本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ハローワークはニートも対象?支援内容と活用法

ハローワークはニートも対象?支援内容と活用法

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ハローワークは年齢や経験を問わず誰でも利用できる機関で、職業紹介が主なサービス
    ・利用には直接施設に出向いて、求職申込みの手続きをする必要がある
    ・手続き完了後に発行されるハローワークカードを都度提示してサービスを受ける
    ・ニート期間が長い場合は、生活習慣の改善やアルバイトでの就業から始め、働く感覚を取り戻すことを優先したほうが良い
    ・ハローワークのほか、ジョブカフェや若者サポートステーション、就職エージェントを併用すると就職のチャンスが広がりやすい

ニート状態を脱して就職を考えている方はいませんか?当コラムでは、ハローワークやニートを対象とした就職支援サービスにスポットを当て、活用方法について解説しています。ぜひ、就職活動の一助としてお読みください。

誰でも利用できるハローワーク

ハローワークは仕事を探している人なら、年齢や経験を問わず誰でも利用できるサービスです。
ニート経験者の中には、「ブランクが長すぎて求人がないのでは」「相談に対応してもらえないかも」という不安から、ハローワークの利用を迷う人もいるようですが、仕事をしたいという意欲があるなら大丈夫。まずは居住地を管轄しているハローワークに行き、求職申込みをしてみましょう。
また、下記にハローワークのサービス内容についても詳しくお伝えしますので、自分の状況に応じて必要なサービスを利用してみてください。
 

職業紹介

ハローワークが保有している求人の閲覧、応募に加えて、職業相談にも対応しています。仕事の選び方、自己分析の進め方、履歴書や面接などの選考対策など、就職活動全般に関するアドバイスを受けることが可能です。
よくある勘違いですが、ハローワークの求人は企業の依頼によるものだけではありません。地方公共団体、経済団体、労働組合などに協力を求め、求人の新規開拓にもあたっています。求人は日次で更新されるため、鮮度の良い情報から探せるのはハローワークならではの魅力と言えるでしょう。
自宅でも求人検索はできますが、自分の強みを探したい人、仕事選びの基準で迷っている人は、職員に相談しながら求人探しをすると、良い結果に繋がりやすいかもしれません。紹介状を発行してもらうことも可能ですので気軽に職員に相談してみてはいかがでしょうか。
 

職業訓練

自分の経験やスキルに不安のある方は、必要な技能が学べる職業訓練を受けてみるのもおすすめ。職業訓練は大きく分けて「公共職業訓練」「求職者支援訓練」の2つがあります。公共職業訓練は雇用保険受給者を対象としたもので、国や都道府県が運営している職業訓練。こちらは会社を退職してから数ヶ月ニート生活をしていた…という方におすすめです。
求職者支援訓練は雇用保険を受給していない(または終わった)方を対象とした職業訓練です。長い間就業していない人、バイトしか経験がない人などに向けた訓練で、働いたことがないニートの方も対象となります。公共職業訓練と比較すると、訓練期間は短めなので、就活のスケジュールに組み込みやすいのが特徴です。
どちらも幅広い分野の訓練コースから選ぶことができ、無料(テキスト代などは自己負担)で仕事に必要な知識や技術の習得が可能。随時、ハローワークで開催案内をしているので、気になる方は問い合わせてみましょう。

求職申し込みの手続きと利用方法

ハローワークを利用するための第一歩が求職申し込みの手続き。ここでは、手続きやサービスの利用方法などについてわかりやすく解説します。

服装&持ち物

服装が職業紹介に影響したり、職員に指摘されたりすることはありません。基本的に普段着で問題なく、ラフな服装でも大丈夫です。ただし、清潔感には配慮し、きちんと身だしなみを整えましょう。
希望する求人によっては、問い合わせ当日そのまま面接…というケースも稀にあるため、就活を早めに終わらせたい方はスーツを着て行っても良いかもしれません。
また、ハローワークでは面接対策をシミュレーション形式で行っているところもあるため、もし本番の雰囲気に少しでも慣れておきたいということであれば、着用に慣れる意味でもスーツを着て行くのも良いでしょう。
特に必要な持ち物はありませんが、筆記用具やメモ帳は持っておくと便利。職員からのアドバイスを記録したり、求人を問い合わせたりする場面で役立ちます。

求職申し込みの手続き

まずは、最寄りのハローワークへ出向き、求職申込書に必要事項を記入して提出します。求職申込書は、これまでの経歴や希望する仕事の条件などについて細かく記入するものです。
求職申込書の記入内容を基に、職員が求人紹介の際に使う「求職票」が作成されるので、正確に詳しく書くようにしましょう。
求職申込書はハローワークのWebサイトからダウンロードして事前に記入を済ませることも可能ですので、必要に応じて利用してみてください。
手続きが終わると、サービスを利用するために必要なハローワークカードが発行されます。このカードはハローワークで相談や求人紹介のサービスを受ける時に必要になるものなので、利用の際は必ず持参するようにしましょう。

利用方法

まずは受付窓口でハローワークカードを提示します。以降は、設置されている求人情報検索端末で求人を閲覧したり、気になる求人について職員に相談したりと、自分に必要なサービスを受けましょう。
自宅でも求人検索は可能ですが、企業に募集状況の確認や面接日程の予約をしてもらえるという大きなメリットがあります。加えて、就活に関連する悩みであればさまざまな形でサポートしてもらえるのもハローワークならではの魅力。その人の状況によって職業訓練やセミナーの紹介もしてもらえるため、総合的に就職活動を進めることができる場と言えるでしょう。不明点があれば職員が対応してくれるので、その都度聞いてみてはいかがでしょうか。

ニート期間が長い場合は就活前の準備を

ニート状態が長く続いている場合は、いきなり就活をスタートさせる前に下記の準備をしておくとスムーズです。

・生活習慣の改善
・アルバイトをする
・職業訓練でスキルの習得

まずは、長いニート生活の習慣を止め、1日の生活リズムを整えることからスタートしましょう。夜型生活を長く続けていたなら、早寝早起きを習慣づけるためにも昼間は少しずつ活動的に過ごすように心がけます。散歩からスタートして行動範囲を広げるのも良いでしょう。
食事を決まった時間に摂る、◯時には寝室に向かう…といった小さな行動が生活習慣の改善には大切なので、一つひとつ意識するようにしましょう。

生活のリズムが整ったらアルバイトを探します。働く感覚を実感しないまま、いきなり正社員の仕事を始めると、ギャップを感じてしまい、早期離職に繋がりやすくなります。まずは時間に融通が利くアルバイトから始めてみるのがおすすめです。
アルバイトの求人は雇用期間も職種も幅広いものが多いため、さまざまな条件に合わせて選ぶことができます。最初は短期の仕事から始めて、徐々に就業期間の長い仕事にチャレンジしてみるのも良いでしょう。
ただし、最初にアルバイトの目的は明確にすることをお忘れなく。目的がないままアルバイト期間が長引いてしまうと、正社員のチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。「就活の資金が貯まるまで」というように具体的な目標を設定することで、就活のスケジュールも立てやすくなります。

また、スケジュール的に可能であれば、アルバイトと並行して職業訓練を受けるのもおすすめ。職業訓練は無料(テキスト代など除く)で仕事に必要なスキルや知識を習得でき、一定の条件を満たせば、月額10万円の給付金が支給されるのが大きな魅力です。
受講できる講座の分野は幅広く、PCの基礎知識から、ITエンジニア、総務、技術関連など多彩。興味のある分野で講座を探してみてはいかがでしょうか。

ニート向けの就職支援は他にもある

ニート経験者を対象とした就職支援はハローワークのほかにもいくつかあることをご存知でしょうか。
厚生労働省委託の支援機関である「地域若者サポートステーション」では、働く意欲があるけれど躊躇している若い方を対象に、就職相談、就業体験、各種セミナーの開催など、さまざまなサポートを行っています。就職後の相談も受け付けていて、アフターケアも充実。入社して終わりではなく「定着して安定的に働けるかどうか」を重視して、細やかな支援を行っているのがこの機関の特徴です。

そのほか、「ジョブカフェ」は都道府県主体の、ワンストップで就職支援を行う施設。就職相談や職業紹介のほか、地域の特色を活かした各種セミナーや就業体験を行っています。年代ごとにサービス内容を分けているので、自分の状況に合ったサポートを受けやすいでしょう。

また、民間企業による就職エージェントを利用するのもおすすめ。職種や求職者のタイプによってサービス内容を特化させているため、さまざまな条件で選ぶことができます。
ハローワークとこれらのサービスを併用することで、就職のチャンスをより広げられるのではないでしょうか。

20代に特化した就職・転職エージェントのハタラクティブでは、就職未経験の方も大歓迎。あなたの条件や適性に合わせて1,500件以上の求人からぴったりのものをご提案します。
また、求職者一人ひとりに専任の就活アドバイザーが担当としてつくため、就活に関するお悩みにも対応可能。不安をその都度解消しながら就職活動を進めることができます。
企業への確認や面接日程の調整、選考対策もおまかせください。就職活動で悩みがちな部分ををケアするサービスをご用意してお待ちしています。

こんなときどうする?ニートの就活に関するお悩みQ&A

ここでは、ニートの就活に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ニートでもハローワークは利用できますか?

コラム内でもご説明したように、ニートの方も利用できます。ハローワークは仕事を探している人なら、年齢や経験を問わず誰でも利用できるサービス。国が運営しているため、安心して利用できるのも特徴です。「ニートの就職は、ハローワークに相談してみよう」ではハローワークについて記載しているでの、ご一読ください。

ハローワークを利用するメリットは?

ハローワークを利用するメリットは、地元で就職したい人にとって地域密着型の求人を見つけられることです。また、ハローワークは経験のある職員が職業相談や面接対策を行ってくれます。第三者にアドバイスを受けながら就活を進めたい方にもおすすめです。詳しくは「ハローワークへ相談に行くメリットとデメリット」をご覧ください。

若者向けの就職支援はありますか?

若者に向けた就職支援は、わかものハローワークで受けられます。わかものハローワークとは正規雇用を目指す若者のための就職支援施設で、職業相談・紹介のほかに応募書類作成や適正診断などができます。また、ジョブカフェでも若者を対象とした就職支援サービスを提供。自分に合うサービスを活用しましょう。「わかものハローワークはニートの方の強い味方となる?」でご紹介しています。

ニートが効率よく就職するには?

効率よく就職するには、就職エージェントの利用がおすすめです。就職エージェントでは、就活のアドバイザーが利用者の希望に合う企業を紹介してくれます。また、応募書類の添削や面接対策、日程調整などのサポートが受けられるため1人での就活に不安な人も安心です。就活の始め方が分からない…という方はハタラクティブにご相談ください。無料でご利用いただけます。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?