新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接は嘘つき大会…その気持ち、考え直してみませんか?

面接は嘘つき大会…その気持ち、考え直してみませんか?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・慣れないマナーや面接向けの回答を用意して挑む面接は「嘘つき大会」と呼ばれることも 
    ・「企業によってPRの仕方を変える」「付け焼き刃のマナーを身に付ける」などの部分を嘘っぽく感じる人が多い 
    ・それを「嘘」と捉えるのではなく、「自分を伝える努力」だと思えれば就活に対する向き合い方も変わる 
    ・就活に不安がある人は就職支援サービスにご相談を

就職活動を開始した学生は、面接で普段使わない敬語を使ったり、バイトやサークルの経験から学んだことなどを大げさに話したりすることがあります。
そんな状況は「嘘つき大会」だと皮肉に捉えられることも。

しかし、それは本当に嘘なのでしょうか。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

面接は「嘘つき大会」?

嘘とは「事実ではない内容」を述べること。
例えば、本当は大学中退なのに卒業したと言う、取っていない資格を取得したと言う…などは、嘘と言えるでしょう。
そのような嘘は、面接の場では経歴詐称として問題となります。もし入社後に嘘がバレた場合には、罰則を受ける可能性もある行為です。

そうではなく、「慣れない敬語を身に付ける」、「自分の経験を棚卸しして企業にアピールできるポイントを探す」というのは、決して嘘ではありません。就活に向けた努力と言えるでしょう。
「嘘をついている」「嘘をつかないと採用されない」という考えではなく、「自分を売り込むための工夫」という考え方に切り替えてみませんか?

就活の中で嘘っぽいと感じるポイント

就活時は自己分析や企業研究を通じて、「就活向け」の回答を用意しなければならないと感じることが増えます。
中でも、下記のような点で就活に対して「嘘っぽいな」と感じることが多いようです。

企業によってPRの仕方を変えるのが嘘っぽい

接客のアルバイトをしていた就活生が、ある企業では「接客で培ったコミュニケーション能力が強みです」と答え、他の企業では「裏方の仕事を積極的に行うなど、人が嫌がる仕事にも取り組む姿勢が強みです」と答える。
そんな風に強みの部分を使い分ける行為に対して、嘘っぽくて嫌だと感じる人がいるようです。

しかし、自分の良さや強みを面接という短い時間で伝えるには、アピールする部分を絞る必要があります。
限られた時間の中で「一緒に働きたい」と思ってもらうための工夫だと思えば、嘘っぽいという気持ちを和らげられるのではないでしょうか。

学生時代に頑張っていたことなどがないのにアピールするのが嘘っぽい

面接に向けて自己PRや学生時代に頑張ったことを考えていると、「嘘をついている」というような気持ちになる人もいるようです。
中には、「学生時代に頑張っていたことなどない」と考えている方もいるようですが、本当にそうですか?

勉強、アルバイト、サークル等、自分では意識していなくても長く続けてきたことや時間をかけて取り組んできたことはあるのではないでしょうか。「努力した」「頑張った」と思うことなく続けられていることがあるとすれば、その内容に適性があるという考え方もできます。就活をきっかけに、自分について振り返ってみましょう。

付け焼き刃の面接マナーが嘘っぽい

慣れない敬語や面接時のマナーなどを急いで覚えて実行するのが嘘くさいと感じる就活生もいるようです。
就活には独自のマナーもありますが、基本的なビジネスマナーを基にしたものばかり。確かに最初は不自然に感じるかもしれませんが、社会人として働き始める前にできるようになっていて損はないでしょう。「社会人として働く」意識を見せるためにも、身につけておいたほうが良いのではないでしょうか。

他の就活生の話が嘘っぽい

合同面接など、他の就活生の志望動機や自己PRを聞く機会が少なくないのが就活。
「サークルでリーダーをしていました」「海外でボランティア活動をしていました」など、輝かしい経歴を聞いていると嘘なのではないか…という気持ちになることも珍しくないですが、他人の話を気にする必要はありません。

面接の担当者には長く人事に携わっている方も多く、安易な嘘であればすぐに見抜くでしょう。他人の話に気を取られるよりも、自分の話の内容や伝え方に気をつけることのほうが大切です。


この項目では、就活時に「嘘っぽい」と感じがちな内容をご紹介しました。
短時間の面接で伝えられる情報には限りがあるため、事前の対策が必要であるということは否めません。
それを「嘘」と捉えるのではなく、「自分という人間を伝える努力」だと捉えられれば、就活に対する向き合い方も変わるのではないでしょうか。

面接に向けた自己分析をするなら

面接時に効果的なアピールをするためには、自分の強みを客観的に見てもらう必要があります。
友人や家族などに協力してもらうことも可能ですが、親しい相手に相談するのは気恥ずかしい、頼みづらい…という場合には、就活のプロに頼ってみませんか?

ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サービス。
経験豊富な就活アドバイザーによる丁寧なサービスで、20代の方の就職・転職をサポートしています。

自分の強みを発見したい、面接対策、書類作成のアドバイスを受けたい!という方は、まずはお気軽にご相談ください!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ