既卒者の大手企業への就職

将来安定した生活を求める方には大手企業への就職を目指す方が多いでしょう。
学校卒業後3年以内であれば第二新卒枠の募集に応募でき、採用後は丁寧な研修が受けられます。

また大手は経営が安定しているので正社員として長く仕事を続けられるでしょう。
しかし既卒では正社員未経験でもやはり中途と同じ扱いをされることが多く、採用の難易度は高めです。

就職のためのポイントは何か、お役立ち情報をまとめました。

大手就職のメリット

大手企業への就職を希望する方は多いでしょうが、具体的なメリットを考えておいたほうが面接で採用担当者にPRでき、正社員就職後に高いモチベーションで仕事ができます。

まず1つ目は経営が高水準で安定していることです。
雇用は中小企業よりも安定していると言えます。

2つ目は将来の選択肢が広げられることです。
同じ企業で昇進を目指すことも良いですが、一度就職して3年ほどキャリアを積んで基本的な社会スキルを身につけた後に転職を目指すのも良いでしょう。
中小企業だけでなく他の大手企業への転職もしやすくなります。

もう1つは既卒者ならではのメリットですが、採用枠と研修体制です。
学校卒業後3年以内は第二新卒として新卒同然の扱いで就活できます。
研修体制も充実しているので安心して仕事に臨めます。
インターンシップに参加するのも良いでしょう。

求人の募集要項に『第二新卒OK』と記載されていればチャンスはあります。
しかし実際は狭き門なのでじっくり対策を練る必要があります。

インターン

既卒者の就職に最も有利だと言われているのがインターンシップです。
特に大手企業は毎年インターンシップの求人を多く出しているので採用されればフリーターでも新卒とほぼ同等の条件で正社員就職できる可能性が高まります。

インターンシップに参加すれば企業に仕事ぶりをPRできて自分も企業のことをよく知ることができます。
面接を受ければ話題にでき、うまくいけばインターンシップ期間終了後に正社員採用に直結する可能性もあります。

また就活で採用に有利なだけでなく、社会勉強としても非常に有意義なものです。
インターンシップ期間中に自分が将来仕事をする姿を具体的にイメージでき、自己肯定感を高められ、人間的に成長できます。
なので別の企業の選考でも自己PRがしやすくなるでしょう。

就職に有利な資格

既卒者が正社員を目指す場合は新卒者より少しでも実用的な資格を多く取得しておくと有利でしょう。

まず代表的な資格はMOSです。WordやExcel、Powerpointなどを不自由なく使いこなせることが証明できます。
大手の場合は応募倍率が高いためライバルと差をつけるために上級レベルの資格を取得しておくことをオススメします。

またグローバルな企業で採用されるには語学力が重要です。
TOEICで高得点を取っておけば仕事に活かせることを企業にPRできます。

他には普通免許が挙げられます。
特に営業職を希望する場合は求人の募集要項に必須条件として記載されていることが多いので、取得しておけば選べる就職先の幅が広がります。
これらはいずれも大手に限らず就活の武器になる資格で、社会の基本的なスキルのアピールができるでしょう。

時間に余裕がある方はインターンシップに参加することをおすすめします。インターンシップに参加すると、就職活動を有利に進められたり、インターンシップでしか味わえない貴重な経験が得られます。

大手就職のための自己PR

既卒者が企業から求められることは、主に社会経験であることがほとんどです。
求人の募集要項に『第二新卒OK』と記載されていても、学校卒業後フリーターであった場合、応募者に他企業から転職を希望する正社員経験者がいたら不利になってしまいます。

特に大手企業は中途採用でも非常に人気が高いので、対策が欠かせません。
正社員としての職歴がなかったらフリーター時代の経験を仕事に活かせることをPRする必要があります。
飲食やアパレルなどで長く働いていればコミュニケーション能力、バイトリーダーの経験があれば統率力を示すことができるでしょう。

また資格の勉強をしている場合は正社員就職のために自主的に努力していることをPRできます。

大手企業は既卒者をどのように見ているか

大手企業は既卒者をどのように見ているのでしょうか。大手企業ほど新卒と中途でキャリアがある人を採用し、既卒者を採らないように思われがちです。
しかし、実際は既卒者にも門戸が開かれています。厚生労働省は「既卒者の中で卒業後3年以内の者は、新卒と同じように採用選考を進める」という内容の要望を各企業に発信しました。厚生労働省の要望が出されてからは、採用における既卒と新卒の違いは卒業しているかどうかのみになりました。
ほとんどの人が聞いたことがあるような有名企業も例外ではなく、既卒者の受け入れを進めています。既卒者も大手企業に積極的にチャレンジしてみましょう。

既卒者は既卒枠という名目ではなく、新卒枠で採用されることもあります。約4割の大手企業では、既卒者を新卒枠で採用しているという結果も出ています。新卒枠に応募してみるのも一つの手です。

既卒の就職活動の注意点について

既卒から就職活動をするときに注意点がいくつかあります。
まず新卒と既卒では就活へのアプローチ方法が異なります。新卒の場合は、インターンシップを受け、インターンシップ先の企業の面接を受けることが多いです。既卒者もインターンには参加できますが、時間的なコストを考えるとあまり得策とは言えません。

既卒から就職活動をするのであれば、新卒がインターンシップをしている時間を企業の面接に充てましょう。より多くの企業を受けることで、より採用されやすくなりチャンスが生まれます。時間の使い方という別のアプローチで攻めてみましょう。

また、大手企業の採用を目指す既卒者は、企業の募集要項の中に「既卒可」という条件が含まれているか必ず確認するようにしましょう。厚生労働省が要望を出して以降は、ほとんどの企業が既卒可としていますが、中には新卒だけしか採らない企業もあります。募集要項の見落としがないように注意。

既卒者は新卒とは違い時間的な空白が生まれます。その空白を面接時に突っ込んで聞かれることもあるでしょう。聞かれた時にはっきりと答えられるように訓練をしておくことが大切です。何回も頭の中でシミュレーションしたり、実際に模擬面接をしたりして、面接に備えましょう。

大手は新卒でも中途でも人気が高いです。
既卒者は社会で通用するスキルが求められることが多いので、インターンに参加したり資格を取得することがオススメです。

しかし実際の就活では悩むことがたくさんあるでしょう。
ハタラクティブにご登録いただければコンサルタントが全面的にアナタの就活をバックアップします。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ