28歳フリーターの就職は職歴なしだと厳しい?正社員になる方法とコツ

28歳フリーターの就職は職歴なしだと厳しい?正社員になる方法とコツの画像

この記事のまとめ

  • 28歳フリーターが正社員を目指すなら、今すぐ就活を始めるべき
  • 28歳フリーターは未経験歓迎の正社員の仕事を探すのがおすすめ
  • 28歳までフリーターだった理由や正社員を目指す理由を明確にして就活に挑む
  • 28歳フリーターは公共の就職支援サービスや転職エージェントをうまく活用すると良い

「28歳までフリーターを続けてきたけど、30歳を前にそろそろ正社員を目指したい!」と思っても、職歴なしという経歴に自信がなくて前進できずにいませんか?28歳でフリーター、職歴なしでも正社員になることはできます。フリーターから正社員への就職を目指すのは早ければ早いほど有利です。このコラムの就活のコツや未経験でも挑戦しやすい正社員の仕事などを参考に、すぐにでも就活を開始することを検討しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

28歳フリーターが就職するなら今すぐ行動しよう

フリーターから正社員への就職は若いほど有利なため、今すぐ就職活動を開始しましょう。就職先の選択肢を増やすには、なるべく早く就活を始める必要があります。28歳になると、30代を前にして「このままフリーターで良いのか」と自分の働き方を見つめ直す機会が増えてくるでしょう。また、新卒で正社員として入社した同世代の人と年収格差が出てくる年代でもあります。

28歳フリーターと正社員月収の差は?

28歳のフリーターと28歳の正社員で月収はどのくらいの差があるかをみてみましょう。厚生労働省発表の「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、フリーターを含む非正規雇用者の1ヶ月の収入は、28歳(25~29歳の層)でおよそ20万円。一方、正社員は28歳(25~29歳の層)で約25万円となっており、1ヶ月の収入は約5万円の差があります(男女計)。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

28歳フリーターの正社員への移行率

フリーターをしている期間が長くなるほど正社員としての就職が困難になります。独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)による資料「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 3-平成29年版(就業構造基本調査)より-」の中の、フリーターを含む非正規雇用者が離職して正社員に移行した率の年齢別結果に注目してみましょう。

年齢 正社員移行率(男女計)
20~24歳 32.7%
25~29歳 25.5%
30~34歳 18.1%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 3(72p)

28歳(25~29歳までの層)のフリーターを含む非正規雇用者の正社員移行率は25.5%です。25歳を境に約7%減、さらに30歳を境に7%以上減、といったように正社員への移行率が年代ごとに低くなっていることから、フリーターから正社員を目指すのは、早ければ早いほど良いということがわかるでしょう。28歳であれば正社員を目指すのに遅過ぎるということはありません。しかしこのまま30代に突入するとフリーターから正社員になる難易度が上がってしまうのが事実。思い立ったら即行動してみましょう。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)
資料シリーズ 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 3-平成29年版(就業構造基本調査)より-

28歳フリーターの職歴なしは就職にどう影響する?

28歳から就職を成功させているフリーターは多くいますが、28歳までフリーターで、正社員として就職するのは職歴なしだから難しいと考えている方もいるでしょう。しかし、中途採用を求める会社の中には、職歴がなくても若手人材がほしい企業、人手不足で採用のハードルを下げている企業も多くあります。
フリーターであったことは会社にどう評価されるのかについて、厚生労働省が発表した「平成30年若年者雇用実態調査 結果の概要」をみてみると、15~34歳まではフリーターであったことを「プラスに評価する」が3.1%、「マイナスに評価する」が13.5%、「評価にほとんど影響しない」が68.1%となっており、7割以上の会社がフリーターであったことは評価に影響しないという結果になっています。

  プラスに評価する 評価にほとんど影響しない マイナスに評価する
15~34歳 3.1% 68.1% 13.5%
35~44歳 1.5% 54.9% 26.0%

引用:厚生労働省「平成30年若年者雇用実態調査 結果の概要 6フリーターについて(2p)

一方、34~44歳までに年齢が上がると15~34歳までに比べ、「フリーターであったことが評価に影響しない」割合が下がり、「マイナスに評価する」割合が上がっています。「30代フリーターは就職しないとやばい?就活成功の方法や男女の違いを解説」でも解説しているように、30代になってからの就活はより難しくなることが予測できます。28歳でフリーターから正社員を目指したい場合は、早く行動することがいかに大切であるかが分かるでしょう。

即戦力を確保する目的で求人を出している企業に関しては「職歴なしのフリーターは採用しない」という場合もあるため、「職歴なし」が就職に影響がないと一概にはいえません。しかし、フリーターから正社員になれるかどうかは、本人の意欲や行動次第。28歳で職歴なしでも1日も早く就活を始め、粘り強く求人を探して応募を続ければ、正社員への道が見えてくるはずです。

28歳フリーターから正社員になるには「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」を持つ!

厚生労働省の「平成30年若年者雇用実態調査 結果の概要」によると、会社が「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」の割合は15~34歳、35~44歳ともに「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が一番高くなっています。フリーターに対して「責任意識が低い」「仕事に対して真摯に向き合っていない」などネガティブな印象を抱く方も多いのが事実。仕事に対する意欲や責任を持って業務に取り組む姿勢をアピールしましょう。

参照元
厚生労働省
平成30年若年者雇用実態調査 結果の概要

28歳フリーターは結婚にも影響する?

30歳を目前に、28歳で結婚を考えるフリーターの方もいるでしょう。フリーターは収入が少ないため、結婚して家族が増えると生活が苦しくなる可能性があります。
厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、28歳フリーターを含む「正社員・正職員以外の25~29歳」の1ヶ月の賃金平均は、20万4,000円となっています。一方、支出については総務省発表の「家計調査(2020年)」を参考にすると、世帯主が40歳未満の2人以上世帯の1ヶ月の平均消費支出金額は26万6,211円となっています。この平均消費支出金額は、「2人以上世帯」としているため、子どもやほかの同居人がいる家庭も含まれた数字ではありますが、結婚後に家族が増えることを想定し、将来かかる金額の目安となるでしょう。
フリーターは結婚できる?できない?後悔しないために必要なポイントを紹介」のコラムでも解説しているように、夫婦2人だけなら配偶者も働き収入があれば十分に生活ができるものの、「配偶者が退職した」「家族が増えた」などの事態が発生した場合、フリーターの収入だけでは生活が回らない可能性があります。また、病気や怪我をして自分や配偶者が働けなくなった場合も同様です。結婚を考えるのであれば、昇給やボーナスがあり、福利厚生を受けられる正社員に就職すると安心だといえるしょう。

28歳で結婚を考えるフリーターは収支のバランスを計算しておく

結婚前に、1ヶ月の支出がどのくらいかを計算し、収入と照らし合わせて生活が回るかシミュレーションをしておきましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況
総務省統計局
家計調査 2021年(令和3年)平均

28歳フリーターが正社員を目指すメリット

28歳のフリーターと正社員を比べると、金銭面・雇用面の安定や、スキル・能力のアップなど複数のメリットがあります。正社員になるメリットを知り、28歳から始める就職活動のモチベーションに繋げましょう。

収入アップが目指せる

昇給とは?昇給の種類や昇給率についてご紹介」で述べているように、昇給が少ない、もしくは全くないフリーターに比べると、正社員は勤続年数や営業成績に応じて昇給がある場合がほとんどです。また、賞与や退職金があることも多く、資格を取得することで手当が増えるなど、フリーターとは異なる待遇の向上も望めます。待遇が良くなると、28歳からでも自分の能力を伸ばすために自己研鑽に積極的に取り組むなど、向上心もアップするでしょう。

雇用や収入が安定する

フリーターは有期雇用。企業の都合や経済状況によっては雇用契約が結ばれないこともありますが、正社員は無期雇用のため、雇用が安定しています。また、フリーターは働いたぶんだけ給与が支払われる時給制や日給制がほとんど。病気や怪我などで出勤できない期間が続くと収入が減ってしまいますが、正社員は月給制や年俸制。多くの場合は毎月の基本給が固定支給されるほか、企業ごとの休暇や手当制度が活用できます。

スキルが身につく

正社員になると、業務経験を積むことでスキルを磨くことができます。自社の社員のために教育や研修制度を設けているところや、資格を取得するための支援などを行うところもあり、自分自身のスキルアップに利用することが可能です。フリーターはあくまでも臨時雇用者のため、積極的にスキルアップの機会を設ける企業は少ないでしょう。また、28歳までフリーターをしていてもアルバイト歴が職歴として評価されづらい一方、正社員として身につけた経験やスキルなどは、次に転職する際に評価を得ることができるでしょう。

社会的な信用度が上がる

雇用や収入が不安定なフリーターから安定した正社員になると、社会的な信用度が上がります。具体的には、住宅や自動車など高額なもののローンの審査に通りやすくなるなどのメリットがあるでしょう。28歳で30歳を目の前に、将来的に家庭を持ちたいと考えている場合は正社員を目指した方が将来設計の選択肢が広がります。

28歳フリーターが正社員の求人を探す際のポイント

28歳フリーターから正社員を目指すなら、アルバイトで経験のある仕事を選んだり未経験歓迎の求人を探したりするのが成功のポイント。闇雲に応募せず、就職を成功させるためにも求人を探す段階から正社員採用されやすい仕事かどうか、意識してみましょう。

経験のある業種や職種を選ぶ

28歳まで続けてきたアルバイトの経験で培ってきたスキルや、経験の活かせる業種や職種を選ぶことがおすすめです。アルバイト=「職歴なし」と、自信を持てない方もいるかもしれませんが、アルバイトでの経験やそれに伴うスキルは正社員の仕事でも十分に活かせるでしょう。う今までのアルバイトに関連する仕事であれば、「実際に働き始めてみたらイメージと違う業務内容だった」などのミスマッチが生じにくいのもポイントです。

未経験歓迎の求人を探す

28歳フリーターが正社員の求人を探す際は、募集要項に「未経験歓迎」「フリーター歓迎」と記載されている求人をチェックしてみましょう。中途採用で即戦力を求める企業では、職歴のないフリーターが採用される可能性は低くなります。しかし経験やスキルよりもポテンシャルや人柄を重視する会社もあります。さらに、未経験やフリーターを歓迎するということは、研修や教育制度が整っていることが期待できるでしょう。

ブラック企業に注意する

未経験歓迎の求人では、「入社後教育して一から育てる」という方針の企業が多くありますが、なかには長時間の残業を強いたり、残業代を払わなかったりするような悪質な会社も存在するため、注意しましょう。そのような会社に就職しないためにも、「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」を参考にしながら求人ををチェック。企業のコーポレートサイトや同じ業界で働く人の意見、企業に訪問する機会があればオフィスや社員の様子を確認するのもおすすめです。

志望の会社を決めるときは企業研究を徹底しよう

志望企業を決めるときは、事業内容や規模、社風などのリサーチが必須。ブラック的要素がないかの判断や、自分に合った職場かを熟考するためにも会社についてよく調べておくと良いでしょう。また、会社についての知識があると、志望動機を聞かれた際に説得力のある回答ができるはずです。

28歳フリーターが挑戦しやすい正社員の仕事5選

経験がなくても採用されやすく、28歳フリーターが挑戦しやすい正社員求人は、需要の高い仕事や人手不足の業界、経験を問わない仕事など。代表的な仕事を5つ紹介します。

1.介護職

高齢化が進むのに伴い、需要に対して供給が追いついていないことから、介護業界は慢性的な人手不足です。そのため未経験でも採用されやすく、職歴のない28歳フリーターの就職先としておすすめ。実務経験を積みながら介護福祉士やケアマネジャーの資格取得によるキャリアアップも目指すことができます。仕事内容や資格については「高卒から介護職になれる?資格は?給料や年収面も詳しく解説」をご覧ください。

2.営業職

営業職は、スキルよりも人柄やコミュニケーション能力を重視する傾向の強い仕事です。28歳で正社員未経験でもポテンシャルや業務に対する熱意次第では就業できる可能性が高め。営業職に興味のある方は「営業って何?様々な営業の仕事と向いてる人」で理解を深めましょう。また、営業の仕事は多くの企業に存在していることから、求人数も多く、採用されやすいといわれています。

3.ITエンジニア

IT技術の急速な進化により、エンジニアやプログラマーといったITエンジニアは人手不足が課題になっています。専門的な知識が必要なイメージが強いですが、採用活動を優先するため入社後にスキルを身につける対応を取っている企業も増えており、28歳で職歴のないフリーターが挑戦しやすい仕事でしょう。経験や知識がなくても、働きながら学び、スキルを磨いたり資格を取得したりすることができます。なお、「ITエンジニアとはどんな仕事?12の職種と仕事内容について解説」にあるように、ひとくちにITエンジニアといっても多くの職種が存在します。自分はどのエンジニアが向いているか、応募前にチェックしておきましょう。

4.販売・サービス業

販売・サービス業は特別なスキルや経験を求めないため未経験者向けの求人が多く、28歳フリーターが挑戦しやすい職業の一つです。接客や販売の経験があれば、それまで培ったスキルを活かせるため有利になることも。販売・サービス業は飲食・食品・アパレルなど多岐に渡るため、興味を持った分野にチャレンジすると良いでしょう。

5.カスタマーサポート

カスタマーサポートは自社の商品やサービスなどを利用する顧客の問い合わせに対応する仕事。研修やマニュアルが整備されており、職歴なしの28歳フリーターが挑戦しやすい仕事です。接客マナーやコミュニケーションスキルが磨くことができます。「カスタマーサポートの仕事」では、具体的な仕事内容や将来性についてまとめています。

28歳フリーターが正社員に就職するための5つのコツ

28歳のフリーターが正社員就職するには「自己分析をする」「履歴書や面接に向けた準備をする」「公共の就職支援サービスや転職エージェントを活用する」などのコツがあります。以下でその理由をみていきましょう。

1.就活に向けて環境を整える

28歳フリーターの方がまず行うべきなのは、就活を行える環境づくりです。働いている以上、周りからの理解と協力がなければ就活をスムーズに行うことはできません。
就活を進めていくにあたり、準備や面接に費やす時間は予想以上に多くなります。急に面接の日程が変更になって、アルバイトを休まなければならない状況もあるでしょう。急な欠勤や遅刻早退はアルバイト先に迷惑をかけるため、あらかじめ責任者やアルバイト仲間に就活していることを話しておくのがおすすめ。理解を示してもらえれば、急なシフト変更にも対応してくれるでしょう。

アルバイトを辞めるのは?

アルバイトと就活の両立が難しい場合は辞めるのも一つの方法です。ただし、収入がなくなるため一人暮らしなどの場合は生活が厳しくなることも。また、アルバイトもしない期間が発生するため、フリーターとして就活するより厳しくなる可能性も考えておくべきです。

2.自己分析をする

28歳でフリーターから正社員を目指すなら、まず自分の強みや適性、どんな職場で働きたいかなどの自己分析を徹底しましょう。いざ就職先を探そうとしても「自分の活かせる強みが分からない」「正社員になりたいけど、何の仕事がしたいか分からない」と悩む方も多いもの。自己分析を行うことで、より自分に合った仕事を見つける助けになります。自己分析のやり方や目的が分からなければ、「効果的な自己分析のやり方とは?」をご確認ください。

3.履歴書作成や面接に向けて準備をする

28歳までフリーターをしていた場合、これからどんな経験を活かして働けるか、なぜ28歳までフリーターをしていたのか、などをきちんと答えられるように準備しておきましょう。

アルバイト経験をアピールできるようにしておく

28歳で正社員としての職歴がなくても、28歳までにアルバイト経験で身につけたスキルをアピールしましょう。企業は自信のない人より、前向きで意欲的な人に魅力を感じます。そのため、「アルバイトだから…」と引け目を感じることなく、応募書類や面接では経験から培った自分の強みを自信を持ってアピールしてください。特にリーダーやマネジメントの経験がある人は、有効なアピール材料になるでしょう。

なぜ今までフリーターだったのか理由を用意しておく

28歳で、フリーターから正社員を目指して転職活動をしていると「なぜ今までフリーターとして働いてきたのか」と面接などで聞かれることが多々あります。このとき、「新卒で内定をもらえなかったため」や「やりたい仕事がなかったため」など、ネガティブな返答は避けるのがポイント。採用担当者に「働く意欲がない」「受け身で積極性に欠ける」と判断されてしまいます。「ほかに目指していることがあったため」「アルバイトをしながら学びたいことがあったため」など、前向きな理由を伝えるのが好ましいといえるでしょう。

就職の理由を明確にしておく

面接で「なぜ28歳で正社員に就職しようと思ったか」と聞かれたときは、28歳でフリーターから正社員になろうと思った理由やきっかけを明確に説明できるようにしておきましょう。この場合も、理由はポジティブな内容が理想です。たとえば「28歳でフリーターのままだと将来が不安だから」というネガティブな理由では、採用担当者は「うちでなくても正社員になれるのならどこでも良いのでは?」と感じてしまいます。「アルバイト経験を活かせると思った」「仕事内容に興味があるため」といった「この会社だからこそ」という気持ちを伝えましょう。

4.十分な面接対策をする

28歳フリーターの方が就活をするにあたり、避けて通れないのが面接です。学校卒業から職務経歴のない期間が続いているため、面接では空白期間にしていた仕事のことや正社員として働く熱意などについて尋ねられるでしょう。想定される質問に関しては、よどみなく答えられるように準備をしておくべきです。
さらに、何を答えるかだけでなく、どのように答えるかも重要となります。同じ回答の内容でも、話し方や服装、視線などによって相手の抱く印象は大きく変わります。家族や友人に面接練習を頼んだり映像として撮影したりして、自分がどのように見えるか、回答に説得力があるか確認しましょう。

5.公共の就職支援サービスや転職エージェントを活用する

求人を探したり、応募したりする際は、ハローワーク(公共職業安定所)や転職エージェントを活用するのも良いでしょう。ハローワークや転職エージェントでは、希望や適性などからマッチする求人を提案してくれたり、応募書類の書き方や面接対策などのアドバイスをしてくれたりします。「就職活動の方法が分からない」「応募書類の書き方に自信がない」などの不安を取り除くために利用しましょう。
28歳フリーターが利用すると良い就職支援サービスについては「フリーター・ニートは就職支援機関を活用しよう!おすすめのサービスを紹介」でもまとめていますので、参考にしてください。

28歳フリーターでこれから正社員への就職を目指したいと思っている方は、フリーターの就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください!ハタラクティブでは、専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングや希望に合った求人提案、応募書類・面接対策などにより求職者を全面的にバックアップ。人柄やポテンシャルを重視する企業の求人を多く扱っており、実際に多くのフリーターが就職に成功している実績があります。相談から内定まで一貫したサポートの利用は無料です。正社員就職を考えているフリーターの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

28歳フリーターのお悩みQ&A

「28歳になったから、そろそろフリーターから正社員への就職を考えたい」という方へ。ここでは、正社員就職を検討している28歳フリーターの方の不安にQ&A形式でお答えします。

28歳フリーターの正社員就職は可能ですか?

可能です。28歳になると求人の選択肢が狭まったり、同年代の社会人経験がある人と比べると不利になったりする可能性はあります。しかし、自己分析を徹底してアピールポイントを見つける、自分に合った職種や業界を見つけるといった対策を取れば、正社員就職は十分可能でしょう。詳しくは、「28歳フリーターは就職できる?職歴なしの状態で仕事に就く方法とは」をご覧ください。

28歳フリーターにおすすめの職種を教えてください。

フリーターから正社員に就職するなら、人手不足の業界・職種や、経験を問わない求人を探してみるのがおすすめ。特に営業職や介護職、IT系、販売・サービス業、カスタマーサポートなどは求人が多く、未経験でもスタートしやすい職種といわれています。コミュニケーションが得意、スキルアップしたいなど、自分の希望や適性に合った仕事を探してみましょう。

28歳フリーターの就活のコツを教えてください。

先述したように、まずは自己分析を徹底的に行いましょう。学生時代やアルバイトで経験したことで印象深かったことをピックアップし、1つひとつを深堀りしていきましょう。自分の強みが分かるのはもちろん、仕事探しの基準を知ることもできます。20代後半の就活については、「20代後半フリーター、就職は難しい?」で詳しく解説しています。

28歳フリーターが正社員就職の成功率を上げるには?

一人で就活するよりも、ハローワークやエージェントなどを利用し、第三者の力を借りるのがおすすめの方法です。エージェントのハタラクティブでは、フリーターや第二新卒、既卒など、就職・転職に悩む若年層のサポートに注力しています。就職に不安を感じている方は、ぜひ一度ご相談ください。

関連タグ