新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

20歳フリーター、今この時期に考えておきたいこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20歳のフリーターは、このままで良いのかという漠然とした不安や周囲への引け目といったことを悩む傾向にある
    ・採用されにくくなる、生涯年収が少ないなどが、フリーターとして年齢を重ねた際に見えてくる現実
    ・就活の際は、フリーターを対象とした就職エージェントに頼るのが賢明

あなたがこのページを読んでいるということは、少なからず将来について悩んでいるからではないでしょうか。「このままで良いのかな」そう思った日が行動に移すのにピッタリなタイミングです。
20歳のフリーターにありがちな悩みや、年を重ねたときにフリーターのままだとどんな未来が待っているかなどについてご紹介。今あなたがすべきことについて考えてみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

20歳のフリーターに多い悩み

日本では、20歳から飲酒や喫煙が可能になります。名実ともに大人の仲間入りを果たす、人生において大きな節目でもあります。そんな20歳という年齢でフリーターの道を選んだ人たちは、どのような悩みを持っているのでしょうか。
挙がることの多い悩みについてご紹介します。

将来への漠然とした不安

同窓会で会った友人が社会人として立派に活躍していた、親や周りから早く就職したほうが良いといわれるなど、現状に不安を覚えるような出来事と遭遇した際に「このままで良いのかな」と感じるようです。

働くこと自体にやる気が持てない

やりたいと思える仕事と出会えていない、責任があり大変そうといった理由で、正社員になりたくない方や就職自体にモチベーションが上がらないと悩む方もたくさんいます。

人に会うのが億劫

周りにフリーターが少なければ特に、自分に引け目を感じる人は少なくありません。正社員としてがんばる友人たちとの集まりに参加するのは精神的な負担を感じ、疎遠になる、人間関係が変化するといった人もいるようです。

このままフリーターを続けるとどうなる?

自身の夢のため、家族の介護のため、やりたい仕事がないためなど、アルバイトやパートなどの非正規雇用として収入を得る人は多いものです。
特に若年層のフリーターは珍しいことではありません。しかし、昨今で問題視されているのは、35歳以上のフリーターの高齢化です。このままフリーターでいると、将来どのようなデメリットが生じるのでしょう。

バイトやパートの面接に受かりにくい

原則として求人に年齢制限はないものの、いざ面接を受けてみるとなかなか受からないと悩む人は珍しくありません。吸収力や体力がある若手を採用する傾向にあります。

採用ハードルが高くなる

30代以上になると、リーダーシップや即戦力など求められるレベルは自然とアップ。バイトリーダーをしていたというように、具体的にスキルの高さをアピールできなければ、採用は容易なことではないでしょう。

大きな収入アップが見込めない

正社員として入社したのであれば、年齢や定期昇給などで昇給のチャンスがあります。また、ボーナスをもらえる、責任あるポジションへ任命されれば大幅な収入アップを図れる、といったことにも期待が持てるでしょう。
しかし、アルバイトやパートなどの雇用形態では話は別。多少の時給アップはあっても、生涯年収は同年代のサラリーマンと比べ大きく差がついてしまうことが予想されます。

急な出費が辛い

友人の結婚式の祝儀、自身の病気やケガでの入院、知人の出産祝い、車の故障…生きていく上で避けられないような出費が発生するときがあるでしょう。
堅実に貯蓄がある方は心配ないでしょうが、毎月お金に余裕がない場合にはこれらのイベントで生活が圧迫してしまう恐れがあります。

こんなときどうする?20歳のフリーターに向けたお悩みQ&A

フリーターになった理由や経緯は人によって異なります。しかし、どんな理由であれ将来を考えるなら早い段階で正社員になるのが得策。以下に、20歳のフリーターが抱きやすい疑問や質問をまとめました。

就職したいけど学歴が気になります

学歴を問わない求人を探しましょう。
確かに、学歴を重視する企業も存在します。しかし、その一方で学歴よりも人柄やポテンシャル、これまでの経験を重視する企業も多いもの。詳しくは「就職に学歴は関係ある?学歴以外でアピールする方法」で述べています。

正社員に対して悪いイメージしかありません

デメリットよりもメリットが多いのが正社員。考えを改めてみましょう。
若いうちは、自由になる時間や気楽さに重点をおくもの。しかし、年齢を重ねるほど正社員のメリットを大きく享受することになります。「正社員になりたくない人必見!正社員のメリットとは?」を読んで、正社員に対する考え方を改めてみましょう。

フリーター経験のアピール方法が知りたいです

順応性やコミュニケーション能力が好アピールになります。
バイト経験を強みに!フリーターから正社員就職する際のアピールポイント3つ」で解説しているように、アルバイト経験者は上司の指示に従う順応性や柔軟性、コミュニケーション能力が長けていると考えられます。
また、アルバイトは社会経験の1つ。バイトを通して基本的な敬語やビジネスマナーなどを得た、というのも、立派なアピールになるでしょう。

就活のやり方が分かりません

1人で進めるのは難しいもの。支援機関を活用してください。
20歳のフリーターであれば、高卒や大学中退という経歴が考えられます。就活をした経験がない方もいるでしょう。 
未経験のことを1人で行うのには厳しさがあるため、就職支援期間を活用するのがおすすめです。
こちらの「フリーターを脱出するには?就職活動を円滑に進める方法」を参考に、自分に合ったサポートを見つけてください。 
どこに頼ればいいか分からなければ、若年層に特化した就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。

就職するなら若いうちが吉!

自分の好きな仕事をしやすい、自由度が高く動きやすいなど、メリットも多いフリーター。決してフリーターがダメということはありませんが、前述のとおり年齢を重ねるごとに大変な思いをする可能性が高くなるというのもまた事実です。
20歳であれば、高卒、短大卒、専門卒、大卒と年齢はほぼ変わりません。即戦力や技術よりもポテンシャルを求められる年齢だからこそ、未経験歓迎や学歴不問などの求人はまだまだ多く存在します。
年齢が若いうちに就職したほうが成功しやすいですし、将来のキャリアプランも立てやすいでしょう。

とはいえ、フリーターの方の中には、本格的な就活は未経験という人も多くいらっしゃることと思います。新卒や中途の就活とは少し勝手が違うというところも注意したいところです。
そこでおすすめしたいのは、就職支援を行うハタラクティブを活用すること。ハタラクティブでは、これまでに多くのフリーターの就職をサポートしてきました。
培ったノウハウで、失敗しない効率的な就活をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    おすすめ記事

    ハタラクティブ 人気の記事一覧

    適職診断
    twitter
    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ