新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代フリーター女性が正社員就職するには?就活のポイントを紹介

30代フリーター女性が正社員就職するには?就活のポイントを紹介

公開日:

最終更新日:

30代フリーター女性が正社員就職するには?就活のポイントを紹介の画像

 

【このページのまとめ】

  • ・30代フリーター女性の正社員就職は十分可能だが、早めに行動を起こすことが重要
  • ・30代フリーター女性は、年齢や男性との比較などから就職活動に苦労する可能性がある
  • ・30代女性が就職せずにフリーターを続けると、将来さまざまなリスクが生じる
  • ・30代フリーター女性が就活を成功させるには、就職支援サービスの活用も効果的
  • ・30代フリーター女性の正社員就職には、事務職や営業職などがおすすめ

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

 

 

30代のフリーター女性のなかには「正社員就職を目指したい」と考える方もいるでしょう。しかし、今から就職できるのか、求人はあるのかといった不安も少なくありません。
このコラムでは、30代フリーター女性の就職事情を解説。年齢を重ねるごとに正社員就職の難易度はどんどん上がっていくので、早めに行動を起こすことが重要です。就活のポイントやおすすめの仕事も紹介しているので、参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

30代フリーター女性の就職事情

30代フリーター女性の正社員就職は十分可能です。しかし、「アルバイト経験しかない」「年齢的に無理」と諦め、行動を起こさないままでいると就職はどんどん難しくなります。また、就職活動中は女性ならではの問題にぶつかる可能性もあるでしょう。
ここでは、30代フリーター女性の就職事情を解説します。なぜ30代フリーターの就職が難しいといわれるのかを把握し、早めに行動を起こしましょう。

30代フリーターの就職が難しいといわれる理由

30代フリーターの正社員就職は決して不可能ではありません。しかし、以下の理由から「就職は難しい」といわれることも。ますます年齢を重ねる前に、早めに就職活動に踏み切りましょう。

30代になると20代より仕事を覚えにくくなる

20代の人材は若くて頭も柔軟なので、新しい仕事をすぐに吸収していきます。しかし、年齢を重ねるとどうしても覚えが悪くなってしまうもの。30代フリーター女性が未経験OKの正社員求人に応募しても、ほかに20代の応募者がいれば、そちらを採用してしまう企業が多いでしょう。20代の応募者に競り勝って就職するには、人柄や経験、知識を十分にアピールする必要があるといえます。

30代はライフスタイルをなかなか変えられない

30代までフリーター生活を続けている人は、責任が重い仕事に慣れにくく、正社員就職しても社会への適応に苦労する可能性があります。また、仕事に対する考え方において、フリーター時代を引きずるのではないかと懸念する採用担当者も多いでしょう。
そのため、30代フリーター女性の就職活動では、なぜ正社員になりたいのかという理由を明確にし、やる気や熱意を十分にアピールする必要があります。

30代になると体力が落ちてしまう

30代フリーターは20代に比べると、どうしても体力が低下している傾向があります。そのため、就職後に残業が続いたり、繁忙期を迎えたりすると、20代のように踏ん張れずに体調を崩す可能性もあるでしょう。
勤務時間が長い仕事や、いわゆる力仕事の場合は、30代より20代の応募者が優遇される傾向も。30代フリーター女性が正社員就職を目指す場合は、慎重に仕事を選びましょう。また、日頃から運動している人や体力に自信がある人は、その点もアピール材料になり得ます。

30代女性が就職活動で乗り越えるべき問題

30代フリーター女性は、就職活動中に女性ならではの問題に苦労する可能性もあります。採用にたどり着くために、仕事選びや面接対策には十分留意しましょう。

結婚や出産による退職の懸念

日本では未だに「女性は結婚したら家庭に入るもの」「育児を行うのは女性」という考え方を持つ人もいます。そのため、30代フリーター女性に対し「就職しても結婚や出産を理由にすぐ辞めるのではないか」と懸念を抱き、内定を出さない採用担当者も一定数いるのが現状です。
もし、就職面接で結婚や出産の予定について聞かれたら「結婚したとしても仕事は続ける」「しばらく出産の予定はない」「産育休後は復帰し、長く働き続ける」といった回答で就業意欲や熱意をはっきり伝えましょう。

30代男性との比較

女性は、どうしても男性に体力面で劣ります。そのため、同じ30代フリーターでも体力勝負の仕事であれば、スタミナのある男性を採用する企業が多いでしょう。また、女性はホルモンバランスによって体調が乱れることも少なくありません。そのため、30代フリーター女性がスムーズに就職活動を進めるには、無理なく働ける職種や女性の体調の変化に対し理解のある職場を選ぶ必要があります。

30代フリーターの就職事情は「30代は就職できる?正社員未経験者におすすめな求人と採用されるコツ」、女性フリーターの就職事情は「フリーター女性は早めの就職がおすすめ!30代になる前に正社員を目指そう」でも詳しく解説しています。参考にしてみてください。

30代女性が就職せずにフリーターを続ける4つのリスク

30代フリーター女性のなかには「正社員就職せずに今の生活を続けて良いのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、30代女性が就職せずにフリーターを続けるとさまざまなリスクが起こり得ます。少しでも正社員に興味がある方や、将来安定した生活を送りたい方は、リスクが大きくなる前に就職活動を始めるのが賢明です。

1.将来の収入が不安定になる

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、正社員とそれ以外の雇用形態との間には、大きな賃金格差が生じています。

 
男性:正社員・正職員
 
男性:正職員以外 女性:正社員・正職員 女性:正職員以外
年齢計 35万700円 24万200円 26万9200円 19万3300円
20~24歳 21万7300円 18万7800円 21万3500円 17万9700円
25~29歳 25万6200円 21万円 23万9500円 19万6500円
30~34歳 29万4600円 22万2600円 25万8100円 19万5100円
35~39歳 33万4700円 23万5300円 27万2900円 20万600円

引用元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別

若いうちは、正社員とフリーターの間に大きな収入差はありません。しかし、正社員は年齢を重ねるごとに収入が増えていく一方、フリーターはあまり昇給しないのが伺えます。特に30代のフリーター女性は、今後も月収が20万円を超えないままである可能性も十分考えられるでしょう。
また、フリーターの多くは時給制・日給制の仕事に就いています。そのため、年齢を重ねると長時間勤務やハードな仕事は行いにくくなり、体調不良でシフトに入れない日が続けば収入が途絶えてしまう恐れも。将来安定した収入を得て、老後も安心して暮らすためには正社員就職するのが賢明でしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別

2.就職先が見つけにくくなる

30代女性がフリーター生活を続け、再び「正社員就職したい」と思った場合、より就職先が見つけにくくなっている恐れがあります。
就職・転職市場において、30代以上の人材には経験やスキルが求められるのが一般的です。そのため、30代フリーターが正社員経験を積まないまま年齢を重ねてしまうと、応募可能な求人件数が減り、選考の通過も非常に難しくなります。履歴書の年齢欄をチェックされた途端、選考に落ちてしまうという事態も起こり得るでしょう。これ以上、就職先の選択肢を減らさないためにも、少しでも早いうちに就職活動を始めるのが得策です。

3.結婚が難しくなる

30代フリーター女性のなかには、「正社員就職しなくても、結婚すれば安定した生活ができる」と考えている方もいるかもしれません。しかし、年齢を重ねるにつれ、就職だけでなく結婚も難しくなる傾向があることは頭に入れておきましょう。
また、近年は女性にも働きに出てほしい、自立できるだけの力がある女性と結婚したい、と考える男性も増えています。そのため、養ってもらう気で結婚相手を探している女性は出会いに恵まれない可能性も。30代フリーター女性が結婚を考えるのは決して悪いことではありませんが、「結婚の有無にかかわらず自立できるか」「パートナーが働けなくなっても家庭を支えられるか」といった点は見直してみても良いでしょう。

4.スキルや経験が身につかなくなる

30代女性がフリーターを続けると、スキルや経験が身につかないリスクも考えられます。
一般的にパート・アルバイトが任される仕事の範囲は限られており、正社員よりも責任は軽い分、誰でも対応できる業務内容であることも少なくありません。そのため、専門スキルが身につきにくく、やりたい仕事が見つかっても十分アピールできない可能性があります。
先述のとおり、就職・転職市場における30代はスキル・経験で評価される年代です。少しでも早めに正社員経験を積み、仕事に活かせるスキルを多く身に付けておくのが良いでしょう。

フリーター生活を続けるとどうなるのか気になる方は「フリーターの末路…就職を目指すべき理由とは」のコラムも参考にしてください。また、フリーターの結婚事情については「フリーターは結婚できない?男女別の結婚事情」でも詳しく解説しています。

30代フリーター女性の就職活動5つのポイント

正社員就職を目指して就活を開始する30代フリーター女性は、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。早く就職したいからといって焦らず、自分に合った求人や職場を冷静に見極めることが重要です。やみくもに就職活動を行うと、選考に行き詰まったり、早期退職につながったりする恐れもあります。

1.アルバイト経験を活かす

正社員経験のない30代フリーター女性は、アルバイト経験を活かして就職活動を進めましょう。一般的にアルバイトは職歴と判断されませんが、アピール次第では評価してもらえるはずです。
まずはこれまでのアルバイト経験を振り返り、身に付けたスキルや自分の強みを洗い出してみましょう。たとえば、販売・接客業で身に付けたコミュニケーション力は、正社員就職においてもさまざまな業界・職種で活かせます。

2.企業選びの軸を明確にする

30代フリーター女性が就職を成功させるには、企業選びの軸を明確にしておくことが大切です。収入や仕事内容、福利厚生、ワークライフバランスのとりやすさなど希望条件をいくつか挙げ、優先したい条件と妥協しても良い条件を整理しておきましょう。
企業選びの軸が定まっていないと、せっかく就職できてもミスマッチを感じる可能性が高まります。「こんはずではなかった」と後悔しないよう、自分の希望に当てはまった企業を探しましょう。

3.経験不問の求人や正社員登用制度に注目する

30代フリーター女性が正社員として就職するには、経験不問の求人に注目することが重要です。経験のほか年齢や学歴、資格の有無を問わない求人であれば、30代フリーターも応募しやすく、採用率も高まるでしょう。
また、いきなり正社員として働く自信がない30代フリーター女性は、「正社員登用制度あり」の記載がある求人に注目するのも有効です。正社員登用制度とは、アルバイトや派遣社員として一定期間働いたのち、雇用形態を正社員に切り替える仕組みのことを指します。非正規雇用者として働きながら企業との相性を確かめられるので、正社員就職後のミスマッチが減らせるでしょう。
ただし、社内試験への合格や特定の資格取得など、正社員登用に厳しい条件を設けている企業も少なくありません。また、正社員登用制度を設けておきながら、ほとんど実績がない企業も見られます。登用制度を活用して正社員を目指したい30代フリーター女性の方は、過去の実績や登用条件まで細かく確認しておくことをおすすめします。

4.就職に有利な資格を取る

経験やスキルに自信がない30代フリーター女性は、就職に有利な資格を取得するのも良いでしょう。資格そのものはもちろん、「仕事のために自発的に勉強した」という姿勢や熱意が評価される可能性もあります。
ただし、やみくもに資格を取るのはおすすめできません。試験勉強を理由に就職時期が遅れてしまえば本末転倒です。自分が目指す職種にはどのような資格が有効なのか、どのくらいの勉強時間が必要なのかを確認したうえで、計画的に取得を目指しましょう。

5.就職支援サービスを活用する

30代フリーター女性が就職を成功させるには、就職支援サービスの活用も有効です。求人を紹介してもらったり、選考対策をしてもらったりし、効率よく就職活動を進めましょう。
ハローワークは、公的な就職支援サービスです。全国各地に設置されており、無料で利用できます。地域の企業を紹介してもらえるので、地元で働きたいフリーターに向いているでしょう。
また、民間の就職支援サービスである、エージェントに登録するのもおすすめです。就職エージェントで取り扱っている求人は、ハローワークの求人よりも質が高いといわれています。30代で初めての就職が不安、ブラック企業への就職を避けたいフリーターはぜひ活用してみましょう。

フリーターの就職活動のポイントは、「フリーターからの就職は難しい?男女別の難易度やエージェントの活用方法」や「フリーターから就職を目指す!女性や高卒でも大丈夫?年齢別の注意点とは」でも解説しています。参考にしてみてください。

30代フリーター女性の就職におすすめの仕事3選

30代女性には、企画やマーケティング、コンサルタントといった職種が人気のようです。しかし、これらの職種はフリーターから就職を目指すには、やや敷居が高い傾向があります。ここでは、30代フリーター女性の就職におすすめの仕事を3つご紹介。比較的、未経験者歓迎の求人が多く、入社時点では専門知識・スキルを問われないのが特徴です。

1.事務職

事務職は30代フリーター女性におすすめの仕事の一つです。どの企業にも必要な職種であるため、常に求人が出ている傾向にあります。また、一般的に女性が多い職種であるため、働きやすい環境が整っている可能性も高いでしょう。
事務職にもさまざまな種類がありますが、特に一般事務や営業事務は未経験から挑戦しやすいといえます。パソコンスキルが問われることも多いですが、「簡単な入力作業ができればOK」としている求人も少なくありません。自分に合った業務レベルの求人を選びましょう。

2.営業職

営業職も未経験者向けの求人が多いため、30代フリーター女性におすすめです。一からビジネスマナーやコミュニケーションスキル、提案力を身に付けることができ、あらゆる業界でニーズのある職種なので、一度経験を積めば今後のキャリアにも大いに役立つでしょう。
飛び込み営業やノルマが厳しいイメージから、営業職を敬遠する30代フリーター女性も少なくありませんが、営業スタイルや目標設定は企業によってさまざまです。自分に合った企業を選べば、大きくスキルアップでき、また、インセンティブなどによる収入アップも図れるでしょう。

3.販売職

販売職も30代フリーター女性に向いている仕事の一つです。一定のコミュニケーション力があれば経験や資格を問わず挑戦することができ、また、自分が好きなものを扱っている職場に就職すればモチベーションもアップします。販売系のアルバイト経験がある30代フリーター女性は、選考で積極的にアピールすると良いでしょう。
ただし、就職先によっては、残業が多かったり、土日休みが取れなかったりする可能性も。なるべく定時に仕事を終えたい方や平日のみ働きたい方は、労働条件をよく確認する必要があります。

自分に合った就職先を見つけたい30代フリーター女性の方は、「ハタラクティブ」にご相談ください。
ハタラクティブは、フリーターの就職を支援するエージェントです。未経験者向けの求人を数多く取り揃えており、そのなかから専任アドバイザーが相談者一人ひとりに合った案件をご紹介します。また、応募書類の添削や面接対策、企業との条件交渉などもすべてアドバイザーがサポート。一人での就職活動が不安な方も安心のサービスです。ハタラクティブで正社員デビューを目指しましょう!
 

 

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ