35歳からは就職できないって本当?おすすめの仕事を紹介!

35歳からは就職できないって本当?おすすめの仕事を紹介!の画像
   
   

【このページのまとめ】

  • ・35歳からでも就職はできるが難易度が高くなる
  • ・35歳以上の人は年収の希望が高いことがあり、採用されづらい
  • ・35歳から就職が難しい理由は、企業が若い人材を求めているため
  • ・35歳まで就職しないでいると同年代との賃金格差が広がり、老後も不安定になる
  • ・35歳から就職を目指す場合は、経験不問で人手不足の業界を選ぶ

「35歳から就職はできるの?」「今まで働いたことがないけど大丈夫?」と疑問に思う方もいるでしょう。35歳が正社員での就職のボーダーラインといわれており、それ以降は就職がどんどん難しくなるので、一刻も早く動き出すことが大切です。このコラムでは、35歳からは就職ができないといわれる理由や、仕事選びのコツを紹介します。就職への第一歩を踏み出すための参考にご覧ください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

35歳から就職はできない?

結論から述べると、35歳からでも就職はできます。しかし、20代のときよりも就職の難易度はかなり高くなるのが現実です。35歳が正社員になれるボーダーラインといわれており、35歳以上になると就職がどんどん難しくなります。そのため、35歳から就職をしようと思ったら、一刻も早く行動に移し、なるべく早く内定を得る必要があるでしょう。35歳からの就職について詳しく知りたい方は「35歳以上のニートは就職できない?呼び方や定義をご紹介!」を参考にしてください。

35歳からは就職ができないといわれる理由

ここでは、「35歳からは就職ができない」といわれる理由を説明します。企業は若い人材を求めていることや、年上の部下が扱いづらいことが主な要因です。また、20代と比べ35歳以上は理想とする年収が高いのも、就職ができないといわれる理由といえます。

企業は若い人材を求めるため

ほとんどの企業は、若い人材を求める傾向にあります。その理由は、若い人材の方が仕事の飲み込みや成長が早いと考えられているためです。そのため、同じ条件の25歳と35歳の人がいた場合、どうしても若い人の方が採用されやすくなってしまうでしょう。35歳以上の方が就職面接を受ける場合は、自分のポテンシャルや仕事を覚える気持ちを効果的にアピールする必要があります。

年上の部下には気を遣うため

部下が年上だと上司は気を遣うため、採用されにくいという事情があります。35歳で就職した場合、職種によっては直属の上司が20代前半ということも十分考えられるでしょう。ただ気まずいだけならまだしも、自分の方が年長者だからといって横柄な態度を取るような人物だと、業務に支障がでてしまう可能性もあります。企業は年上の部下と年下の上司のトラブルを危惧し、なるべく若い人材を採用しようと考えているのです。そのため、35歳以上で就職を目指す場合は、採用担当者にできるだけ謙虚な姿勢が伝わるように心がけると良いでしょう。

希望年収とスキルが釣り合わないことがあるため

35歳から就職を目指す人は、同年代の人と同等の年収を希望する傾向にあります。しかし、正社員としての経験や転職先に見合ったスキルがない場合はなかなか難しいでしょう。同じ35歳でも、新卒から同じ会社に勤めていて経験を積んだ人と、未経験の人とでは収入に差がついてしまうのは仕方がありません。年収が高い求人にのみ応募するのではなく、自分のスキルや経験に見合った求人にまで間口を広げるようにしましょう。

35歳まで就職しないでいると起こること

35歳まで就職しないでいると、同年代との収入差が広がりだし、老後の生活も不安定になる可能性があります。また、周囲からのイメージが悪くなり、生活しづらくなってしまうことも考えられるでしょう。

周囲からのイメージが悪くなる

35歳まで就職せずにいると、周囲からのイメージが悪くなりやすいです。35歳といえば家庭を持ち、子育てをする人が増える時期。そのような中で就職をせずにいると、あまり印象は良くありません。20代なら若いからと許されていても、35歳以上になると周囲からの風当たりが強くなるのが現状です。そのため「ほかの人なんて気にならない」という人以外は、堂々と生活できず嫌な思いをする可能性があります。

同年代との収入の差が大きくなる

35歳以上になっても就職せずにいると、同年代との収入の差が開いていきます。正社員として働く35歳以上の方の中には、役職に就いたり基本給が上がったりする人も出てくるでしょう。20代前半では給料が低い状態の方も多くあまり気にならないかもしれませんが、年齢を重ねるにつれ同年代との収入の差はどんどん大きくなります。「令和2年賃金構造基本統計調査・結果の概況の雇用形態、性、年齢階級別賃金及び雇用形態間賃金格差」によると、正社員・正職員として働く35歳~39歳の男女計の平均賃金は約31.6万円です。その後は55歳~59歳まで賃金は順調にアップしていきます。対して、正社員・正職員以外の35歳~39歳の労働者は約21.4万円で、その後もほぼ上がりません。生涯賃金で考えると、かなりの差がつくといえるでしょう。

参照元
令和2年賃金構造基本統計調査
結果の概要・雇用形態別

老後が不安定な生活になる

35歳まで就職をしないと、老後の人生が不安定なものになる可能性があります。老後の生活を安定させるためには、十分な貯金が必要です。しかし、35歳まで働いていなかったりフリーターをしていたりする人は、老後までに満足いく額の貯金をするのは難しいでしょう。高齢になっても生活のために働かなければならないのは、肉体的にも精神的にも負担の大きいものです。そのため、老後はゆっくり過ごしたいと思う人は、できるだけ早めに正社員としての就職を目指すことをおすすめします。

35歳からの就職におすすめの仕事を紹介!

ここでは、35歳からの就職におすすめの仕事や業界を紹介します。経験を問われない仕事を選ぶことで、就職できる可能性が高まるでしょう。

建設業

建設業界は体力のある35歳以上の人におすすめです。建設業界は若い人がなかなか集まりづらく、人手不足が続いています。体力が必要ではあるものの、40代~60代の職人も現役で数多く働いている業界です。仕事を覚えて一人前になるまでには忍耐力や気力が必要ですが、未経験からでも採用されやすい仕事といえます。また、建設業界は比較的賃金が安定しているため、多くの収入を求める方にもおすすめです。

製造業

製造業は、経験やスキルがなくても始めやすい仕事です。特にライン作業と呼ばれるベルトコンベアーから流れてくる製品の加工や検品は、仕事中にほかの社員とコミュニケーションを取る機会も少ないので、人付き合いが苦手な方にも続けやすいでしょう。複雑な作業があまりなくマニュアルも整備されているケースが多いため、35歳まで就職していなかった人も取り組みやすい仕事といえます。

営業

人と関わるのが好きな場合は、営業職もおすすめです。営業職は資格や経験より、コミュニケーション能力や人柄が重要視される仕事。そのため、35歳まで就職していなかった人でも、採用面接で人柄や雰囲気が評価されれば、採用される可能性があります。また、結果が重視される職種のため営業成績が良い場合は、給料に反映される場合もあるでしょう。コミュニケーション能力に自信がある人は、思い切ってチャレンジしてみるのもおすすめです。

清掃

清掃の仕事は高齢の方が多く、35歳以上からでも就職は難しくありません。仕事内容の中心が掃除なので、几帳面できれい好きな人であれば経験がなくても続けやすいでしょう。清掃員が働く場所は、ホテルや商業施設から、依頼主の自宅(ハウスクリーニング)までさまざまです。また、ビルクリーニングの仕事は求人も多く出ています。正社員として清掃会社に就職すると、いずれはパートやアルバイトのスタッフを管理する立場として働く可能性が高いので、人をまとめる統率力も必要になるでしょう。

ドライバー

ドライバーの仕事は、運転が好きな人に向いています。
タクシードライバーは平均年齢が高く、35歳からの就職も珍しくありません。タクシードライバーになるには普通免許のほかに、「二種免許」という乗客を乗せて運ぶための免許が必要です。タクシー会社の中には、二種免許取得の費用を負担してくれるところもあります。免許さえ取得できれば特別な技術は必要なく、自分のペースで働ける仕事です。
宅配便のドライバーは、ネット通販を利用する人が急増していることから、近年は常に人手不足の状態です。そのため、35歳からでも就職できる可能性が高くなります。年齢やスキルは不問で普通自動車免許さえあれば働けますが、重い荷物を持ったり、集荷で走り回ったりすることも多いため、体力が必要とされる仕事です。そのほかにも、大型トラックのドライバーやバスドライバーなどの仕事があり、それぞれ働き方が違うので、自分に合ったものを選んでみましょう。

介護

介護業界は人材の流動が激しく、常に人手不足です。そのため、35歳で未経験でも就職できる可能性は大いにあります。ただし、利用者の体を支えながら体勢を変えたり、車いすに移乗させたりすることが多いため、腕力や体力が必要とされる仕事です。なお、介護業界が未経験でも3年以上経験を積めば、国家資格である介護福祉士の受験資格が得られます。日本の高齢化により介護に携わる人材の需要はさらに増えると予想されるため、体力に問題が無ければ長く続けられる仕事といえるでしょう。

サービス業

サービス業は人と関わることが好きであれば、経験やスキルがなくても働けます。中でも飲食業界は常に人手不足で、正社員の求人も多く出ている状況です。「とにかく就職したい」「仕事を得たい」という人は、まず飲食サービスの求人を見てみましょう。現場でノウハウを学んで、うまくいけば将来は自分のお店を持つことも可能です。35歳からの転職におすすめの業界についてさらに知りたい方は、「30代は就職できる?正社員未経験者におすすめな求人と採用されるコツ」を参考にしてみてください。

35歳の主婦や女性が就職を成功させるコツ

35歳からの就職を目指す主婦の方や女性が、就職を成功させるコツを紹介します。未経験でも始められる仕事や、人手が不足している業界を中心に探すと良いでしょう。また、体力や資格に左右されない仕事を選ぶと、年齢を気にせず活躍できます。

経験がなくてもできる仕事を選ぶ

主婦の方や女性が35歳から就職を目指す場合は、経験不問の仕事を選ぶと良いでしょう。
今まで主婦をしていて職歴のない人が経験を重視される仕事の面接を受けても、採用される確率はとても低くなります。未経験でも支障がない仕事や、研修をしっかり行ってくれる企業を選ぶと、採用される確率が上がるでしょう。経験が必要な仕事に興味がありどうしてもその職業に就きたい場合は、パートやアルバイトで経験を積んだり、学校に通って専門的に知識を身につけたりといった準備が必要です。

人手不足の業界を選ぶ

人手不足の業界から求人を探すのも、35歳から就職を成功させるコツのひとつです。
人気の高い業界は新卒や20代前半の希望者が多く、競争率がとても高くなります。就活市場で人気の業界はメーカーや商社、IT業界などです。この業界で正社員としての就職を目指すと、なかなか内定が決まらず、時間だけが過ぎていくといった状況になる可能性もあります。「就職する」を第一に考えるのであれば、人手不足の業界を中心に就活をするのがおすすめです。なお、人手不足の業界には賃金が安かったり、体力的にきつかったりなどの理由がある場合もあります。情報収集をしっかり行い、長く勤められそうな仕事を探しましょう。

資格がある場合は活かせる仕事を選ぶ

資格を持っているのであれば、なるべくそれを活かせる仕事に就くことをおすすめします。たとえ資格だけ取って仕事には就かなかった場合でも、何も学んだことのない応募者と比べれば有利になるでしょう。なお、更新期限を過ぎると失効する資格もあるため、自分の取得した資格が本当に有効か確認しておくと安心です。

体力に左右されない仕事を選ぶ

体力に左右されない仕事を選ぶのも、35歳からの就職を目指す主婦や女性におすすめです。よほど体力に自信のある人でない限り、20代前半の人と同じ体力を保つのは難しいもの。体力が必要な仕事ではどうしても若い人や男性の方が採用されやすくなります。そのため、デスクワークなど体力で左右されない仕事を選ぶと、採用される可能性が高くなるでしょう。35歳からの就職のコツについてさらに詳しく知りたい方は「35歳からの転職は厳しい?不利な理由と成功のポイント」を参考にしてください。

35歳からの就職活動が難しい場合はプロの手を借りる

35歳からの就職活動がうまくいかない方や不安に思う方は、就職エージェントなどプロの力を借りましょう。35歳からの就職活動にはは、20代のときよりも多くの努力が必要です。今までニートやフリーターとして過ごしてきた人が、いきなり1人で就職活動を始めても、なかなか上手くいかない可能性があります。そんなときは、プロの視点からのアドバイスを受けると、成功率が上がるでしょう。
35歳からの就職は、難易度が高いのが現実。できるだけ早いうちに行動を起こし、正社員として就職できるのがベストといえるでしょう。

若年層向けの就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、就職活動を成功させたい方を専任のアドバイザーが丁寧にサポートします。正社員の経験がない、今までニートだった、ブランクがある…このような方も、安心して就職活動に挑むことが可能です。
ハタラクティブでは、経験不問の求人や一般のサイトに掲載されていない非公開求人も多く有しているのが特徴。面接日や入社日の調整も代行しているため、効率的な就職活動が可能です。
入社後はアドバイザーが定期的に連絡するなど、アフターフォローの体制も整っています。ニートやフリーターからの脱出を考えている方や、就職活動をスムーズに進めたい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

35歳の就職に関するお悩みQ&A!選考を勝ち抜くポイントは?

「35歳までに就職しないとダメ?」「就職をしないまま35歳になってしまった」といった悩みを抱えている方に向けて、Q&A方式で疑問を解消します。就職が難しいといわれる理由や、選考突破を目指すコツをチェックしていきましょう。

35歳だともう就職できない?

35歳でも就職は可能です。ただし、ポテンシャルを評価してもらえる20代と比べると、選考突破が厳しくなるという実情もあります。正社員を目指す際、年齢がどのような影響を及ぼすのかを詳しく知りたい方は「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」をご参考ください。就職の分岐点となる年齢や最終的なリミットと言われている年齢について解説しています。
 

35歳を超えると就職が難しくなる理由は?

企業が若い人材を求める傾向にあること、年齢の高い新入社員は扱いにくいことなどが理由としてあげられます。採用においては育成や吸収力の観点から20代が歓迎されるのが一般的。また、会社によっては20代や30代前半で部下を持つ方もいます。そういった場合、自分よりも年上の新人を部下になると気を使ってしまうこともあるでしょう。このような理由から、35歳以上の就職は厳しいといわれています。
 

就職しないまま35歳を迎えるとどうなる?

35歳をすぎても就職せずフリーターでいると「同世代に比べ所得が低い」といったデメリットが生じます。「令和2年 賃金構造基本統計調査結果の概況」の結果によると、正社員の給与平均は32万4,200円なのに対し、フリーターやパートを含む非正規の場合は19万3,300円。正社員とフリータでは、月の収入に約16万円の開きがあると分かります。また、35歳でフリーターの場合、社会的な信用が得られず、ローン申請やクレジットカードの作成でつまづくこともあるようです。
 

35歳の就職活動で大切なことは何?

35歳からの就活では一刻も早く行動を開始するのが大切です。「令和2年 賃金構造基本統計調査結果の概況」の結果のとおり、50代までの間に正社員とフリーターの賃金差は広がり続けます。「いつか」と先延ばしせず、思い立ったらすぐに動き出しましょう。一人での就活に不安がある方は、専任のアドバイザーがマン・ツー・マンで支援するハタラクティブにご相談ください。

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A