既卒はどっちが有利?新卒と中途における採用の違いとは

テストパターン

新卒と既卒の違いってなんですか?

理工学系の学生ですが、就活と論文の両立が難しく、就活に時間を割いていると卒業が危ぶまれる状況です。卒業してから既卒として就活することも考えていますが、採用する企業にとって既卒は中途と同じ扱いとういう話も聞きます。実際新卒と既卒はそこまで違うのでしょうか?

企業にもよりますが、既卒は「中途」と同じ扱いとなるのが一般的です。新卒と既卒では面接での質問や企業があなたを判断する基準、入社してからの扱いに違いが出るようです。その違いは、将来的には年収にも大きく響いてくるかもしれません。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

既卒はどっちが有利?新卒と中途における採用の違いとは

「既卒者は中途採用枠に応募する?」「既卒でも新卒として扱ってもらえる?」などの疑問を抱えていて、なかなか就活に踏み切れない方もたくさんいるのではないでしょうか。
このコラムでは、正社員就職を目指す既卒者に向けて、中途採用と新卒採用の違いについて詳しく解説。既卒の就活を成功に導くために押さえておきたいポイントについても触れています。「働いたことがない場合のアピールポイントは?」「そもそも就活が始めてなのでどうしたら良いか分からない…」とお困りの方は、コラムを参考に就活の基本をチェックしてみてください。

既卒とは?第二新卒との違い

既卒とは学校を卒業後、就職をせず一度も正社員として働いたことがない人のこと。学校は大学に限らずにも短大や高校、専門学校を卒業した人も当てはまります。ただし、これは採用市場において「新卒」と区別するための定義であり、法律などで決められた正式な名称ではありません。また、卒業から三年以上経過している場合は「既卒」として扱わないのが一般的です。中には「卒業後一年以内」までを既卒とする企業もあり、定義は会社によって異なります。

第二新卒とは

既卒と混同されがちなのが第二新卒です。第二新卒は、学校を卒業して就職をして、3年以内に退職、もしくは転職をした人を指します。「一度は就職経験がある」という点が既卒者との違いです。既卒も第二新卒も基本は中途採用枠での応募となります。既卒と第二新卒の違いについて詳しく理解したい方には、第二新卒になる割合などについても紹介しているコラム「既卒と第二新卒の違いとは?どちらが有利?定義や就職のコツも紹介」をおすすめします。

既卒は新卒として応募もできる

平成22年に「青少年雇用機会確保指針」が改正され、「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!」と厚生労働省から発表がありました。これにともない、既卒を「新卒」として扱う企業も増加傾向にあるようです。新卒枠での応募を検討している方は、「既卒とは?新卒との違いや就活のポイントを解説!」のコラムをぜひ参考にしてください。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

企業が既卒者に求めるものは?中途と新卒の面接の違い

既卒の面接は「卒業後に何をしていたか」という問いに対する答えが求められます。社会人経験のある中途採用枠と新卒採用枠では、選考基準や面接で問われる内容が異なるもの。新卒は在学中の活動について問われるのに比べ、既卒は卒業してからの期間をどう過ごしていたかを問われるのがポイントです。
既卒者は選考の場で「新卒採用で結果が出なかった人」「フリーターやニートといった不安定な道を選んだ人」と判断されてしまう可能性があります。面接官はその懸念点を払拭するためにも、「なぜその道を選んだのか」といった背景を質問してくるでしょう。このとき、相手を納得させるだけの理由を準備することが大切。「既卒者の面接でよく聞かれる7つの質問とは?成功させるポイントも紹介」ではよくある質問とその答え方のポイントを解説していますので、参考にしてみてください。

既卒の場合は正社員としての職歴がなく業界の知識や経験について問えないため、ある程度人柄が重視されるという点は新卒と同じです。スキルや実績がない分、志望意欲や内面的な強みをアピールしていきましょう。具体的なアピールポイントについて、次項で詳しく解説します。

既卒が中途の面接でアピールしたい3つのポイント

既卒者が就活の面接でアピールしたいポイントは「卒業後の活動」「入社意欲の強さ」「所有している資格や学生時代の経験」3つ。以下のポイントを押さえて、印象アップを狙いましょう。

1.卒業後の活動

先述のとおり、既卒者は採用面接で卒業後の経緯について聞かれる可能性が高いです。資格の取得、企業研究、自己分析など、就職のために取り組んだことを前向きに伝えましょう。本音は「就職が面倒だった」「働きたくなかった」といったものだったとしても、そのまま伝えるのはNG。ネガティブな理由は「正社員を目指そうと思ったきっかけ」などを織り交ぜてポジティブに転換するよう心がけましょう。

2.入社意欲の高さ

中途採用枠では社会人経験のある第二新卒がライバルとなります。実務経験では勝負できないため、入社意欲の高さをアピールして好印象につなげましょう。入社意欲の高さを示すには、企業について十分な知識が必要です。企業研究を進めるうえで、実際に応募する会社の商品やサービスを使ってみたり、競合他社と比べて優れている点を洗い出したりし、理解を深めましょう。

3.所有している資格や学生時代の経験

所有している資格や学生時代の経験などをアピールするのも一つの手です。このとき、単に取得資格を伝えるだけでなく、「なぜ取得を目指したのか」「そのためにどんな努力をしたのか」といった部分を含めるのがポイント。強み、考え方、価値観を織り交ぜながら、自分の人となりを伝えましょう。

そのほか、中途採用の面接については「挑む前に知っておこう!中途採用面接のポイントとは」や「中途採用は面接準備が命!回答のコツとマナーの基本」のコラムでもポイントを詳しく解説しています。ぜひ合わせてご一読ください。

既卒が就職しやすい職種とは?

既卒採用や未経験採用に力を入れている企業を中心に応募すると、内定に結びつきやすいといえるでしょう。狙い目となるのは営業職やエンジニアなどIT関連の技術職。特にIT技術者は現在人手不足の状態にあるため未経験から人材を育成しようという企業が多く、既卒でも比較的目指しやすい職種といえるでしょう。
また、商品の魅力をアピールしたり、お客様からの契約をとってくる営業職はどんな業界でも必要とされ、求人の間口が広いのが既卒者が求められる理由です。

既卒でなかなか自分の希望に合った求人が見つからないという方や、何度チャレンジしても採用までたどり着けないという方は、転職エージェントを活用するのも良い方法です。
就職・転職エージェントのハタラクティブは既卒を含む20代の就職支援に特化したサービスです。既卒を積極的に採用している企業からの求人をも多数取り扱っていますので、ぜひこの機会にご連絡ください。
既卒の就職を成功させるために大切なのはスピード。応募書類の準備やスケジュール管理、模擬面接といった選考対策をプロと一緒に進めてみませんか。まずはお気軽にカウンセリングをご予約ください。

関連タグ

  • arrow