ニートになる原因とは?社会復帰する方法

ニートになる原因とは?社会復帰する方法の画像

この記事のまとめ

  • ニートになる人は、大きな失敗や挫折をした人や自立する必要を感じない人が多い
  • ニートから脱出するためには、社会復帰に繋がることを始めて生活を変えよう
  • ニートを脱出するのであれば、自分に合った就活方法を探そう
  • ニートから社会復帰をするのであれば、焦らずに目の前のハードルを超えよう

ニート生活から社会復帰を考える場合には、ニート生活が長く続くほど、将来に不安を感じる方は多いでしょう。中には、社会復帰したいと思っても、就活や社会人生活に対して不安を感じる人もいます。しかし、ニートから正社員を目指すことは不可能ではありません。このコラムでは、ニートになる原因や脱却する方法についてまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートになる原因

ここでは、ニートになってしまう主な原因をご紹介します。一度ニートになってしまうと、社会復帰するのは難しいものです。それでもニートになってしまう原因としては、以下のものが考えられます。

就活に失敗してしまった

真面目に就職活動をしていてもなかなか内定を取ることができず、卒業後そのままニートになってしまうことがあります
もともと勉強ができ、今まで大きな苦労をしなくても良い高校や大学に入れたという人の中には打たれ弱い人も多く、一度の失敗で心が折れてしまうことも。また、「第一希望の企業に落ちた」「面接官にきついことを言われた」「周囲で自分だけ内定が取れていなかった」などが原因で、自信ややる気を失いニートになる場合もあります。

家にいても困らない

収入が十分にある親と一緒に暮らしていると、自分が働かなくても生活ができるため、自立する必要性を感じずニートになってしまうことがあります。また、親が働かない現状を容認してしまっていると、その気持ちに甘えてしまい働く意欲が減少してしまうこともあるでしょう。
さらに、パソコンやスマートフォンの普及に伴い、インターネット、ゲーム、動画視聴などが自宅で気軽に楽しめるようになりました。家の中に1人で長時間楽しめる環境があると外出しなくなり、お金を使う機会も少なくなってしまいます。
お金があまり必要ない人の中には、「わざわざストレスや疲労を感じながら働きたくない」と考えニートになる人もいるでしょう。

理想が高過ぎる

自分の理想が高すぎると、理想と現実にギャップを感じる場面も多くなってしまうでしょう
「第一希望の企業に受からなかった」「思うように仕事が進まなかった」「上司から怒られてばかりいた」など、失敗や挫折の経験がキッカケで、ニートになってしまうケースがあります。
また、理想を追求するのは良いのですが、仕事をしていると会社と折り合いがつかなかったり、我慢をしなくてはいけなかったりする場面も出てきます。そんな時、社会と関わることが苦痛になってしまい、ニートを選ぶ人もいるでしょう。

ニートになる理由については「大卒ニートになる原因は?社会復帰のためにやるべきこと」や「若年層の就労問題…ニートになる原因と解決方法」のコラムもあわせてご覧ください。

ニートから社会復帰するためにできること

ここでは、ニートから社会復帰するためにできることをご紹介します。ニートの中には「働きたくても働けない」と考えている人も多くいるでしょう。ニート生活が長期化するほど社会復帰しにくくなるもの。ニートからの脱出を考えている人は、以下を参考にしてみてください。

一人暮らしを始める

親と同居している人は、まずは一人暮らしを始めて自立した生活を目指しましょう
生活するためには、家賃や光熱費、食費など、さまざま場面でお金が必要。親に頼らず自分の力だけで暮らすには、必然的に働かなくてはなりません。
ニート期間が長いほどずるずるとニートを続けてしまいがちですが、思い切って一人暮らしを始めることで自分を追い込めるでしょう。

資格を取得する

ニートは社会人に比べて時間に余裕があります。スムーズな社会復帰をするためには、その時間を生かして、就活に有利な資格取得を目指すのがおすすめです。
資格を取得しておくことで、就活時に意欲や熱意をアピールできます。就職したい業界や職種が決まっている人は、仕事に関連した資格を探しましょう。

学校に通う

就活を始める前に、専門学校や大学に通う方法もあります。
学校によっては、保育士や美容師、自動車整備士など国家資格の取得を目指せるほか、最終学歴を上げることもできます。
その反面、就職までの期間が延びてしまったり、授業料がかかってしまったりするデメリットも。キャリアプランに合わせて、学校へ行く必要があるのか考えてみましょう。

就活を始める

ニート期間があるからといって諦めず、就活を始めてみるのもおすすめです。業界や企業によっては、職歴や学歴よりも意欲を重視した採用を行っている場合もあります。
時間に余裕がある分、企業研究や業界研究、自己分析などに注力し、早期退職を防ぐために自分に合った仕事を探してみてましょう。

ニートから社会復帰したいと考えている人は「引きこもりやニートから脱却する方法とは?」や「ニートを卒業して仕事したい!ブランクがあるときの就職のポイントとは」のコラムでもご紹介しているので、もあわせてご覧ください。

就活への一歩を踏み出そう

就活の方法は一つではありません。ニートが社会復帰をするためには、以下のような方法があります。自分の考え方のペースに合わせて、就活方法を探してみましょう。

自分に合った働き方を見つける

自分に合った働き方を見つけましょう。仕事というものは、毎朝同じ時間に出勤をして、夕方や夜まで働くということをイメージする人が多いでしょう。しかし、現代は働き方が多様化しているので、無理して世の中に合わせる必要はなく、自分に合う働き方があるのであれば、それを見つけることで働くことは楽になることも。自分にはどのような働き方が合っているのかを見極めることもニート生活を脱出するためには、重要といえます

アルバイトをして自信をつける

「いきなり正社員を目指すのは不安」と考えている人は、まずアルバイトを始めるのがおすすめ。
アルバイトは正社員に比べて責任が少ないだけではなく、出勤時間や勤務日数にも融通が利くため、自分のペースで働くことができます。
また、社員登用を行っている会社なら、アルバイト先での就職も望めるでしょう。

ハローワークに行く

ハローワークでは、職業訓練やセミナーを実施しています。通常よりも授業料が安い場合があるため、資格取得を考えている人は、学校と合わせて検討してみると良いでしょう。
また、ハローワークでは求人の閲覧や就職相談も可能。幅広いサポートを受けられます。

民間の就職支援サービスを利用する

民間の就職支援サービスでは、専任の担当者が求人紹介や面接対策などを行い、就活をサポートしています。
民間企業ならではのアドバイスや求人紹介を行っているのが特長。無料で利用できるサービスが多いため、一人で就活するのが不安な方は相談してみると良いでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、アドバイザーが1対1でカウンセリングを実施し、あなたの能力や希望条件に合った求人を紹介しています。
求人サイトに掲載していない非公開求人を多数有しているため、幅広い情報を得られるのが特長です。入社後は定期的に連絡しフォローを行っているので、社会人経験が浅い方も安心して働けるでしょう。
就活にお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ