえることで、履歴書や職務経歴書だけでは伝わらないような、その人の人柄や魅力などを伝えられます。
応募企業によっては書類選考で経歴やスキルなどを重視する場合もあるので、既卒の方にとって推薦状は経歴やスキルを補うための重要なポイントになるでしょう。

既卒はどちらを使う?エージェントと求人サイトの違い

既卒はどちらを使う?エージェントと求人サイトの違いの画像

エージェントと求人サイトの最も大きな違いは、担当アドバイザーがいるかどうか。担当アドバイザーがいることによって、より希望に合った求人への応募や、内定に有効な対策が行えます。以下でエージェントと求人サイトの違いについて詳しく見てみましょう。

サポート体制の違い

エージェントでは、担当アドバイザーがマンツーマンで就職活動をサポートしてくれます。しかし、求人サイトにはアドバイザーがいないため、求職者が自分で自己分析を行い、サイト上の情報を元に目指す業界や企業を絞り込んでいくのが一般的です。

相談体制

エージェントにはアドバイザーが在籍しており、利用者と対面で相談できる体制が整っているのが特徴です。また、カウンセリングをとおして就職・転職への不安や希望に対する相談に乗ってもらえます。
求人サイトは基本的に、サイト上でのサービスのみです。求職者が自分でサイト内を調べて応募書類を書き、文章を推敲する必要があるでしょう。しかし、なかには応募書類作成のマニュアルや書類サンプルをサイト上で公開したり、個別の添削サービスを提供したりしている求人サイトも見られます。

面接対策

エージェントではアドバイザーによる面接対策を、対面やメール、電話などで実施しています。求職者は自己PRや志望動機の効果的な伝え方について直接教わることができるほか、過去の面接で他の応募者がどのような質問をよくされたのか、面接の傾向を知ることも可能です。
求人サイトでは面接のノウハウをサイト上で提供していることが多いため、求職者はそれを確認しながら、自分で面接の準備を行います。

日程・条件の調整

エージェントは企業と利用者の間に入って面接スケジュールを調整してくれるほか、採用となった場合には、年収や入社時期などの面倒な条件面の調整・交渉など、すべて求職者に代わって対応してくれることも。
求人サイトでは「担当アドバイザー」という存在がいないため、求職者が自分で企業側と連絡を取り、調整・交渉を行います。

求人情報の違い

求人サイトには膨大な求人情報が掲載されていますが、エージェントのWebサイトには求人サイトに比べると少ないか、そもそも求人情報が掲載されていないことも。エージェントでは基本的に登録した人にしか求人を開示していないのが理由です。
また、エージェントは非公開求人を扱っているのも特徴。前述にもありましたが、非公開求人とは、一般公開されない求人のことです。採用活動を通して事業内容や採用方法を競合に知られたくない、などと考える企業が行っており、求職者はエージェントを通さないと非公開求人に応募できないようになっています。

応募方法の違い

エージェントでは、担当者が求職者の長所や短所を把握したうえで求職者にふさわしい求人をセレクトして紹介し、求職者はその中から希望の求人にエージェントを介して応募します。
また、求人サイトでは、サイトに掲載されている数多くの求人情報の中から求職者自身が自由に求人を選び、サイト上から自分で応募するのが一般的です。

書類選考の通過率の違い

求人サイトは求職者が自由に求人を選んで応募できるのでエントリーの間口が広い傾向にあります。そのため人気の企業や職種の求人には応募が殺到し、書類選考を通りにくくなることも。
エージェント経由で応募する場合、書類にはエージェントからの推薦状が添えられるのが一般的です。そのため、求職者の人柄や、企業にどう貢献できそうかなど、アドバイザー独自の視点から情報が綴られており、書類選考通過の可能性は高まるでしょう。

入社後のフォローの違い

エージェントでは多くの場合、入社後も担当者が定期的に連絡を取り、利用者をフォローする体制があります。その期間の長さは各社で違うものの、利用者は慣れない職場で不安に感じていることや困っていることを相談できるので安心です。
求人サイトではメールでのフォローや入社後の活躍支援を目的とした教育研修サービスを提供している場合も見られますが、実施しているサイトは少ない傾向にあります。

既卒者がエージェントを使うメリット

既卒者がエージェントを使うメリットの画像

既卒者がエージェントを使うことで、具体的に働くイメージをしやすくなります。また、担当者と対面で話せるため、自分では気づけない適正や見つけられない求人に出会えるメリットも。エージェントを利用することで、就活の視野・選択肢が広がるといえるでしょう。

内定後までイメージできる

既卒者がエージェントを使うと、内定後に働くイメージをしやすくなるでしょう。エージェントを利用すると担当アドバイザーと対面で話すため、応募先の企業の求人票だけでは分からない社内の雰囲気や勤務実態を確認できます。ほかにも、実際に働いている人の話などを聞くことで、単に「内定を取る」のではなく「実際に働く」ことをイメージしやすいでしょう。

就活の有益な情報を得られる

既卒者はエージェントを使うことで、就職に有益な情報を得られます。理由としては、エージェント利用で、既卒者がどんな点に注意して就活を進めるべきか、既卒ならではのアピールポイントなどを担当のアドバイザーから教えてもらえるからです。
また、就活そのものに限らず、企業ごとの詳細情報もエージェントが把握している場合が多く、よりミスマッチの少ない就活が叶うでしょう。

就職の視野が広がる

エージェントでは担当者と面談の機会があるため、話すなかで自分では気づけない適性や長所に気づけることも。第三者目線から、これまで検討していなかった業界や職種を勧められるなど、選択肢の幅が広がりやすいといえます。
また、前述したようにエージェントでは非公開求人を扱っている場合が多いため、求人サイトでは見つけられない好条件の求人に出会えることも。一人での就活とは異なった視野で仕事を探せます。

長期的なキャリア形成を行える

エージェントを利用することで、長期的なキャリア形成を行えるでしょう。エージェントを利用した就活では、長期的なキャリアを見越してアドバイザーが就活をサポートします。そのため、必然的に長期的なキャリア形成を行えるでしょう。
また、将来どういう姿でありたいかゴールから逆算して就活を行うため、どのようなキャリアを積んでいくのか可視化しやすいメリットもあります。エージェントを利用することで、長期的な視点でアドバイスをしてもらえるので、キャリア形成をするのが苦手な方におすすめの方法といえるでしょう。

既卒がエージェントを選ぶときのポイント

エージェントは複数あるため、どれを利用するか迷う方もいるでしょう。ここでは、既卒がエージェントを選ぶときのポイントについて解説します。
自分に合ったエージェントを選ぶ際の参考にしてください。

複数のエージェントに登録する

既卒がエージェントを選ぶときは、複数登録することをおすすめします。なぜなら、各エージェントによって、サポートの特徴や専門の業界・職種が異なる場合があるからです。初めから一つのエージェントに絞ってしまうと、ほかにも自分に合ったアドバイザーや求人があったのに見落としてしまう可能性も。そのため、複数のエージェントに登録し、比較しながら自分に合ったエージェントを見極めていくと良いでしょう。

就職エージェントを利用するときの流れ

就職エージェントを利用するときの流れの画像

就職エージェントを利用するときの流れは以下の通りです。流れをしっかり確認し、順序良く就活を進めていきましょう。

転職エージェントを利用するときの流れ

  • 登録・カウンセリング
  • 求人紹介・応募
  • 書類の添削・面接練習
  • 内定・入社後フォロー

登録・カウンセリング

エージェントを利用するためにまずは会員登録を行いましょう。会員登録は、名前、電話番号、メールアドレスのほか、就活に関する質問にいくつか答えるだけで完了します。
登録が完了したらメールか電話で、担当アドバイザーから連絡が届き、カウンセリングの日程調整などを行うでしょう。カウンセリングの際は、聞きたいことや自分の希望などを事前に考えておき、スムーズに伝えられるよう用意しておくことをおすすめします。

求人紹介・応募

カウンセリングで自分の希望やこれまでの経験などを伝え、ヒヤリングをもとに自分に合った求人を紹介してもらいます。そのなかで気になった求人があれば、アドバイザーに連絡をして応募するといった流れです。
また、求人紹介ではただ求人票を提示されるのではなく、企業の雰囲気や労働環境など細かい情報も教えてくれるので、気になることがあれば質問してみましょう。

書類の添削・面接練習

求人への応募が決まったら、企業に提出する履歴書・職務経歴書の作成を行います。エージェントでは書類の添削をしてくれるので、履歴書を始めて書く人や書き方が分からない人も安心です。
また、書類選考後の面接対策も同時に行っていきます。面接練習では、エージェントが面談で聞かれそうな質問を想定し、実際に受け答えの練習をするので、本番を意識して面接対策を行えるでしょう。
ほかにも、面接で気をつけることや丁寧なアドバイスなども行ってくれるので、面接経験がない人も万全な体制で本番に臨めます。

書類の書き方については「履歴書の志望動機の書き方とは?例文とともに転職時のポイントを解説」のコラムもあわせてご覧ください。

内定・入社後フォローなど

内定を獲得し、入社した後もエージェントが仕事に関するサポートを行ってくれます。入社日の設定や雇用条件の交渉などもエージェントが代理で行ってくれるので、交渉の仕方が分からなくても安心して手続きを進められるでしょう。
また、入社した会社が合わず退職したいと思ったときも、エージェントが退職交渉の仕方についてアドバイスしてくれます。内定が取れたからサービスが終了するわけではなく、入社後もサポートしてくれるので、働き始めて悩みや不安を感じたら相談してみると良いでしょう。

既卒がエージェントを活用するコツ

既卒が就職エージェントを利用するなら、既卒やフリーターに特化したサービスを提供しているエージェントを利用することで、就活の成功確率も高くなるでしょう。

既卒対象の求人を多く取り扱っているエージェントを選ぶ

就職エージェントに登録する場合は、未経験や既卒歓迎など、既卒者向けの求人情報を多く取り扱っている就職エージェントを選びましょう。就職エージェントは、「未経験求人に強い」「実績重視の中途採用求人に強い」など、エージェントごとに対象者や扱う求人に特徴があります。
「若年層向け」「フリーター向け」といったエージェントなら、経験や実績よりも人柄や年齢、ポテンシャルを重視する求人を多く取り扱っているため、既卒からの就職がしやすいといえるでしょう。

面接対策を徹底サポートしてもらう

求職者の多くが不安になる面接。エージェントでは対面でのサポートが叶うので、徹底的に対策してもらいましょう。
面接対策は1人でも出来ますが、エージェントを利用することでより本番に近い環境で練習できます。面接独特の雰囲気のなかで練習することで、本番でも力を発揮できるでしょう。
さらに、プロであるアドバイザーから面接のフィードバックももらえます。自分では気づけないクセや、直したほうが良いマナーなども確認できるのは利点でしょう。

担当者が合わないときは変更してもらう

担当者によっては、自分と合わないと感じることもあるでしょう。「なんとなく合わない」「こちらの希望に合わない求人ばかり提案する」「サポートが不十分」など、少しでも不安を覚えたら担当者を変更してもらうのがおすすめ。合わない担当者と就職活動を行うのは良い結果につながりません。
変更を申し出にくいと感じる方もいるでしょうが、担当者変更はエージェントにとって珍しくないことです。運営会社や利用している事業所の受付に、直接言いづらい場合はメールなどを利用しても良いでしょう。

就職への熱意を伝える

エージェントに、就職したいという気持ちをしっかり伝えましょう。
担当者にとっては、就職意欲の高い人のほうが就活がスムーズに進みやすく、また応援したいという気持ちも芽生えやすくなるもの。アドバイザーは複数の利用者を担当しているため、熱意を伝えることで手厚くサポートしてもらえる可能性があります。

就職で熱意を伝えるには「自己PRは熱意が大切!伝えるための具体的なポイントを解説!」のコラムで熱意を伝える方法を紹介しています。

就活に集中できる環境を作る

既卒が就職エージェントを活用するコツとして、就活に集中できる環境を作ることも重要です。就活には、想像以上にお金と時間がかかってしまいます。金銭面では、面接を受けに行くための交通費やスーツの新調。時間の面では、企業研究や履歴書などの書類の作成、面接対策など多くのことに時間を費やすことになるでしょう。
お金と時間を確保できていないと、エージェントに登録してもスムーズに就活を進めることが難しくなるため、就活に集中できる環境を作っておくことが必要といえます。

既卒が就活を成功させるためには

既卒が就活を成功させるためにはの画像

既卒の就活は決して簡単ではありませんが、成功させるためのコツを押さえておくと内定をもらいやすくなるでしょう。ここでは既卒が就活を成功させるための方法について解説していきます。

既卒が就活を成功させるためには

  • キャリアプランや希望を明確にしておく
  • 就活を始める準備をしておく
  • アドバイザーに頼りすぎない
  • 経歴は正直に答える

キャリアプランや希望を明確にしておく

既卒が就活を成功させるためには、まずキャリアプランや希望を明確にしておきましょう。就職エージェントを利用して就活を進める際は、アドバイザーが求人を探すため、自分のキャリアプランや希望を明確に伝える必要があります。上手く伝わっていないと、自分の希望とは異なる求人を紹介されることも。
自分の希望とは異なる会社や職種に就職すると、入社後にミスマッチが起こる可能性が高いでしょう。そうならないためにも、自分が将来どうなりたいかを想像し、理想のキャリアプランを立てておくことをおすすめします。

就活を始める準備をしておく

就活を始める準備をしておくことも、就職を成功させるポイントです。就活は準備すべきことが多いため、事前に準備ができているとスムーズに就活を進められます。エージェントを利用して就活を行うと、テンポよく進んでいくので、前もって書類を用意しておいたり、アルバイトをしている方はシフトを減らしておいたりしておくと良いでしょう。
また、面接で必要になるスーツや交通費を準備しておくのもおすすめです。

就活の準備について知りたい方は「就活の準備はなにからすればいい?成功させるコツとは」にまとめてあるのでご参照ください。

アドバイザーに頼りすぎない

エージェントは就活のプロなのでさまざまなアドバイスを提案してくれますが、頼りすぎるのはやめましょう。エージェントに頼りすぎてしまうと、就職先を流されるまま決めてしまう恐れがあります。そうならないためにも、自分の意見をしっかり持ち、積極的に情報を集めることも必要といえるでしょう。
また、ほかの就職エージェントも同時に利用し、求人内容やエージェントのアドバイスを比較しながら進めるのも大切です。

経歴は正直に答える

経歴やスキルがないと「正直に答えると採用してもらえないのでは」「良い求人を紹介してもらえないかも」と不安になる方もいるでしょう。しかし、経歴の嘘はばれてしまうため、正直に答えるのが無難です。
経歴を偽っても、入社後の社会保険や源泉徴収などでばれる可能性があります。経歴に嘘をついていたことがばれるとエージェントや会社の信頼を失うことになり、内定取り消しもあり得るでしょう。経歴に自信がなくても、その人に合った求人を紹介してくれるのがエージェントなので、正直に経歴を伝えることをおすすめします。

職歴詐称はバレる?経歴に自信がなくても転職で成功する方法をご紹介!」のコラムもあわせてご一読ください。

転職を考えている既卒者はまずはエージェントに相談しよう

既卒で転職を考えている人は、まずエージェントに相談してみましょう。エージェントを利用することで、自分に合った求人を見つけやすく、初めての就活で自信がない人も安心です。
また、面接練習もエージェントが付き添ってくれるので、本番を意識した面接対策を行えるでしょう。

どんなエージェントを利用すればいいか分からなければ、多くの既卒者も利用しているハタラクティブがおすすめです!
ハタラクティブは、既卒やフリーターなど正社員経験がない方、第二新卒など経歴に不安がある方など若年層向けの就職・転職エージェント。「未経験者歓迎」「経歴不問」「学歴不問」の求人を多く扱っているのが特徴です。
また、担当アドバイザーがきめ細やかに就活をサポートしています。就職の理由や希望する仕事、自分の得意分野や気になることなどをしっかりヒアリングし、適性に合った求人をご紹介。

もちろん、求人のご紹介後は書類の作成や自己アピール・志望動機の確認、面接練習など段階ごとにサポートいたします。面接の日程や労働条件の交渉は担当アドバイザーが代行するので安心です。
「そろそろ就職しないといけないとは思っているけど」「自己分析とか大変でちょっと…」など、就活に対する不安を抱えている方は、お気軽にハタラクティブまでご相談ください。

既卒やエージェントに関するQ&A

ここでは、既卒の方がエージェントを利用する際に抱きやすい疑問と、その回答をまとめています。利用前の疑問の解決にお役立てください。

エージェントを利用すると内定までの期間はどのくらい?

人によりますが、3ヶ月程度で内定を取る人が多いようです。
一般的にも転職には3ヶ月かかるといわれており、おおまかに登録から書類作成まで2週間ほど、応募から面接までに1ヶ月ほど、内定から入社までに1ヶ月半ほどかかると想定しておきましょう。ただし、既卒者の場合は内定後すぐに働けることも多いため、より短い期間で就職できる可能性があります。

既卒の就活で役に立つ資格はある?

業界や職種によって異なるため、自身の目指す仕事で有利な資格を調べてみましょう。たとえば英語を使う仕事に就く場合は、英語力を証明できる英検やTOEICなどの英語に関する資格を持っておくと有利になる可能性も。
既卒に有利な資格を知りたい人は「既卒は就職に向けて資格を取るべき?おすすめや取得メリットを解説」のコラムもあわせてご覧ください。

面接で空白期間を聞かれたらどう説明したらいい?

面接で空白期間を聞かれたら、嘘はつかずに正直に答えましょう。また、企業から「働く意欲がないのでは?」という不安を払拭するためにも、空白期間の理由はポジティブに言い換えることをおすすめします。
空白期間の理由を上手く説明する方法とは?例文と併せて解説」のコラムも参考にしてください。

既卒と第二新卒の違いは?

既卒と第二新卒の大きな違いは、大学卒業後に就職したかしなかったかです。一般的に既卒は大学卒業後、就職しなかった人を指し、第二新卒は大学卒業後に新卒で就職したけど3年以内に退職した人のことをいいます。
ハタラクティブでは、既卒や第二新卒に特化した求人があるため、就職を考えている方はお気軽にお問い合わせください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ