20歳で就職する3つのメリットとは?ニートや高卒者の就活ポイントも!

20歳で就職する3つのメリットとは?ニートや高卒者の就活ポイントも!の画像

【このページのまとめ】

  • ・20歳で就職しない人は「やりたい仕事が分からない」と悩んでいることが多い
  • ・20歳で就職の機会を逃すと徐々に就労先の選択肢が狭まる
  • ・20歳で就職するメリットはアルバイトと比べ生涯賃金が多い
  • ・20歳で就職活動するときはマナーを身に付けるのも大切

 

 

20歳で就職を目指す人の中には、ニートや高卒の方もいるでしょう。20歳で就職するとどのようなメリットがあるか詳しく解説します。また、フリーターでも就職できるか、できないと将来どうなるか、不安に思う方もいるでしょう。このコラムでは、20歳の未経験者が就職活動をするときのポイントについても詳しく解説します。

 

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

20歳で就職しない人が抱いている思いとは

20歳で就職しない人が抱いている思いを、以下にいくつかご紹介します。一つずつ見ていきましょう。
 

やりたい仕事がわからない

20歳で就職しない人の中には「やりたい仕事や、向いている仕事がわからない」と悩む方もいます。やりたい仕事が分からないため、自分が入社したい企業も決まらず、その結果就職しない道を選んでいる場合も。
あるいは、就職しないことに対し多少の不安があっても「まだ20歳。まだフリーターで良い」と、年齢を理由に楽観視するケースもあるでしょう。
 

就職することに対し意欲が湧かない

就職そのものに対し、意欲が湧かず魅力を感じないという意見もあります。特に、20歳の高卒者や大学中退者の場合、友人の多くは学生であることが多いでしょう。そのため、就職に対する焦りや必要性などを、感じる機会が少ないと考えられます。
また、「就職すると責任が重くなる」「仕事を休みづらい」などのネガティブな印象から、就職を遠ざける人もいるでしょう。
 

人と比べて劣等感を抱いてしまう

20歳で就職しないフリーターの中には、劣等感を抱いている人もいます。すでに就職している友人と比べ収入が低い、または肩書がないことに負い目を感じることも。
また、価値観が違ったり、見下されていると感じたりすると、就職している人を避けることもあるでしょう。
 

将来どうなるか不安

就職しないままだと将来どうなるか、漠然とした不安を抱いている人もいます。家族や友人などから、「何歳までフリーターを続けるの?」と聞かれることもあるでしょう。
あるいは、就職している20歳の人が任されている業務や、成果などを聞き「自分はこのままで大丈夫だろうか?」と不安になることもあります。

 

20歳で就職の機会を逃すとどうなる?

20歳で就職の機会を逃すと、正社員になるチャンスがなくなる訳ではありませんが、以下のことが懸念されます。一つずつ見てみましょう。
 

年齢に伴い就労先の選択肢が狭くなる

年齢を重ねるとともに、就労先の選択肢が狭くなるのも現実です。もちろん、30代40代の人が絶対に就職できないという訳ではありません。しかし、「30歳で就職の経験が1度もない」よりも、「20歳で未経験」の方が選択肢は多いといえます。
たとえ1つの職場で長年勤務しても、それが非正規雇用(アルバイト)であれば、業務経験者として認められない場合があるからです。中には、正規雇用(正社員)として働いた期間以外を、「無職」と判断する企業もあります。加えて一般的に、若い人の方が体力もあるため、年齢を重ねるごとに就職が難しくなることも覚えておきましょう。
 

周囲の声や目が厳しくなる

「まだ20歳だからフリーターで大丈夫」と考えていても、年齢を重ねるごとに周囲の声や目が徐々に厳しくなります。20代後半でニートやフリーターであれば、親や親戚などと顔を合わせる度に、早く就職するよう言われるでしょう。実家で家族と一緒に暮らしていたら、「就職しないなら出て行け」「いつまで親に甘えているんだ」と言われてしまう可能性も。

30歳になってから就職すると、同年代や年下が上司になることも考えられます。「30代になるまで就職しない人は、社会人として劣っている」と考える人も。そのような人たちの言葉を聞いて、将来が不安になったり、悔しい思いをしたりすることも考えられます。
20代前半であれば、まだ周囲の声や目が厳しくないので就活を先送りにしがちですが、選択肢の多い20歳だからこそ、就職を視野に入れることも大切です。
 

正社員と非正規社員では年金の受給金額が異なる

正社員と非正規社員(アルバイト)では、将来受給できる年金の金額が大きく異なります。年金の種類は、大きく分けて「国民年金」と「厚生年金」の2つです。しかし、一般的にアルバイトの場合は「厚生年金」に加入しないため、将来受給できるのは「国民年金」のみとなります。
日本年金機構の「令和2年4月分からの年金額等について」によると、国民年金として受け取れる金額は、2021年現在で月額約6万5,000円です。これは、支払い義務のある20歳から60歳までの40年間、滞りなく納めた場合の金額であるため、支払っていない期間があれば減額となります。就職しないままだと将来、1カ月間を6万5,000円以下で生活しなければならない可能性も。

 

一方で、一般的な企業へ就職した場合は厚生年金に加入するため、国民年金に加え厚生年金も受給できます。厚生年金で受け取れる金額は、収入による個人差があるものの、月額約22万円です。これは、平均的な収入額で40年間就労した場合を想定した金額となります。
国民年金のみか、厚生年金も受給できるかの差は一目瞭然です。
こうした将来のことを見据え、20歳のうちに就職を目指すのも選択肢の一つでしょう。

 

参考元
日本年金機構
令和2年4月分からの年金額等について

 

20歳で就職する3つのメリット

20歳で就職することで、3つのメリットがあります。一つずつ見ていきましょう。
 

1.毎月の給与額が安定する

20歳で就職することのメリットの一つとして、毎月の給与額が安定する点を挙げられます。アルバイトは、勤務時間数によって給与額が増減するため、毎月の給与額は安定しません。
一方で、就職し正社員として働くと、毎月もらえる基本給があるうえ、昇給や昇進のチャンスもあるでしょう。
また、就職すれば、就業年数や役職に応じ基本給が上がるだけでなく、ボーナスも支給されるのが一般的です。
 

2.仕事の選択肢が多い

前述したように、年齢に伴い仕事の選択肢は減ります。20代前半、特に20歳であれば就職未経験者であっても、積極的に採用したいと考える企業も多いでしょう。
若いうちに学校へ通い、知識を得るのも選択肢の一つです。しかし、20歳で入学すると卒業するころには、就職先の選択肢が減少している可能性もあります。
一方で、選択肢の多い20歳に就職を経験すると、数年後には仕事で得たスキルを活かし、さらにステップアップのために転職をする人もいるでしょう。
 

3.正社員の方が非正規社員よりも生涯賃金が多い

正社員の方が非正規社員(アルバイト)よりも、生涯賃金が多いといえます。20歳であれば、正社員とアルバイトの給与額に大きな差はありませんが、年齢を重ねるごとにその差は広がるのです。もちろん、就職せずフリーターを続け、時給が上がることもあるでしょう。
厚生労働省の「第1回雇用政策研究会議事次第 資料6(37p)」によると、30代の非正規社員は正社員の給与額の約70%、40代では約50%に留まるという結果が出ています。
年齢を重ねるごとにこの差が開き続けると予想されるため、若いうちに就職し正社員として働く方が、生涯賃金が多いのです。

 

参照元
厚生労働省
第1回雇用政策研究会議事次第 資料6

 

20歳で就職活動をする際のポイント

20歳で就職活動をする際のポイントを、以下にいくつかご紹介しますので参考にしてください。
 

社会人としてのマナーを身に付ける

20歳の人が就職活動をする際に大切なのは、社会人としてのマナーを身に付けることです。20歳で高卒者やニートの場合は、ビジネスマナーに不安がある人もいるでしょう。しかし、知らないままマナーに反する行動をすると、面接官にネガティブな印象を与えてしまいます。
面接に向かうときは、以下の項目をチェックしましょう。

 

・服装:スーツが一般的、シワを伸ばし襟を正す
・ネクタイ:曲がらないよう真っすぐ結ぶ
・ズボンやスカート:裾の長さが適切か確認する
・くつ:汚れを取る
・頭髪:清潔感のある形に整える
・その他:ヒゲを剃る、派手過ぎない化粧をする、カラーコンタクトを避ける

 

このような身だしなみ以外に、言葉遣いや履歴書の書き方にも、社会人として一定のマナーがあります。身に付けたうえで就職活動に臨みましょう。

 

結婚や出産などの時期を考える

20歳で就職活動をする際、女性だけでなく男性も結婚や出産、育児などの時期を考えておくのも大切です。応募先企業の産休や育休制度の有無、取得率などを調べ、家庭と両立できる職場かどうかを確認してみると良いでしょう。
女性は妊娠中や出産前後など、やむを得ず勤務時間を短縮する、もしくは働けなくなる期間があると想定できます。男性も女性に協力し、仕事と家庭のどちらも2人で支え合う心構えが大切です。
 

若年者向けの求人情報を見る

20歳で就職活動をする際は、若年者向けの求人情報を見ます。「学歴不問」「未経験者歓迎」と記載がある求人を「ポテンシャル採用」と呼ぶことも。ポテンシャル採用とは、今あるスキルよりも応募者の資質や未来の可能性を重視し、採用することを指します。
以下に、ポテンシャル採用を行っている業界をいくつか挙げるので見てみましょう。

 

・接客業
・販売業
・営業
・介護
・IT系
・工場作業

 

ポテンシャル採用を行う企業は、主に20代前半の若年者を求めていると考えられるため、20歳で就職活動をする人におすすめです。しかし中には、労働環境の悪さが原因ですぐに人が辞めてしまうことにより、頻繁に人材を募集している企業もあるので、応募を決める前に企業分析をしっかりと行いましょう。
 

面接を受けるときの3つのポイント

20歳でフリーターやニートの人が、面接を受けるときのポイントを以下にご紹介しますので、参考にしてください。

 

1.空白期間をポジティブに説明する
就職していない期間を一般的に「空白期間(ブランク)」といいます。面接のときは必ずと言って良いほど、空白期間について聞かれるため、説明できるよう準備が必要です。
たとえば、「なぜ就職しなかったのか?」「空白期間は何をしていたか?」「うちの会社で長く働けるのか?」などの質問が考えられます。面接官からこのような質問をされたときは、以下のことを意識して回答しましょう。回答例も続けて記載するので、ご参照ください。

 

・就職しなかった理由を正直に伝える
・就職しなかったことによる反省点を話す
・フリーターの期間に得たことを話す
・入社したら何をどのように努力するか伝える

 

(回答例)
自分のやりたい仕事がわからず、就職しませんでした。
「若いからまだ就職しなくても良いだろう」と軽く考えており、今は深く反省しています。
フリーターの期間は、〇年間レストランで働き、接客業の楽しさを知りました。
私は人と関わることが好きなので、入社後はアルバイトで得た経験を活かして、積極的に業務に取り組みたいと考えています。

 

このように、空白期間を正直に伝えたうえで、入社後の自分の姿を説明すると、ネガティブな印象をポジティブに変えられるでしょう。

 

2.熱意をアピールする
20歳で就職活動するときは、面接で仕事に対する熱意をアピールすることが大切です。熱意を伝えるためには、企業分析をする必要があります。
複数の企業へ応募する場合でも、1社ごとに詳しく調べましょう。また、応募先企業の商品やサービスなどを知ることで、具体的にどのように貢献できるか、熱意を伝えやすくなります。
たとえば、応募を決めたきっかけやその会社で働きたい理由、入社後の目標について、自身を持って熱意をアピールすることが大切です。

 

3.将来のキャリアプランを伝える
20歳で就職活動をするときは、面接の際に「今はまだ経験が浅いが、将来はこうなりたい」といったキャリアプランを、面接官へ伝えます。現在から5年後、10年後までのキャリアプランを立て、会社で何をしたいかを具体的に話すことが大切です。
以下に回答例をご紹介しますので、ご参照ください。

 

【販売職の場合】
将来は商品企画部で活躍したいと考えています。そのためにまずは店舗スタッフとして勤務し、お客様のニーズを直接知りたいと思います。その後、店長として店舗の運営に関る経験を積み、売上実績を上げられるよう努力します。
そしてそれらの経験を活かし、自分が企画した商品を多くのお客様へ提供できるよう、本社の商品企画部で勤務したいと考えています。

 

【技術職の場合】
将来はプロジェクトを指揮する立場で働きたいと考えています。入社後3年間は、1つでも多くの技術や知識を身に付けられるよう努力します。その後は、チームのマネジメントを行うリーダーを目指します。そして10年後までに、担当するプロジェクトで実績を出し、会社に貢献したいと考えています。

 

ご紹介したようにキャリアプランを伝えるときは、応募企業の業務内容に合う内容を、順序立てて話すことが大切です。そのためには、企業分析と自己分析を事前に行い、自分が会社とマッチしているかをよく考えることも重要。

企業分析や自己分析のやり方だけでなく、就職活動の進め方が分からず悩んでいる人もいるでしょう。20歳で就職活動を始めたいと思ったときは、1人で悩まず第三者に相談するのも選択肢の一つです。
若年層の就職・転職サポートに特化したハタラクティブでは、「やりたい仕事が分からない」「高卒・ニートだから自信がない」という方に無料でアドバイスを行っています。プロの就活アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを行い、あなたに合う求人をご提案。
履歴書の書き方や効果的な自己アピール方法、応募のときに必要なビジネスマナーなど、すべて無料でアドバイスを行っているので、ぜひお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION