脱ニートとはどんな意味?生活を変えて仕事を見つける方法とコツ

脱ニートとはどんな意味?生活を変えて仕事を見つける方法とコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・脱ニートできないのは、働くことや人と関わることへの自信のなさが影響している
  • ・脱ニートのメリットは「安定した収入を得られる」「将来に対して不安が減る」など
  • ・脱ニートするポイントは、早めに就活を始めて就職しやすい職業を知ること
  • ・脱ニートして正社員になるには、第三者のアドバイスを受けると良い

「脱ニートして安定した生活を送りたい」と感じる方は多いでしょう。しかし、就活の方法や向いている仕事が分からず、行動にうつせないことも。就職するには、脱ニートできない理由や就活のコツを理解することが重要です。このコラムでお伝えしているので、参考にしてみてください。
自身に合った就活のやり方を理解し、前向きに行動しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

脱ニートできない理由とは

就職できない理由は人それぞれですが、「社会に出る自信がない」「人と関わるのが苦手」といった理由が多いようです。そもそも「脱ニート」とは、社会経験のない人が初めて働くことを指します。
「就職したいけどできない…」という方は、今まで定職に就いてこなかった具体的な理由を知ることが重要です。脱ニートできない原因を認識し、そのうえで対処法を考えると効率良く就活をスタートできるでしょう。

働けるか自信がない

ニート期間が長いと、働くことに対して不安を感じてしまうでしょう。「業務を覚えられるのか」「どんな職場が合うのか」など、疑問は多いはず。脱ニートして社会に出ることに自信が持てないと、仕事を探す意欲が持ちにくいでしょう。

コミュニケーションをとるのが苦手

自宅で過ごす時間が長いと、人と交流する機会が少なく、コミュニケーション能力は低下しがちに。人前に出ることや初対面の人と会話することに慣れておらず、脱ニートして働くことが億劫に感じたり、人と関わることに不安を感じたりするでしょう。

逃げ癖がついてしまった

長期間ニート生活を続けている場合、自分の都合の良いように考えてしまい、逃げ癖がついていることも。就活をしたことがあっても、「面接が上手くいかず、結果不採用だった」「選考スケジュールがハードで疲れてしまった」といった経験がある場合、就活に対してネガティブな感情を抱いてしまい脱ニートが難しくなる恐れもあります。「面倒なことは避けよう」という思考の癖がつきやすいでしょう。

自分の好きなように生活したい

社会人のように時間や規則にとらわれず、趣味や好きなことを追求したい方もいるでしょう。また、実家住まいの方は働かなくても生活できていることが多く、あえて仕事をする必要性が感じにくいようです。「脱ニートして、どうしても仕事を見つけなければ」という意欲が起きにくいでしょう。

ニートになりやすい原因については、「ニートを脱出したい!きっかけや原因には何がある?」にも記載があるので参考にしてみてください。

脱ニートする3つのメリット

働かない生活から脱ニートすることで金銭的な余裕ができ、社会との繋がりを持てるため視野も広がるでしょう。働くことのメリットを理解することで、モチベーション高く就活をスタートできます。

1.脱ニートして働けば収入を得られる

毎月収入を得られるため、安定した生活を望めるでしょう。叶えたい生活水準がある場合、希望に一歩近づけます。自分の好きなことにお金を費やせるので、プライベートも楽しく過ごせるでしょう。脱ニートして収入面で余裕があると、心身ともに充実できます。

2.脱ニートすると将来の不安が減る

脱ニートして定職に就けば、将来に対する不安が減っていくでしょう。仕事をしていないと明確なライフプランを想像しにくく、不安に感じやすいもの。ニート生活が長引くと、「安定した生活を送っていけるのか」「両親に心配をかけているのでは」といったマイナスな感情を抱いてしまいます。仕事を始めれば、将来に関して安心できるでしょう。

3.脱ニートをすると人との関わりが増える

脱ニートして社会に出れば、人と触れ合う機会が多く人間関係の幅が広がります。仕事をするうえでは上司や同僚、社外の人などさまざまな人と関わるため、コミュニケーションスキルも磨けるでしょう。
良好な人間関係を築くことで仕事も円滑に進みやすく、自信にも繋がります。

脱ニートするためにはどうする?

就職して「脱ニート」を叶えるには、可能な限り早く行動することが大切です。普段の生活で関心のある分野を考えると、やりたい仕事が探しやすいでしょう。

脱ニートしたいと思ったら早めに行動する

一般的な就活市場は若い方が有利のため、早めの行動が重要です。脱ニートは未経験でも応募できる求人が適していますが、そのような企業はポテンシャルのある若年層を求める傾向にあります。
年齢が上がるにつれて即戦力としてのスキルや知識が必要になってくることも。就職先の選択肢を狭まる恐れがあり、思い立ったら就活を始めることが大切です。
脱ニートを目指していても「すぐに就活をスタートするのはハードルが高い」という方は、生活習慣の改善から始めましょう。

興味のある分野から仕事を探す

社会経験がないと、どのような仕事が合っているのか気づきにくいもの。脱ニートするには、趣味や得意なことなど、興味のある分野から仕事を探してみるのもおすすめです。パソコンが得意な方はIT関連、運転が好きな方はドライバーといったように、職業に繋がるものを探してみましょう。

アピールできることがない場合は仕事への意欲を伝える

社会経験がない方は就活でアピールできるスキルや実績を持っていないため、仕事に対する前向きな姿勢を伝えることが脱ニートを叶えるには重要です。未経験の場合、企業側は応募者の人柄や将来性を重視するもの。仕事に対する熱意をアピールすることで、評価されやすいでしょう。

脱ニートのポイントは、「ニートを脱出するきっかけには何がある?」にも記載があるのでご一読ください。

脱ニートにおすすめの仕事

働いた経験がない方は、脱ニートに適した職業を知ることが大切です。以下で挙げているのでチェックしましょう。

製造関連

製造業務は決まられた工程内で仕事をすることが多く、社会経験がない方も業務に慣れやすいでしょう。
また、営業や企画職といった職種と比べると人と話す機会は少なめのため、「脱ニートしたいけどコミュニケーションスキルに自信がない」という方にもおすすめです。

検査(精査)

製品と向き合う時間が長いので、人との関わりに自信がない方が脱ニートするのに適した職種でしょう。黙々と作業することが多く、集中力が必要な趣味を持つ方にもおすすめです。

介護職

高齢化社会で需要が高まっている反面、人員不足であることから未経験でも活躍しやすい職種。脱ニートに適した仕事といえるでしょう。社会経験はなくても、「体を動かすのが好き」「人の役に立ちたい」という方に向いています。
また、働きながら介護に関わる資格を取得できるケースもあるため、手に職をつけて働きたい方におすすめです。

ドライバー

運転免許証を持っていれば比較的始めやすい仕事といえます。需要は比較的高く、求人数が多いので脱ニートに適した就職先です。給与面を高めに設定している企業もあるため、「早く生活を安定させたい」「家族に心配をかけたくない」という方にもぴったりでしょう。
ドライバーの業務は運転がメインなので、人と話すことが多少苦手な方もスタートしやすい環境といえます。

警備

警備の仕事は、シフト制であったり、夜勤のみであったりと自身の最適な時間帯で働きやすい職種なので、「脱ニートしたいけど一定の労働時間に縛られたくない」という方におすすめです。
体力に自信がある方や夜間帯に働きたい方にも適しているでしょう。

プログラマー

未経験であっても、「パソコンの知識がある」「趣味で実装経験がある」という方は、脱ニートするに適した仕事です。普段から触れているのであれば、求められる人材の一人となり得ます。進化し続けるIT業界では、プログラマー以外にもITコンサルタントやWebデザイナーなど多様な求人がある状態です。IT関連は、好きを活かせる仕事の一つといえます。

事務

事務職は基本的にデスクワークであり、労働経験がなく体力に自信がない人でもスタートしやすい仕事といえます。企業によっては、電話対応やデータ入力がメインの場合もあり、仕事が覚えやすい職場もあるでしょう。未経験でも可能な企業も多く、脱ニートして働きながらスキルを身につけられます。

飲食

求人数が多いことから、未経験であっても採用されやすい傾向。脱ニートにはおすすめです。料理が得意な方は、即戦力として活躍できるでしょう。
ホールは接客がメインな部分になりますが、慣れるのに時間はかかりません。チェーン店はマニュアルを作成されていることが多く、社会経験がなくても比較的シンプルに取り組めます。

脱ニートにおすすめの仕事は、「仕事をしたくない…それでもニート生活から脱出する方法」でも触れているのでチェックしてみてください。

脱ニートしたい人の就職活動について

脱ニートを成功させるには、自分が望む「働く姿」に合った就活方法を理解することです。アルバイトとして働きたいのか、正社員になりたいのかによってポイントが異なりますので以下を参考にしましょう。

脱ニートしてアルバイトで働きたい場合

アルバイトは、社会生活を始める第一歩となるでしょう。ニート期間が長い方は、アルバイトを経験することで社会生活に慣れるといったメリットも。正社員採用のような筆記試験や二次面接といった選考がほぼないので、脱ニートの第一歩としてアルバイトは効果的です。好きなことや趣味に関連した職場であれば、面接で自己PRしやすいでしょう。くわえて、労働意欲を伝えることがポイントです。

脱ニートして正社員で働きたい場合

脱ニートして正社員を目指す場合、念入りな就活準備が必要になります。まずは社会生活を知るために、社会人の知り合いにアドバイスをもらうと効果的です。また、仕事探しを上手く進めるには就活エージェントを活用するのも一つの方法。企業選びや面接対策、応募書類の添削を受けられるサービスもあるので、「脱ニートをして働きたいけど就活方法がわからない」「効率良く就職を決めたい」という方は利用してみましょう。

脱ニートを目指すには、一人で就活するよりも第三者の手を借りる方がスムーズでしょう。
ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが一人ひとりのお悩みをヒアリング。企業選びから内定までをサポートします。「就活が初めてで不安」「どのような仕事が合うのか分からない」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

脱ニートに関するお悩みQ&A

脱ニートしたいけれど、不安が多くて悩んでいる人に向けて、Q&A形式でお悩みを解消していきます。

面接でニートについてどう話したら良いですか?

ニートであることを正直に話しましょう。嘘やごまかしは、かえって印象を悪くします。ニートになった理由を説明し、今後は真面目に働きたいと意欲をアピールすることが重要です。 たとえば、「やりたい仕事が見つからなかったため、単発のアルバイトをしながら自分に合う仕事を探していた」などがニートの理由として考えられます。「ニート期間を聞かれたら?面接で気をつけたいポイント」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

仕事が続けられるか不安です

まずはアルバイトから始めて、業務内容や人間関係が合っていると分かってから正社員を目指すという方法もあります。また、紹介予定派遣として就業し、一定時間を派遣社員として働いてから、双方合意のうえで正社員になるのも良い方法。いきなり正社員になるよりもミスマッチを防げるため、続けられる可能性が高いでしょう。仕事を始めるポイントについては、「ニートから脱出できない…仕事を始めるポイント」にまとめています。

正社員を目指すのに年齢は関係ありますか?

正社員になるには、若いほうが有利というのは事実です。しかし、30代で正社員に採用される人もいるので、年齢で諦める必要はないでしょう。年齢が高いと就職が難しくなるのは、経験豊富な中途採用者と比較されるのが理由の一つ。未経験でも積極的に採用している業種を選ぶのがおすすめです。

何から始めたら良いですか?

一日も早く脱ニートをしたいなら、就職エージェントに相談するのがおすすめです。専門のエージェントがマンツーマンで就活をサポートしてくれるので、履歴書や自己PRの書き方もアドバイスを受けながら進められます。「ニート脱却を目指して就職エージェントを利用しよう!」に詳しい解説があるので、ご覧ください。 ハタラクティブは未経験の若者に特化した就職エージェントです。経験よりも人柄を重視した企業の求人を多数紹介しています。また、ご紹介する企業の良い面も悪い面もお伝えしていますので、安心して応募できるでしょう。サービスは無料ですので、まずはご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION