既卒で公務員になるための情報

既卒のフリーターの方が公務員を目指した場合、どのような情報を集めておくことが必要なのでしょうか。
公務員は仕事内容や試験対策などをしっかり把握しておくことが重要です。

学歴ごとに異なる受験可能な職種、民間の企業の正社員と比較したメリット・デメリット、新卒の方とは少し異なる受験勉強のやり方、フリーター経験を強みに変える面接の自己PRのコツなど公務員になるためのお役立ち情報をまとめました。

公務員の職場一覧

受験できる公務員試験の職種は学歴によります。
今回は高卒と大卒で分けてまとめました。高卒の場合は警察官や自衛官、建築、土木など力仕事が比較的多くあります。

事務仕事も市役所職員や裁判所事務官などがありますが、ハイレベルな専門知識が求められる職種は少なめです。
既卒で学業から長らく遠ざかっていた方やフリーター時代に体力が要るアルバイトを続けてきた方などには向いている職種が多くあります。

一方、大卒の場合はキャリア組の警察官や地方上級公務員、教員免許を持っていれば教師を目指せます。
民間の正社員として就職した場合と同様、高卒と比べると高度な知識を求められる職種が多いです。
職種によってはあまり募集が出ていない職種もあるのでまずは求人情報を集めましょう。

民間企業の正社員との比較

公務員は企業の正社員と比較すると具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリットとしてまず挙げられるものは雇用の安定でしょう。
既卒でも新卒でも公務員を目指す場合、志望理由で最も多く挙げられるものではないでしょうか。
試験に合格して就職できればリストラの心配はないので経済面は安定です。
また福利厚生がしっかりしているのも大きな魅力です。
社会保障が完備されているだけでなく産休・育休も取得できるため女性も働きやすい環境です。

一方デメリットは民間企業よりも個人実績が出にくいことでしょう。
個人の仕事の実力に応じて給与がアップする民間企業の社員とは違って力量に見合った収入を得にくい環境です。
脱フリーターして公務員になるならば、求人を探す前にこれらの特徴をしっかり理解した上で受験に臨みましょう。

受験勉強のポイント

既卒で公務員試験を受験する場合は、受験方法は2通りあります。
1つは新卒と同じ一般枠、もう1つは社会人採用枠です。

社会人採用枠は筆記試験において専門試験が省略されるので論文や面接など個人の人柄やこれまでの仕事の経験が重視されます。
筆記試験に苦手意識がある方に合っているようですが、これは正社員として就職した経験がある方向けの試験なので職歴がないフリーターの方には不向きな試験です。
なので既卒のフリーターの方が公務員試験を受けるには一般枠の募集に応募するほうがオススメです。

勉強は予備校に通うのも良いですが、高卒レベルの試験の場合は独学で十分対応できるでしょう。
予備校へ行く場合は周囲の在学生や卒業したての新卒の人々などと自分を比較しすぎるとプレッシャーになってしまうので気をつけましょう。

既卒フリーターの面接対策

既卒のフリーターの方が公務員試験の求人に応募して受験した場合、最も不安が大きいのは面接ではないでしょうか。

新卒と同じように自分の性格の長所と短所をPRするだけでは合格できる可能性はあまり見込めません。
正社員としての経験をPRできないと就職する意欲を疑われてしまいます。
フリーターの年数が長い方は、当時の経歴を聞かれてもさらっと流して答えるように心がけましょう。

過去の自分よりもこれからどうしていきたいか、社会でどのように活躍したいかなど前向きな将来展望をPRしましょう。
またフリーター時代にバイトリーダーの経験がある方や学生時代に部活で部長の経験がある方などは仕事でリーダーシップを発揮できることをPRすると好印象を与えられるかもしれません。

公務員試験を受けるときの心構え

公務員試験は、30歳近くまで採用を受け入れている場合が多いです。
そのため、今年がだめでも、年令が制限内であればチャンスがあるので、20代後半の受験生も多いです。
そこで、多くの人が気になるのは、「やはり年令が若い方が採用されやすいのか?」ということ。
実際には、公務員の採用にあたって年令は関係ありません。
大事なのは何においても筆記試験で結果を残すこと、そして面接でしっかり自分の考えや強みをアピールすることです。
既卒になった理由やフリーターの期間にどんなことをしていたか、強みにつなげる形でしっかりと伝えられればほかの受験生と差をつけられるでしょう。
年令を気にして思っていた結果を残せないよりも、それだけ生きてきた分どのような経験をしてきたか、冷静に見つめなおすことが重要です。

ハタラクティブは、正社員就職をサポートするサービスです。
公務員が気になっているけど他の選択肢も知っておきたい、公務員試験をがんばっているけどもしかしたらの時のために他も見ておきたい。という方はぜひご相談ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ