25歳で職歴なし!それでも就職はできる?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 25歳で職歴なし!それでも就職はできる?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代後半の就職活動はできるだけ若いうちにスタートさせた方が良い
    ・就活のコツは企業研究や自己分析をしっかりやること
    ・就活をはじめるときは、スケジュールを立ててから進めるのがコツ

大学を卒業後、就職をせずに何となくフリーターをしていると、年齢を重ねるとともに「そろそろまずいかも…」と焦りを抱える人は少なくありません。

特に25歳頃は、先に社会人になった同世代の友人が新人を卒業してバリバリ働くようになる頃。
そのため、就職に対して余計に焦りを感じてしまう人もいるようです。
コラムでは、20代後半のフリーターの方が就職を目指すには、何から始めればよいのかをアドバイスします。

◆20代後半の就活は早めの行動がカギになる

25歳で職歴がない人の場合、そもそも就職できるの?と心配になってしまうこともあるでしょう。

 

大卒者なら2~3年、高卒者なら7年も職歴にブランクができていることで「いまさらどこにも雇ってもらえない」と悲観してしまう人も。 

しかし、未経験OKの求人や既卒者(学校卒業後就業経験がない人)を受け入れている企業は意外と多く、求人情報誌やWebサイトなどを探せばさまざまな求人を見つけることができます。

 

「25歳だから」「職歴がないから」という先入観を捨て、自分から積極的に動くことで就活を成功させることは可能です。

 

しかし、年齢が上がれば上がるほど採用されるのは難しくなる傾向にあります。企業側は「○歳くらいまで」と求める年齢にだいたいの希望を持っているケースがほとんど。

年齢が若いほど、「柔軟性がある」「将来に期待できる」と判断する企業は多く、同じ未経験者であれば、より若い人の方が採用に有利になるでしょう。

30代以降の人材に対して、企業は即戦力や実績を求めるようになります。その年齢になると職歴のないフリーターの就職は難しくなるので、就職活動は1日でも早く始めるのが正解です。

◆企業研究や自己分析を念入りにする

就活で重要なことは情報収集をしっかり行うということです。

 

企業研究を十分に行わず、業界や職種について深く知らないまま応募してしまうと、入社後に「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうことになりかねません。

自分に合った仕事を探すためにも、業界研究や企業研究はできるだけ丁寧に行いましょう。

 

また、就活では自分について深く知ることも大切です。

今までの経験や性格から、どんな仕事が向いているのか、どんなことがやりたいのかを明確にすれば、応募する企業を絞りやすくなります。 

自分を知るには、自己分析が効果的です。

まず、今までの経験から印象に残っているエピソードをいくつか洗い出します。

複数のエピソードの中から、共通するあなたの強みが発見できるはずです。また、どうしてその活動に対して頑張れたのかを掘り下げることで、あなたが大切にしていることもわかります。


自己分析から導き出されたあなたの「強み」と「価値観」をもとに、企業選びをしてみましょう。

自己分析で導かれた強みや特徴は、面接で回答したり自己アピールしたりする時の材料になるものです。

家族や友人に「自分はどんな人間か?」と質問する他己分析では、自分でも気づかなかった思わぬ一面が発見できることがあるので、こちらも取り入れてみると良いでしょう。

 

仕事を探す上では、やりたいことや求める条件を明確にする作業が必須ですが、「やりたい仕事がわからない…」という場合は「やりたくない仕事」を考えるのも有効です。

個人プレーが得意でチームプレーが苦手な人であれば、「チームで動く仕事は避ける」という風に、応募する求人を絞り込んでいけるでしょう。苦手な分野を避けることで、就職後のミスマッチが防げるのではないでしょうか。
仕事には適性、つまり向き不向きがあるのです。求人を見る際は、給与や残業時間だけでなく、業務内容に興味が持てるか否かも大切な要素と考えましょう。

◆就職はスケジュール管理が大切!

就職に向けて動き出すときには、やみくもに行動するのではなくスケジュールを立てることが大切です。

手当たり次第に行動してしまうと、選考日程が重なってしまったり、面接で忙しくほかの企業の書類提出に間に合わなかったりしてしまいます。集めた情報を元に、しっかりと日程調整をし、事前に見通しを立てておきましょう。

 

また、初めから条件を絞り過ぎないのも大事なポイントです。

仕事に求める条件を考えることは必要ですが、条件があまりにも多いと応募できる求人が少なくなってしまいます。

世の中にはさまざまな仕事があるため、視野を広く持つと、新たな可能性に気付くこともあるでしょう。

 

しかし、多彩な業界や職種の中から応募する企業を探したいと思っても、1人で探すのはなかなか大変なもの。

特にアルバイトをしながらの就活や、期限付きの就活をする場合、限られた時間の中で集める情報量には限界があるでしょう。

納得のいく仕事探しをしたいなら、就職支援を行っているエージェントに相談するのも1つの手。


エージェントは、希望や適性に合った求人紹介をはじめ就活にまつわるさまざまな悩みや相談に対応しています。若年層に特化した就職支援を行うハタラクティブでは、履歴書作成や面接対策など、具体的なアドバイスも行っています。

1人での就活が不安だという方、就活を効率的に行いたい方は、ぜひお気軽にハタラクティブまでご相談ください。 

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ