独特の難しさがある最終面接を落ちた人には特徴がある

独特の難しさがある最終面接を落ちた人には特徴があるの画像

【このページのまとめ】

  • ・「最終面接を単なる意思確認のように考えていて落ちた」という声もあるため、十分な準備をしてのぞむ必要がある
    ・最終面接は役員や社長などが面接官になっていることが多いため、これまで以上に失礼のない対応を心がけたい
    ・最終面接で見られているのは企業との相性であり、自分のやりたいことや抱いているビジョンがその会社の発展とマッチしているかをアピールすることが大切

就職活動や転職活動をしていて、最終面接までたどり着くことができたときに、「もう決まったも同然」とつい気がゆるんで失敗したという話を聞くこともあるでしょう。最終面接には1次面接、2次面接にはない独特の難しさがあり、突破するためにはこれまでとは違う対策を考えることが重要なポイントとなります。そもそも最終面接ではこれまでの面接官とは異なり、役員クラスがならぶこともあり、社長が登場することもめずらしいことではないでしょう。そういった経営陣に響く受け答えをするにはどのような点に注意すべきなのでしょうか? 「最終面接で落とされた」と、悔しい思いをしないために注意すべき点を解説します。

◆最終面接で落ちることはある?

「最終面接は意志確認の場だから落ちることはない」とも言われますが、実際は意志ではないところをチェックされている可能性が考えられます。
経歴やスキルを見られる1次面接、2次面接を突破したとしても最終面接では別のポイントからテストされているということを忘れないようにしましょう。

最終面接で見られているのは、企業のビジョンとのマッチングや社風に合うかどうかです。
どんなに優れた人物でも会社の中で上手くやっていけそうにないと判断されれば、落とされてしまうでしょう。
最終面接では、スキル不足というよりも、「合わない」という理由で落とされる可能性があります。
就職活動や転職活動をした人の口コミなどを見てみても、最終面接で落ちている人は社風が合わなかったと言えるでしょう。

◆最終面接ならではの対策とは

以上のように最終面接はあなどることができないと考えて正解です。最終面接までたどり着くとつい気がゆるむことも多いものですが、いっそう気を引き締める必要があると言えるでしょう。
最終面接のための対策をしっかりと立てることが重要です。

最終面接では面接官が役員、社長ということもあります。1次面接、2次面接以上にマナーに徹底的に注意して、くれぐれも失礼のないようにしましょう。
企業理念、業界研究をこれまで以上に綿密に研究して、自分が長期的にその企業でどう貢献したいのか明確なビジョンを説明できるようにしておく必要があります。
ここでいくら立派なことを言っても1次面接、2次面接で語ったことと矛盾していては台無しです。提出した書類を今一度確認しておくようにしてください。

1次面接、2次面接では、自分の言葉で喋れる、コミュニケーション能力がある、入社意志があるといったポイントが評価されます。
一方、最終面接は企業にふさわしい人物かどうかを見極める面接といっても過言ではないでしょう。
そうとはいっても最終面接まで到達できたということは、人事担当者や現場社員の推薦があった証でもあります。すでに、会社の中で「この人と働きたい」という人がいると考えて、自信を持ってのぞむことも大事です。
「会社にふさわしい人物か認めてもらえるだろうか」と、必要以上に弱気でいると本来の魅力を発揮できないこともあるでしょう。
堂々と「この会社で働きたい」という意志を力強くアピールしてみてはいかがでしょうか。

◆面接対策に悩んだら

「最終面接まで行くのに落とされてしまう」ことに悩んでいる人には、いくつかの特徴があります。
たとえば、1次面接や2次面接では若手が当たることも多いため、本当は第一志望ではなくても、それらしい模範解答をすればごまかせることもあるでしょう。
しかし、最終面接ともなれば百戦錬磨の熟練役員や社長が担当することが考えられます。熟練社員や社長のような人は経験豊富であるため、人を見る目も鋭くなっています。
本当は第一志望ではないというような場合も、すぐに見抜かれてしまうでしょう。

最終面接を突破するには、面接官である経営陣に響く言葉で訴えることが大切です。
どんなに熱く入社したいとアピールしても、その理由が薄くては説得することはできないでしょう。
他業他社ではなく、その会社に入りたい理由、そこで誰に何をなぜ提供したいのか、自分ならばどのような結果を具体的に出せるのか、具体的に話すように心がけてください。
そのためには、これまで以上に業界分析、企業分析を行うほか、自己分析も必要です。
自分一人で自己分析をしていても、どうしても主観的になりがちであるため、就職エージェントを利用してみるというのも一つの方法ではないでしょうか。

最終面接まで行くのになかなか採用されない。そもそも最終面接まで到達できない。
そんな就職に関する悩みを抱えているならば、ハタラクティブに相談してみることをおすすめします。
専属スタッフにより就職・転職の支援をしているハタラクティブなら、最終面接に関する難しさも熟知しているため、初めての転職で不安といった方も安心して相談できるでしょう。

これまで何人もの相談を受けた経験豊富なスタッフが、マンツーマンの指導によりスムーズな再就職へと導きます。「今度こそ最終面接で落ちたくない」という人にもおすすめです。

面接の対策でお悩みの方、最終面接で落ちないように対策したいと考えている方は、ぜひハタラクティブに相談してみましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION