フリーターもホワイト企業に就職できる?就活のポイントをご紹介

フリーターもホワイト企業に就職できる?就活のポイントをご紹介の画像

この記事のまとめ

  • フリーターであってもホワイト企業に就職できる
  • ホワイト企業の特徴は、離職率の低さや福利厚生の充実が挙げられる
  • フリーターだからといってホワイト企業への応募に負い目を感じる必要はない
  • 面接時は担当者や会社の雰囲気からもホワイト企業かどうかを確かめる
  • フリーターが就職の確率を上げるには自己分析や企業研究が効果的

フリーターとして働く方の中には、「そろそろ正社員になりたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。就職するのであれば、給与や年間休日の多いホワイト企業を選びたいと思うのは当然です。このコラムでは、フリーターがホワイト企業に就職するためのアドバイスをご紹介しています。ホワイト企業の特徴や、就職の確率を上げるための方法も解説していますので、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

フリーターもホワイト企業に就職できる?

フリーターもホワイト企業に就職できる?の画像

フリーター生活を卒業し正社員を目指す際、ブラック企業にしか就職できなかったら?と不安になる方もいますが、フリーターであってもホワイト企業への就職は可能です。正社員からの転職や各業界の経験者の方が有利なことは否めませんが、「注意して求人を探し、就活の仕方を工夫する」ことで、フリーターでもホワイト企業に就職できる確率はグンと上がります。
ホワイト企業を探すコツや求人の選び方については、「仕事探しのコツを詳しく解説!正社員求人で事前に確認すべきポイントも紹介」を参考にしてみてください。

「ホワイト企業」とは?

「ホワイト企業」とは?の画像

ホワイト企業にはっきりとした定義はありませんが、一般的には以下のものを含む企業を指します。

・福利厚生が充実している
・離職率が低い
・残業時間や残業代が明確である
・柔軟な働き方ができる
・社員のスキルアップを支援

近年問題になっているパワハラやセクハラが無いのはもちろん、社員のワークライフバランスを重視している企業もホワイト企業として注目されています。残業時間を軽減し社員の心身の健康に配慮したり、育休や産休がとりやすかったりと、社員のライフスタイルを尊重しているのも特徴です。また、現在はホワイト企業と呼ばれるよう社内環境の整備に注力する企業も増えています。
しかしながら、「企業」としてはホワイト企業とされていても、配属先の部署によっては「自分のやりたいことと違う」「上司の考えが悪い意味で体制に影響する」といった「ブラック部署」もあるので注意が必要です。働き方に不満が少なく、充実した業務で人間関係も円満。社員がいきいきと効率的に仕事をし、取引先の信頼も厚い企業がホワイト企業と呼べるでしょう。
ホワイト企業の特徴については、「優良企業とはどんな会社のこと?」のコラムも併せてご覧ください。

ホワイト企業に多い求人の特徴

ここでは、ホワイト企業に多い求人の特徴をご紹介します。フリーターの方が就職活動をする際の参考にしてみてください。

求人内容が細か過ぎない

ホワイト企業が出している求人には、内容が細か過ぎないという特徴があります。「ホワイト企業」とは?でも触れたように、ホワイト企業は離職率が低く人手不足になることは少ないため、求人を出してもそこまで必死に新入社員を集めようとはしないのです。「この求人、あまり詳しいことが書いてないから怪しい…」と敬遠せず、気になった企業は公式Webサイトや口コミサイトから情報を集めてみましょう。

欠点を隠さない

会社の欠点を隠さずに掲載している求人は、ホワイト企業である可能性が高いです。たとえば求人に「月に◯時間の残業有り」「◯ヶ月間は契約社員扱い」と書いてあっても、実際はほとんど残業がなかったり、働き次第で早めに正社員に昇格できたりする企業は少なくありません。むしろブラック企業ほど、都合の悪い情報は隠して人を集めようとする傾向があります。
求人情報からホワイト企業を見分ける方法については「ホワイト企業とブラック企業の見分け方」にも掲載されているので、併せてご覧ください。

ホワイト企業に就職したいフリーターが気を付けること

ここでは、ホワイト企業に就職したいフリーターが気を付けてほしいことについて解説します。就職・転職活動がなかなか終わらず焦っている方ほど注意が必要なポイントでもあるので、ぜひご覧ください。

聞こえの良いキャッチフレーズを使う求人

ホワイト企業を探すときに気を付けたいのが、聞こえの良いキャッチフレーズを使っている求人です。たとえば「優しい先輩社員が教えてくれるので未経験でも安心!」「アットホームな雰囲気の職場です!」といったキャッチフレーズが書いてあると、「フリーターの自分でも働けるかもしれない」と感じやすいでしょう。しかし、「アットホーム」はブラック企業が使いがちな傾向にあります。企業についてよく調べないまま聞こえの良いキャッチフレーズに惹かれると、ブラック企業に入社してしまう結果になりかねません。

求人情報が緻密で多くを語る企業

多くの情報を緻密に書いた求人は一見完璧に見えますが、ブラック企業である可能性があります。完璧な求人を書く企業は社員にも完璧な仕事を求める傾向があり、過剰な仕事量とプレッシャーを押し付けられてしまう場合も。細かく書かれた求人の全てがブラック企業というわけではありませんが、よく注意して応募を決めるようにしましょう。

ホワイト企業を目指すフリーターの就活でのポイント

ここでは、ホワイト企業を目指すフリーター向けに就職活動のポイントをご紹介します。「ホワイト企業に入社したいけど、そもそも就職活動が不安…」というフリーターの方は参考にしてみてください。

1.フリーターに負い目を感じず入社したい企業に応募する

フリーターであることに負い目を感じず、入社したい企業があれば遠慮せずに応募しましょう。就職や転職をするのであれば、ホワイト企業に勤めたいのは正社員もフリーターも同じです。「既卒で就職したこともない自分は、採用されるだけありがたい」とマイナス思考で妥協するのではなく、入社できたら嬉しい企業を素直に選びましょう。就職活動の経験を積む意味でも、遠慮は損です。

2.ハローワークの求人は仕事内容や待遇などを要チェック

ハローワークで求人を探すときは、仕事内容や待遇を細かくチェックしましょう。ハローワークには優良企業もありますが、無料で求人を掲載できるという点から採用コストを節約したいブラック企業も紛れていることがあります。求人を出す場所や求人表の内容でもブラック企業かどうかの判断材料になるので、一見魅力的に見える企業でも応募の前によく調べてみましょう。

3.就職説明会に参加する

応募したい求人に就職説明会を開催している企業があれば、ぜひ参加しましょう。説明会に参加するメリットは、企業についてより深く知れることと、人事担当者にアピールできる可能性があることです。説明会の中で質疑応答の時間があれば、意欲を見せるチャンス。志望先に就職したい気持ちが伝わるよう、説明の中で分からなかったことやより詳しく知りたくなったことをメモしながら話を聞きましょう。

ホワイト企業の面接でフリーターがするべきこと

ホワイト企業の面接でフリーターがするべきことの画像

ここでは、ホワイト企業の面接でフリーターがするべきことを解説します。書類選考を通過できたら、次は面接です。ホワイト企業に入社するために、面接時と面接前に以下の2つを行いましょう。

面接時に担当者や会社の雰囲気・契約条件を確認する

就職後のギャップを感じないためにも、給料や業務内容、就労、残業時間などの契約条件をしっかりと確認しましょう。また、面接で実際に企業へ足を運ぶ際では、社員が疲れきっていないか、社内は清潔で明るい雰囲気かをチェックできる機会です。担当者の人柄や社内の雰囲気、社員の表情などを見て、自分にとって働きやすい環境かどうかを判断しましょう。

面接前にフリーターが聞かれやすい質問の対策をする

ホワイト企業で面接を行う前は、フリーターが聞かれやすい質問の回答を事前に考えて対策しましょう。なぜ今までフリーターだったのか、アルバイト経験で得たものは何か、将来のビジョンはあるかなどは高確率で質問されます。また、志望する企業が属する業界についても調べておき、時事問題にも答えられるようにしておくと尚良いでしょう。

フリーターがホワイト企業に就職する確率を上げるには

ここでは、フリーターがホワイト企業に就職する確率を上げるための方法をご紹介します。自己分析を行う、就職支援のエージェントを利用するというように、積極的に行動することで少しでも採用の可能性を高めましょう。

自己分析や企業研究をする

しっかり自己分析と企業研究をして、向いている仕事や求める条件をよく理解した上で就活を始めましょう。自分に合わない企業だと、ホワイト企業であっても就職後ミスマッチに悩むことになります。企業の方針や業務内容、業績などをしっかり把握し、自分にとってのホワイト企業を見つけましょう。満足度の高い環境で仕事をすれば、効率や業績へ直接的に影響することもあります。

就職・転職エージェントを利用する

ブラック企業かホワイト企業かを1人で見極めるのは難しい作業ですが、就職・転職エージェントを利用すれば、プロの意見や評判を通じて多くの求人情報が手に入ります。就職・転職エージェントには、フリーターやニートを中心とした未経験者向け、正社員から転職したい経験者向けなど、さまざまな層に特化したサービスがあります。ハローワークよりエージェントの方がホワイト企業の求人が多い場合もあるので、就職活動が不安な方は利用してみると良いでしょう。

フリーターから正社員を目指す際は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。経験豊富な専門のアドバイザーが、フリーターやニート、既卒、第二新卒などの就活をサポート。自己分析のお手伝いやカウンセリングをはじめ、実際に企業を見て精査したホワイト企業を紹介し、将来のビジョンを見据えた就職先を見つける支援をいたします。就職のご相談だけでも承っていますので、ぜひお気軽にご利用ください。

フリーターがホワイト企業にするためのQ&A

ここでは、フリーターの方向けにホワイト企業の就職に関する悩みをQ&A方式でご紹介します。ホワイト企業に就職したい方やフリーターの方は参考にしてみてください。

フリーターもホワイト企業に就職できるの?

可能です。現在フリーターの方や、就職したことがない既卒の方でもホワイト企業に入社できます。就職活動の際は手当たり次第に応募するのではなく、ホワイト企業の特徴を理解してから求人を探しましょう。ホワイト企業の見つけ方については、「ホワイト企業への転職を目指す20代へ!その特徴と見つけ方をご紹介」のコラムをご覧ください。

ホワイト企業の定義は?

明確な定義は決まっていません。離職率の低さや福利厚生の充実、残業時間と残業代が明確であるなどの要素がある企業を「ホワイト企業」と呼ぶことが多い傾向です。給与が良い=ホワイト企業ではないので、求人を選ぶ際は額面だけに惹かれないよう注意してください。どのような企業がホワイト企業なのかは「ホワイト企業の特徴。満足できる職種を見つけるには」にも掲載されているので併せてご覧ください。

ブラック企業の求人に引っかからないためには?

ブラック企業は、求人に聞こえの良いキャッチフレーズを多く並べて都合の悪い情報は隠す傾向があります。そのため、魅力的だと思った求人があってもすぐに応募せず、企業のWebサイトや口コミサイトで情報を集めてから応募するかどうかを決めましょう。ブラック企業の特徴については、「ブラック企業の特徴とは?入社前に見極める方法と対処法を解説」も参考にしてみてください。

1人でホワイト企業を見つけられないときは?

1人での就職活動がうまくいかないときは、就職・転職エージェントを利用しましょう。アドバイザーが選んだホワイト企業を紹介してもらえたり、面接対策や書類添削をしてもらえたりするので、効率的な就職活動ができます。フリーターやニートを含む若年層向けの就職エージェント「ハタラクティブ」では、スタッフが実際に足を運んで確かめたホワイト企業の紹介も可能です。すべてのサービスが無料なので、まずは相談だけでもお気軽にお問い合わせください。

関連タグ

  • arrow