既卒2年目はまだ間に合う!内定を勝ち取る就活の進め方とポイントをご紹介

既卒2年目はまだ間に合う!内定を勝ち取る就活の進め方とポイントをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 既卒2年目が新卒枠に応募できる企業は多く、就職のチャンスは豊富にある
  • 既卒2年目は、企業から若さならではの熱意やポテンシャルを求められている
  • 既卒2年目で就職を目指すなら、複数の企業にエントリーするのがポイント
  • 既卒2年目の就活では、空白期間を簡潔かつ前向きな言葉で伝えよう
  • 就活の際は、既卒に特化した求人サイトとエージェントを併用するのがおすすめ

「既卒2年目は就職できる?」と不安に思う方もいるでしょう。既卒3年目までは新卒枠での応募が可能な企業も多く、ポテンシャルが主な評価対象のため、対策をしっかり行えば既卒2年目の就職は十分可能です。
このコラムでは、既卒2年目の方におすすめの就活方法をご紹介。また、効率的に就職活動を進めるためのポイントや、空白期間の伝え方についても解説しています。内容を参考にして、就職への一歩を踏み出しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

既卒2年目は就職できる?

既卒2年目は就職できる?の画像

新卒や既卒1年目と比較し「既卒2年目は就職活動が難しいのでは…」と感じている方もいるでしょう。しかし、既卒2年目の就職は可能です。
厚生労働省は企業に向けて、「卒業後3年以内の既卒者は、『新卒枠』での応募受付を!」と通達を出しています。これにより既卒3年以内の就職希望者を新卒として受け入れている企業は多く、既卒2年目は就職のチャンスは豊富であるといえるでしょう。既卒2年目からの就職を成功させるには、「既卒は人生終了」「職歴なしの既卒は就職できない」と諦めずに、早めに就職活動を始めることが重要です。

若さが武器になるので「職歴なし」は問題ない

既卒2年目から就職を目指す場合、なるべく早く就職活動を開始したほうが有利に進む傾向にあります。採用担当者は若い応募者に対し、「ここで働きたい」「もっと成長したい」といった熱意とポテンシャルの高さがあることを期待しているためです。自分自身の職歴やスキルに自信がない場合も、若い年齢ならではの強みをアピールすることで、就職できる可能性があるでしょう。

既卒2年目の就職活動では、職歴や空白期間をネガティブに捉えず、前向きな気持ちを面接で伝えることが大切です。自信をもって就活を進められるよう、しっかりと対策をとりましょう。

2年目にかかわらず既卒を受け入れている企業は多い

厚生労働省の「労働経済動向調査(令和5年8月)結果の概要」によると、「新卒枠に既卒者は応募可能だった」とする企業の割合は全体で70%にのぼりました
割合が高い業界を以下の表にまとめたので、ぜひご覧ください。

産業「新卒枠に既卒者は応募可能だった」とする企業採用にいたったとする企業
医療・福祉85%46%
宿泊業、飲食サービス業82%49%
金融業、保険業78%28%
生活関連サービス業、娯楽業78%24%
情報通信業73%53%
建設業74%30%

引用:厚生労働省「労働経済動向調査(令和5年8月)の概況 表14 新規学卒者の採用枠で正社員を募集した際の既卒者の応募の可否及び採用状況別事業所割合(令和4年度新規学卒者)(14p)

上記のほかにも、「卸売業、小売業(72%)」「学術研究、専門・技術サービス業(66%)」など、さまざまな業界が新卒枠での既卒の応募を受け入れていることが分かります。
一方、既卒を実際に採用した割合がもっとも高い業界は、「情報通信業」で53%でした。次いで、「宿泊業、飲食サービス業(49%)」「医療、福祉(46%)」「学術研究、専門・技術サービス業(43%)」という結果に。募集の割合に対し採用率は低い傾向にあるものの、就活の対策次第で就職は可能といえるでしょう。

参照元
厚生労働省
青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)について
労働経済動向調査(令和5年8月)の概況

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

既卒とは?

既卒とは一般的に、大学・高校・専門学校などを出たあとに就職した経験がない、卒業後1~3年以内の若者を指す言葉です。たとえば、大学在学中に就職活動をスタートしたものの内定が決まらず、卒業後にアルバイトをしている場合は「既卒」に該当します。

また、既卒と混同しやすいのが「第二新卒」です。第二新卒とは、学校卒業後すぐに就職したものの、3年以内に退職した方を指します。既卒と第二新卒の大きな違いは、学校卒業後に正社員として働いた経験があるか否かです。

なお、在学中に就職活動を行う場合は「新卒」となります。ただし、「既卒2年目は就職できる?」で解説したように、既卒者を新卒として扱う企業も増えているようです。
応募や面接の際、企業との間で認識の相違が生じないよう「既卒とは?いつまでを指す?就活のやり方や成功のコツを解説します」のコラムも参考にしてみてください。

既卒2年目で就職する4つのポイント

既卒2年目で就職する4つのポイントの画像

既卒2年目で就職を目指すときは、「できるだけ早く就活を始める」「複数の企業にエントリーする」「面接対策をする」「空白期間を説明できるようにする」の4つのポイントを押さえましょう。以下で詳しく解説するので、すぐに取り組めることがないか確認してみてください。

1.できるだけ早く就活を始める

既卒2年目であれば、新卒向けの求人に応募が可能です。しかし、卒業後4年目以降になると新卒採用枠への応募が難しくなり、就職先の選択肢が狭まる可能性があります
「就職したい」と思ったら、「△月までに就職する」と期日を決めてすぐ行動に移しましょう。就職活動に何ヶ月掛かるかは人それぞれですが、スタートから3ヶ月程度を目安に期日を設定するのがおすすめです。

2.複数の企業にエントリーする

既卒2年目で就職を目指すときは、複数の企業にエントリーするのが効果的。就職が正式に決定するまでには、「応募→面接→選考→内定→労働契約締結」といった流れがあります。なかには、面接を複数回設けている企業も。
1社の選考結果が出てから次の企業にエントリーしていると、就職活動の期間が長引く恐れがあります。限られた時間を有効に活用するためにも、気になった企業の面接を複数受けられるようにスケジュールを調整しましょう。

なお、企業から内定をもらえなくても自己嫌悪に陥ったり、既卒であることを後ろめたく感じたりする必要はありません。「企業の求める人物像と自分の特性が合わなかっただけ」と割り切ることが大切です。最後まで諦めずに前向きな気持ちでエントリーしましょう。

一度不採用になった会社と同じ会社にエントリーは可能?

企業が人材を募集しているのであれば、一度不採用になった会社と同じ会社にエントリーすることは可能です。ただし、2回目だからといって採用の確率が上がるわけではありません。
また、再エントリーを認めていない会社もあるので、事前に求人票や会社のWebサイトなどで確認しましょう。

3.面接対策をする

既卒2年目の就活において、面接対策は非常に重要です。模擬面接を繰り返し、言葉遣いや面接時のマナーを身につけましょう。また、「既卒は面接で何を質問されるのか?」を想定し、答えを準備しておくことも大切です。

練習を繰り返すことで自信につながり、気持ちに余裕をもちやすくなるため、採用担当者に好印象を与えやすくなるでしょう。家族や友人といった身近な人に依頼するほか、1対1で本番同様の面接練習ができるハローワークや、就職・転職エージェントを活用するのもおすすめです。

4.空白期間を説明できるようにする

既卒2年目の就職活動では、空白期間をどのように伝えるかがポイントです。
企業は、既卒者に対して「なぜ就職しなかったのか」「働く意欲がないのでは」といった懸念を抱いています。説得力のある説明をして企業側の不安を払拭するためにも、学校卒業から現在までに何をしていたかを、明確かつポジティブに説明できるよう準備をしましょう。

既卒で空白期間があっても就活に影響はないの?面接対応の仕方も解説!」のコラムでは、既卒の就職活動で空白期間について質問される理由や、回答するときのポイントなどを解説しています。また、伝え方の例文は次の項目で紹介するので、あわせてご参照ください。

既卒2年目は空白期間をどう伝える?例文4選

ここでは、既卒2年目の就職活動で、空白期間を伝えるときの例文を以下の状況別に4つ紹介します。

1.公務員試験を受けていた場合
2.インターンに参加した場合
3.アルバイトをしていた場合
4.資格取得のために勉強していた場合

空白期間の過ごし方は、嘘やごまかしをせずに、誠実に伝えることが大切です。履歴書と面接時の説明に相違があると、採用担当者への印象が悪くなってしまいます。話す内容にも一貫性をもたせるよう意識しましょう。

1.公務員試験を受けていた場合

「2年間公務員試験のために勉強し、試験を受けましたが採用には至りませんでした。勉強することが得意なので、公務員試験を通じて身につけた知識を活かし、事業に貢献したいと思っています。」

既卒2年目で公務員試験を辞めて企業への就職を考える場合は、空白期間中に勉強に励んでいたことをしっかり伝えることが大切です。公務員採用に至らなかった理由を分析し、学んだことや考えたことを説明に加えると、より説得力が増すでしょう。

2.インターンに参加した場合

「在学中は社会人として働くイメージができていなかったため、卒業後は販売職の長期インターンに参加しました。インターンに参加したことによって、販売職の難しさや社会人としての責任を学ぶとともに、お客さまと直接会話をすることで、仕事のやりがいや楽しさを実感できました。入社後はこの経験を活かして、さらに販売スキルを磨きたいと考えています。」

空白期間にインターンに参加した経験があれば、そこでどのような経験をし、何を得たのか説明すると良いでしょう。さらに、入社後に活かせるスキルも具体的に伝えると効果的です

3.アルバイトをしていた場合

「私のコミュニケーション能力不足が原因で、就職活動に失敗してしまったと考えたため、2年間飲食店で接客のアルバイトをしていました。アルバイトを経験したことで、今では人と接することへの抵抗感がなくなっただけでなく、お客さまが何を望んでいるかを汲み取れるようになりました。」

既卒2年目にとって、空白期間のアルバイト経験はアピールポイントになります。アルバイトも社会経験の一つなので、そこで培った人間関係や失敗から学んだことなどを伝えましょう
なお、アルバイトをしていた職種と、就職を希望する職種が異なっていても心配はいりません。企業が求めているコミュニケーション能力や、考える力があるかどうかをアピールすると良いでしょう。

フリーターの空白期間は転職にどう影響する?アルバイト歴を伝えるコツも!」のコラムでは、アルバイトをしていた期間をプラスにアピールするコツを解説しています。

4.資格取得のために勉強していた場合

「大学卒業後は、FE(基本情報技術者試験)の資格を取得するため勉強に励んでいました。システムエンジニアとして就職を希望しており、基礎知識と技術を身につけるためにも、これらの資格取得が必要だと考えたからです。勉強を通して身につけた知識を、御社の業務で活かしシステムエンジニアとして活躍したいと思っています。」

空白期間に資格を取得していた場合、なぜその資格を取得しようと思ったのか、どのようなスキルが身についたのかを説明します。学ぶ意欲や専門的な知識・技術があることは、既卒2年目の就活において大きなアピールポイントです。卒業からの2年間、目的をもって行動していた旨を伝えられれば、好印象を与えられるでしょう。

既卒2年目の就活で空白期間を説明するときは、理由にプラスして将来の展望やキャリアアップなどの目標、就業意欲といった前向きな要素を付け加えるのがおすすめです。ポジティブな姿勢や考え方が企業側に評価されやすくなり、内定に近づくといえます。
既卒の履歴書作成については、「既卒の履歴書はどれがおすすめ?書き方のポイントや自己PRの例文も紹介!」のコラムで詳しく紹介しているので、参考にしながら書いてみてください。

既卒2年目におすすめの就活方法

既卒2年目の就職活動では、既卒に特化した就活サイトを利用したり、未経験から応募できる求人に焦点を絞って応募したりするのがおすすめです。また、1人で就職活動をするのが不安な方は、ハローワークや就職・転職エージェントを利用してみても良いでしょう。
それぞれの方法について以下で詳しく解説するので、チェックしてみましょう。

既卒に特化した就活サイトを活用する

既卒2年目の就職活動では、既卒に特化した就活サイトを活用すると効率良く進められます。また、既卒2年目は新卒向けの求人にも応募できる場合が多いので、既卒向けサイト・新卒向けサイトどちらも利用すると選択肢が広がるでしょう

就活サイトに登録しておくと、業界や職種を問わず豊富な求人が探せるだけでなく、気になる企業のエントリー受付開始時期や、説明会の日時などをメールで受け取ることも可能です。どのような求人があるのかを知りたいという場合は、まず就活サイトに登録し情報収集するのがおすすめです。

ハローワークや就職・転職エージェントの併用がおすすめ

プロのアドバイスを参考に就職活動をしたい既卒2年目の方は、「新卒応援ハローワーク」や、「20代向け」「フリーター向け」の就職・転職エージェントを活用すると良いでしょう。

就職・転職エージェントでは、求人紹介をはじめ面接対策から採用後のフォローまで一貫したサポートを受けられます。就職・転職エージェントの活用方法は、後述する「既卒2年目の就活にはエージェントを活用しよう」もご覧ください。

参照元
厚生労働省
トップページ

新卒採用に応募する

前述のとおり、若い人材を確保するために、既卒3年以内を新卒として扱っている企業が多くあります。既卒2年目が新卒採用に応募するメリットは、求人の選択肢が広がることや、大企業にも挑戦しやすいこと。また、入社後の研修が充実していたり、同期とも出会えるためコミュニケーションを取りやすかったりするなどのメリットもあります。

ただし、新卒採用に関する明確な基準が統一されているわけではないため、既卒2年目を新卒として受け入れるか否かは企業によって異なります。気になる企業の新卒枠に既卒2年目で応募できるかどうかは、求人票をチェックしたり問い合わせたりして、事前に確認しましょう。
なお、新卒枠はエントリー期間が限定されているので、チャンスを逃すと求人が少なくなってしまいます。新卒枠を狙うのであれば、早めの行動と対策が必要です。

中途採用に応募する

既卒2年目の場合、中途採用枠で求人に応募することも可能。営業や事務、IT関連の仕事など幅広い職種で、未経験の既卒者を受け入れる企業があります。
ただし、既卒を中途採用している企業では、即戦力となる経験や能力を求められることも。既卒2年目で中途採用に応募するか迷っている方は、「既卒は中途採用を選ぶべき?新卒との違いや就職成功のコツをご紹介!」のコラムを読んで、応募のコツや中途採用のメリット・デメリットを知っておきましょう。

既卒2年目の就活にはエージェントを活用しよう

既卒2年目の就活にはエージェントを活用しようの画像

既卒2年目は自分一人で就活を行わなければいけないため、企業の詳細な情報を得にくい状況にあるようです。就職・転職エージェントを利用すると、求人票だけでは分かりづらい仕事内容や、社内の雰囲気などをキャリアアドバイザーから教えてもらえます。
以下に就職・転職エージェントのハタラクティブを利用し、就職を成功させた人の声を紹介するので参考にしてみてください。

「アドバイザーから自己PRのコツを教えてもらったり、模擬面接を繰り返したりして面接に臨んだ」
「チャットツールでアドバイザーにすぐ質問できて助かった」
「登録から1ヶ月足らずで就職が決まった」
「すごくフレンドリーで、親身になって話を聞いてくれた」
「明確な目標がなくても、希望条件に合う企業を紹介してもらえた」

ハタラクティブでは、一人ひとりの適性や希望を丁寧にヒアリングし、厳選した求人情報をご紹介。また、履歴書の添削や自分らしさをアピールできる自己PRの書き方のアドバイスも行います。「既卒から正社員へ 体験談」では、ハタラクティブで就職を成功させた方の体験談を紹介しているので、あわせてご覧ください。

就職・転職エージェントは、就活のプロの力を借りて仕事を探せるのが利点です。個人で行うよりも効率的に就活を進められるでしょう。ハタラクティブは、20代の若年層に特化した就職・転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、きめ細かく求職者一人ひとりの就活をお手伝いします。登録・相談はすべて無料なので、「既卒2年目で就職できるか不安…」「職歴なしから就職活動をするコツを知りたい」という方はぜひ一度ご相談ください。

既卒2年目が抱える就職の不安に関するQ&A

既卒2年目からの就職を目指す方が感じる不安や疑問を、Q&A形式で解決します。就活をスムーズに進めるための参考にしてみてください。

既卒2年目からホワイト企業に就職できますか?

既卒2年目からホワイト企業への就職は可能です。既卒は若さが武器になるため、若手を丁寧に教育している企業を重点的に探してみましょう。

ただし、ホワイト企業は離職率が低いため求人が少ない傾向にあります。魅力的な求人を見逃さないよう、早めに就活を始めましょう。「ホワイト企業に転職したい!未経験でも大丈夫?優良企業の見分け方とは」のコラムもご参照ください。

既卒2年目の就活は新卒より厳しいですか?

既卒2年目の就活では、厳しいと感じる場面があるでしょう。なぜなら、新卒で就職しなかった既卒者に対し、「働く意欲がないのでは」といった印象を抱く企業もあるからです。

面接官の懸念を払拭するには、空白期間の過ごし方や志望動機について、説得力のある説明をする必要があるでしょう。既卒の就活のコツは、「既卒の就活方法は?職歴の書き方やおすすめの支援サービスをご紹介!」で解説しています。

空白期間をどう説明すれば良いですか?

既卒になった理由と、空白期間に何をしていたかは、正直に伝えましょう。多くの面接官は、意欲の高さや長期間働ける人材かどうかを見極めるために、この質問をしています。既卒になった経緯や空白期間について素直に反省点を述べたうえで、就職への前向きな気持ちを話すと好印象です。

空白期間の伝え方は、「既卒で空白期間があっても就活に影響はないの?面接対応の仕方も解説!」のコラムをご覧ください。

既卒の仕事探しはどうすれば良いですか?

ハローワークや就職・転職エージェントの活用がおすすめです。既卒は、大学内の就活セミナーやキャリアセンター、友人からの情報収集ができません。就職支援機関を活用することで、効率良く情報収集や求人探しを行えるでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブは、20代に特化した就活支援を行っています。求人紹介だけでなく、1分程度でできる適職診断の活用や選考対策も行えますので、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ