新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 既卒2年目はまだ間に合う!内定を勝ち取る就活の進め方とポイントをご紹介

既卒2年目はまだ間に合う!内定を勝ち取る就活の進め方とポイントをご紹介

公開日:

最終更新日:

既卒2年目はまだ間に合う!内定を勝ち取る就活の進め方とポイントをご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・既卒2年目が前向きに就活を進めるためには、しっかりとした対策が必要
    ・既卒2年目は挑戦できる応募枠が多い
    ・内定成功率を上げるためには、たくさんの企業にエントリーする
    ・既卒2年目は空白期間の説明が内定への分かれ道

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「既卒2年目は就活できる?」と不安に思う方もいるでしょう。既卒2年目はまだ就活のチャンスが広がっています。しかし、内定を勝ち取るためには、ポイントを押さえて就活を進めることが大切です。このコラムでは、空白期間の説明の仕方についてをご紹介。企業側にポテンシャルをアピールするためにも、できるだけ早く就活を始めると良いでしょう。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

既卒2年目でも就職できる!

既卒2年目だからといって、就職を諦めるのはまだ早いです。新卒時と比較すると、既卒2年目の就活はスムーズに進められない可能性があります。しかし、既卒3年目以降と比べると、既卒2年目にはチャンスが多く残されているのです。


厚生労働省の通達により、既卒3年以内を新卒枠で採用している企業があります。このチャンスを活かすためにも、正社員の道を目指すのであれば既卒2年目の間がおすすめ。できるだけ早く内定を獲得するためには、早めの行動が重要です。


職歴なしでも若さが武器になる

就活の場では年齢が若ければ若いほど有利に進む傾向があります。それは、企業が若い人材を求めているからです。たとえ職歴がなかったとしても、既卒2年目であれば十分若さをアピールできます。


若年層の採用活動で企業側が見ているのは、熱意とポテンシャルです。採用担当者は「ここで働きたい!」「もっと成長したい!」という気持ちを求めています。既卒の場合は卒業してからの空白期間があるためネガティブにとらえがちですが、前向きな姿勢を伝えることが内定を勝ち取るために必要です。自信を持って就活を進めるためにも、しっかりと対策をとりましょう。



既卒2年目におすすめの就活方法

既卒2年目におすすめの就活方法は、就活サイトの利用と応募枠の確認です。それぞれの方法について詳しくチェックしてみましょう。


既卒に特化した就活サイトを活用する

就職活動は1人で行うよりも、就活サイトや就職エージェントを活用すれば効率よく進められます。既卒2年目はまだ新卒向けのサイトを活用できるので、既卒向けのサイトと両方登録しておくと良いでしょう。就活サイトを利用すれば、気になる企業のエントリー受付開始や説明会の日時などをメールで受け取れます。どんな求人があるか見てみたいと思ったら、まず就活サイトに登録するのがおすすめです。


また、就活エージェントなら求人紹介から面接対策までトータルサポートを受けられます。既卒2年目の場合は、履歴書やエントリーシートの書き方にも注意が必要です。履歴書の職歴の欄にアルバイト経験を書こうか迷ったり、自己PRが書けなかったりすることもあるでしょう。就活エージェントでは、履歴書の添削や自分らしさを出した自己PRの書き方などを教えてくれます。既卒2年目なら、「20代向け」「フリーター向け」のエージェントを探すのがおすすめです。


新卒採用に応募する

前述の通り、企業では既卒3年以内を新卒として扱っているところがあります。新卒枠では若い人材を求めているため、既卒の活躍を期待している企業も増えているようです。
既卒2年目の場合は「新卒」や「第二新卒」の枠に応募が可能ですが、既卒の募集枠に関する明確な基準がないため、その対象は企業によって異なります。気になる企業が既卒2年目をどの位置においているかは、求人内容をしっかり確認すると良いでしょう。


既卒2年目が新卒採用に応募するメリットは、新卒枠の求人が多くあり、大企業にも挑戦できることです。また、新卒枠の場合は同時期に入社する人が多いため、入社後の研修が充実していたり、同期とコミュニケーションを取ったりできるメリットもあります。
既卒を中途採用にしている企業では、経験や能力に着目するため周りと差がつくことも。その一方で、新卒として応募すれば、熱意やポテンシャルで評価してもらえるでしょう。


新卒枠はエントリー期間が限定されているため、期間を逃すと求人が少なくなってしまいます。新卒枠を狙うのであれば、早めの行動と対策が必要です。



既卒2年目が内定を取るためのポイントとは?

既卒2年目が内定を取るためには、前向きな気持ちで就活に取り組む姿勢が大切です。そのほかにも、内定獲得のポイントがいくつかあるのでご紹介します。


できるだけ早く就活を始める

既卒から3年以上経つと新卒や第二新卒の募集枠に当てはまらなくなってきます。「就職しようかな…」と思ったらすぐ行動に移すと良いでしょう。後悔のない就活をするためには、早めの行動が大切です。


たくさんの企業にエントリーする

内定率を上げるためには、たくさんの企業に応募する必要があります。気になった企業で受けられる日程であれば、すぐにエントリーすると良いでしょう。


たとえ不採用になったとしても、企業の求める人物像と自身の特性が合わなかったと考えることが大切です。不採用だからといって自己嫌悪に陥ったり、既卒であることを後ろめたく感じたりする必要はありません。失敗を恐れずに次の1歩を踏み出すことが内定を勝ち取るためのポイントでもあります。就活をする際は最後まで諦めない前向きな気持ちを持ちましょう。


面接対策をする

就活において面接対策はとても重要です。ハローワークや就職エージェントを活用すれば、1対1の模擬面接ができます。模擬面接を繰り返し、言葉遣いや面接時のマナーを身につけましょう。対策で身についたことは自信に繋がり、採用担当者に好印象を与えられます。


空白期間の説明ができるようにする

卒業から現在までの空白期間をどう説明できるかによって、採用されるかどうかも変わってくるでしょう。
空白期間の伝え方の例は、次の項目で詳しくご紹介します。


空白期間の伝え方の例

空白期間の過ごし方は、嘘やごまかしなく伝えることが大切です。履歴書と面接時の説明につじつまが合わないと、採用担当者の印象が悪くなってしまいます。話す内容にも一貫性を持たせるように意識しましょう。


公務員試験を受けていた場合

例「公務員試験のために勉強し、試験を受けましたが採用には至りませんでした。勉強することが好きな性格なので、御社で新しい知識を学びながら事業に貢献したいと思っています。」

公務員試験を辞めて企業への就職を考える場合は、空白期間中に勉強に励んでいたことをしっかり伝えましょう。採用までに至らなかった点が思い当たるのであれば、それらを反省して学んだことや考えたことを説明するのも1つの方法です。


インターンに参加した場合

例「社会人になるのイメージができていなかったため、卒業後は興味のある業界のインターンに参加しました。インターン先では率先して動くことを心がけ、社会人になることの実感を掴みました。」

インターンに参加した経験があれば、そこでどんな経験をしたのか説明できるようにすると良いでしょう。インターンで経験したことから、就職後にどう活かしていきたいのかを伝えられるようにします。


アルバイトをしていた場合

例「コミュニケーション能力の不足が就職活動の失敗の原因になったと考えたため、接客のアルバイトを通して人と接することへの抵抗感をなくしました。」

空白期間のアルバイト経験はアピールポイントになります。アルバイトも立派な社会経験なので、そこで培った人間関係や失敗から学んだことを説明しましょう。アルバイトをしていた職種と就職を希望する職種が異なっていても心配はいりません。企業が求めているコミュニケーション能力や考える力があるかどうかをアピールすると良いでしょう。


資格を取得した場合

例「卒業後は〇〇の資格を取得するために勉強に励んでいました。資格を取得しようと思ったのは〇〇だからです。〇〇について深く学ぶことができたので、御社の仕事でも活かしていきたいと思っています。」

資格取得に励んでいた場合は、なぜその資格を取得しようと思ったのか、どういうことが身についたのかを説明します。学ぶ意欲があることは、就活におけるアピールポイントになるでしょう。目的を持って行動していたことをしっかりと伝えるのがおすすめです。

既卒2年目が抱える就職の不安

既卒2年目で就職を考えている方に向けて、就職の疑問と不安を解消するQ&Aをお届けします。


既卒2年目でまだ就職できますか?

既卒2年目は十分就職が可能なタイミングです。卒業後3年以内であれば新卒枠での採用を行う企業もあります。
一般的に、既卒と呼ばれるのは卒業後3年目まで。年齢を重ねると就職は不利になっていくので、今すぐ就活を始めましょう。

既卒の就活は新卒より厳しいですか?

新卒に比べれば、既卒の就活が厳しいことは否定できません。なぜなら、在学時に内定が出なかった既卒は、「何か問題があるのでは」と思われる可能性が高いからです。
面接官の疑いを払拭するには、今現在の努力や説得力のある志望動機を伝えられるかが鍵となるでしょう。
既卒の就活のコツは、「既卒者の就活、正しいやり方とは?」で解説しています。

空白期間をどう説明すれば良いですか?

既卒になった理由や空白期間の過ごし方は、できるだけ正直に答えるのが良いでしょう。
嘘をつくと深堀りされたときに回答できませんし、正直に話すことで誠意を見せられます。既卒になった経緯や空白期間については素直に反省を述べ、これからの抱負を話すのが好印象です。
詳しくは、「既卒・ニート期間ありでも大丈夫!就活のポイントとは」をご覧ください。

既卒の仕事探しはどうすれば良いですか?

ハローワークや就職エージェントの活用がおすすめです。既卒は新卒と違って、大学内の就活セミナーやキャリアセンターで情報収集ができません。就活をしている友人から情報が入ってくることもないでしょう。
そのため、効率よく情報を集めて求人を探すには、就職支援機関を頼るのが賢明です。
就職エージェントのハタラクティブは既卒に特化した支援を行っているので、ぜひ一度ご相談ください。

就活エージェントを活用しよう

就活エージェントを活用しようの画像

既卒2年目は、新卒と比べると企業の詳細な情報を得にくい状況にあるようです。
面接対策も1人では難しいといえるため、就活エージェントを利用してみるのもおすすめします。
就活エージェントは、就活に関する事柄に熟知したプロの力を借りることができるのが利点。
個人で行うよりも効率的に就活を進められるといえます。


ハタラクティブも、経験豊富なプロのアドバイザーが在籍する就活エージェントの1つです。
実際に企業を訪問して得たリアルな情報を提供可能なため、既卒2年目の人も安心して利用できるでしょう。
マンツーマンのカウンセリングや面接対策など、きめ細かいサービスで就活をお手伝いします。
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ