転職エージェントとハローワークの違いを比較!併用は可能?

転職エージェントとハローワークの違いを比較!併用は可能?の画像

この記事のまとめ

  • 転職エージェントとは、民間の会社が提供する就職支援サービスのこと
  • ハローワークは主に職業紹介を行う公的機関であり、全国に設置されている
  • ハローワークは求人の数や種類が多いことが特徴
  • 転職エージェントでは、企業選びから内定まで手厚いサポートを受けられる
  • ハローワークと転職エージェントで迷った時は、併用するのがおすすめ

転職エージェントとハローワークのどちらを利用すべきか、迷っている人も多いのではないでしょうか。このコラムでは、転職エージェントとハローワークの共通点や相違点を紹介しています。ハローワークは多数の求人がありますが、中には求人票と異なる条件が提示されることも。転職エージェントが扱う求人数はやや少ないものの、採用に積極的な企業が多いことが特徴です。自分にあった就活方法を見つける参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職エージェントとハローワークとは

転職エージェントとハローワークは、どちらも求職中の方の就職活動を支援する機関です。まずは、それぞれの定義を理解しておきましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、職業紹介や就職サポートを行うサービスです。民間企業が運営しているサービスですが、求職者は無料で利用できます。その理由は、転職エージェント会社は求人を出している会社から紹介料をもらっているためです。そのため、採用意欲の高い企業の求人が多く、一般には公開していない非公開求人を扱っている場合もあります。
サービスによって、新卒向けや転職者向け、フリーター向けなど得意とする求人が異なるので、自分の立場や目指す就職先に合わせてサービスを選ぶ必要があるでしょう。転職エージェントで受けられるサービスは、以下のようなものです。

・求人に対する質問
・セミナーや説明会の案内
・就活や転職に関する相談
・書類や面接の添削、指導
・紹介先の雰囲気や求人票に載っていない情報
・市場動向などのリサーチについて
・採用されるコツやポイント

就職活動全般を一貫してサポートしてもらえるため、就活に不安要素のある方にはおすすめできます。「就活エージェントはいつから使う?就職のスケジュールも解説」でも、転職エージェントについて説明しているので、参考にしてください。

ハローワークとは

ハローワークとは国が管轄し、全国に設置されている公的な就職支援機関です。正式名称は「公共職業安定所(職安)」で職業紹介や失業者の保証、職業訓練などを行っています。新卒者向けの「新卒応援ハローワーク」や、フリーターや既卒向けの「わかものハローワーク」、子育て中の方の就職を支援する「マザーズハローワーク」などのサービスがあることも特徴です。また、ハローワークは全国各地にあるため、地元の求人が多い傾向があります。全国どこのハローワークでも利用できますが、地元で就職したい人はハローワークの利用が向いているでしょう。ハローワークで受けられるサービスは、以下のようなものです。

・求人に対する質問
・セミナーや説明会の案内
・就活や転職に関する相談
・書類や面接の添削、指導
・職業訓練校への紹介

ハローワークでも、企業選びや就活マナーなど基本的なことはサポートしてもらえます。就職に関して客観的な意見やアドバイスをもらいたいという人は、まず利用してみると良いでしょう。

失業したときもハローワークへ
ハローワークは、就職活動中だけ利用する機関ではありません。万が一失業したとき、雇用保険の失業給付の手続きをする場所もハローワークです。雇用保険に一定期間加入していた方は、ハローワークで手続きをすると失業保険を受け取れる場合があります。失業保険について詳しく知りたい方は、「失業保険の受け取り方のステップとは?支給額のルールと注意点も紹介」のコラムを一読ください。

転職エージェントとハローワークの共通点

ここでは、ハローワークと転職エージェントの共通点と違いを具体的に解説します。転職エージェントもハローワークも、無料で求人を紹介してもらえるサービスです。応募したい求人が見つからないときは、アドバイザーに相談することもできます。
「転職はしたいけどどのような仕事がしたいか分からない」「失業してしまったけれどどうすれば良いのか」という方も、過去の経験や条件を相談することで、あなたに合った仕事や業種を紹介してもらえるでしょう。
また、応募書類の添削や面接対策といった指導を受けることもできるので、就活自体が不安な方も利用する価値があります。 どちらのサービスも、求職者の利用料は無料です。就活では多くの求人情報や客観的なアドバイスが大切になるので、転職エージェントとハローワークを併用しても良いでしょう。

転職エージェントとハローワークの違い

転職エージェントとハローワークのどちらから利用すれば良いか、迷う方も多いでしょう。ここでは、それぞれの違いに着目して特徴を紹介します。自分の目的に合ったサービスを選んで、就職活動を進める参考にしてください。

求人の探し方

転職エージェントとハローワークでは、求人の探し方が大きく違います。
転職エージェントでは、あなたの経歴や希望条件を踏まえて、担当のアドバイザーがあなたに合った求人を紹介してくれることが一般的です。求職者は、紹介された求人を確認し、興味があるものがあれば応募するという流れになります。
一方、ハローワークでは求人サイトのように自分で求人を探すことが一般的です。ハローワークにある求人端末(PC)や「ハローワークインターネットサービス」を利用して、ハローワークに掲載されている求人の中から気になるものを探します。

求人の種類と数

転職エージェントとハローワークでは、扱っている求人の数や種類にも差があります。
転職エージェントでは、各社が独自に求人情報を集めているため、数は多くありません。しかし、「IT業界に強い転職エージェント」「フリーターの就職を支援する転職エージェント」など、業界や年齢、経験ごとに特化している面があり、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。また、先述のとおり転職エージェントに求人を出している企業は、エージェント会社に紹介料を支払っています。そのため、採用に積極的な企業や、求人に費用を掛けられる大企業が多い傾向があるようです。

ハローワークの求人についても確認しておきましょう。厚生労働省の職業安定局が発表した「公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績」によると、令和2年の新規求人数は790万件です。そのほか、求職者数や就職件数は下記のようになっています。

求人種類 人数
新規求職者数(常用(パートタイム含む)) 453.7万人
新規求人数(常用(パートタイム含む)) 790.6万人
就職件数(常用(パートタイム含む)) 111.5万人
就職件数(雇用期間の定めがない(パートタイム含む)) 73.6万人

引用:公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績 令和3年10月厚生労働省 職業安定局

ハローワークの求人数が多い理由は、企業が無料で求人情報を掲載できるためです。また、職業安定法第17条によって「公共職業安定所は、求職者に対し、できる限り、就職の際にその住所又は居所の変更を必要としない職業を紹介するよう努めなければならない」と決められているため、地元求人が多い傾向があります。
そのため、大手求人サイトや転職エージェントには掲載されていないような中小企業の求人情報も、ハローワークなら閲覧できることもあるようです。

参照元
厚生労働省
ハローワーク
e-Gov法令検索
職業安定法

求人情報の詳しさ

転職エージェントとハローワークには、紹介してもらえる求人の情報にも違いがあります。
転職エージェントでは、エージェントが求人掲載企業へヒアリングを行っているため、求人票や紹介された内容と仕事内容が異なるということが少ないようです。また、入社前には、企業の雰囲気や社風なども教えてもらえるため、入社前から応募先企業のことをイメージしやすいでしょう。

ハローワークの場合、企業の情報は求人票に載っている内容以上のことは教えてもらえないことが多いようです。膨大な求人数を取り扱っているので、1社ずつヒアリングすることはできず、中には求人票と異なる条件を持ち掛けられる求人も紛れています。すべてが悪質な求人というわけではありませんが、求人情報はよく確認するようにしましょう。

就職サポート

続いて、ハローワークと転職エージェントの就職サポートについての違いを見ていきましょう。
転職エージェントでは、企業選びから採用まで一貫したサポートを受けられることが特徴です。面接日のセッティングもエージェントが行ってくれます。応募書類の添削や面接対策も行っており、「就活をしたいけど、何からすれば良いか分からない」という人でも安心して就活に取り組めるでしょう。面接のあとには、自分で伝えきれなかったアピールポイントをエージェントが企業に伝えてくれることもあるようです。不採用になった場合でも、何が原因だったのか、フィードバックをもらえるため、次に繋げやすいでしょう。内定をもらえた場合は、入社日や年収の条件交渉といった自分ではやりにくいこともエージェント経由で伝えてもらえます。より有利な条件で転職したい人は、エージェントを活用すると良いでしょう。

ハローワークでも、求職者支援制度というサポート制度によって自己分析や履歴書の添削を受けられます。就職にスキルや資格が必要な場合、無料で職業訓練に無料で通って、専門的なスキルを学べるので、就職に有利になることもあるでしょう。職業訓練については、「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」のコラムで詳しく紹介しています。

利用できる日時

最後に、求職者がサービスを利用できる日時にも違いがあるので確認しておきましょう。
転職エージェントの場合、サービスによりますが土日祝日や夜間でも対応しているところが多いようです。在職中の方は、自分の都合に合わせて利用しやすいでしょう。
一方、ハローワークは公共機関なので、平日17:30までしかサービスを行っていません。そのため、平日の日中に働いている人の場合は利用しにくくなっています。退職済みの方やシフト勤務の方なら、問題なく利用できるでしょう。

転職エージェントとハローワークのどちらを使えば良い?

ここまで紹介してきた転職エージェントとハローワークの特徴を、一覧にまとめました。

  転職エージェント ハローワーク
メリット ・無料で利用できる
・履歴書の添削をしてもらえる
・面接対策ができる
・求人情報が詳しい
・非公開求人がある
・特定のジャンルに特化した求人がある
・条件交渉を依頼できる
・無料で利用できる
・履歴書の添削をしてもらえる
・面接対策ができる
・求人数が多い
・求人の種類が豊富
・職業訓練に通える
デメリット ・求人数が少ない
・企業と直越連絡できない
・平日日中しか利用できない
・求人を自分で探す
・求人票より詳しいことは分からない

上記に挙げたのは一部ですが、転職エージェントとハローワークではメリットとデメリットが異なるサービスです。自分に合ったほうを選んで利用してみてください。どちらを使うか迷う方は、併用しても構いません。両方を利用すれば、デメリットを相殺できるので、自分に合った職探しができるでしょう。

転職エージェントとハローワークの利用方法

最後に、転職エージェントとハローワークの利用方法をそれぞれ簡単に紹介します。これから利用しようと思っている方は、参考にしてください。

転職エージェントの利用の仕方

転職エージェントの使い方は、サービスによっても異なるので、利用するサービスの使い方をよく確認してください。一般的には、次のようなステップで進めていきます。

1.会員登録後、インターネットや電話で面談の日を決める
2.面談をしながら、希望の条件や適性を判断し求人を紹介してもらう
3.応募する求人を選ぶ 4.面接練習や履歴書の添削・指導を受ける
5.面接日をセッティングしてもらい、面接を受ける

転職エージェントでは、面接練習や面接日の調整といったサポートをしてもらえるため、時間がない人でも就活を進めやすいでしょう。
転職エージェントの使い方や、選び方のポイントを知りたい人は「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」を参考にしてください。

ハローワークの利用の仕方

次に、ハローワークの利用方法を解説します。

1.ハローワークで求人申込書を記入する
2.相談窓口で申し込み内容を確認し、ハローワークカードを受け取る
3.求人端末で求人情報を確認する
4.気になった求人票を印刷して窓口で相談する
5.応募先へ連絡してもらい紹介状をもらう
6.応募書類や面接の対策をする

ハローワークで転職活動をする際は、このような流れを踏むのが一般的です。ハローワークの利用については、「ハローワークの使い方は?利用の流れとポイントを徹底解説」でもご確認いただけます。

転職エージェントを利用して就職活動をしたいとお考えの方は、ハタラクティブにもご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒やフリーターなど20代の若手に特化して転職サポートを行っている転職エージェントです。メールやチャットツールを用いて情報共有をしており、就業中の方でも都合に合わせて連絡することができます。
若年層の転職についてのノウハウと経験を活かし、プロの就活アドバイザーが親身に相談にのりますので、初めての転職で不安な方も一度ご相談ください。

関連タグ