就職したい!ニートから正社員の事務職になれる求人はある?

就職したい!ニートから正社員の事務職になれる求人はある?の画像

【このページのまとめ】

  • ・事務職には一般事務や営業事務、貿易事務などさまざまな種類がある
  • ・事務職にはパソコンスキルとコミュニケーションスキル、種類によっては専門知識が必要
  • ・事務職向きなのは縁の下の力持ちを好む人や仕事を正確にこなし、細かい事に気づける人
  • ・ニートから事務職を目指す場合は資格取得や非正規で事務経験を積むことなどがポイント
  • ・ハローワークの職業訓練校に通う、民間のエージェントに相談するなども就職成功の近道

ニートから就職を考えている人の中には、事務職を希望する人もいるでしょう。しかし、事務職は人気のため未経験から正社員に就職するのは難しい可能性があります。このコラムでは、事務職とはどんな仕事なのかや必要なスキル、正社員を目指すためのポイントなどをまとめています。
ニートから事務職の正社員として働きたい人は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートから事務職は目指せる?

事務職というのは長期的に安定して働くことができることから、一般的にも人気職種とされています。ニートから事務職に正社員として採用されるのは難しい可能性がありますが、不可能ではありません。
ニートはどんなときに不安を感じる?将来や就職で悩んだときの対処法」のコラムでは、ニートから就職したいと考えている方に向けて就職する方法を解説しています。あわせてご覧ください。

ニートから事務職を目指す際のポイント

ニートから事務職への就職を目指す際には、次の3つに取り組んでみると良いでしょう。以下、それぞれ解説します。

1.事務のアルバイトを初めてみる

事務職の正社員になりたいなら、まずは事務のアルバイトを初めてみるのがおすすめ。アルバイトを通じて基本的な事務作業を覚えたり、事務職に必要な能力を養えたりするからです。また、自分が事務職に向いているかどうか判断するためにも、一度事務仕事を経験するのは有効な手段でしょう。

2.できるだけすぐに就活を始める

事務職で就職したいのであれば、できるだけすぐに就活を始めてください。事務職は人気があるうえ、職務経験のないニートの人が就職するには年齢が大きなポイントとなるからです。応募者に職務経験がない場合には企業はそのポテンシャルに期待して採用しますが、採用対象を20代に限っている求人が多い傾向があります。ポテンシャルを考慮すると少しでも年齢が若いほうが有利に働くため、一刻も早く就活に取り掛かりましょう

3.就職支援サービスを利用する

ニート期間の長い方や就職が初めてという方は、第三者のサポートを受けるのもおすすめです。
公的機関のハローワークや民間が運営している就活エージェントといった就職支援サービスでは、求人の紹介はもちろん就活に必要な情報やアドバイスを受けることができます。
ハローワークを利用すれば就職に必要なスキルや知識を身につけられる職業訓練校に通うこともできますし、民間のエージェントではより絞った求人の中から自分に合う企業を選んで応募することも可能です。就活の進め方が分からないと時間がかかってしまいがちですが、こういった支援サービスのサポートを受けることで、就職の成功率を上げられるでしょう。就職エージェントについて詳しく知りたい方には「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」のコラムもおすすめです。

ニートから事務職を目指す難易度が高い4つの理由

ニートから事務職を目指すのは簡単とは言い難いでしょう。その理由について以下で解説します。

1.一般的に事務職の人気が高いから

ニートの方が事務職を目指す難易度が高い理由として、人気の高さが挙げられます。事務職は一般的に他の求人より倍率が高いことが多いうえ、経験者が優遇されがち。そのため、実務経験のないニートの方は不利といえるでしょう。

2.細かい気配りや効率の良さが求められるから

事務職には人に対する細かい気配りや業務を効率よくこなすことが求められます。なぜなら、事務職は他部署のサポートが主な業務なので、業務量が多いうえに多くの部署から仕事を頼まれるからです。よって、企業内の多種多様な人と円滑に仕事を進められるための気配りや多くの仕事を次々にこなしていくための効率が必要不可欠といえるでしょう。

3.多くの人への対応を求められるから

事務職は担当する部署全体の人を相手にする仕事です。そのため、対応する人数が多く企業内の多種多様な人と円滑に業務を進める必要があります。ニートになった理由が対人関係への不安であれば、克服の必要があるでしょう。

4.人間関係に変化が起こりにくいから

事務職は、職場によって比較的人間関係が固定されやすい傾向があります。部署移動が比較的少ないうえ、少人数の職場では人員の入れ替わりが少ないためです。人が入れ替わらないと同じ人間関係が続くため、一度関係が悪化すると辛い状況になります。ニートの人は他人と関わる機会が少ないことから人間関係を円滑に保つのが難しい傾向があるため、事務職で働き続ける難易度は高いといえるでしょう。

事務職の5つの主な種類

事務職と一言でいってもその種類は多く、専門的な知識やスキルを必要とする職種でもあります。企業にとって事務職は無くてはならない仕事です。
すべてをご紹介することはできませんが、事務職には以下のような種類が存在します。

1.一般事務

事務職で多くの人がイメージするのが一般事務でしょう。書類の作成や管理、電話や来客の対応、郵便物の仕分けなど他の社員が仕事に集中できるよう、細かい作業を請け負ってサポートをする仕事です。

2.営業事務

営業職の人たちがスムーズに仕事を進められるよう支えるのが営業事務。見積書や請求書といった書類を作成したり、商品自体を管理したりするのが主な業務です。
営業職の人たちが社外で営業を行うのに対し、社内で電話対応を行い契約が滞りなく進むようサポートをします。営業職と二人三脚で仕事を行うため、人から信頼される正確な仕事と細かい気配りが必要です。

3.貿易事務

その名の通り、輸出や輸入に関するあらゆる手続きを行う事務。
書類の作成や申請、海外とのやりとりも行うため、英会話や英文を作成するスキルや輸出入に関わる知識が必要な専門性の高い仕事です。

4.経理事務

経理事務は売上の管理や支払い・経費の精算・社員の給与計算や年末調整など、社内のあらゆるお金を扱う事務です。経理事務で働く場合、仕事の正確さはもちろん簿記などの知識やスキルが求められるでしょう。

5.医療事務

病院内で働く事務職の仕事は、医療事務と呼ばれます。カルテの管理や受付などでの対応・会計、健康保険組合への医療費請求など知識が必要な専門性の高い仕事です。

事務職については「事務員ってどんな仕事?事務職のメリット・デメリットを解説」のコラムでも業務内容や向いている人のタイプについて詳しく解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

ニートから事務職を目指すのに必要なスキル

前項でご紹介したのは事務職のうちの数種類。実際にはさらに多くの種類があり、それぞれ専門的な知識が必要となります。
一方、事務職全体で必要なスキルは以下のとおりです。

パソコンスキル

事務職の主な仕事である書類の作成や事務処理、メールのやりとりなどは全てパソコンを使用しているため、最低でも基本操作は身につけておく必要があります
また、パソコンが使えるというだけではなく、他の部署との連携や期日を守るためには、正確さやスピードも大切です。
就活でアピールポイントを増やすのであれば、MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)といった、パソコンの基本操作を身につけていることが証明できる資格を取得すると良いでしょう。

コミュニケーションスキル

先述のように、事務職は他の社員のサポートや社外の人とのやりとりが求められる仕事です。他者の間に入って橋渡しのような仕事をすることもあるため、相手が何を望んでいるのかを察知できるスキルが重要とされています。
また、相手を不快にさせない話し方や相手に分かりやすく説明する力などもコミュニケーションスキルの1つとして求められるでしょう。

ニートから事務職になれるのはこんな人

先述したように事務の主な仕事は、他の社員のサポートです。
表立った活躍は少ないでしょうが、縁の下の力持ちとして他の人達の仕事を成功に導くことにやりがいを感じられる人は向いているでしょう。
また、細かい作業や同じことを繰り返す業務が苦にならない人でないと、事務の仕事は辛い可能性があります。また、正確さを必要とする仕事なので、ミスを極力起こさない集中力も必要です。
事務職は効率よく作業をこなし、小さなミスや違和感などにも気づける人に向いている仕事といえるでしょう。

ニートから事務職になるための3つの方法

ニートから事務職を目指すには、事務職に関する資格を取ったりできるだけ若いうちから就職活動を始めたりするのが有効です。以下、それぞれ解説します。

1.事務職に関する資格をとる

目指したい事務職があれば、必要な資格を取得するための勉強をしてみると良いでしょう。その職種が自分に向いているかを知ることができますし、資格を持っていれば就活の際に有利になる可能性もあります。
前述したMOSや、簿記、英検、秘書検定など、応募したい事務職に関する資格を勉強するのも一つの手。しかし、資格を持っていることは評価の対象にはなりますが、事務職の採用では、資格以上に経験を重視されることがあるということも覚えておきましょう。

2.バイトや派遣から働き始める

経験を重視される職種である事務。ニートの人が未経験から正社員として採用されることは簡単ではないため、まずはアルバイトや派遣で事務職を経験してから正社員を目指すという方法が現実的ではないでしょうか。
経験を積みながら資格の勉強をすれば、正社員への道が開けるはずです。

3.若いうちに就職活動を始める

年齢が若ければ、未経験からでも採用される場合があります。
経験やスキルがなくても、一から育てることで長期的に活躍してくれる若い人材を求めている企業は多いです。
近年では、新卒で就職して早期退職した第二新卒といわれる人材の需要も高まっていることもあり、同じような年代の若者であれば、やる気と熱意を重視している企業から採用されることもあります。

4.企業研究と自己分析をする

事務職に限定されませんが、就活で大切なのは自分自身と応募先企業を深く理解すること
自己分析をすると自分を客観的に見ることができ、説得力のあるアピールポイントや強みを見つけられます。また、ニート期間についてもきちんと見つめ直すことで、面接の際の「なぜニートになったのか」「働いていない期間なにをしていたのか」といった質問に答えられるようになるでしょう。
企業研究では仕事内容だけでなく企業理念や社風、働き方などを研究し、企業が求める人物像を確認しておきましょう。

就職支援サイトのハタラクティブでは、20代に特化した就職サポートを行っています。
若年層向けの支援サイトであるため、ご紹介するのはポテンシャル採用に力を入れている企業が多く、多くの正社員経験のない方が就職に成功しています。
経験豊富な就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりの適性を把握して求人をご紹介。ご紹介する求人は取材を行った企業のみなので、企業ごとに応募書類の添削や模擬面接のアドバイスを行うことができます。
自分には事務職が合っているのか、事務職に就職できるかといった相談だけでもお受けしています。就職に関する疑問や不安のある方は、ハタラクティブにご相談ください。

こんなときどうする?事務職を目指すニートの方に向けたお悩みQ&A

就職を考えたときに、事務職を候補に入れる方は多いようです。しかし、事務職は数ある職種のなかでも人気の高い仕事。就職するためには、事務職の就活について理解する必要があるでしょう。以下に、事務職を目指す方の多くが抱える悩みと、その回答をまとめました。

なぜ事務職は人気なの?

転勤の可能性が低く安定しているからです。
一般的に、事務職は正社員のなかでも転勤の可能性が低く、営業職などに比べてノルマやプレッシャーなどの負担も少ないと考えられています。また、内勤なので年齢を重ねても働けたり、想定外の業務や残業が少ないのも人気の理由。その一方で、昇進が遅いなどのデメリットもあります、詳しくは「大卒に人気の事務職!平均初任給や月給は?向いている人の特徴も紹介」をご覧ください。

事務職に近い仕事を教えて下さい。

同じ内勤として、経理や総務が挙げられます。
経理は会社の財務管理を行う仕事で、出納管理や伝票入力、税金関連といった金銭に関わる業務を行います。
総務は電話や来客の対応、備品管理、社内文書の作成といった社員のサポートを行うのが仕事。
経理については「経理って何をするの?仕事内容ややりがいまとめ」、総務については「総務とはどんな仕事?具体的な仕事内容をご紹介します!」で説明していますので、ご確認ください。

事務職の志望動機はどうしたらいい?

事務の業務内容と求められるスキルを把握することが大切です。
事務職は人気が高く、書類選考で不採用になることも珍しくありません。特に、業務経験の少ないニートの方が書類選考を突破するには、事務の仕事をしっかりと理解したうえで、自分の強みをアピールすることが大切となります。「事務職の志望動機の書き方とは?未経験でも転職できる!例文あり」では、志望動機の例文を掲載していますので、参考にしてみてください。

ニートの経歴が気になって就活できません。

学歴・経験不問の求人を探しましょう。
学歴や経歴で就職が決まると考える方もいるようですが、学歴や経歴を問わずに応募者の人柄で採用を決める企業は少なくありません。
応募者の人柄を重視する求人を知りたいなら、就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブは若年層に特化したエージェントなので、「若さ」「人柄」「ポテンシャル」を重視する企業の求人が豊富。自分に合う求人を知りたい方は、こちらからお問い合わせください。

佐藤真也

監修者:佐藤真也

就活アドバイザー

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A