本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 28歳ニートでも就職できる?職歴なしでも大丈夫?就活のポイントをご紹介

28歳ニートでも就職できる?職歴なしでも大丈夫?就活のポイントをご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・28歳ニートでも、若さやポテンシャルをアピールすることで正社員としての就職が可能
    ・30代になると就職できる可能性が低くなるため、28歳のうちに就活を始めると良い
    ・正社員のメリットは、福利厚生が利用できて安定した雇用や収入が見込めること
    ・未経験や無資格可の求人が豊富な介護業界や飲食業界、小売業界などがニートにおすすめ
    ・面接では28歳でニートをしている理由をきちんと答えられるようにしてお

 

28歳ニートでも就職できる?職歴なしでも大丈夫?就活のポイントをご紹介の画像

 

ニートを続けて、気がつけば28歳。「これから正社員として就職はできるのだろうか」と心配している方は多いのではないでしょうか。28歳ニートの方が内定を獲得するためには、意欲やポテンシャルを企業にアピールするとともに、ニートをしている理由をきちんと説明することが大切。このコラムでニートを続けるリスクを理解し、仕事選びのコツや挑戦しやすい業界を知って、ニートからの脱却を目指しましょう。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

 

28歳ニートから脱出は可能

結論から述べると、28歳でニートでも、正社員を目指して就職活動をするのに遅すぎるということはありません。ニート歴が長くなると、自分はこのままずっとニートなのだろうかと、将来について漠然とした不安を抱くこともあるでしょう。就職は年齢が高くなればなるほど厳しいといわれているため、30歳を間近に控えた28歳の今こそ、就職のチャンスといえます。
 

ポテンシャル採用が期待できる年齢

28歳という年齢は、新しい職場や仕事に比較的スムーズに馴染めるという点で、柔軟性がありポテンシャルもあると期待される年齢です。20代のうちに入社できれば、30歳で入社するよりも実践を重ねられる分、経験が積めます。まだまだ成長の余地があると判断される可能性が大きいので、意欲をしっかりアピールできれば評価されやすいでしょう。
 

高卒・職歴なしでもOK?

高卒や職歴なしというニートの方も少なくないでしょう。たしかに、大卒やアルバイト経験がある方に比べれば応募できる企業の選択肢は狭まりますが、学歴や経験を問わず働ける職場が見つかれば十分に可能性はあります。

人材不足で採用の間口は広がっている

近年の少子高齢化の進行により、介護サービスや保安、運送といったさまざまな分野で人手不足が深刻化しています。そのため、熱意があればアルバイト経験のない高卒の方でも積極的に採用しようと考えている企業が増加。たとえば、介護業界では無資格の方向けの教育研修制度を整え、若手人材に特化した採用に力を入れている事業所もあります。労働需要が高まっている今なら、無資格・未経験の方も就職しやすいと考えられるでしょう。

 

28歳でニートを続けることのリスク

自信がないからといって就活に向けて何も行動を起こさないでいると、当然ながら就職のチャンスは遠のきます。では、このままずっとニートのままでいると、いったいどのような影響があるのでしょうか。ここでは、ニートを続けた場合に想定されるリスクについてご紹介します。
 

経済面が不安

まず、収入がないことで経済的に厳しい状況に陥ります。貯金を切り崩しての生活や、親に養ってもらう生活も長くは続けられません。食費や日用品費など、生活をしているだけで出費がかさむため、経済的な心配があるという点は大きなリスクになり得ます。
 

年齢を重ねるほど就職が難しくなる

一般的に、年齢を重ねるにしたがって就職が難しくなるといわれています。30代になると経験を重視され始めるため、就職のしづらさが顕著に現れてくるようです。応募しても、書類選考の段階でたびたび落とされてしまうことも。年齢が上がると応募できる求人数が減ってしまうため、1歳でも若いうちに行動するのが得策です。
 

規則正しい生活が送れない

心身ともに健康的に過ごすためには、規則正しい生活が大前提。しかし、ニートの状態だと生活リズムを保つのが困難になる恐れがあります。中には昼夜逆転した不健康な生活を送っている方も。規則く正しく生活することで、就労に欠かせない基礎体力が身につきます。就職活動に備えて、まずは早寝・早起きを心がけてみましょう。
 

周りとコミュニケーションをとる機会が減る

ニートで家に引きこもりがちになってくると、どうしても周囲の人とコミュニケーションをとる機会が減ってしまいます。

男女ともに婚期を逃す可能性も

外出の機会がないと、同世代の友人はもちろんのこと、異性と出会うチャンスも逃してしまうことに。せっかく出会えても、ニートが原因で気まずくなることもないとは言い切れません。外に働きに出て環境を帰ることで新しい出会いが生まれ、視野も広がるはずです。
 

正社員になるメリット

まずはフリーターでの就職を考えているニートの方も多いようですが、正社員として就職できればさまざまな恩恵が受けられます。ここでは、正社員になるとどのようなメリットがあるか、具体的に見ていきます。
 

やりがいのある仕事に携われる

働くうえで仕事内容やキャリアを大事にしたいという方は、裁量権の大きな仕事を任せてもらえる正社員で働いた方が充実感が得られるはず。自身のスキルアップが図れるのはもちろん、専門性の高い仕事に携われるチャンスも増えます。自分の成長を実感し、モチベーションを保ちながら働けるでしょう。
 

雇用が安定する

正社員は無期雇用契約になり、安定した雇用のもとで定年まで働き続けられるのが大きな利点です。非正規社員と異なり雇用期間の定めがないため、雇用の継続という点に加え収入面においても安心感が得られます。
 

福利厚生を利用できる

正社員として雇用されると、さまざまな福利厚生が利用できるようになります。福利厚生とは、従業員に対して給与・賞与以外に提供される待遇のこと。社会保険料をはじめとする法定福利厚生と、それ以外の法定外福利厚生に分類されます。法定外福利厚生は、会社独自の社員寮や保養施設、健康診断補助や財形貯蓄といったように、企業によって待遇が異なります。福利厚生の充実は、従業員の満足度や働きやすさに直結する大切な要素です。
 

社会的信用度が高くなる

社会的信用度が上がることも、正社員であることのメリット。お付き合いをする際や、クレジット審査・ローン審査の際にも有利に働きます。普段はあまり意識することはなくても、結婚を申し込んだり大きな買い物をしたりするときに、社会的な信用が得られていることを実感するでしょう。
 

仕事はどうやって選べば良い?

仕事選びにおいては、まずは自分自身と向き合うことが大切。自分に適した仕事に就くことで、やりがいを感じながら長く働き続けられます。仕事選びのプロセスは以下のとおりです。
 

自己分析をする

自分自身をしっかりと分析することで、興味のある分野や自分に向いている仕事が明確になります。以下に挙げる要素をもとに、自分の適正について掘り下げてみましょう。

 

・自分の性格
・興味のあること
・得意なこと
・好きなこと
・学生時代に頑張ったこと

 

たとえば、人と話すのが好きな人は営業職や販売職、料理が得意な方は飲食店勤務を考えてみると良いでしょう。自己分析を行うことで自分が持つ可能性に気づきやすくなり、思わぬ職種への適正も見出せます。
 

やりたい仕事に目を向ける

ストレスを溜めず、楽しみながら仕事を続けるためには、自分の興味のある分野や、やってみたいと思う仕事を探してみるのも大切です。せっかく就職できたものの、早期離職になってしまったという事態は避けたいもの。天職と思えるような仕事に出会えると、イキイキと長く働き続けられるでしょう。
 

企業研究をする

仕事選びにおいては、業界・企業研究も欠かせません。ミスマッチを避けるためにも、企業研究を重ねて応募先の企業が掲げている理念や社風を理解し、自分にマッチする企業を見極めましょう。企業のホームページには、社員の声が掲載されている場合も。企業がどのような人材を求めているのかを把握しておきましょう。

 

28歳ニートにおすすめの就職先

「ニートでも正社員として就職できる職種はあるのだろうか」とお悩みの方に、ニートでも挑戦しやすい業界をいくつかご紹介。未経験からスタート可能な業界やポイントを解説していますので、仕事探しの参考にしてください。
 

飲食業界

飲食業界は、シフトが不規則で離職率が高めであることから慢性的な人手不足に陥っており、スタッフ採用に力を注いでいます。また、飲食店には、ホールスタッフとキッチンスタッフの2つの職種があり、いずれも未経験からスタートできる場合が多くあります。正社員の場合、さらにマネージャーとして店舗運営に携われるチャンスも。体力はもちろん、お客さまとの接客でコミュニケーションスキルが求められるので、人と接するのが好きな方にぴったりです。
 

介護業界

無資格・無経験者の受け入れを積極的に行っている介護業界は、ニートがチャンレジしやすい業界の一つです。高齢化の進行で今後ますます介護需要の拡大が予想されており、人材を求めている介護施設は数多くあります。資格取得支援制度を導入している事業所に就職できれば、入職後に介護職員初任者研修の資格を取得してキャリアアップを目指すことも可能です。
 

小売業界

スーパーや家電量販店、ドラッグストアといった小売業界も、学歴や職歴が問われないことが多いため、ニートの就職先としておすすめ。レジ打ちや品出しをしたり、お客様へ商品の説明をしたりと、仕事内容は多岐にわたります。土日祝日に出勤できる人材は特に重宝される傾向にあり、元ニートから就職した人も多く活躍しています。
 

IT業界

専門性が求められるIT業界。仕事内容は、ネットワークの保守構築やソフトウェア開発、Webサイトのコンテンツ制作などさまざまです。エンジニアは絶対数が少ないため、ニートにも就職のチャンスがあります。独学でプログラミングを行った経験があるような人は、即戦力として活躍できることも。実力主義のため待遇面が充実している求人を見つけやすい点もうれしいポイントです。
 

運送業界

慢性的なドライバー不足が課題となっている運送業界も、ニートが採用されやすい業界といわれています。物や人を目的地まで運ぶ運搬業は、生活するうえで欠かせない重要な仕事。ここ数年のネットショッピングの利用増加により、物流・運送業界の需要は急増しています。体力が重視されやすい仕事のため、年齢は若いほど有利といえるでしょう。
 

建設業界

復興支援やインフラ設備などで絶え間なく需要がある建設業界。採用が活発化している代表的な業界のため、求人数が多いのがポイントです。家やビルといった工事現場での建築の仕事から道路やトンネル整備まで、幅広い仕事に携われるでしょう。黙々と作業に打ち込むことが好きな方に向いています。
 

ニートが押さえておきたい4つの就活ポイント

ニートの就活でポイントになるのは「求人の探し方」「空白期間の説明」「働く意欲の伝え方」「面接の受け答え」の4つ。以下に詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。
 

1.幅広い職種・業界から求人を探す

求人を探す際は、1つだけに絞らず幅広い職種や業界に視野を広げて仕事を探してみましょう。興味・関心のある業界や挑戦したい職種の求人に加えて、未経験歓迎の業界や職種の求人に目を向けると、選択肢が広がり就職できる可能性が高まります。
 

2.空白期間について答えられるようにしておく

面接では、「なぜニートをしているのか」「ニートの期間中は何をしていたのか」など、空白期間について聞かれることがたびたびあります。働く意欲はあるのか、長く安定して仕事を続けてくれそうかどうかを確認したいというのが企業側の意図です。回答する際は、資格取得のための勉学に励んでいたなどポジティブな理由はどんどんアピールしましょう。特に理由がない場合は、正直にその旨を伝えるのも一つの手です。
 

3.意欲や若さをアピールして働く意欲があると伝える

年齢が20代と若く、働く意欲がある人材の採用に力を入れている企業は多くあります。30代で就職するより今後の成長の可能性を評価してもらえるため、若さと仕事に対する熱意を前向きにアピールし、長く仕事を続けていきたいと主張することが大切です。
 

4.面接対策をしっかり行う

事前に面接対策を行うことで本番で落ち着いてアピールでき、面接官に好印象を持ってもらうことができます。求職者の年齢が若ければ、スキルや経験以上に人柄や礼儀・マナーが重視される傾向は強まるもの。そのほか、仕事に対する意欲や価値観なども、自社で活躍してくれそうか、社風にマッチする人材かどうかかという判断材料になるため、ポテンシャルが伝わるような受け答えを心がけましょう。
 

念入りに準備して就職活動に臨もう

ニートの方が正社員として就職するためには、どのように行動すれば良いでしょうか。何から始めたら良いか分からないとお悩みの方でも、以下にご紹介するサポートが受けられるのでご安心ください。十分に準備して就活を成功させ、ニートから脱却しましょう。
 

ハローワークに通う

ハローワークに通って求人を探してみましょう。厚生労働省の管轄であるハローワークは、ニートだけでなくフリーターや離職中の人など、さまざまな人が利用しています。パソコンから求人検索を行い、気になる企業があれば職員に依頼。求人紹介だけでなく、就職相談も利用してみましょう。職業訓練サポートを受けて就職に必要な技術や知識を身につけられるほか、地元企業の求人が多く集まっているのがメリットです。

就職エージェントを利用する

ニートの期間が長い方や就職経験のない方にとっては、自分ひとりで就職活動をするとなると不安が大きいもの。そのようなときは、就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは、ニートを含めた就職を希望する人向けに、求人紹介や就活のノウハウを提供しています。アドバイザーが一人ひとりに合わせた求人紹介や面接対策、応募先の企業とのやり取りなどきめ細やかにサポート。就職活動を成功させたいという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?