就職がめんどくさいニートへ!就活の始め方教えます

就職がめんどくさいニートへ!就活の始め方教えますの画像

【このページのまとめ】

  • ・働くことや就活自体をめんどくさいと感じるニートは少なくないが、ニート生活はいつまでも続けられないというのが現実
    ・就活をめんどくさいと感じるのは、やりたいことがない、就職の失敗経験がある、何から始めていいか分からないなど、ニートになった原因ともつながる
    ・仕事に対する考え方を変える、失敗経験から仕事選びを考える、就職エージェントを利用するなどして、めんどくさいと思う原因を解消することが大切
    ・就職する際には、生活リズムを整える、体力をつける、第三者に相談するなどして、無理せずに就職を目指すこともポイント

就職したい気持ちがあっても、「めんどくさい」という理由でニート生活を続けている人も少なくないのではないでしょうか?
しかし、ニートという生き方はいつまでも続けていられるものではありません。
このコラムでは、就職をめんどくさいと感じてしまう原因や対処法をまとめています。
「いつかは動きたいけど今じゃない」そんな風に思っているニートの人は、ぜひ参考にしてください。

◆ニートはいつまでも続けられるのか

仕事が好き、運動が好き、世話を焼くのが好き、などさまざまなタイプの人がいますが、たいていの人はなにか行動を起こすことに対して多少なりとも「めんどくさい」と感じるのではないでしょうか?
それでも、めんどくさいという気持ちを、やらなければいけないという思いが上回り行動に移すのが社会人なのでしょう。

ニートの人の中には、ニートでいることに対して罪悪感を持っている人も少なくないようですが、ニートのような生活を続けていれば、時間やルールに縛られて働かなければいけない社会人の生活を「めんどくさい」と感じるようになっても不思議ではありません。
また、社会人になるための就職活動自体を「めんどくさい」と感じて動き出せずにいる人も少なくないでしょう。

しかし、ニート生活を続けていれば、いつかは生活費がなくなり困窮することは想像に難くありません。
仕送りをもらって生活している人、実家で生活をしている人も、将来的に親が退職をしたり介護が必要になったりすれば、生活費が途絶える可能性も高いでしょう。

また、年齢が上がるにつれて、学生時代の友人が仕事で責任のある役職に就き、ゆとりのある生活を送ったり、結婚をして家族を作ったりする姿を見ると、自分と友人の差を辛く感じるようになる人がほとんどです。

若いうちは未経験でも応募できる求人が溢れているため、いつかは就職できると考えるニートの人が多いですが、実際には年齢を重ねれば重ねるほど求人の種類は減るため、就職が困難になってきます。


◆なぜ「めんどくさい」と思うのか

前項でご説明したように、ニートのような生活はいつまでも続けられるものではありません。
しかし、それが分かっていても動き出せないという人が少なくないのでしょう。

ではなぜ、就職がめんどくさいと感じるのでしょうか。
めんどくさいと感じる原因には、以下のようなものが考えられます。

・やりたいことがないため、働く意欲がない
・就職経験はあるが、失敗してしまったため就職するのが怖い
・人と接するのが苦手
・就活を何から始めていいか分からない

このように、就職がめんどくさいと感じる原因は、そのままニートになった原因にも当てはまるようです。
めんどくさいと思いながらとりあえず就活を始めても、そいうった姿勢や、やる気のなさは企業に伝わってしまうもの。「めんどくさい」という気持ちで就活している人を採用する企業はなかなか見つからないでしょう。
まずは、めんどくさいと思う原因を紐解き、その原因を解消することで、就職したいと心から思えるようになることが大切です。


◆原因別の対処法

前項であげた、就職がめんどくさいと思う原因から、「めんどくさい」を解消する方法を考えてみましょう。

【やりたいことがない】

やりたいことがないから就職できないという人は、きちんと自分に向き合った結果、やりたいことがないのか、自分自身を掘り下げずに、やりたいことがないと思っているのか、どちらでしょうか。
後者であれば、まずは自分を知ることから始めましょう。
自分のことをきちんと分かっていると思っていても、実は「自分」というのは自分が思っている以上にとても深いもの。それまでの記憶や経験から傾向を導き出す作業をすることで、思ってもいなかった自分の強みや特技を見つける人も少なくありません。
自分の得意としていることや、やっていて楽しいことから、やりたい仕事を探してみてはいかがでしょうか。

自分を掘り下げた結果、やりたいことがないという人は、仕事に対する考え方を変えてみましょう。
社会に出て働いている人の中に、本当にやりたいことを仕事にしている人は多くありません。また、好きなことや、やりたいことを仕事にした人の中にも、仕事をめんどくさいと感じる人はいるでしょう。逆に、好きなことだからこそ仕事にしなければ良かったと後悔することもあるようです。
仕事は、生活するために必要なお金を稼ぐ手段と考え、仕事以外の時間を充実させられれば、仕事が苦にならないかもしれません。
また、働くうちに慣れてきたり、スキルが身に付いたりすることで、仕事にやりがいを感じるようになることも考えられます。

【就職するのが怖い】

失敗した経験を、忘れたい記憶と考えるのはやめましょう。
就職した先の仕事が合わなかったのであれば、それをもとに自分に合う仕事を考えることができます。
人間関係でつまづいた、ブラック企業だったというのであれば、次の就活では、社風や職場の雰囲気、働き方を調べたり、面接で質問したりするなど、企業選びの要点に置きましょう。
一度失敗したなら、その経験を活かし、次は失敗しないということにつなげられるはずです。
失敗した経験は、新たなことを知る良い機会。失敗を繰り返さないということが大切なのではないでしょうか。

【人と接するのが苦手】

世の中にはたくさんの仕事があり、その中には人と関わらない仕事も存在します。
社会に出て働くということは、たくさんの人の中に入るということですが、それでも必要以上に接することなく働ける仕事を探すことは可能です。
工場での作業や、運送系のドライバーは一人でもくもくと仕事をする時間がメインであることがほとんどですし、WEB関係の仕事であれば自宅で働くことも可能です。
また、人付き合いが苦手だと自分で思っているだけという場合も考えられます。
それまで出会った人や以前の職場が合わなかっただけかもしれません。
趣味や特技を活かせる環境であれば、共通の話題で盛り上がれる人や、居心地が良いと思える職場に出会える可能性もあります。
諦めずに探してみるのも一つの解決策かもしれません。

【何から始めていいか分からない】

一度も就活をしたことがない人に多いのではないでしょうか。このような場合は、やみくもに就活を始めても上手くいかない可能性が高いです。
就職するには、たくさんの作業をしなければいけません。
応募する企業を選んだり、履歴書などの応募書類を書いたり、面接を受けたり…そしてその全てに就活を成功させるための「選び方」「書き方」「面接の受け答え方」が存在します。
たとえば、就職したいという気持ちを同じように持っている人でも、ただ「就職したい」といった場合と、「この会社のこういうところに魅力を感じ、こういう仕事をしたい」といった場合では、採用する側の受け取り方も変わるはず。
そいういった就活のテクニックをアドバイスしてくれたり、サポートしてくれる就活エージェントが存在します。
何をすればいいか分からないといった場合は、このようなサービスを利用することをおすすめします。


◆「めんどくさい」から「就職したい」に気持ちが変わったら

ニートの人が就職するために、まずしなければいけないことは、一般的な社会人としての生活に耐えられる身体を作るということ。
規則正しい生活を送ることや、就活でたくさんの人に会うこと、フルタイムで働くことは思っている以上に体力が必要です。就活を始める前に、早寝早起きをする、体操やジョギングなどの軽い運動をするなどして、生活リズムを整えましょう。
また、急にフルタイムで働くことに不安がある場合は、アルバイトなどの短時間勤務からはじめ、徐々に慣れることをおすすめします。
働きたいという気持ちが先行するかもしれませんが、途中で疲れてしまったり、辛くなったりしては意味がありません。
自分のペースを知り、無理しないことも早く正社員になるためのポイントです。


就活を始める際にもう一つとても大切なのが、一人で悩まないということ。
応募書類を作成するには、自分の経歴や長所などを書かなければいけないため、ブランクが長い人、就職が初めてという人は、自分の経歴に対してネガティブになりがちです。
現実離れしたアピールや経歴詐称は避けるべきですが、ネガティブになりすぎても就職はうまくいきません。一人で考えすぎず、第三者に相談できる環境を作りましょう。
前項でおすすめしたような、就活エージェントのアドバイスを受けると、自分では気づかなかった仕事の探し方やアピール方法が見つけることができます。
就活に悩んでいる人、スムーズに進めたい人は、エージェントに相談してみはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、若年層に特化した就活支援サービスを行っているエージェント。
マンツーマンのカウンセリングで一人ひとりの悩みを解決し、納得のいく就職をサポートします。
就職したいと思ったら、ぜひハタラクティブをご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION