就職したい!ニートから正社員の事務職になれる?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したい!ニートから正社員の事務職になれる?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・事務職には、一般事務や営業事務、貿易事務などさまざまな種類があるが、どれもほかの社員をサポートする、なくてはならない仕事
    ・事務職として働くのであれば、パソコンスキルとコミュニケーションスキルが必須だが、事務職の種類によってはより専門的な知識が必要になる
    ・事務職に向いているのは、縁の下の力持ちのような仕事を好む人、スピード感のある仕事を正確にこなし、細かい事に気づける人
    ・ニートから事務職を目指す場合は、資格をとる、バイトや派遣から経験を積む、若いうちにチャレンジする、自分自身を知り企業のニーズと合っているかを見極めることなどがポイント
    ・ハローワークの職業訓練校に通う、民間のエージェントに相談するなども就職成功の近道となる

就職したい!ニートから正社員の事務職になれる?の画像

ニートから就職を考えている人の中には、事務職を希望する人もいるのではないでしょうか。しかし、事務職は人気な職種でもあるため、未経験から正社員に就職するのは簡単ではないかもしれません。
このコラムでは、事務職とはどんな仕事なのか、正社員を目指すためのポイントなどをまとめています。
ニートを卒業して事務職で働きたいという人は、ぜひ参考にしてください。



事務職とは

事務職と一言でいってもその種類はさまざま。専門的な知識やスキルを必要とする職種でもあり、会社にとって無くてはならない仕事です。
すべてをご紹介することはできませんが、事務職には以下のような種類が存在します。

・一般事務

事務といって多くの人がイメージするのが、この一般事務ではないでしょうか。書類の作成や管理、電話や来客対応、郵便物の仕分けなど、ほかの社員が自分の仕事に集中できるように、細かい作業を請け負ったりサポートをする仕事です。

・営業事務

営業職の人たちがスムーズに仕事を進められるよう、支えているのが営業事務です。見積書や請求書といった書類を作成したり、商品自体を管理したりする場合もあります。
社外で実際に営業を行うのは、営業職の人たちですが、社内で電話対応を行い、契約が滞りなく進むようサポートするのが営業事務。まさに二人三脚で仕事を行うため、営業職の人から信頼される正確な仕事と細かい気配りが必要です。

・貿易事務

その名の通り、輸出や輸入に関するあらゆる手続きを行う事務。
書類の作成や申請、海外とのやりとりも行うため、英会話や英文を作成するスキル、輸出入に関わる知識が必要になってくる、専門性の高い仕事です。

・経理事務

経理事務は、売上の管理や支払い、経費の精算、社員の給与計算や年末調整など、社内のあらゆるお金を扱う事務です。
経理事務で働く場合は、仕事の正確さはもちろん、簿記などの知識やスキルが求められるでしょう。

・医療事務

病院内で働く事務職の仕事は、医療事務と呼ばれます。カルテの管理や、受付などでの対応、会計と、健康保険組合などへの医療費の請求など、こちらも知識が必要となる専門性の高い仕事といわれています。



事務職に必要なスキル

事務職に必要なスキルの画像


前項でご紹介したのは、事務職の中のほんの数種類。実際にはさらに多くの種類に分かれており、それぞれに専門的な知識を必要としています。
目指したい事務職があるのであれば、必要な資格を取得するための勉強をしてみるといいでしょう。その職種が自分に向いているかを知ることができますし、資格を持っていれば就活の際に有利になる可能性もあります。

では、事務職全体として必要とされるスキルはどんなものが考えられるでしょうか。

【パソコンスキル】

事務職の主な仕事、書類の作成や事務処理、メールのやりとりなどは全てパソコンを使用しているため、最低でも基本的な操作は身につけておく必要があります。
また、パソコンが使えるというだけではなく、他の部署との連携や期日を守るためには、正確さやスピードも必要です。
就活の際にアピールできるポイントを増やすのであれば、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)といった、パソコンの基本的な操作を身につけていることが証明できる資格を持っているといいでしょう。

【コミュニケーションスキル】

ご紹介してきたように、事務というのはほかの社員のサポートや、社外の人とのやりとりが求められる仕事です。両者の間に入り、橋渡しのような仕事をすることもあるため、相手が何を望んでいるのかを察知できるスキルは必須とされています。
また、相手を不快にさせない話し方や、相手に伝わりやすく話を組み立てて説明する力などもコミュニケーションスキルの1つとして求められるでしょう。



事務職に向いているのはこんな人

先述したように、事務の主な仕事は、ほかの社員をサポートすること。
自分が表立って活躍することはないかもしれませんが、縁の下の力持ちとなって、ほかの人達の仕事を成功に導くことにやりがいを感じられる人は向いているといえるでしょう。
また、細かい作業や繰り返しの業務が苦にならない人でないと、事務の仕事は辛いかもしれません。
前項でも触れたように、正確さを必要とする仕事ですので、どんな状況でもミスを起こさない集中力も必要とされます。
そして、効率よく作業をこなし、小さなミスや違和感などにも気づける人に向いている仕事です。



ニートから事務職は目指せる?

ニートから事務職は目指せる?の画像


これまで、事務職についてご説明してきましたが、ニートの人が事務職を目指すことは可能なのでしょうか。
事務職というのは長期的に安定して働くことができることから、一般的にも人気職種とされています。事務職に正社員として採用されるのは簡単ではないかもしれませんが、不可能ではありません。
では、ニートの人が内定を得るには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

【資格をとる】

前述したMOSや、簿記、英検、秘書検定など、応募したい事務職に関する資格を勉強するのも一つの手。
しかし、資格を持っていることは評価の対象にはなりますが、事務職の採用では、資格以上に経験を重視されることがあるということも覚えておきましょう。

【バイトや派遣から始める】

経験を重視される職種である事務。ニートの人が未経験から正社員として採用されることは簡単ではないため、まずはアルバイトや派遣で事務職を経験してから正社員を目指すという方法が現実的ではないでしょうか。
経験を積みながら資格の勉強をすれば、正社員への道も夢ではないかもしれません。

【若いうちに始める】

年齢が若い人であれば、未経験からでも採用を期待できる場合があります。
経験やスキルがなくても、一から育てることで長期的に来活躍してくれる、若い人材を求めている企業は数多く存在ます。
近年では、新卒で就職し早期退職した、第二新卒といわれる人材の需要も高まっているため、同じような年代の若者であれば、やる気と熱意を重視している企業からポテンシャル採用をされることもあるようです。

【企業研究と自己分析をする】

事務職に限定されることではありませんが、就活をする上で大切なのは、自分自身と応募する企業をより深く知るということ。
自己分析を行うことで、自分を客観的に見ることができ、説得力のあるアピールポイントや強みを見つけることができます。また、ニート期間についてもきちんと見つめ直すことで、面接の際の「なぜニートになったのか」「働いていない期間なにをしていたのか」といった質問への答えも考えられるようになるのではないでしょうか。
企業研究をすることも同じように大切です。
仕事内容だけでなく、会社の理念や社風、働き方を研究し、企業が求める人物像をしっかり確認しておきましょう。



こんなときどうする?事務職を目指すニートの方に向けたお悩みQ&A

就職を考えたときに、事務職を候補に入れる方は多いようです。しかし、事務職は数ある職種のなかでも人気の高い仕事。就職するためには、事務職の就活について理解する必要があるでしょう。以下に、事務職を目指す方の多くが抱える悩みと、その回答をまとめました。

なぜ事務職は人気なの?

転勤の可能性が低く安定しているからです。
一般的に、事務職は正社員のなかでも転勤の可能性が低く、営業職などに比べてノルマやプレッシャーなどの負担も少ないと考えられています。また、内勤なので年齢を重ねても働けたり、想定外の業務や残業が少ないのも人気の理由。その一方で、昇進が遅いなどのデメリットもあります、詳しくは「大卒に人気の事務職、そのメリットとデメリットは?」をご覧ください。

事務職に近い仕事を教えて下さい。

同じ内勤として、経理や総務が挙げられます。
経理は会社の財務管理を行う仕事で、出納管理や伝票入力、税金関連といった金銭に関わる業務を行います。
総務は電話や来客の対応、備品管理、社内文書の作成といった社員のサポートを行うのが仕事。
経理については「経理って何をするの?仕事内容ややりがいまとめ」、総務については「総務とはどんな仕事?具体的な仕事内容をご紹介します!」で説明していますので、ご確認ください。

事務職の志望動機はどうしたらいい?

事務の業務内容と求められるスキルを把握することが大切です。
事務職は人気が高く、書類選考で不採用になることも珍しくありません。特に、業務経験の少ないニートの方が書類選考を突破するには、事務の仕事をしっかりと理解したうえで、自分の強みをアピールすることが大切となります。「事務職の志望動機の書き方とは?未経験でも転職できる!例文あり」では、志望動機の例文を掲載していますので、参考にしてみてください。

ニートの経歴が気になって就活できません。

学歴・経験不問の求人を探しましょう。
学歴や経歴で就職が決まると考える方もいるようですが、学歴や経歴を問わずに応募者の人柄で採用を決める企業は少なくありません。
応募者の人柄を重視する求人を知りたいなら、就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブは若年層に特化したエージェントなので、「若さ」「人柄」「ポテンシャル」を重視する企業の求人が豊富。自分に合う求人を知りたい方は、こちらからお問い合わせください。


就職成功のために

ニート期間の長い方や就職が初めてという方は、第三者のサポートを受けるのもおすすめです。
公的機関のハローワークや、民間が運営している就活エージェントといった就職支援機関では、求人の紹介はもちろん、就活に必要な情報やアドバイスを受けることができます。
ハローワークを利用すれば、就職に必要なスキルや知識を身につけられる職業訓練校に通うこともできますし、民間のエージェントでは、より絞った求人の中から自分に合う企業を選んで応募することも可能です。
就活の進め方が分からないと時間がかかってしまいがちですが、こういった支援機関のサポートを受けることで、就職の成功率を上げることができるでしょう。

就職支援サイトのハタラクティブでは、20代に特化した就職サポートを行っています。
若年層向けの支援サイトであるため、ご紹介するのはポテンシャル採用に力を入れている企業が多く、正社員経験のないたくさんの若者が就職に成功しています。
経験豊富なキャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりの適性を把握して求人をご紹介。取材を行った企業のみをご紹介しますので、応募書類の添削や模擬面接は企業ごとのアドバイスを行うことができます。
自分に事務職が合っているのか、事務職に就職ができるかといった相談だけでもお受けしています。就職に関する疑問や不安がある方は、まずはハタラクティブにご相談ください。





関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ