既卒が説明会に参加する方法はある?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 既卒就職TOP
  4. >
  5. 既卒が説明会に参加する方法はある?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・既卒も新卒を対象とした合同説明会に参加できる
    ・卒業校の就職課や、ハローワークなどから説明会の情報を得ることができる
    ・説明会は一次選考だと思い、身だしなみや行動に注意しよう
    ・既卒対象の説明会は、中小企業が中心であることが多い
    ・企業の情報を得たいなら、エージェントの活用も有効

新卒を対象とした合同説明会は、既卒の方も参加できます。
また、既卒を対象とした説明会もあるので、自分に合っていると思う方に参加しましょう。
今回は、既卒の方が説明会に参加するための情報を紹介しています。

◆既卒が参加できる説明会はある?

既卒だと説明会に参加できないと思い込んでいませんか?
合同説明会は、メインとするターゲット層は新卒ですが、既卒の方も参加することが可能です。
厚生労働省が「既卒3年以内であれば新卒扱いにすること」と定められたことにより、近年は既卒の参加者も増えてきています。
また、中にはそれに倣って既卒を新卒と同等に扱っている企業も。
このチャンスを活かし、合同説明会で興味のある企業がある場合は参加してみましょう。
また、はじめから既卒を対象として開催されている説明会もあるので、情報をチェックしてみても良いかもしれません。


◆既卒が説明会の情報を得るには?

既卒の方は、下記の方法で説明会の情報を取得しましょう。

【卒業校の就職課】

卒業した後でも、期間が空いていなければ母校の就職課を利用することは可能です。
また、大学によっては既卒の支援にも注力している場合もあります。
説明会がある場合は、ポスターなどが貼り出されていることがあるので、参加してみたいものがあれば担当者に相談し、詳細を聞いてみると良いでしょう。

【ハローワーク】

ハローワークでも、合同説明会の情報を得ることができます。
ただし、新卒だけでなく中途を対象としている場合もあるため、詳細は相談員に聞いてみましょう。

【合同説明会をまとめているWebサイト】

最近は、合同説明会の情報をまとめているWebサイトが増えてきています。
都道府県や職種、業界ごとにカテゴリー分けされていることもあるので、自分の希望と照らし合わせながら情報を絞り込むことが可能です。

【企業の採用ページ】

企業のWebサイトの採用ページから、説明会の情報を得てエントリーすることもできます。
企業の採用ページからエントリーする場合は個別説明会になるので、自分が興味のある企業の話をじっくり聞きたい方におすすめです。


◆説明会に参加する時の注意点

実際に説明会に参加する時の注意点は、下記のとおりです。

【身だしなみや行動に注意】

新卒時の就職活動と同様、身だしなみや行動、マナーなどに気を配りましょう。
説明会中はもちろんですが、待ち時間もスマートフォンをいじったり、周囲と雑談したりするのは控えましょう。
「面接じゃないし…」と油断せず、一次選考だと思って臨む姿勢が大切です。

【新卒向けだと既卒は不利になることも】

新卒向けの説明会では、既卒は本来のターゲット層とは異なります。
そのため、興味のある企業が既卒の採用にあまり積極的ではないということも。
新卒が対象の説明会に既卒が参加する場合、不利になる可能性もあることは覚えておきましょう。

【既卒向けの説明会は中小企業中心】

既卒向けの説明会は、中小企業が中心であることが多いので、大企業を期待している方には向きません。
しかし、大企業のように知名度がなくても安定した優良企業は存在するので、興味があれば参加してみる価値は十分にあるでしょう。

既卒の方も、新卒と同様に説明会に参加することができます。
自分に合った説明会を選び、チャンスに繋げていきましょう。

企業の情報を得るなら説明会も有効ですが、就職エージェントの利用を検討しても良いかもしれません。
ハタラクティブでは、キャリアアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行い、あなたの希望に沿った企業をマッチングします。
実際に取材をした企業のみを紹介しているので、入社後のギャップの心配もありません。
自分に合った企業との出会いを確実にしたいなら、ハタラクティブがお手伝いします!




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ