既卒で空白期間があっても就活に影響はないの?面接対応の仕方も解説!

既卒で空白期間があっても就活に影響はないの?面接対応の仕方も解説!の画像

この記事のまとめ

  • 既卒で空白期間があっても、必ずしも就活が不利になるわけではない
  • 一般的に既卒の空白期間は、1年以内であれば就活の評価にはあまり影響がない
  • 既卒の空白期間について面接官が尋ねるのは、就業意欲や長く働く意思を確認したいから
  • 既卒の空白期間について面接官に聞かれたときには、できるだけポジティブに伝えよう
  • 既卒の空白期間があることを不安に感じる方は、就職転職エージェントを利用しよう

「既卒で空白期間が長くても定職に就くことは可能?」「面接で既卒の空白期間について聞かれたらどう答えれば良い?」などの疑問を抱えて就活に踏み切れない方もいるでしょう。しかし、既卒で空白期間があっても、しっかりと対策すれば正社員になることは十分に可能です。このコラムでは、既卒から就職に成功するための方法を詳しく解説。既卒からの就職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

既卒で空白期間があると就職に不利になる?

既卒で空白期間があると就職に不利になる?の画像

既卒で空白期間があったとしても、就職を叶えることは可能です。しかし、採用する企業側としては、空白期間に何をしていたのかが気になるもの。空白期間がある場合は、ない場合に比べて選考で追及される可能性があるでしょう。

そうはいっても、事前にしっかり対策をして就活に臨むことにより、空白期間をポジティブな印象に変えることは可能です。空白期間の伝え方や就活にどのような影響を与えるかを知りたい方は、「空白期間は「リフレッシュしていた」と伝える?企業に伝えるブランクの理由」のコラムをチェックしてみましょう。

空白期間とは

就活における「空白期間」とは、仕事に就いていない期間を指します。既卒の空白期間は「学校を卒業してから就職するまでの間」が該当。転職者だと「前職を退職してから再就職するまでの間」といえます。空白期間が生じる理由は人によって異なりますが、留学や資格習得といったポジティブなものから、怪我や病気、転職活動の長期化、家庭の事情といったものまでさまざまです。
就活を進めるうえで「空白期間があることはどういう印象を与えるのか?」を企業側の立場から考えられると、より前向きな対策をとることができるでしょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

既卒の空白期間のボーダーライン

既卒の空白期間は、1年以内であれば採用の評価にあまり影響しないとされています。卒業後にすぐに就職できずにいた場合も、卒業後1年以内であれば評価に大きく影響する可能性は少ないと考えて良いでしょう。また、就活で思うような結果が得られずあえて既卒として就活を続ける場合もあるため、なかには空白期間の理由を聞かない面接官もいるようです。

ただし、ブランクが1年以上ある場合は、「なぜ就職せず既卒を選んだのか」「空白期間は何をしていたのか」などについて理由を聞かれることも。面接官が納得できる回答を述べるためには、「期間中に何をしていたのか」について整理しておくと、答えやすくなるでしょう。面接で空白期間の原因を質問されたときの受け答えが採用に影響を与える可能性は高いため、回答を事前に用意して面接に臨んでください。

既卒の就活については、「既卒就活を成功させるには?プロがおすすめする就活のやり方や体験談を紹介」のコラムでもまとめています。

既卒の空白期間を面接官が深堀りする3つの理由

既卒の空白期間を面接官が深堀りする3つの理由の画像

面接官が空白期間について質問するのは、働くことに対する意欲や人となりを見極めるためです。質問の意図を知ることが、好印象を与える回答につながります。ここでは、既卒者の空白期間を面接官が深堀りする目的を詳しく解説しますので、ぜひご確認ください。

1.空白期間にしていたことを知りたい

面接で既卒者の空白期間について質問する理由は、単純にその間に何をしていたか知りたいからです。企業は、採用するなら「就業に向けて準備をしていた人」を選ぶでしょう。嘘はいけませんが、できるだけポジティブな印象になるように、空白期間について述べることが大切です。
空白期間をポジティブに表現する方法について詳しく知りたい方は、「職歴の空白期間はどう説明する?病気や介護の場合の履歴書の書き方も解説」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

2.働く意欲があるか確認したい

企業側としては、就業意欲のある人材を採用したいと考えています。そのため、「空白期間に何をしていたか」という質問をとおして、働く意欲やこれから行ってもらう業務に向いているかどうかの判断を行うのです。空白期間にアルバイトや勉強などをしていなかった場合、採用担当者に「採用しても真面目に働かないのでは?」「周りとの調和を乱すのでは?」などといった印象を与えてしまう可能性も。就業に向けた活動ではなくても、目的意識を持って取り組んでいたことをアピールしましょう。

3.長期間勤務できることを確認したい

企業の多くが、採用した人材には長く働いてもらいたいと考えています。しかし、過去に転職経験が多かったり、空白期間が目立ったりする人材の場合、「物事を長く続けることが苦手なのでは?」という短期離職の懸念を抱き、良い評価を得られないことも。

この懸念を払拭するためにも、長く続けていることや長期的な勤務を望んでいることをアピールすることが大切です。「面接で空白期間を聞かれたときにどう説明して良いか分からない」「面接の質問が怖くて就活になかなか踏み切れない」という場合は、回答の例文を記載している「空白期間を面接で聞かれたら?『何もしてない』はOK?答え方や例文を紹介」のコラムもぜひご覧ください。

既卒が面接で空白期間を伝えるときのポイントと回答例

既卒が面接で空白期間を伝えるときのポイントと回答例の画像

既卒が面接で空白期間について質問された際は、「正直な理由と反省」「努力していること」を意識して回答しましょう。また、入社意欲を伝えるために、前向きな表現にするのもポイントです。

空白期間ができた正直な理由と反省を述べる

空白期間ができた理由としては、「企業側が期待する能力が足りなかった」「妥協したくなかったから既卒を選んだ」などが挙げられるでしょう。しかし、そのまま伝えると「努力の足りなかった人材」「分析力が未熟な人材」というネガティブな印象を与えかねません。そのため、内定が決まらなかった原因を自分なりに分析しながら理由を述べるようにすることが大切です

既卒になった正直な理由を突き詰めると、自分自身を省みることにつながります。足りなかった点を見つけて、反省の気持ちをもって伝えることができれば「しっかりと反省ができる前向きな人」という印象をアピールできるでしょう。

回答例

「内定がいただけなかったのは、職場での経験不足やコミュニケーション力不足が原因だと思います。」
「自己分析する力やコミュニケーション力が不足しており、何とかなるという甘えがあったと思います。自分の欠点に気がつくのに時間がかかってしまいました。」

就職に向けて現在努力していることを伝える

自己分析と反省をして気がついた欠点や苦手を見つけるとともに、克服するため実際に行動に移すことが大切です。どのような環境であれば欠点を改善できるかを考え、アルバイトやインターンに取り組んでみましょう。すぐに改善していくことは難しいですが、一定期間何かに継続して取り組むことで、面接官に忍耐強さや積極性を印象づけられるでしょう。

回答例

「まずは経験不足を補うために、△△のアルバイトに応募しました。はじめは指示されたことさえ十分にできませんでしたが、先輩方のサポートのお陰で自分から動けるようになり、アルバイトスタッフをまとめるリーダーを任されるようになりました。」
「アルバイト先の塾では、始めは分かりにくいと生徒から評価されていましたが、動画に撮って見返すことで分かりにくい表現を改善したり、生徒とコミュニケーションをこまめに取ったりすることを意識しました。その結果、現在はトップ講師となりました。」

以上が、空白期間を聞かれた際に答える重要なポイントです。「努力していることが特にない」「どう回答すれば良いか分からなかった」という方は上記を参考に、何かアクションを起こしてみると良いでしょう。

既卒で空白期間が心配な方はエージェントを利用しよう

既卒で長期的な空白期間が生じて就活に対して不安を抱えている方や、既卒で希望する仕事が見つからないという方は、第三者のサポートを受けることをおすすめします。仕事探しでお困りの場合には、自分の適性や希望条件に沿った求人を紹介してくれる就職エージェントを利用するのも、効果的な手段といえるでしょう。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、既卒者歓迎の求人を多数用意。既卒の就活に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、あなたの要望をしっかりヒアリングして、一人ひとりに合った求人をご紹介します。1分程度でできる適職診断も受けられるため、自分に合った仕事をじっくり探せるでしょう。
また、採用に結びつく書類作成や面接対策のお手伝いを行うので、納得のいく転職を実現できるといえます。サービスの利用は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

既卒者の空白期間に関するFAQ

ここでは、既卒者の空白期間に関するよくある疑問をQ&A方式でまとめています。空白期間に遊んでいた場合や体調不良で就活ができなかった場合についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

既卒就活で空白期間は嘘をつくごまかし方をしても良いですか?

空白期間のことに限らず、嘘をつくことは避けましょう。入社後に嘘をついたことがバレると、周囲からの信頼を失ったり経歴詐称で解雇になったりといったリスクがあります。詳しくは「面接で嘘をついてしまった?バレたらどうなる?考えられるリスクとは」のコラムでも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

空白期間は遊んでいたのですが面接でどう回答すれば良いですか?

就活に踏み切った理由や反省点などを正直に採用担当者に伝えましょう。回答する際は、嘘をつかないことが大切です。素直に自分のことを振り返ることで、誠実な姿勢を採用担当者にアピールできるでしょう。

体調不良で就活できなかったのはマイナス評価になりますか?

体調不良で就活できなかったのはやむを得ない理由であるため、マイナス評価になることはないでしょう。「勤務に問題はない」「定期的な通院が必要」というように現状を正直に伝えれば、応募先の理解や適切なサポートも期待できるといえます。病気やケガが原因での空白期間について説明するときのコツは、「ブランクがあると就職できない?内定につながる空白理由の伝え方」のコラムをご覧ください。

卒業後の空白期間は履歴書にどう書けばいいですか?

空白期間が1年程度で、その期間中アルバイトをしていたのであれば、アルバイトの経歴を職歴に書きましょう。アルバイトの経歴も、継続期間や業務内容によっては選考でのアピール材料になります。「履歴書に空白期間はどう書く?フリーターやニートなど状況別に解説」のコラムを参考にしてみてください。

自分に合った企業が見つからず就職できずにいます…

「自分の適性やそれに合った企業が見つからない...」とお悩みの場合は、転職サイトなどの第三者の手を借りるのが良い方法です。若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、自己分析の深堀りから内定獲得までを一貫してサポートを行います。自分一人で就活を乗り切れるか不安な場合は、ぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ