「既卒」は企業にとって中途と同じ?

公開日:

新卒と既卒の違いってなんですか?

理工学系の学生ですが、就活と論文の両立が難しく、就活に時間を割いていると卒業が危ぶまれる状況です。卒業してから既卒として就活することも考えていますが、採用する企業にとって既卒は中途と同じ扱いとういう話も聞きます。実際新卒と既卒はそこまで違うのでしょうか?

企業にもよりますが、既卒は「中途」と同じ扱いとなるのが一般的です。新卒と既卒では面接での質問や企業があなたを判断する基準、入社してからの扱いに違いが出るようです。その違いは、将来的には年収にも大きく響いてくるかもしれません。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

○論文と就活どっちが優先?

「既卒」は企業にとって中途と同じ?

まずはお悩みの「論文と就職活動のどちらを優先させればいいのか?」という問題について考えましょう。もしあなたが院で研究している専門分野の道に進む予定ならば、優先順位は論文が先になるでしょう。そうではない方向で卒業後の就職を考えているならば、残りの学生生活は就職活動にしっかりと時間を割くのが賢明です。企業の選考にあたっては、論文の内容やどういった学会で発表したかといったことはそこまで影響しませんし、新卒に比べて既卒にはいくつかのデメリットがあるからです。

○採用過程での「新卒」と「既卒」の違いとは

すでに社会人経験のある中途と新卒の面接は選考基準や面接で問われる内容が異なってきますが、新卒と既卒の面接では共通点もあります。それは、どちらも正社員としての職歴がなく業界の知識や経験について問えないため、ある程度人柄が重視されるということ。
では、新卒と既卒で変わってくる選考の基準や面接の質問は何でしょうか?
新卒は在学中の活動について問われるのに比べ、既卒は卒業してからの期間に何をしていたのかを問われます。採用する企業側は、既卒の人を何らかの事情で新卒のチャンスを生かさず、一度はフリーターやニートといった不安定な道を選んだ人と判断するので、面接官は「なぜ今正社員を目指すようになったのか?」という動機を聞いてきます。ここで相手を納得させる解答ができなければ、正社員としての採用には繋がりません。

○企業の中での「既卒」の扱い

新卒と既卒では入社してからの待遇が異なってくることも知っておかなくてはなりません。採用が決まり就職活動が成功したとしても、新卒と既卒ではその後の昇格や昇給に違いが出るようです。企業にもよりますが、既卒は“中途”と同じ扱い。社会人経験の少なさや年齢から自分の立場は中途より新卒に近いと思っていても、企業にとってはそうではないケースが多いのが実態です。企業は中途採用の社員に即戦力になることを期待しているため、入社後これから育てていく人材として扱われることは難しくなってきます。
一方で、企業は新卒に対してはあらかじめ「出世コース」の道筋を用意しています。企業は新卒として入ってきた社員を将来を担う人材として育てたいと考え、色々な部署で経験を積ませるなどして力をつけさせます。大企業では新卒として入社した時点で、将来の幹部候補が決定しているという所もあります。将来の役職、そして年収に差がひらいてくれば、今後のライフスタイルにも影響が出てくるでしょう。
また、そもそも新卒での採用しか行っていない企業もあるため、多くの選択肢の中から就職先を選べる新卒で就活をするメリットはやはり大きいものがあります。近年では既卒でも受けられる企業の数は増加傾向にありますが、老舗企業や大企業での就職を希望するなら、新卒での就職活動がおすすめです。

○「既卒」のチャンスはどこに?

上述の通り、日本では新卒採用制度をとっている企業が多く、新卒採用が主流の企業では新入社員が入社する4月から研修を実施するため、中途や既卒での採用はある程度経験がある人が対象となります。そのため既卒や第二新卒を採用する企業は、既卒・第二新卒に対する通年研修制度や教育制度を整えている企業か、新卒採用で予定していた人員を確保できなかった企業ということになります。
そんな中で、既卒の採用を比較的積極的に行っている職種の例を挙げるなら、営業職やエンジニアなどIT関連の技術職がまず目につきます。商品の魅力をアピールしたり、お客様からの契約をとってくる営業職はどんな業界でも必要とされ、求人の間口が広いのがその理由です。また、IT技術者は現在人手不足の状態にあるため未経験から人材を育成しようという企業が多く、既卒でも比較的目指しやすい職種といえるでしょう。

ベンチャー系の企業や成長中の会社であれば既卒の人を積極的に採用しているところもありますが、学生のうちはまだどんな企業・業界を受けたいか手探りの状態である、就職活動をしていくうちに志望が固まっていくということもあるでしょう。どんな企業でも受けられるのは新卒の強み。新卒の期間中は幅広い選択肢の中で就活を進めることができますよ。
論文に注ぐ時間とのバランスを採りながら、残りの学生生活を諦めずに就活に取り組んではいかがでしょうか?


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ