新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートを卒業して不安も解消!将来や仕事が心配なら就職を目指そう

ニートを卒業して不安も解消!将来や仕事が心配なら就職を目指そう

公開日:

最終更新日:

ニートを卒業して不安も解消!将来や仕事が心配なら就職を目指そうの画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートの人が不安を感じるのは、将来を含めた生活費など経済的な理由が大きい
  • ・ニート期間が長い場合、初出勤への緊張や仕事が続けられるかなどの不安もある
  • ・ニートの人が不安を克服して就職するには、アルバイトや派遣から始めるのも手
  • ・仕事を覚えるのが不安なニートの人には、工場作業などマニュアルがある仕事がおすすめ
  • ・ニートの不安から抜け出すためには、1人で悩まずにエージェントに相談するのも良い

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

ニート生活が長引いてしまい「もう就職できないのでは」「将来生活していけるのか」と不安に思っていませんか?不安を解消するには1日も早く就職するのがおすすめ。無職期間が長く、年齢が上がると就職は難しくなるからです。就活を不安に思う人も多いようですが、面接対策を行い、未経験でも採用されやすい仕事を選べば就職できる可能性は十分にあります。このコラムを読んで、ニートの不安から抜け出しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ニートの人が将来に不安を感じる理由

ニートの人が将来に不安を感じるのは「先が見えない」「孤独を感じる」など、理由はさまざま。いずれにしても、根本には経済的な不安があるでしょう。
両親が働いているうちは養ってもらえますが、定年退職後は今までどおりの生活が難しくなることも。「先が見えない」と不安になるのは、生活できなくなるのではないかという経済的な理由からきているといえます。

また、ニートのままでは結婚も難しく、生涯に渡って孤独を感じることもあり得るでしょう。2012年に労働政策研究・研修機構が行った調査「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②」の「30-34 歳男性の就業状況・年収別有配偶率の推移」によると、正社員の男性は30歳になると結婚する人が増えますが、無職の人ではほとんど増えません。30~34歳の男性で結婚している人の割合は、正社員では約60%ですが、無職の場合は約20%です。
無収入で結婚するのは難しいうえ、ニートになると友人関係も疎遠になり、人との出会いが減ってしまうのも理由の一つ。ニートの人が正社員に比べて孤独や不安を感じやすいのは「無収入」と「人との出会いが少ない」という2つの要因が考えられるようです。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②― 平成 24 年版「就業構造基本調査」より ―
1.2 有業・無業と結婚の関係  図表1-6 30-34 歳男性の就業状況・年収別有配偶率の推移

ニートの人が日常で不安を感じるパターン

ニートの人が日常で不安を感じるのは「もう就職できない」という思い込みや、友人と比較して悲観してしまうなどのパターンがあります。この項では、ニートの人がどのようなときに不安を感じるのか、代表的な例を解説します。

空白期間が長引くと就職できないと思ってしまう

ニートの人は仕事をしていない空白期間が長引くと、就職への不安が強くなることがあります。また、「面接で空白期間のことを聞かれるのが怖い」という不安から二の足を踏んでしまうニートの人も。空白期間が長いと就職で不利になるのは事実ですが、就職できないわけではありません。面接では、ニートになった理由を正直に話し、仕事への熱意を示すのが重要です。
特に年齢が若ければ、ポテンシャルで採用される可能性は十分にあるので、就職できないと決めつけずに挑戦するのが良いでしょう。

年齢が高くなると選択肢がなくなってしまう

ニート生活が長引いてしまい、年齢が高くなると就職先の選択肢がなくなるという不安もあるようです。「まずはアルバイトから始めてみよう」と思っても、実際に働いているのは若い人ばかりで応募しにくいという場合もあります。特に正社員の場合は、年齢が高くなるほどスキル・経験のある転職希望者がライバルとなり、未経験のニートの人は不利になるのが現実です。
就職するなら少しでも若いうちに行動を始めるのがおすすめ。年齢が高くなると選択肢は減りますが、人手不足の業界などでは採用される可能性もあるので、諦めずに行動するのが重要です。

順調に出世している友人と比べてしまう

順調に出世している正社員の友人と比べてしまうと「それに比べてニートの自分は…」と不安に陥ることがあるでしょう。正社員の場合、社歴や年齢に比例して年収が上がることが多いため、年齢が高いほどニートとの差を感じやすいようです。
正社員の友人と比べて不安が増してしまうなら、ニートをやめて就職するのがおすすめ。就職すると経済的な不安がなくなり、自信が持てるようになります。将来のキャリアプランも立てやすくなるため、出世している友人と比べて悲観することも減るでしょう。

ニートの人が抱えている就職への不安

ニートの人が就職に不安を感じるのは、面接や初出勤など、越えなければならないハードルが複数あるのも理由の一つです。面接でニートについて聞かれるのはもちろん、新しいことへの挑戦という不安もあります。「今まで働いていないのに仕事を続けられるだろうか」と就職前から不安に思う人もいるようです。

面接への不安

面接でニートについて聞かれるのが不安という人は多いでしょう。正直に答えたら採用されないのではないかと思ってしまうからです。しかし、嘘をつくと話に矛盾が生じて面接官に見抜かれる可能性もあります。面接でニートについて聞かれたときは、正直に答えるのが重要です。
面接官がニートについて質問するのは、「真面目に働いてくれそうか」「すぐに辞めたりしないか」を確認したいからといわれています。ニートだからといって即不採用になるわけではないので、不安を抱え過ぎないようにしましょう。

初出勤への不安

ニート期間が長いと初出勤に不安を感じるのも無理はありません。ニート生活では人と接する機会が少ないうえ、新しいことに挑戦することもほとんどないでしょう。初出勤は初対面の人ばかりで緊張するもの。会社のルールや仕事を覚えるなど、慣れないことばかりです。
しかし、初出勤が不安なのはニートの人だけに限りません。経験豊富な転職者でも緊張するのは同じです。「ニートだから不安が大きい」などと思わずに、どのような人でも不安はあるものだと考えましょう。

仕事を続けることへの不安

働いた経験がなかったり、過去に早期離職をしたりしてニートになった場合、「仕事を続けられるだろうか」と不安に思うことがあるでしょう。またすぐにニートに戻る可能性を危惧する人は多いようです。
仕事を続けられるかと不安に思う背景には、「失敗したらどうしよう」「上司に怒られるのが怖い」といった気持ちがあります。特に正社員の場合、「いきなり責任が重い仕事をするのだろうか」という不安もあるようです。しかし、仕事を覚えるまでは上司や先輩が指導・指示をしてくれるもの。最初は「勉強しながら仕事を覚えよう」「失敗しても仕方がない」くらいの気持ちで取り組みましょう。

ニートの人が不安を克服して就職する方法

ニートの人が不安を克服するためには、アルバイトから始めたり、経験がなくてもできる仕事に就職したりするなど、まずは仕事を経験して自信をつけるのが重要です。職歴ができれば就職・転職もしやすくなり、希望の仕事に正社員で就職するための足がかりになるでしょう。

まずはアルバイトや派遣で働いてみる

いきなり正社員になるのが不安というニートの人には、まずはアルバイトや派遣社員で働いてみるのも良い方法です。非正規雇用であれば正社員ほど責任は重くないため、精神的な負担が軽いでしょう。業務内容や人間関係が合わない場合、正社員に比べて辞めやすいのもメリットです。
また、正社員登用制度がある会社であれば、実績を作って正規雇用されることも考えられます。特に、紹介予定派遣は正規雇用を前提としているのでおすすめ。一定期間働いて、双方が合意すれば正社員になれる可能性が高いです。業務内容や社風を把握したうえで正社員になれるので、就職に不安を持つニートの人には良いでしょう。

未経験でも採用されやすい仕事を選ぶ

働いた経験がないニートの人には、未経験でも採用されやすい仕事がおすすめです。高齢化の影響で若手の人材が不足していたり、IT環境の変化で仕事が急増していたりするなど、経験よりもポテンシャル重視で採用している業界もあります。
未経験でも採用されやすい仕事を以下にまとめました。

介護職

高齢化の影響で需要に対して供給が追いついていないため、採用されやすい仕事といわれています。人材確保のため厚生労働省が事業所に給付金を出したこともあり、平均給与は年々上がりつつあるのもメリット。会社によっては研修制度があり、働きながら介護福祉士などの資格を取ることも可能です。資格を取ればさらに給与アップが見込めるうえ、転職にも有利になるのでキャリアアップもしやすいでしょう。

ドライバー

配送ドライバーは慢性的な人手不足に悩まされている業界。インターネット通販が増えたことが影響しています。業界全体で20代が10%程度しかいないといわれているため、特に若い人材を積極的に採用しているようです。普通免許は必要ですが、中型・大型免許は就職後に取得させてくれる会社が多いでしょう。1人になる時間が多いので、コミュニケーションに不安があるニートの人におすすめです。

プログラマー

IT技術の進化が加速している影響でプログラマーも人材不足が深刻です。そのため、教育制度が充実している企業が増えているのが特徴。プログラミングを覚えるまでは努力が必要ですが、一度プログラマーになれば高収入が狙えるといわれています。アルバイトやインターンで経験を積んでから正社員に就職する人も多いようです。ゲームやアプリに詳しいニートの人は挑戦してみると良いでしょう。

苦手なことを避けて仕事を選ぶ

ニートになった人には「規則正しい生活が苦手」「人と話すのが苦手」など、さまざまな背景があるでしょう。仕事を選ぶ際は、苦手なことを避けやすい職種を選ぶと長く続けられる可能性が高まります。人と話すのが苦手なのに、就職しやすいからといって販売職に就いたりすると早期就職で再びニートになることも。無職期間を長引かせると就職がさらに難しくなってしまいます。
仕事選びは、できる限り不安を減らすのがポイント。規則正しい生活が苦手なら、シフトで働ける仕事やフレックスタイム制がある会社に就職するのがおすすめです。

就職に成功する人の特徴

就職に成功する人は「何が自分に合っているか」を分かっているのが特徴です。自己分析をして、自分の強みを明確にし、それを活かせる仕事を選ぶと成功しやすいでしょう。
そのほか、「とりあえず働いてみる」という前向きな気持ちも大事です。早期就職を恐れるあまりニート生活が長引くよりは、不安を抱え過ぎずに就職してみるのも一つの方法です。

<不安別>ニートの人におすすめの仕事

前述のとおり、ニートの人にはそれぞれ苦手なことがあり、それが不安の原因となっているようです。この項では、ニートの人におすすめの仕事を、不安の種類別に解説します。

人間関係が不安な人

人間関係が不安な人は、1人で黙々と作業をする仕事が向いているでしょう。仕事である以上、人と全く関わらないのは難しいですが、人との関わりが少ない仕事はあります。

データ入力

データ入力は顧客データや売上データなどをシステムに入力する仕事です。正確性とスピードが必要な仕事なため、作業中に人と話す機会は少ないでしょう。資格や経験がなくても就職しやすいのでニートの人にはおすすめ。エクセルやパワーポイントなどのスキルを身につければ、転職でも有利になるでしょう。

倉庫の検品や梱包作業

倉庫の検品や梱包作業は1人で黙々と行う仕事です。1人ひとりの役割分担が決まっている倉庫なら、人と関わることはほとんどありません。ドライバー同様、インターネット通販が増えた影響で求人は多いといわれているため、人間関係が苦手なニートの人も就職しやすいでしょう。アルバイトから始めて正社員になる人も多いようです。

仕事を覚えるのが不安な人

複雑な仕事や工程の多い仕事を覚えるのが不安な人は、マニュアル化された仕事やルーティーンワークがおすすめ。真面目で集中力がある人なら、即戦力になれる可能性があります。

工場の作業員

工場のライン作業は仕事がマニュアル化されていることが多いため、覚えやすいのが特徴。未経験でも即戦力になれる可能性があるので、就職もしやすいようです。
工場に就職するなら、大手自動車メーカーの工場がおすすめ。給与水準が高く、社員食堂完備など待遇も良いといわれています。繁忙期になると有期契約労働者として期間工を大量募集することがあり、30代のニートの人でも就職しやすいでしょう。実績を積んで正社員になる人も少なくありません。大手企業の正社員を目指したいニートの人にはおすすめです。

ルート営業

ルート営業は決まった顧客を担当するため、覚えやすい仕事です。新規営業とは違い、既存顧客を担当します。長年付き合いがある顧客なら、対応マニュアルがあることも多いようです。
営業の仕事は求人数が多く、ポテンシャルで採用されやすいといわれています。面接でしっかりとした受け答えができれば、ニートの人でも正社員になれる可能性があるでしょう。

出勤時間・労働時間が不安な人

規則正しい働き方に不安があるニートの人は、出勤時間・労働時間が自由な仕事を選ぶと良いでしょう。シフトで働く仕事やフリーランスになりやすい仕事がおすすめです。

デリバリースタッフ

フードデリバリーの仕事は短時間勤務も可能なことが多いため、労働時間が比較的自由な仕事です。お店に直接雇用される働き方や、デリバリーポータルサイトの運営会社に雇用される働き方があります。正社員での募集は少ないようですが、アルバイトでも時給は高めです。配達がない待機時間は自由にしていて良いという職場も。歩合制の仕事もあるので、頑張り次第で収入アップも目指せるでしょう。

webライター

webライターはwebサイトに掲載する記事を書く仕事です。資格がなくても始められるため、フリーランスになりやすいといわれています。未経験では記事単価は低めですが、実績を積んでSEOの知識や文章力を身につければ、数ヶ月で単価アップが可能なことも。納期さえ守れば、働く時間は自由なので、出勤時間や労働時間が不安なニートの人には良いでしょう。

タクシードライバー

タクシードライバーは自由な時間が多い仕事といわれています。勤務形態は3種類あり、隔日勤という勤務形態であれば、1日に2日分をまとめて働くことが可能。その場合、1ヶ月の勤務日数は最大でも13日です。夜勤のみの勤務を選べる場合もあるので、労働時間に不安があるニートの人は自分に合った勤務形態を選ぶと良いでしょう。

体力が不安な人

体力に不安があるニートの人には、デスクワークがおすすめです。ニート生活では外出の機会が少なく、体力が落ちていることもあるでしょう。いきなり体力勝負の仕事をするとケガをしたり、体調不良で休みがちになってしまったりする可能性もあります。仕事を長く続けるためにも、無理をしないのが重要です。

事務職

経理や営業サポートなどの事務職はデスクワークが中心の仕事です。経費精算や給与データの処理をしたり、見積書を作成したりと、多くの仕事がパソコン作業になります。外出もほとんどないため、体力に不安があるニートの人に向いているでしょう。
どのような業種でも事務の仕事はあるため、正社員での募集も多いようです。経験を積めば転職もしやすい職種といえます。

コールセンター

コールセンターはお客さまからの電話応対が仕事なので、ほとんどの時間を座って過ごします。1時間に1度の小休憩を入れる職場が多く、少し身体を動かすのを勧めているくらいです。研修制度が手厚い企業も多いので、未経験でも挑戦しやすいでしょう。服装・髪型や勤務時間が自由なのもメリット。ビジネスマナーが身につくので、転職にも役立ちます。

ニートの人が面接の不安を解消するためのポイント

「ニートの人が抱えている就職への不安」で紹介したように、面接でニートについて聞かれるのを不安に思う人は多いようです。この項では、ニートの人が面接を通過するためのポイントを解説します。

空白期間について正直に話す

前述のとおり、仕事をしていない空白期間について聞かれた場合は正直に話すのが重要です。多種多様な人を見てきた面接官には、嘘やごまかしは見抜かれる可能性が高いといわれています。
面接では、空白期間をポジティブに話すのがポイント。たとえば、「やりたい仕事を見つけるため、単発のアルバイトをいくつか経験しました」など、ニートになった理由と具体的な行動を説明しましょう。このように説明すれば、「空白期間に何もしていなかったわけではない」「ニート生活から得たものがあった」というアピールができます。

真面目に働く意欲をアピールする

ニートになったことを反省し、これからは真面目に働きたいとアピールするのも大事なポイントです。「働く意欲がないからニートになったのでは」と不安に思う面接官もいるでしょう。採用してもすぐに辞められては困るので、熱意や意欲を確認したいのです。
働く意欲をアピールするには、明確な志望動機が必要。企業研究をして「なぜこの会社で働きたいのか」という動機に説得力を持たせましょう。ニート生活中に得た情報や特技の中で、仕事に活かせそうなものがあればアピールするのも良い方法です。

コミュニケーション能力があることを示す

面接ではハキハキと回答し、コミュニケーション能力があることをアピールしましょう。ニートの人に対して、ほかの社員とうまくやっていけるのかと不安に思う面接官もいるようです。良好な人間関係が築けないと早期就職につながりやすいため、コミュニケーション能力を重要視する企業は多いでしょう。
面接ではなるべく笑顔で受け答えをし、大きな声で話すように心掛けるとコミュニケーション能力に問題がないことをアピールできます。

ニートの不安から抜け出すために

ニートの人は就活や将来の生活など、さまざまな不安を抱えていると解説してきました。不安を解消するには、現状を変えるために早く行動を起こすこと。1人で就活するのが不安なニートの人は、第三者に相談するのも良い方法です。

なるべく早く行動を起こす

空白期間は短いほうが就活には有利です。年齢が若いほうが柔軟な対応ができますし、希望の仕事がすぐに見つかるとは限らないため、少しでも早く開始するのがポイントです。
ニート生活が長かった人は、いきなり就活を始めるのが難しいこともあるでしょう。「規則正しい生活をする」「人と会話する機会を増やす」など、社会人としての基本から始めてもOKです。

考え過ぎない

「不採用が続いたらどうしよう」「面接で怒られるのではないか」など、考え過ぎて行動できなくなってしまうニートの人もいるようです。自己分析や面接対策をするのは重要ですが、考え過ぎて不安ばかりが募るのは良くありません。応募前から不採用になるのを不安がったり、就職前から続けられないかもしれないと悩んだりするのはやめましょう。
就活では誰しも失敗を経験するもの。「失敗しても次がある」くらいの気持ちで前向きに取り組みましょう。

一人で悩まない

ニートの人が就職に不安を感じるときは、エージェントに相談するのも良い方法です。一人で悩むと不安が増幅してしまうことがあるので、プロに相談してみましょう。エージェントは就活のマナーやノウハウを教えてくれるほか、個別のカウンセリングがあるのもメリット。話を聞いたうえで、一人ひとりに合った求人を紹介してくれます。
人との会話を増やす機会にもなるので、まずは相談してみるのがおすすめです。

一人で就活するのが不安なニートの人は、ハタラクティブに相談してみませんか?ハタラクティブは20代の若者に向けた就職エージェント。就業経験がないニートの方の就職もお手伝いしています。これまでに11万人以上のカウンセリングを行ってきた実績がありますので、あなたのお悩みをぜひお聞かせください。就職後のお悩みも無料で相談可能なので、無職期間が長いニートの人も安心して就職しやすいでしょう。カウンセリングは面接ではないので、お気軽にご登録ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ