新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒社会人の平均貯金額は?お金を貯める方法も紹介!

高卒社会人の平均貯金額は?お金を貯める方法も紹介!

公開日:

最終更新日:

高卒社会人の平均貯金額は?お金を貯める方法も紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・高卒で20代の人の実際の貯金額は5万円ほど
  • ・大卒者に比べて収入が少ない高卒者は、貯金するのは難しい
  • ・工夫次第で高卒者も貯金を増やすことができる
  • ・高卒ですぐに貯金をはじめる意味は、結婚や将来の夢を諦めないため

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

高卒で就職した人の貯金額を知りたい方に向けて、どうすればたくさんお金を貯められるのかを紹介します。統計データをもとに20代の年収別の貯金額などを案内しているので、目標金額の参考にしてください。
そのほか、10代で働き出してすぐにお金を貯めるべき理由もまとめています。このコラムを読んで、就職後の未来に向けて準備を進めましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

高卒20代の平均貯金額

金融広報中央委員会が発表した「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]」によると、20代の一人あたりの平均貯金額は約106万円でした。

また、20代の年収別の貯金額は以下のとおりです。

年収 平均値 中央値
300万円未満 54万円 1万円
300万円以上500万円未満 167万円 50万円
500万円以上750万円未満 498万円 145万円
750万円以上1000万円未満 1,280万円 1,280万円
1,000万円以上1,200万円未満 データなし データなし
1,200万円以上 1,024万円 500万円

引用:金融広報中央委員会「令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]
※年収750万円以上は回答者が少なく偏りがある

高卒後10代から働いた時点で貯金額が0円だったとすると、20代の最後である29歳までに106万円を貯金するには年間で約10万円、ひと月で1万円程度貯めればいいので、それほど難しいことではないと考える方も多いと思います。
ただし、あくまでも106万円というのは平均値であり、中央値だと20代の平均貯金額は5万円というかなり低い数字となっています。

中央値というのは、数字を小さいものから並べた中央にくる値のことで、平均値よりもリアルな値になります。平均値が高い理由は、調査対象の中に極端に貯金額が多い世帯が混ざっているからです。
したがって、20代の多くはほとんど貯金ができていないのが現実です。

高卒ですぐに働いてどのくらいの貯金ができるか知りたい方は、社会人2年目の貯蓄額が書かれているコラム「社会人2年目の貯金・年収の平均をチェック!仕事の悩みあるあるも掲載」をチェックしてみてください。

参照元
金融広報中央委員会
令和元年(2019年)家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯]

社会人一年目の高卒が貯金するのは難しい?

高卒の社会人一年目など、仕事を始めてまもない頃の月収は、大卒と比較して平均で3万円程度少ないため、すぐに貯金をするのは難しいのが現実です。
厚生労働省が調査した「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、下記の表のとおり、20~24歳の大学・大学院卒の平均月収が22万3,700円なのに対して、高卒は19万4,500円という結果になっています。

  全体平均 大企業 中企業 小企業
大学・大学院卒 223,700円 229,300円 220,200円 214,500円
高 卒 194,500円 206,300円 188,600円 190,100円

引用:厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査

上の表からも分かるとおりに、大企業に就職できれば高卒でも20万円以上の月給をもらうことが可能です。しかし、必ず社会保険料や税金などが差し引かれてしまうため、高卒初任給の手取りは大手企業に就職できたとしても17万円程度となってしまいます。
したがって、高卒の新卒社員が毎月多くの貯金をするのは現実的ではありません。

新卒2年目、3年目と月日が経てば収入も増えてはいきます。しかし、20代のうちは友人や同僚などとの付き合いのほかにも、結婚や出産、子育て、マイホーム購入などの大きなライフイベントが発生する可能性が高いことから、多額の貯金をするのが難しいでしょう。

20代のうちから貯金をして、30歳でどのくらいのお金が貯まるのかを知りたい方は「30歳の平均貯蓄ってどれくらい?自分と比較してみよう」をご覧ください。

参照元
厚生労働省
平成29年賃金構造基本統計調査

一人暮らしの高卒者は貯金できる?

総務省統計局が発表した「平成26年全国消費実態調査」によれば、単身世帯における消費支出の平均額は約9万円となっています。
その内訳は以下のとおりです。

・食費:39,279円
・交通、通信費:21,456円
・光熱、水道費:11,079円
・教養娯楽費:21,072円

手取りの月収が17万円だとすると、その他に8万円程度使うことができる計算になりますが、実家暮らしでなければ9万円に家賃をプラスする必要があります。
家賃は地域によっても差が出ますが、東京などの都会ではワンルームでも8万円以上の賃料がかかるのは珍しいことではありません。

たとえ家賃をそれ以下に抑えても、その他に交際費や服飾費、日用品代、医療費などさまざまな出費があるのが現実です。
ただし、月給以外にボーナスが出るケースも多く、高卒ですぐに貯金をする難易度は高いですが、少しずつならお金を貯めることは可能でしょう。

参照元
総務省統計局
平成26年全国消費実態調査

高卒で貯金額を増やすための5つのポイント

高卒ですぐに働いて貯蓄をすることは難しいですが、工夫次第で貯金額を増やしていくことは可能です。
以下に、貯金を増やす工夫やポイントを紹介します。

1.家賃を抑える

毎月かかる生活費の中でも、特に大きな出費となるのが家賃です。要望をすべて満たそうとすれば当然家賃は高くなってしまい、貯金することが難しくなるだけではなく、生活費の余裕もなくなります。
絶対に譲れない事項を明確にし、妥協ポイントをよく考え、部屋探しを行いましょう。

2.水道光熱費を節約する

一人暮らしだとしても、普段から意識的に電気、ガス、水道の使い過ぎに気をつけることにより、水道光熱費を減らすことが可能です。
外出するときには電気のコンセントを抜くだけでも節電効果があります。また、今よりも基本料金が安い電力会社やガス会社に切り替えるのもおすすめです。

3.収入と支出を見直す

毎月の給与とボーナスを含めた収入と毎月の支出を見直すことで、年間を通した貯金額を増やせるでしょう。
毎月の赤字分をボーナスでカバーする方も少なくないと思いますが、1ヶ月分の生活費を月収内で抑える工夫をすることにより、ボーナスを丸々貯金することが可能になります。貯金額を大幅にアップさせることができるでしょう。

また、1ヶ月トータルで使えるお金がいくらかを決めるのではなく、平日の5日間や1週間など、一定期間ごとに使用可能な上限額を設定することもおすすめです。無駄遣い防止につながります。
そのほか、財布に入れるお金を少なくすることも、効果的な節約法です。
 

4.クレジットカードの使用に慎重になる


ポイントが貯まるからという理由で、支払いにクレジットカードを利用している方もいるでしょう。ただし、便利なクレジットカードにはついつい余計なものを買ってしまうというデメリットもあります。

つい使いすぎてしまう方は、クレジットカードを使用しないことも選択肢に入れましょう。
水道光熱費などの固定費はクレジットカードを用いてポイントを貯めて、普段はカードを持ち歩かないのもおすすめの節約術です。

5.目標貯金額を決める

「年間で○○円を貯金する」など、明確な目標を設定することも貯金額の増加に役立ちます。アバウトな金額設定をするよりも、具体的な金額を決めた方がモチベーションが高まるでしょう。
給与が振り込まれる口座と貯金専用の口座を分けるのもおすすめの方法です。また、毎月一定の金額が貯金専用口座に自動的に振り込まれる設定をすることも良い方法でしょう。

給料が少なくてなかなか貯金ができない方は、手取りが少なくても貯金ができる節約術を紹介しているコラム「手取り16万でも大丈夫?貯金・年収を増やす方法と一人暮らしの家賃目安」も併せてチェックしてみてください。

高卒でフリーターとして働いている方は、収入自体をアップさせることも検討しましょう。「フリーターが貯金を増やすには?就職して正社員になろう」のコラムをぜひ参考にしてください。

高卒で貯金をはじめて将来を充実させよう

高卒で働いてすぐに貯金をはじめることは、将来を充実させることにつながります。「まだ10代だから急いでお金を貯める必要がない」とは考えず、貯金することを検討してみましょう。
高卒で社会人になると、あっという間に20歳の誕生日を迎えます。20代は結婚、出産など特にライフステージがかなり大きく変わる時期で、近頃では転職希望者も増えています。

結婚には数百万円単位の費用がかかるのが一般的です。たとえ結婚式を挙げなくても結納や指輪、新婚旅行などで多額の費用がかかります。出産があれば数十万円の費用がかかるでしょう。
転職をすれば引越しを余儀なくされるケースもあり、引っ越すにも多額のお金が必要となります。

さらに、若くても生きていれば常に病気や交通事故などのリスクがあるので、備えがあったほうが安心です。また、急にやりたいことが見つかっても、貯えがないせいで諦めるしかない状況になってしまうこともあるでしょう。
一度きりの人生を有意義に過ごすためにも、早めに貯金をスタートするのがおすすめです。

就職・転職をサポートするハタラクティブは、高卒で働きたい若者の強い味方。これまで数多くの若年層の就職を成功に導いてきた知識と経験豊富なスタッフが、希望の職場が見つかるまでしっかりサポートいたします。
高卒で働いて毎月十分な貯金をしたいという相談や悩みにも丁寧に乗って、あなたの適性もきちんと見定めて求人を案内させていただきます。
サービスの利用は無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ