ニートの将来への不安と希望

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートになる理由には、「仕事が合わなくて辞めてしまい就業意識がなくなった」「就活がうまくいかなかった」「働く意識が低い」などの理由がある

    ・ニートの方は「このまま正社員にはなれないかも」「バイトも受かるかわからない」「友達に会いづらい」などの不安を抱えていることが多い

    ・ニートから正社員になるときの不安の対処法としては、「考えすぎない」「研修などがあるので安心する」「失敗や失礼なことをしないかと恐れすぎない」などがある

    ・専門のサービスを活用すれば、効率的に就職活動が行える

ニートになった当初は「まだ大丈夫」という余裕があったかもしれませんが、ニート生活が長くなってくると、将来ずっと正社員になれないという不安が沸いてくるのではないでしょうか。

このコラムでは、ニートになってしまう理由や不安に思いがちなこと、就業する上でのアドバイスなどをまとめました。ニートになったばかりの方も、将来に向けてニート脱却を考えている方も、必見です。

◆ニートになってしまう理由とは

ニートになる理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

人によって原因はさまざまですが、中でもよくあるケースについて紹介します。

 

・一度就職したものの、環境や人間関係が合わなくて仕事を辞めてしまった

学校を卒業後就職したものの、労働環境の悪さや人間関係のトラブルなどが原因で退職し、そのままニートになってしまうことが多いようです。

この場合、仕事というものに対して最初の会社での嫌な印象がついてしまっているため、再び働こうという気持ちが起こりづらくなってしまいます。

 

・就職活動に失敗した、再就職がうまくいかない

就職活動の失敗が続くことでモチベーションが下がり、そのままニートになるというパターンも少なくありません。

なかなか内定が獲得できないことで、「自分は仕事に向いていないんじゃないか」「自分が働ける場所なんてないのではないか」と自信を失ってしまうこともあるようです。

 

・他人と関わるのが苦手

人と関わることが苦手で、最初から就業意識が低いままニートになってしまう場合もあります。

このようなパターンでは、親や家族が生活を支えてくれている間は大丈夫ですが、もしも何かの事情で自分で生活しなければならなくなった場合に大変かもしれません。

 

このように、ニートになる事情はさまざまですが、ニートになったことで日々の生活に不安を感じることは多いようです。

次の項目では、ニートの方が日頃の生活で不安に思うことを紹介します。

◆ニートの方が日常で不安に思うこと

気楽なイメージをもたれがちなニートですが、生活の中で不安に思うことも少なくありません。

どんなときにどんな不安を抱えているのか、代表的な例をいくつか紹介します。

・このままではもう正社員になれないのではないだろうかと思う

就業意識のあるニートの方が抱えがちなお悩み。
空白期間が長びいてしまうと、就職活動しても採用されないのではないかと不安になってしまうことがあるようです。

 

・年齢を重ねるとバイトに受かるのか心配

アルバイトの現場では、若い人材が活躍していることがほとんど。自分が年を重ねるごとに、「このままではアルバイトができなくなってしまうかも」と不安に思ってしまうようです。

・友達に会いにくい

友達が正社員として活躍していると、取り残されている気がしてなかなか会えなくなってしまいます。自分がニートであるということを伝えるのが恥ずかしい、どう思われるのか怖い…という不安も、ニートの方にとってはありがちな悩みのようです。

このように、ニートとして生活する上で不安に思うことは少なくありません。

そんなニート生活を脱出したい!と思った方のために、次項ではニートの方が働き始めるときのためのアドバイスを紹介します。

◆正社員就職は怖くない!ニートの方向けアドバイス

ニートを続けていると、正社員という働き方に不安を覚えることも多いでしょう。

「自分にもできるの?」と悩んでいる方のために、アドバイスを紹介します。

 

・不安なことを考えすぎない

「怒られたらどうしよう」「失敗してしまうかも」…働こうと思ったものの、そんな気持ちが邪魔をしてなかなか行動に移せない…というのはニートの方にありがちな悩みかもしれません。

不安に思ってしまう気持ちは仕方がありませんが、「まずは勉強しながら仕事を覚えていこう」「最初は失敗しても仕方ない」と前向きな考え方を持つことも大切です。

 

・最初は研修や上司からの指示があるので心配しすぎない

「正社員として働くからにはいきなり自分の責任で働かなくてはいけないの?」

特に社会人経験のないニートの方はそう思って不安になってしまうことがあるかもしれませんが、大抵の会社では最初に研修が行われたり、実際に仕事をする際は上司が指示を出してくれたりするものです。何かあったときの責任も基本的には上司がとってくれるものなので、故意に失敗したりやる気がなくてうまくいかない…という事態でもない限り、厳しく怒られることは少ないでしょう。安心して仕事に取り組むことができます。

 

・一般常識や社会人の常識を知らない…と悩まない

ニート経験が長くなってしまうと、その間に覚えているべき一般常識に疎くなってしまうことがあります。それを自分の弱点だと捉えて落ち込んでしまう方もいるかもしれませんが、そういった常識は働いているうちに覚えることができるのでそこまで悩む必要はありません。

働きながら周りの社員の人のやり方を覚え、少しずつ身につけていけるように努力すれば問題ないでしょう。

 


【いきなり正社員になるのが怖い…という人はアルバイトからスタートしてみる】

最初から正社員の仕事に就くのは荷が重い…そう感じる人は、まずはアルバイトから始めてみても良いかもしれません。

アルバイトなら、短時間のシフトや単発のものを選ぶことも可能。そういった働き方で少しずつ仕事になれて、正社員を目指すというのも一つの手です。

まずは自分に合った働き方を見つけて、仕事そのものに慣れられるように行動してみましょう。

◆正社員就職を目指すならまずはプロに相談を

就職活動の経験がない人がいきなり就活を始めても、なかなか内定まではたどり着けません。

なぜなら、就活には効果的なアピール方法や採用担当者に伝わる応募書類の書き方など細かいコツが色々あるから。それらのポイントを効率的に押さえるためにも、プロに相談してみることをおすすめします。

 

ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サービス。20代を中心とした若者向けの就職支援を行っており、利用者の方には専任のアドバイザーがついて支援を行っています。

利用者の方に合った求人のご紹介や就活のアドバイス、選考中の企業とのやりとりの代行など就活に必要なサポートを総合的に提供しているので、ひとりではうまくできるか不安…という方は、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ