本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. “そろそろ就職したい”フリーター・既卒が知っておくべき「エージェント」の仕組み

“そろそろ就職したい”フリーター・既卒が知っておくべき「エージェント」の仕組みなぜ利用料0円で儲かるのか?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

「社会保険に入れない」「後輩が就職した」など、フリーター・既卒の人はさまざまなきっかけで「正社員にならないとマズイ…」と感じ始めます。でも焦って就職活動をすると、「とりあえず求人サイトに載っている未経験OKの募集に応募したけど、書類が通らない」「面接で落とされた原因が分からない」なんていう事態に陥りがち。
そんな時に活用したいのが、無料の就職支援サービス『エージェント』です。エージェントを利用すると、未経験者でも就職実績のある求人を紹介してくれるケースが多く、書類審査の通過率が大幅に上がったり、面接失敗のもとを正してくれたりと、色々便利なことが。

今回は、そんなエージェントのサービス内容や活用メリット、そして“求職者へ1円も請求せずにどう利益を生み出しているのか”、ビジネスモデルについて解説。フリーター・既卒の皆さん、エージェントの仕組みを理解して、就職への着実な一歩を踏み出しましょう。

「エージェント」とは?求職者と企業、両方に向けたサービス

エージェントとは、厚生労働省から認可を受けた人材紹介会社のこと。その役割は、大きく2つに分けられます。

1. 求職者に向けてのサービス

まずは、求職者の就職活動を支援すること。具体的には、求職者へのカウンセリングを始め、企業から預かった求人の中から求職者に合うものを紹介、応募書類作成のアドバイスや面接対策、入社後のフォローなどを担当します。

2. 企業に向けてのサービス

もう1つは、企業の採用活動を支援すること。具体的には、企業から採用情報を仕入れて、企業の希望条件に合った求職者を探し出し、推薦します。そして求職者と連絡を取りながら、面接日時の設定など選考過程でのフォローを行います。

さらに、エージェントは求職者と採用企業との間に立って、給与や勤務時間など、条件面の調整・交渉も実施。「エージェント=代理人」という名前の通り、求職者と企業との橋渡し役を担っています。

意外と知らない、「エージェント」と「求人サイト」との違い

では求職者にとって、エージェントと求人サイトとの違いは何でしょうか?

・相談できるコンサルタントがいるか

エージェントでは、専任のコンサルタントがマンツーマンで就職活動をサポート。 例えば自己分析の時も、カウンセリングなどを通じて求職者それぞれの強みややりたい事、目指す将来像を明らかにし、就職活動の軸を見つける手助けをします。 一方の求人サイトにはコンサルタントはいないため、求職者が自分で自己分析を行い、サイト上の情報を元に目指す業界や企業を絞り込んでいきます。

・たくさんの求人から選ぶか、選りすぐりの求人から選ぶか

エージェントでは、コンサルタントが求職者の長所や短所を把握したうえで、求職者にふさわしい求人をセレクトして紹介。求職者はその中から希望の求人にエージェントを介して応募します。一方の求人サイトでは、サイトに掲載されている数多くの求人情報の中から求職者自身が自由に求人を選び、サイト上から自分で応募します。

・「非公開求人」を扱っているか

求人サイトには膨大な求人情報が掲載されていますが、エージェントのWEBサイトには求人サイトほどたくさんの求人情報は見当たりません。理由は、エージェントでは非公開求人を多く扱っているから。
非公開求人とは、一般公開されない求人のこと。採用活動を通して事業内容や採用方法を競合に知られたくない、などと考える企業が行っていて、求職者はエージェントを通して非公開求人に応募できます。

・「応募書類」作成についての直接サポートはあるか

先述の通り、エージェントを使うと履歴書や職務経歴書などの書き方についてコンサルタントから直接アドバイスをもらえたり、添削を受けられたりするため、応募書類の質が高まります。一方の求人サイトでは基本的に、求職者が自分で調べて応募書類を書き、文章を推敲する必要があります。しかし、なかには応募書類作成のマニュアルや書類サンプルをサイト上で公開したり、個別の添削サービスを提供している求人サイトも見られます。

・「書類選考」の通過率はどうか

求人サイトでは、求職者が自由に求人を選んで応募できる分、エントリーの間口が広くなります。そのため人気の企業や職種の求人には応募が殺到し、書類選考を通りにくくなることも。

一方、エージェント経由で応募する場合、書類にはエージェントからの推薦状が添えられるのが一般的。そこには求職者の人柄や、企業にどうフィットしそうかなど、コンサルタント独自の視点から情報が綴られているほか、未経験者でも就職実績のある求人を紹介してくれる場合が多く、書類選考通過の可能性が大幅に高まります。

・「面接対策」のプログラムはあるか

エージェントではコンサルタントによる面接対策を、対面やメール、電話などで実施。求職者は自己PRや志望動機の効果的な伝え方について直接教わることができるほか、過去の面接で他の応募者がどんな質問をよくされたのか、面接の傾向を知ることも可能です。一方の求人サイトでは、面接のノウハウをサイト上で提供していることが多いため、求職者はそれを確認しながら、自分で面接の準備を行います。

・企業と日程、条件の調整・交渉をしてくれるか

就職活動では、面接日程が重なったり、アルバイトがある日時に面接を設定されたり…なんてことはよくある話。エージェントはそんな時、企業との間に入ってスケジュールを調整してくれるほか、見事採用となった場合には、年収や入社時期などの面倒な条件面の調整・交渉まで、すべて求職者に代わって対応してくれます。一方の求人サイトでは、求職者が自分で企業側と連絡を取り、調整・交渉を行います。

・企業の選び方について相談できるか

複数の企業から内定が出た場合、何を優先して就職先を選べばいいのか、エージェントからは自己分析の結果やキャリアプランを踏まえたアドバイスが受けられます。人生の大事な選択を、コンサルタントに相談しながら進められます。一方の求人サイトでは求職者が自分で考えて、必要なら家族や友人など周囲の意見を参考にしながら、就職先を決定します。

・「入社後もフォロー」してくれるか

入社後、予め聞いていた内容と違うことがあると、心配になるものです。エージェントでは多くの場合、入社後もコンサルタントが定期的に連絡を取り、利用者をフォローする体制があります。その期間の長さは各社で違うものの、利用者は慣れない職場で不安に感じていることや困っていることを相談できるので、安心です。一方の求人サイトでは、一部で数年間メールでのフォローや、入社後の活躍支援を目的とした教育研修サービスを提供しているケースが見られます。

エージェントと求人サイトとの違い

下の表には、エージェントの「ハタラクティブ」と求人サイトとの違いが、まとめられています。

※ハタラクティブ「求人サイトとの違い」より

なぜ利用料0円で儲かる?エージェントのビジネスモデル

これまで見てきた通り、求人サイトよりエージェントのほうが求職者に手厚いサービスを提供しています。当然エージェントはその分、手間も人件費もかけているはずですが、なぜ求職者が利用料を支払うことなく、ビジネスが成り立っているのでしょうか。

企業から手数料を得る「成功報酬型」のビジネスモデル

エージェントは求職者に費用を請求しない代わりに、企業から人材紹介料として報酬を得ています。

そのビジネスモデルは2つ。1つは、企業が先に一部の手数料を支払い、求職者が採用に至ったら残りの料金を支払う「リテーナー型」と、もう1つは企業が求職者の採用を決めたら一括で手数料を支払う「成功報酬型」です。前者の「リテーナー型」はヘッドハンティングの場合によく用いられ、一般的な転職支援サービスでは、後者の「成功報酬型」が採用されています。

「成功報酬型」の場合、紹介した人材が企業に採用されることが決まって初めて、エージェントは報酬を得られる仕組みで、エージェントは候補者の選定や選考のフォローを行っている段階では、収入を得られません。さらに、企業がエージェントに求人を登録することは無料で、エージェント経由で採用された人材が早期退職した場合には、エージェントが企業に手数料を一部返金するシステムもあります。

エージェントにとってはなかなか厳しい収益モデルだとも言えますが、企業にとっては無駄な採用コストがかからず、採用業務の負担を減らし、魅力的な人材に出会う可能性を高めてくれるというメリットがあります。

高い?安い?手数料の相場は、年収額の「25~35%」

また、エージェントの成功報酬額は、紹介した人材の入社時想定年収の25~35%が相場となっています。例えば就職支援を行った人材が年収400万円で採用された場合、エージェントが手にする紹介手数料は、「400万円✕25%=100万円」という計算になります。

エージェントを初めて利用する求職者のなかには、「なぜ利用料がタダなのか?」「採用されたら利用料が発生するでは?」と、心配する人も少なくないようです。しかしエージェントのビジネスは、そうして企業から相応の人材紹介手数料を得ることで成立しています。そのため無料でも、求職者は安心して利用できるというわけです。

そろそろ就職したいフリーター・既卒がエージェントを活用するメリットまとめ

1. コンサルタントに相談しながら「自己分析」ができる
2. 求人サイトには載っていない「非公開求人」を紹介してくれる
3. 応募書類の書き方を直接教えてくれる
4. 推薦状を添えてくれるので、書類選考を通りやすくなる
5. 面接対策をマンツーマンで受けられる
6. 面倒な面接日程や入社時期の調整をしてくれる
7. 大切な収入などの条件交渉をしてくれる
8. 企業の選び方についてアドバイスが受けられる
9.入社後も、悩みや困ったことがあれば相談できる

もちろん“利用料¥0”。ハタラクティブはフリーター・既卒の就活を成功に導くエージェントです

ハタラクティブは若年層に特化した就職エージェント。国から「職業紹介優良事業者」(※)の認定を受けていて、フリーター・既卒・第二新卒への豊富な就職支援実績を持つ専任の就活アドバイザーが、マンツーマンであなたの就職を強力サポートします。

もちろん求職者の方のご利用は無料。求人サイトには載っていないたくさんの耳よりな非公開求人と、豊富な業界・企業情報を用意して、皆さまのご利用をお待ちしています。

「やっぱり就職しなきゃマズイんだろうな…」と感じたら、まずは行動を起こすことが大切。「正直、正社員になることのメリットがまだよく分からない」「就活のやり方を知らない」なんていう方も、ぜひお気軽にご相談ください。

※…職業紹介優良事業者推奨協議会が定める「行動指針」を尊守し、適正な業務運営と経営改善努力を行い、一定の基準を満たした事業者を、優良認定する国の事業

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?