30代フリーター女性の正社員就職の道

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 30代フリーター女性の正社員就職の道

公開日:

最終更新日:

30代フリーター女性の正社員就職の道の画像

フリーターの経歴が長いと、就職活動しても書類で落とされがちです。さらに30代になると前職のキャリアを求められるだけでなく、新しいことが吸収できないとよく思われます。しかも女性は結婚や出産が現実的な年齢です。しかし、フリーター、30代、女性でもメリットはあります。

【関連記事】
フリーター就活のコツまるわかりガイド

30代フリーターが就職で不利な理由

30代女性のフリーターのみなさま、年齢や経歴のためにもう正社員就職を諦めてはいませんか?
正社員になりたくても不安が多くあるでしょうが、具体的にはどのような不安があるでしょうか?

まずは30代フリーターが就職で不利な理由を挙げてみましょう。

・20代より仕事を覚えるのが遅い

20代の方は若くて頭も柔軟なので、新しい仕事をすぐに覚え、どんどん吸収していきます。
年齢を重ねると覚えが悪くなってしまうので、正社員未経験OKの求人でも書類選考で落とされやすくなり、面接までなかなか行けません。

・既にできあがったライフスタイルをなかなか変えられない

フリーター生活が長引くと、責任が重い仕事に慣れにくくなり、就職しても社会への適応に苦労しがちです。仕事に対する考え方において、フリーター時代を引きずるのではないかと思う採用担当者も多くいます。

・体力が落ちている

就職後に残業が続いたり、忙しい月だったりすると、20代の頃のように踏ん張れず、ダウンすることも多くなるでしょう。20代の頃に多忙を経験して慣れていれば乗り切れたかもしれませんが、スタートが遅れた分を取り返すのは簡単ではありません。

女性の転職での問題点

女性の転職での問題点の画像

次に、女性の転職での問題点をチェックします。

・正社員でも結婚・出産で退職する女性が多い

男女雇用機会均等法があっても「女性は結婚したら家庭に入るもの」という考え方はまだ根強く残っていて、女性の中でも専業主婦志望者は多いですよね。
結婚や出産を希望するのは良いですが、それでも仕事を続ける意欲があることを主張する必要があります。女性応募者に対して、採用担当者がまず最初に気にすることなので、面接の段階ではっきりと相手に伝えなければなりません。

・男性と比べて体力がない

女性の体の構造上の問題です。
比較的筋肉の量が多い男性のほうが、女性よりスタミナがあるので、同じ30代でも体力勝負の職場であれば、男性を採用する企業は多いでしょう。また、女性はホルモンバランスによって体調が乱されることが多くあるので、無理なく働ける職種を選ぶ必要があります。

正社員未経験の30代女性が就職するには

では、正社員未経験の30代女性が就職するにはどうすれば良いのでしょうか。

・アルバイトから正社員登用を目指す

まずは雇用形態に捕われず、時間をかけて職場の上司や同僚の方々の信頼を得ると、正社員への道も夢ではありません。狭き門ではありますが、初対面の面接官を前に緊張した空気の中で選考されるより落ち着いた気持ちで臨めます。

・特技を活かして正社員求人に応募する

裁縫やヨガなど、趣味を極めると就職につながることがあります。 女性の場合は男性に比べて多くの選択肢があります。しかも趣味を極めた専門職の場合、年齢不問の求人が比較的多いから嬉しいですね。

30代でも女性が社会に出て働くには、男性とはまた違った就職活動の方法がありますね。 自分に合ったやり方を探せば、フリーター脱却も可能でしょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ