ニートから脱却する方法をご紹介!就職までの流れをチェック

ニートから脱却する方法をご紹介!就職までの流れをチェックの画像

この記事のまとめ

  • ニートを脱却できない理由は、「社会への恐怖」「やりたい仕事が見つからない」など
  • ニートから脱却する方法は、自分の得意不得意や働く条件の優先順位を知ること
  • ニートから脱却するには、自分から行動して信頼できる人からアドバイスをもらうと良い
  • ニートを続けると就職先が見つかりにくくなり、人間関係が狭まる可能性が高まる

「ニートから脱却したい」と考えている人は多いでしょう。働いていない期間が長くなればなるほど仕事を見つけるのは難しくなるため、ニートから脱却するには早めに行動を起こすことが重要です。このコラムでは、ニートから脱却するための方法やニート期間が長引いた場合の影響をご紹介。コラムを参考に就職するまでの流れを把握し、ニートからの脱却を目指しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートから脱却はできる?

ニートから脱却はできる?の画像

「ニートから脱却したいけど、一歩踏み出すのが怖い」と考える人は多いもの。しかし、ニート生活を送っている状態からの脱却は可能です。特に、20代は未経験歓迎の求人に応募しやすく、選考ではポテンシャルを評価してもらえる可能性があります。

履歴書作成や面接対策、企業研究を徹底することで、自分に合った企業に就職しやすいでしょう。ニート生活の期間が長くなるほど採用される可能性は下がりやすいため、年齢を重ねる前に就活に取り掛かるのがおすすめです。

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートから脱却するための方法

ニートから脱却するには、なぜ脱却したいのかを明確にしたり、自分の得意不得意を知ったりすることが効果的です。具体的には以下のような方法を試し、社会復帰を目指すことをおすすめします。

ニートから脱却したい理由を考える

まずは、ニートから脱却したい理由を考えましょう。なかには、「親に言われたから」「周囲の人が働いているのに自分だけ働いていないのは引け目を感じるから」など、他者からの意見を参考にニートからの脱却を目指す人も。

しかし、ニートから抜け出すには自分の意見やキャリアビジョンをもつことが大事です。「貯金をして△△をしたい」「△△なスキルを身に付けたい」など、将来達成したいことからニートを脱却したい理由を明らかにしましょう。

自分の得意不得意を知る

ニートから脱却するには、自分の得意不得意を知ることも大切です。働くうえで活かせる自分の得意なことを見つけるには、「成果を上げられた出来事」や「自分がストレスなく取り組める物事」を振り返るのがおすすめ。

得意分野を知ることは、活かせる仕事を見つけるためだけでなく、やりがいや成長意欲をもつことにも繋がります。

自分にとって優先すべきことが何かを知る

ニートから脱却するために、働くうえで自分にとって優先すべきことが何かを把握しておきましょう。「収入が少なくても好きなことを仕事にしたい」「苦労をしてでも安定した収入を得たい」など、優先順位は人によってさまざま。就職後はニート生活をしていたころのように好きなことに割ける時間は減りますが、安定した収入を得ることが可能になります。ニート生活と就職した際の生活を比較し、自分にとって優先すべきことを考えてみましょう。

ニートから脱却して正社員になる方法は「ニートが就職するには?6つの理由別の対処法やおすすめの職種をご紹介!」のコラムでも解説しているので、あわせてご一読ください。

ニートから脱却する前に知っておくべき現状

ここでは、ニートからの脱却を目指す方が知っておくと良いことについてまとめました。「そもそもニートってどのくらいいるの?」など、よくある疑問にお答えします。

ニートはどれくらいいる?

総務省統計局の「今後の若年者雇用に関する研究会報告書(案)の概要」によると、15~34歳のニートの数は2022年度で約57万人でした。

図10 若年無業者及び35~44歳無業者の数及び人口に占める割合の推移(p.17)の画像

引用:総務省統計局「労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果の概要 図10 若年無業者及び35~44歳無業者の数及び人口に占める割合の推移(p.17)

グラフからも分かるように、2012年以降のニート数は50万人台半ばで推移しています。

若者の失業者はどれくらい?

失業したことにより、ニートになってしまった人もいるでしょう。前述した総務省統計局の同資料「今後の若年者雇用に関する研究会報告書(案)の概要」によると、2022年の15~24歳の失業者数は25万人、25~34歳では41万人いることが分かります。

図7 完全失業率の推移 (p.14)の画像

引用:総務省統計局「労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果の概要 図7 完全失業率の推移 (p.14)

グラフから、25~34歳の失業者数は全年齢に比べてやや高いことが分かるでしょう。

参照元
総務省統計局
労働力調査 最新の主な結果

ニートから脱却できない理由

ニートから脱却できない背景には、「社会に対する不信感」「やりたい仕事が見つからない」などが挙げられます。
ニートをやめられない具体的な理由を以下で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

社会に対して恐怖感がある

不登校または仕事を辞めたことがきっかけで家に引きこもり、そのままニート生活を送るようになることがあります。そのような場合、「社会に出ることが怖い」という気持ちが社会復帰を遠ざけている可能性があるでしょう。

「自分にできる仕事はない」「ミスをして馬鹿にされたくない」という思いから、自分に自信をもてずニート生活を続けていることが考えられます。

やりたい仕事が見つからない

「やりたい仕事やできそうな仕事が見つからない」といった理由から、ニートをやめられないという人もいます。「働かなければいけない」という思いはありつつも、「自分が何をしたいか分からない」「自分には働けそうにない」と感じ、最初の一歩を踏み出せずにいることも。

いきなり働こうとするのはハードルが高いこともあるので、まずは自分がどのようなことに関心があるかを考えてみたり、少しでも興味がある分野のアルバイトを始めてみたりしましょう。少しずつ段階を踏んで社会復帰を目指すのも良い方法です。

楽な生活に慣れてしまった

仕事をしない生活に慣れてしまい、ニート生活から抜け出せなくなることも。ニート生活では好きな時間に好きなことをして過ごせるうえ、上司や同僚に気を遣うこともありません。実家に住んでいれば食事も用意してもらえるという人もいるでしょう。その結果、「体力的にも精神的にも大変な思いをして仕事をしたくない」と考え、なかなかニートをやめられずにいる場合があります。

ニートになる理由と脱却方法については、「若者のニートが増える理由とは?解決策や就活を始める方法も紹介」のコラムでも詳しくご紹介しているので、チェックしてみてください。

実際にニートから脱却するまでの流れ

実際にニートから脱却するまでの流れの画像

「ニートから脱却するために、何から始めるべき?」「ニートから脱出した人は、まず何をした?」という疑問がある人もいるでしょう。ニートから脱却するには、自分から行動を起こすことが大切です。ここでは、ニートから脱却するまでの流れを詳しくご紹介します。

できることから行動してみる

ニートから脱却するには、できることから行動してみることが大事です。
ニートから脱却したいと思っても、「内定がもらえなかったら…」「自分に自信がない…」と不安を感じて行動を起こせないことも多いでしょう。

しかし、少しずつでも行動を起こすことでニート脱却に近づきます。「気になる企業へエントリーした」「転職・就職エージェントに登録した」など、小さなことから自分のペースで行動してみましょう。

信頼できる人にアドバイスを受ける

ニートから脱却するにあたり、家族や友人、就職・転職エージェントなど、信頼できる第三者からのアドバイスをもらうのもおすすめです。自分が信頼できる人に頼めば、自分のことを客観的に分析したうえでアドバイスをくれるでしょう。自分が知らなかった自分を理解することで、ニートから一歩前進するための支えとなり得ます。

ありのままの自分で面接を受ける

面接は、ありのままの自分で受けるようにしましょう。無理に自分を取り繕って面接に臨むと、入社後も取り繕い続ける必要が生じることも。その状況に耐えきれず、ストレスを感じて退職に繋がることも考えられます。

ありのままの自分で面接に臨み、自分の価値観や働くうえでの希望条件に近い会社を見つけることが重要です。

ニートから脱却しない場合に起こりうること

ニートから脱却しないことで、就職先が見つかりづらくなることや親の定年退職により家計が厳しくなることが考えられるでしょう。詳しくは以下で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

就職先が見つかりづらくなる

ニートから脱却しない状態が長く続くと、就職先が見つかりづらくなる可能性が高まります。その理由としては、ニート期間が長過ぎると会社側に「正社員として働けない理由があるのでは?」「何か問題を抱えているのでは?」とマイナスイメージを与える可能性があるため。1年以上ニート生活を続けていると、さらに就職するのが難しくなる傾向があります。

人間関係が狭まる

実家でのニート期間が長くなると、同居している家族以外の人と関わる機会が減るため、人間関係が狭まりやすくなります。ニートから脱却しない状態が長く続けば続くほど、家族以外と話すことがないまま何年も経過してしまうことがあるでしょう。

そのような状態の生活では、人との接し方が分からなくなったり、「家族以外の人と話すことが怖い」と感じてしまったりする恐れも。さらに、選考の面接を受けるのも億劫になりやすくなるというリスクも考えられるでしょう。

自分の将来の目標が分からなくなる

ニートを長く続けることで、将来のビジョンが分からなくなることがあります。「長い空白期間を経て就ける職はあるか」「もう手遅れなのでは」という思いから、そもそもどのように目標設定をすれば良いか迷ってしまうことも。

目標があると、逆算して現在の自分がやるべきことも見出しやすくなります。

親の定年退職により家計が厳しくなる

ニートから脱却しない状態が続くなかで経済支援をしてくれる親が定年退職をすると、家計が厳しくなる可能性があるでしょう。ニート生活をする場合の多くは、親をはじめとした経済支援をしてくれる第三者がいるからこそ成り立つともいえます。いずれ親が高齢になって働けなくなると、家計が厳しくなり自身の生活に影響することが考えられるでしょう。

ニートやひきこもりのままだとどうなる?末路や脱出方法をご紹介」のコラムでも、ニートから脱却しないことで起こりうるリスクを詳しくご紹介しています。「ニート生活を抜け出して対策を講じたい」という方は、ぜひご一読ください。

ニートから脱却するには年齢を重ねる前に行動しよう

ニートから脱却するには、早めに行動するのがおすすめです。前述したように、20代は未経験歓迎の求人も比較的多く、やりたい仕事や興味がある分野にチャレンジしやすい年齢といえます。

しかし、年齢を重ねて30代、40代になると、キャリアやスキルなどを重視されるようになることがほとんど。社会人経験が浅いと、希望する職業に就くのは難しくなることが予想されるため、できるだけ若いうちからの行動を心掛けましょう。

1人で就職活動を行うことに不安があれば、若年層向け就職エージェントのハタラクティブへの相談がおすすめです。ハタラクティブでは、豊富な就職支援の経験をもつキャリアアドバイザーが求人紹介をはじめ、就職に関わる疑問や選考対策に幅広く対応。カウンセリングから内定を獲得するまで、一貫してサポートします。1分程度でできる、性格をもとに分析する適職診断もあるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ニートからの脱却に関するQ&A

「ニートから脱却したい」「何から始めたら良いか分からない」という人もいるでしょう。ここでは、ニートから脱却する際のポイントや悩みに関する疑問をQ&A方式で解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

就活のモチベーションが保てません…

モチベーションを保つためには、体を動かしたり趣味を楽しんだりすることもおすすめ。
適度に気分転換するタイミングを挟み、気持ちと体のバランスを保ちながら就活に取り組みましょう。ニートからの就活を成功させるポイントについては、「ニートを脱出して働く方法やメリットとは?きっかけや得るものも紹介」のコラムに掲載していますので、あわせてご覧ください。

ニートからいきなり正社員を目指せますか?

ニートから就職して正社員になることは可能です。
ただし、就職や転職は年齢が上がるほど難しくなる傾向にあるため、早めに行動を起こしましょう。
ニートから正社員になれる?おすすめの職種や就職のポイントをご紹介」のコラムでは仕事探しのポイントを掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ニートからチャレンジしやすい仕事はありますか?

慢性的に人手不足の業界である介護職や、専門的な資格や技術を必要としない接客業はチャレンジしやすい仕事といえるでしょう。「仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介」のコラムでは、ニート期間があっても比較的採用されやすい仕事をご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ニートはどうやって仕事を探せば良いですか?

ハローワークやジョブカフェ、地域若者サポートステーション、就職エージェントといった支援機関を活用すると良いでしょう。
就職エージェントのハタラクティブでは、若年層の就職をバックアップしています。ニートから働ける求人の紹介や応募書類の添削、面接対策など一貫したサポートをしているので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ