新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートからの脱出を成功させるには?試すべき行動や就職活動のコツをご紹介

ニートからの脱出を成功させるには?試すべき行動や就職活動のコツをご紹介

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートからの脱出を難しくする要因は、「自己肯定感が低い」「人間関係が苦手」など
  • ・ニートからの脱出を図るメリットには、「収入の安定」「不安の解消」などがある
  • ・ニートからの脱出を叶えるには、些細なことでも行動してみることが大切
  • ・ニートからの脱出を目指すなら、アルバイトで働くことに慣れる方法もおすすめ
  • ・ニートから正社員になるには、自己分析を深めて就職エージェントを活用するのがコツ

監修者:多田健二

就活アドバイザー

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

ニートからの脱出を図りたいと思いつつ、「なかなか一歩を踏み出せない…」という方もいるのではないでしょうか?ニート脱却には、自身の現状を客観的に把握したうえで、とにかく行動してみることが大切です。
このコラムでは、ニートからの脱出を困難になりやすい要因や社会に出て働くメリット、就職活動のコツなどを解説します。正社員就職を視野に入れたアルバイト選びのポイントも紹介しているので、ぜひご一読ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートからの脱出を困難にしがちな5つの要因

なかなかニートからの脱出を叶えられない要因には、「自己肯定感が低い」「人間関係が苦手」などが考えられます。以下で、詳細を見ていきましょう。

1.自己肯定感が低い

自分に対する評価が低いと社会に出て働く自信を持てないため、ニートからの脱出を躊躇してしまう可能性があります。仕事を上手にこなせるか、職場に適応できるかなど、自分の能力を疑って不安が募れば、ニートからの脱出を遠のかせてしまうこともあるでしょう。

2.人間関係への苦手意識が強い

ニートからの脱出を前に進められない人の中には、人間関係への苦手意識が強いという方も。ニート生活では人との関わりが希薄になってしまうことが多いため、コミュニケーションの取り方に不慣れになりやすいといえます。また、ニートになったきっかけが、人間関係のトラブルによるものだった場合には、「人と関わるのが怖い…」と感じてしまう方もいるようです。

3.支援者がいて生活に不自由しない

親や親戚などから日常生活を全面的にサポートしてもらっている場合、ニートからの脱出を図る糸口を掴みづらくなることもあり得るでしょう。自分が働いていなくても生活が成り立ってしまうため、なかなか気持ちを奮い立たせるのが難しいと考えられます。

4.何に対しても意欲を持てない

ニートからの脱出を妨げる要素には、何事にも興味を持てずやる気が起きない…という精神状態も挙げられます。「挫折を経験した」「自己肯定感が低く何をしても成功する気がしない」「生活習慣の乱れから常に眠い」など、意欲が低下してしまう原因は人によってさまざまです。やる気が出なければ実行に繋がらないため、ニートからの脱出が困難になると考えられます。

5.理想が高い

仕事に対する理想が高過ぎれば、ニートからの脱出も困難になりがち。理想を高く持つのは悪いことではありませんが、それに固執してしまうと自身の可能性を狭めてしまうリスクがあります。
やりたいことや確固とした目標があったにも関わらず、それを実現できないまま時間が経過した結果ニートになってしまった…という方もいるようです。

ニートからの脱出を図りたい方は、「ニートから脱出したい!思い立つきっかけや成功させる方法を紹介」もぜひご覧ください。

ニートからの脱出を図る4つのメリット

ニートからの脱出を図るメリットには、「収入の安定」「不安の解消」「親との関係性好転」などが挙げられます。社会に出る不安を前向きな気持ちに転換させられるよう、ニートを抜け出す利点を知りましょう。

1.収入が安定する

ニートからの脱出を成功させて仕事を始めれば、その対価として給与が支払われるため、収入を得られます。正社員就職なら、一定の月給額を見込めるとともに、各種手当や賞与が加算されることも。雇用も安定するうえ、将来的には昇格や昇給によって収入を上げられる可能性もあるでしょう。

2.ニート生活への不安が解消される

ニートからの脱出には、自身の現状に対する不安を解消するメリットもあります。ニート生活を送る人の中には、「将来親がいなくなったらどうしよう」「このまま年を重ねたら就職が難しくなるのでは」といった心配を抱えている方もいるでしょう。ニートからの脱出を叶えれば、それらの懸念を払拭できるはずです。

3.人生の幅が広がる

社会に出て働き出すと、新たな知識・技術の獲得や人との繋がりができ、人生の幅が広がるのもニートからの脱出を図るメリットの一つです。最初のうちは慣れない環境に戸惑うことが多くても、徐々に自身のスキルを上げたり、周囲との信頼関係を構築したりしていけば、自分に対する自信にも繋がるでしょう。

4.親との関係が好転する

ニート生活を送るうちに親との関係が悪化してしまった…という人は、ニートからの脱出でその関係性を好転させられる可能性もあります。ニートをやめて社会に出ることで、お互いが抱えていた不安やジレンマが軽減され、より良い方向へ関係性が変化することもあるでしょう。

ニートからの脱出を後押しするきっかけ

ここでは、ニートからの脱出を後押しするきっかけになりやすい事柄を見ていきましょう。ニートからの脱出は簡単とはいえないため、何かの転機が必要な場合もあります。
ニートからの脱出に繋がりやすい主なきっかけは、以下のとおりです。

・親が高齢になった
・支援者がいなくなった
・結婚したくなった
・将来の目標ができた
・同年代の知人と比べて不安になった

サポートしてくれていた親が高齢になったり、亡くなったりしたときに、改めて自身の生活と向き合うニートの方もいるでしょう。また、結婚や夢といった将来のビジョンについて考え始めたことで、ニートからの脱出を決意する場合も。そのほか、同世代の知人と自身の現状を照らし合わせて不安を覚え、ニートからの脱出へと舵を切る人もいるようです。

ニートからの脱出へ向けて試すべき8つの行動

ニートからの脱出を目指すなら、「悩みを書き出し現状を客観視する」「アルバイトをする」「生活習慣を変える」などの行動を試してみましょう。自分にできる範囲の事からで構いません。まずは行動に移してみることが、ニートからの脱出を成功させるカギといえます。

1.やりたいことや悩みを紙に書き出す

やりたいことや現在抱えている悩みを紙に書き出してみましょう。自分の考えや価値観を可視化できるため、思考の整理に役立ちます。客観的に自身の現状を把握すれば、ニートからの脱出を図る手立ても見出せる可能性があるでしょう。

2.アルバイトをしてみる

短時間、週1~2回程度のアルバイトを始めてみるのも、ニートからの脱出に有効です。「仕事に慣れてきた」「もう少し続けられそう」と思えたら、無理のない範囲内で勤務の時間や回数を徐々に増やしていくと良いでしょう。社会性や働く習慣が身につけば自信がつき、次の一歩も踏み出しやすくなるはずです。

3.生活習慣を変える

ニートからの脱出には、生活習慣を整えることも重要といえます。朝起きて夜は眠る、一日一回は外に出て身体を動かす、朝昼晩の3食を摂取するなど、一日のサイクルを見直してみましょう。
就職すれば、生活リズムを仕事の時間に合わせていく必要があります。また、質の良い睡眠や運動は心身の健康保持にも繋がるため、ニートからの脱出へ向けたモチベーションを上げられる可能性もあるでしょう。

4.ポジティブ思考を心掛ける

自己肯定感が低いためにニートからの脱出ができないと感じるなら、日ごろからポジティブ思考を心掛けましょう。些細なことであっても、積極的に自分自身を褒めたり、感謝をしたりしてみてください。ポジティブな考え方が習慣化すれば、自分を必要以上に否定することも減るはず。自身の将来についても前向きに捉えて行動できるようになるでしょう。

5.自分と他人を比べない

ニートからの脱出を目指すなら、過度に自分と他人を比べて「どうせ自分なんか…」とネガティブになるのは止めましょう。他人と比較して落ち込むだけでは、現状を好転させられません。前述したように、他人の行動や姿勢を見て自分を省みることが、ニートからの脱出を後押しするきっかけになることもあります。周囲からの刺激をきっかけに変えて、ニートからの脱出を図りましょう。

6.焦らずできることから始める

現状に焦らず、自分にできることから少しずつ始めて、ニートからの脱出を成功に導きましょう。家事をする、本を読む、家族と会話するなど、身近なことから挑戦してみてください。最初からハードルを上げ過ぎると、心身への負担が大きかったり、できなかったときに自分を責めたりしてしまう恐れがあるため注意が必要です。自分ができそうと思えるか否かを基準にすると良いでしょう。

7.生活空間を変えてみる

今の生活空間を変えてみるのも、ニートからの脱出に効果的といえます。部屋の片付けや模様替えをすれば、気分転換になって前向きな気持ちになれる可能性も。実家に暮らしている場合は、思い切って一人暮らしをしてみるのも一つの手です。

8.とにかく行動してみる

ニートからの脱出を叶えるには、とにかく行動してみることが大切です。「どうせ…」「こんなことしても…」と思わず、「今日は〇〇をした」「明日は〇〇してみよう」と自分の行動をプラスに捉え、実践を少しずつ積み上げていきましょう。

ニートからの脱出へ向けたアクションについては、「ニート脱出のために今すぐできること」でもご紹介しています。

ニートからの脱出を叶える就職活動3つのコツ

ニートからの脱出を叶える就職活動の主なコツは、「自己分析」「就活の軸」「第三者のサポート」 の3つ。正社員は、雇用が安定しているだけでなく、昇給やボーナスも期待できます。将来のことを考えて「やはり正社員を目指そう」という方は、ぜひ下記を参考にしてみてください。

1.自己分析を行う

ニートからの脱出を目指すなら、これまでの経歴や資格、特技、趣味などを棚卸しして、自己分析をしっかり行うのがポイントです。これにより、自分はどんな事柄に興味があるのか、どのようなことが得意なのかを明らかにできます。また、性格や長所・短所などを客観的に把握することも大切。どんな仕事が向いているのか、どのような業界に興味があるのかが分かれば、スムーズな求人探しや採用選考時の効果的な自己PRに繋がります。

2.就活の軸を定める

前述した自己分析の結果をもとに、自身の「就活の軸」を定めることも、ニートからの脱出に必要な要素。就活の軸とは、「仕事先を選ぶときの判断基準」です。
給与が高い、転勤がない、社会貢献度が高いなど、人によって就活の軸はさまざま。自分が仕事に対して重要視する条件や選択基準をあらかじめ決めておけば、就職先選びで迷ったときの指針にもなり得ます。さらに、応募企業とのミスマッチ防止にも役立つでしょう。

3.就職サポート機関を利用する

ニートからの脱出を叶えるために、第三者の就職サポート機関を利用するのも有効な手段。
ニート経験がある場合、「就職できる気がしない…」「そもそも就活の方法がよく分からない…」と1人での就活に悩みを抱える方もいるでしょう。就職を支援する専門のエージェントでは、ニート期間の伝え方や就職先の探し方などをアドバイスしてくれる所もあるため、積極的に活用することをおすすめします。

年代別!ニートからの脱出を成功させるコツ

ここでは、ニートからの脱出を成功させるためのコツを年代別に見ていきましょう。

20代のニート

20代でニートからの脱出を目指すなら、自身のやりたい仕事やキャリアビジョンを明確にしたうえで、期間と目標を定めて就職活動に取り組むことが大切です。20代なら、企業のポテンシャル採用を十分に見込める年齢。とはいえ、「まだ若いから」と動き出すのを先送りすると、いつの間にか年齢が上がり、仕事のブランクも長くなってしまいます。そうなると、就職先の選択肢が狭まってしまうリスクが高いため、できるだけ早く行動に移しましょう。

30代のニート

30代の方も、20代と同じく早急に就職活動を開始するのがニートからの脱出を成功させるコツ。さらに、ニート期間について前向きな説明ができるよう準備しておくことも重要です。
職歴がある場合は、これまでの経験や身につけたスキルをアピールすると良いでしょう。職歴がないという方は、条件を設け過ぎずに求人を幅広く探すのがおすすめ。少しでも興味を引く仕事があれば、積極的にチャレンジしてみてください。

40代のニート

40代でニートからの脱出を図るには、うまくいかないことがあっても、めげずに就職活動に取り組む姿勢が大切です。就職は年齢が上がるほど難しくなるのが現状。そのため、20代、30代と比べて、40代でニートから正社員になるのは根気や工夫が必要といえるでしょう。また、前述したような就職エージェントといった第三者のサポートを受けるのも、効率的に就職活動を進められる可能性が高いため、おすすめのやり方です。

アルバイトはニートからの脱出に有効?

アルバイトには、「働くことに慣れる」「給与をもらう嬉しさを味わう」「スキルが身につく」といったメリットがあり、ニートからの脱出に有効といえます。
特にニート期間が長かったり職歴が少なかったりする場合は、いきなり正社員に挑戦するのに不安を感じる方もいるでしょう。そのようなときは、ハードルの低いアルバイトから始めて仕事に慣れていく方法がおすすめ。以下で、ニートからの脱出を目指す際に、アルバイトをするメリットについて確認しておきましょう。

生活リズムが整う

アルバイトを始めれば、仕事のある日は決まった時間に外出しなければいけないため、自然な流れで生活リズムを整えやすくなります。
ニートの場合は通勤や通学がないため、好きな時間に起きたり食事をしたりすることが可能。そのため、ニート生活を送る方の多くは生活リズムが乱れやすいようです。日中のアルバイトであれば、夜に寝て朝に起きるといった一般的な生活リズムも身につけられるため、ニートからの脱出に効果的でしょう。

給与が貰える

アルバイトをすれば労働の対価として給与を受け取れるので、生活にゆとりが生まれるとともに、欲しいものを購入したり貯金したりと自分の好きに使えるお金が手に入ります。
ニートは就労していないため収入はなく、貯金や家族からの援助で生活している方がほとんど。そのため、給与を貰う喜びが、ニートからの脱出を図るためのモチベーションに繋がることもあるでしょう。

業務経験が身につく

アルバイトをすれば、たとえ職歴としては認められなくても業務経験が身につきます。
業務経験があれば、類似する仕事に応募する際の強みとしてアピールできる場合も。全くの未経験で応募するよりも採用されやすい可能性があり、ニートからの脱出成功に有効です。

他者とコミュニケーションを取る機会が増える

多かれ少なかれ、アルバイトを始めれば、ほかのバイトスタッフや社員の人とコミュニケーションを取る必要があるでしょう。
ニート生活を送っていると、家族以外と話さない、他人とのコミュニケーションが苦手…という方も多いようです。アルバイトをすれば、他者とのコミュニケーションや会話のリハビリにもなり得ます。ニートからの脱出を成功させ社会に出たあと、良好な人間関係を築きやすくなるでしょう。

勤め先によっては正社員登用制度を利用できる

アルバイト先の企業によっては、正社員登用制度を採用しているところもあります。ニートからの脱出を目指すなら、正社員登用制度を利用するのもおすすめです。
正社員登用制度とは、アルバイトやパートといった非正規社員を正社員雇用へと転換する制度のこと。一定期間の勤続経験を経たあと、面接や試験に合格すれば正社員になれるという形式が一般的なようです。
とはいえ、企業によって正社員登用制度の有無や実績、その登用基準は異なります。ニートからの脱出を図るため、アルバイト先での正社員雇用を目指すのであれば、それらの制度についてあらかじめ確認しておいたほうが良いでしょう。

ニートからの脱出へ向けたアルバイト選び3つの要点

ここでは、ニートからの脱出へ向けて、アルバイトを探す際のポイントをご紹介します。

1.シフトの自由度が高い

ニートからの脱出を目指してアルバイトをするなら、シフトの自由度が高いものがおすすめです。
ニート状態が長い場合、「1日8時間、週5日」のフル勤務に不安を感じる方もいるでしょう。最初から勤務頻度を高く設定してしまうと、慣れない環境変化に挫折しやすくなってしまうリスクも。
勤務日数や勤務時間などを自分で選べれば、自分のペースに合わせて調整できます。仕事に慣れてきたタイミングで勤務頻度を増やしていけば良いでしょう。

2.自分の体力や精神力に見合っている

自分の体力や精神力に見合ったアルバイトを選ぶことも、ニートからの脱出には重要なポイント。
ニート生活を送っていると、運動する機会が減って体力が低下する傾向にあります。また、家に引きこもりがちになれば、ネガティブ思考に陥りやすくなるもの。
ニートの方の中には、もともと内向的な性格だったり、過去に人間関係のトラブルを経験していたりする方も多いため、「できる限り他人と関わりの少ない仕事をしたい」と考える人もいるでしょう。
体力をそれほど要しない仕事や接客のない仕事など、自分に合ったアルバイトから始めてニートからの脱出を図ることをおすすめします。

3.職場に通勤しやすい

アルバイト先は通勤しやすい場所を選ぶのが、ニートからの脱出にはおすすめです。通いづらい職場だと出勤するのが煩わしくなったり、通勤に体力や精神力を削ってしまったりする恐れがあります。とはいえ、近過ぎる職場には、「急なシフトを入れられる」「バイト先の他スタッフと出くわして居心地が悪い」といったデメリットも。「自宅から30分程度」「乗り継ぎがなく電車で一本」など、適度な距離感と通いやすさをポイントにアルバイト先を探すと良いでしょう。

目的別!ニートからの脱出におすすめなアルバイト

ここでは、ニートからの脱出におすすめのアルバイトを、目的の傾向別に見ていきましょう。自分に向いているアルバイトを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

対人業務をできるだけ避けたい人向け

コミュニケーションが苦手な人は、スーパーや飲食店のキッチン、清掃、工場内作業といった「裏方」と呼ばれるアルバイトが、ニートからの脱出におすすめです。
店頭に立たないので接客をする必要がなく、中には1人で業務を行う仕事も。最初は業務内容や進め方などを教わる必要がありますが、慣れれば黙々と作業できる場合が多いでしょう。

短期間でバイト経験をしたい人向け

短期間でアルバイト経験を積みニートからの脱出を図りたい人は、イベント設営や撤去、配送、引っ越し、工場内作業などの単発・短期バイトが良いでしょう。
短期バイトは1日からできるものもあり、給与も日払いや週払いが多数。短期間でアルバイト経験をしたい人や、できるだけ早く給与が欲しい人に向いています。

スキルを身につけたい人向け

ニートからの脱出へ向けてスキルを身につけたいなら、仕事とじっくり向き合える長期のアルバイトが良いでしょう。ニートからの脱出を目指して就職活動をする際に、アルバイトで培ったスキルを評価される可能性もあります。身につけたスキルや経験をもとに資格を取得するのもおすすめです。

ニートからの脱出におすすめの仕事を知りたい方は、「ニートから脱出する方法!働きやすい仕事の種類と探し方」もぜひご参照ください。

「バイト→正社員就職」でニートからの脱出を目指そう

フリーターは雇用が不安定なうえ、長く働いても昇給・昇格に繋がりづらい傾向にあります。そのため、将来が不安でニートからの脱出を図るなら、アルバイトではなく正社員を目指したほうが良いでしょう。
一般的に、企業が未経験者を正社員として雇用する場合、年齢が若い求職者のほうが採用されやすいのが現状。柔軟な考えを持っている、ポテンシャルや将来性がある、特定の考えに偏っていない、教育しやすいなどがその理由です。年齢が高くなれば、年齢相応の経験やスキルも問われがち。そのため、ニートからの脱出を目指して正社員になるなら、できるだけ早いうちに行動を起こすことをおすすめします。

未経験からの就職を目指すなら、ハタラクティブにお任せください。
ハタラクティブには、未経験者歓迎の求人が多数。専任の就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、あなたの適性やスキル、経歴に合う求人をご紹介しています。就活の進め方や応募書類の記載方法、面接の受け答えなどもアドバイス。サービスはすべて無料でご利用いただけます。1人での就活に不安を感じる方は、ぜひお気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ