30代フリーター女性が正社員就職するには?就活のポイントを紹介!

30代フリーター女性が正社員就職するには?就活のポイントを紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 30代フリーター女性の正社員就職は十分可能だが、早めに行動を起こすことが重要
  • 30代女性が就職せずにフリーターを続けると、将来さまざまなリスクが生じる
  • 30代フリーター女性が就活を成功させるには、就職支援サービスの活用も効果的
  • 30代フリーター女性の正社員就職には、事務職や営業職などがおすすめ

30代のフリーター女性のなかには、「正社員就職を目指したい」と考える方もいるのではないでしょうか。年齢を重ねるごとに正社員就職の難易度は上がっていく傾向にあるので、できるだけ早めに行動を起こすことが重要です。このコラムでは、30代フリーター女性の就職事情を解説します。就活のポイントやおすすめの仕事も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代フリーター女性の就職事情

30代フリーター女性の正社員就職は可能であるといえます。
独立行政法人の労働政策研究・研修機構がまとめた調査資料によると、非正規を辞めたあとの正社員移行率は、30~34歳の女性で18.1%、35~39歳の女性で15.5%でした。

非典型雇用離職者(女性) 正社員移行率(%)
16.0
15-19歳 29.9
20-24歳 32.7
25-29歳 25.5
30-34歳 18.1
35-39歳 15.5
40-44歳 15.6

引用元:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状 ③ -平成29年版「就業構造基本調査」より-(72p)

上記のデータから分かるように、年齢が若いほうが正社員移行率は高く、また男性と比較すると女性のほうが低いことが分かります。この結果から、30代の女性フリーターの就職は可能であるものの、20代や男性に比べると難しくなることが予想できるでしょう。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状③-平成29年版「就業構造基本調査」より-

30代フリーターの就職が難しいといわれる理由

30代フリーターの正社員就職は決して不可能ではありません。しかし、以下の理由から「就職は難しい」といわれることも。年齢を重ねる前に、早期の就職活動に踏み切りましょう。

20代を採用したい企業は多い

20代の人材は将来性やポテンシャルが高く、柔軟性も期待できるため、採用に積極的な企業が多い傾向にあります。また、30代の社会人に対して業務経験やスキルを求める企業が多いのも、30代フリーターの就職が難しくなる要因の一つでしょう。勤務時間が長い仕事や、いわゆる力仕事の場合は、30代より20代の応募者が優遇される傾向も。30代フリーター女性が正社員就職を目指す場合は、慎重に仕事を選びましょう。また、日ごろから運動している人や体力に自信がある人は、その点もアピール材料になり得ます。

30代はライフスタイルをなかなか変えられない

30代までフリーター生活を続けている人は、正社員の仕事や働き方に慣れるまで時間が掛かることが予想できます。仕事に対する考え方において、フリーター時代を引きずるのではないかと懸念する採用担当者がいる可能性も。そのため、30代フリーター女性の就職活動では、「なぜ正社員になりたいのか」という理由を明確にし、やる気や熱意を十分にアピールする必要があります。

結婚や出産による退職を懸念される場合も

フリーターに限らず、結婚や妊娠を機に仕事や働き方を変える方は多いのではないでしょうか。厚生労働省の調査「令和2年上半期雇用動向調査結果の概況(16p)」によると、「転職入職者が前職を辞めた理由」のうち、結婚で最も高いのが25~29歳の女性、出産・育児で最も高いのが30~34歳の女性でした。就職面接では、採用担当者に結婚や出産による退職への懸念を抱かれないよう、自身の就業意欲や熱意をはっきり伝えましょう。
30代フリーターの就職事情は「30代は就職できない?フリーターや未経験でも就活に成功する方法を解説!」、女性フリーターの就職事情は「フリーター女性が就職するコツとは?おすすめの仕事もご紹介」でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和2年上半期雇用動向調査結果の概況

30代女性が就職せずにフリーターでいる3つのメリット

30代女性が就職せずにフリーターでいる主なメリットには、「自分の都合で時間を調整しやすい」「ストレスが少ない働き方ができる」などがあります。以下で詳細を確認していきましょう。

1.自分の都合に合わせて時間を調整しやすい

30代のフリーター女性の方は、正社員と比べて決められたスケジュールに縛られづらいため、時間を自由に使うことができます。資格の勉強に使ったり、家族のための時間に使ったりと事情に合わせて時間を活用できるのは、フリーターでいる大きなメリットといえるでしょう。

2.ストレスの少ない働き方ができる

30代女性のフリーターは、仕事におけるストレスを抱えにくいのもメリットです。就職し正社員として働く場合は、出勤スケジュールが決まっていることや責任が重大になることから、仕事におけるストレスやプレッシャーもその分だけ大きくなります。それに対して、フリーターは重要な役職や仕事を任されることが少ないため、正社員よりもストレスを感じずに働ける場合が多いでしょう。

3.正社員よりも仕事を退職しやすい

非正規雇用であるフリーターは、正規雇用の正社員と比べて退職しやすい立場にあることもメリットといえます。次の職場に移りやすいため、アルバイトやパートといった形での求人を選んでフリーターとして就職すれば、多種多様な仕事に携われる可能性があるでしょう。
女性がフリーターとして働くことのメリットに関しては、「フリーターの利点って何?特徴を知ろう」でも紹介しています。

30代女性が就職せずにフリーターを続ける3つのリスク

30代フリーター女性のなかには「正社員就職せずに今の生活を続けて良いのでは?」と思う方もいるでしょう。しかし、30代女性が就職せずにフリーターを続けることには、リスクもあります。少しでも正社員に興味がある方や、将来安定した生活を送りたい方は、リスクが大きくなる前に就職活動を始めるのが得策です。

1.将来の収入が不安定になる

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査(7~8p)」によると、正社員とそれ以外の雇用形態との間には、大きな賃金格差が生じています。

  男性 女性
正社員・正職員 正職員以外 正社員・正職員 正職員以外
年齢計 35万700円 24万200円 26万9200円 19万3300円
20~24歳 21万7300円 18万7800円 21万3300円 17万9700円
25~29歳 25万6200円 21万円 23万9500円 19万6500円
30~34歳 29万4600円 22万2600円 25万8100円 19万5100円
35~39歳 33万4700円 23万5300円 27万2900円 20万600円

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別にみた賃金 第6-1表 雇用形態、性、年齢階級別賃金及び雇用形態間賃金格差

上記の表をみると、若いうちは正社員とフリーターの間に大きな収入差はありません。しかし、正社員は年齢を重ねるごとに収入が増えていく一方、フリーターはあまり昇給しないのが分かります。特に30代のフリーター女性は、今後も月収が20万円を超えないままである可能性も考えられるでしょう。
また、フリーターの多くは時給制・日給制の仕事に就いています。そのため、年齢を重ねると長時間勤務やハードな仕事は行いにくくなり、体調不良でシフトに入れない日が続けば収入が途絶えてしまう恐れも。将来安定した収入を得て老後も安心して暮らすためには、正社員就職を目指すのがおすすめです。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況 雇用形態別

2.就職先が見つけにくくなる

30代女性がフリーター生活を続け、再び「正社員就職したい」と思っても、そのときには就職先が今よりも見つけにくくなっている恐れがあります。 就職・転職市場において、30代以上の人材には経験やスキルが求められるのが一般的です。そのため、30代フリーターが正社員経験を積まないまま年齢を重ねてしまうと、応募可能な求人件数が減り、選考の通過も難しくなる可能性があるでしょう。

3.スキルや経験が身につかなくなる

30代女性がフリーターを続けると、スキルや経験が身につかないリスクも考えられます。
一般的にパート・アルバイトが任される仕事の範囲は限られており、正社員よりも責任は軽い分、誰でも対応できる業務内容であることが少なくありません。そのため、専門スキルが身につきにくく、やりたい仕事が見つかっても就職活動で十分アピールできない可能性があります。先述のとおり、就職・転職市場における30代はスキル・経験で評価される年代です。少しでも早めに正社員経験を積み、仕事に活かせるスキルを多く身につけておくのが良いでしょう。
フリーター生活を続けるとどうなるのか気になる方は、「バイトリーダーの末路は厳しい?不安を解消するための方法を解説」のコラムも参考にしてください。

30代女性がフリーターから脱却するには?

30代の女性がフリーターから抜け出すには、「正社員として就職する」「起業をする」といった方法があります。フリーター生活をやめて就職したほうが良いか悩んでいる方は、以下を参考にしながら、自分に合ったやり方を検討してみましょう。

正社員として就職する

30代の女性でフリーターから脱却したいと思っている方は、正社員を目指して就職活動を始めてみましょう。フリーターと比べると、正社員は収入アップや賞与の支給が見込めたり雇用が安定したりするなど、多くのメリットがあります。将来に不安を感じているのであれば、正社員就職して安定した環境で働くのがおすすめです。一人での就職活動に自信がない場合や、就職活動の方法が分からないという場合には、就職エージェントといった専門家の力を借りるのも良いでしょう。

就職せず起業をしてみる

30代のフリーター女性で現状を変えたい方は、就職せずに起業するという選択肢もあります。自分のやりたいことが明確にあったり、会社勤めに抵抗があったりする場合は、自身で会社を起こすのも一つの方法です。個人事業主としてフリーランスで仕事を請け負うといったやり方もあるでしょう。ただし、起業して一定の利益を得られるようになるまでには、それなりの時間や労力が掛かるものです。また、思うように経営がうまくいかないリスクがあることも念頭に置いて行動する必要があるでしょう。

30代フリーター女性の就職活動5つのポイント

正社員就職を目指して就活を開始する30代フリーター女性は、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。早く就職したいからといって焦らず、自分に合った求人や職場を冷静に見極めることが重要です。やみくもに就職活動を行うと、選考に行き詰まったり、早期退職につながったりする恐れもあります。

1.アルバイト経験を活かす

正社員経験のない30代フリーター女性は、アルバイト経験を活かして就職活動を進めましょう。一般的にアルバイトは職歴と判断されませんが、アピール次第では評価してもらえるはずです。
まずはこれまでのアルバイト経験を振り返り、身に付けたスキルや自分の強みを洗い出してみましょう。たとえば、販売・接客業で身に付けたコミュニケーション力は、正社員就職においてもさまざまな業界・職種で活かせます。

2.企業選びの軸を明確にする

30代フリーター女性が就職を成功させるには、企業選びの軸を明確にしておくことが大切です。収入や仕事内容、福利厚生、ワークライフバランスのとりやすさなど希望条件をいくつか挙げ、優先したい条件と妥協しても良い条件を整理しておきましょう。
企業選びの軸が定まっていないと、せっかく就職できてもミスマッチを感じる可能性が高まります。「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、自分の希望に当てはまった企業を探しましょう。

3.経験不問の求人や正社員登用制度に注目する

30代フリーター女性が正社員として就職するには、経験不問の求人に注目することが重要です。経験のほか年齢や学歴、資格の有無を問わない求人であれば、30代フリーターも応募しやすく、採用率も高まるでしょう。
また、いきなり正社員として働く自信がない30代フリーター女性は、「正社員登用制度あり」の記載がある求人に注目するのも有効です。正社員登用制度とは、アルバイトや派遣社員として一定期間働いたのち、雇用形態を正社員に切り替える仕組みを指します。非正規雇用者として働きながら企業との相性を確かめられるので、正社員就職後のミスマッチが減らせるでしょう。

正社員登用制度の利用を目指す際の注意点

正社員登用制度には、社内試験への合格や特定の資格取得といった厳しい条件を設けている企業も少なくありません。また、正社員登用制度を設けておきながら、ほとんど実績がない企業も見られます。登用制度を活用して正社員を目指したい30代フリーター女性の方は、過去の実績や登用条件まで細かく確認しておくことをおすすめします。

4.就職に有利な資格を取る

経験やスキルに自信がない30代フリーター女性は、就職に有利な資格を取得するのも良いでしょう。資格そのものはもちろん、「仕事のために自発的に勉強した」という姿勢や熱意が評価される可能性もあります。
ただし、やみくもに資格を取るのはおすすめできません。試験勉強を理由に就職時期が遅れてしまえば本末転倒です。自分が目指す職種にはどのような資格が有効なのか、どのくらいの勉強時間が必要なのかを確認したうえで、計画的に取得を目指しましょう。

5.就職支援サービスを活用する

30代フリーター女性が就職を成功させるには、就職支援サービスの活用も有効です。求人を紹介してもらったり、選考対策をしてもらったりし、効率よく就職活動を進めましょう。
ハローワークは、公的な就職支援サービスです。全国各地に設置されており、無料で利用できます。地域の企業を紹介してもらえるので、地元で働きたいフリーターに向いているでしょう。
また、民間の就職支援サービスである、エージェントに登録するのもおすすめです。就職エージェントで取り扱っている求人は、ハローワークの求人よりも質が高いといわれています。30代で初めての就職に不安がある、ブラック企業への就職を避けたいといったフリーターの方はぜひ活用してみましょう。

フリーターの就職活動のポイントは、「フリーターの就職は難しい?おすすめの就活方法やエージェント活用法を解説」や「フリーターから就職を目指す女性へ!おすすめの職種や就活のコツ」でも解説しています。参考にしてみてください。

30代フリーター女性の就職におすすめの仕事5選

30代女性には、企画やマーケティング、コンサルタントといった職種が人気のようです。しかし、これらの職種はフリーターから就職を目指すには、やや難易度が高い傾向があります。ここでは、30代フリーター女性の就職におすすめの仕事を5つご紹介。比較的、未経験者歓迎の求人が多く、入社時点では専門知識・スキルを問われないのが特徴です。

1.事務職

事務職は30代フリーター女性におすすめの仕事の一つです。どの企業にも必要な職種であるため、常に求人が出ている傾向にあります。また、一般的に女性が多い職種であるため、働きやすい環境が整っている可能性も高いでしょう。
事務職にもさまざまな種類がありますが、特に一般事務や営業事務は未経験から挑戦しやすいといえます。パソコンスキルが問われることも多いですが、「簡単な入力作業ができればOK」としている求人も少なくありません。自分に合った業務レベルの求人を選びましょう。

2.営業職

営業職も未経験者向けの求人が多いため、30代フリーター女性におすすめです。一からビジネスマナーやコミュニケーションスキル、提案力を身に付けることができ、あらゆる業界でニーズのある職種なので、一度経験を積めば今後のキャリアにも大いに役立つでしょう。
飛び込み営業やノルマが厳しいイメージから、営業職を敬遠する30代フリーター女性もいるようですが、営業スタイルや目標設定は企業によってそれぞれです。自分に合った企業を選べば大きくスキルアップでき、インセンティブによる収入アップも図れるでしょう。

3.販売職

販売職も30代フリーター女性に向いている仕事の一つです。一定のコミュニケーション力があれば経験や資格を問わず挑戦できるとともに、自分が好きなものを扱っている職場に就職することでモチベーションもアップします。販売系のアルバイト経験がある30代フリーター女性は、選考で積極的にアピールすると良いでしょう。
ただし、就職先によっては、残業が多かったり、土日休みが取れなかったりする可能性も。なるべく定時に仕事を終えたい方や平日のみ働きたい方は、労働条件をよく確認する必要があります。

4.看護助手

看護助手は、基本的に資格やスキルがない場合でも就職可能です。仕事内容は、その名のとおり看護師の補助や患者さんのサポートがメインとなります。医療の現場で働くことには大きな責任が伴いますが、その分やりがいも感じやすいでしょう。30代フリーター女性の方で、将来的に看護師や介護師などを目指したい気持ちがある場合は、実務経験を得られるメリットもあります。

5.Webエンジニア

Webエンジニアは、Web上で用いられるアプリケーションやシステムを開発するのが主な仕事です。昨今の急速なIT化に伴い、Webエンジニアの数は不足していることから、企業は働きながら知識とスキルを身につけられる人材を求める傾向にあります。そのため、30代フリーター女性の就職先としておすすめです。物事に対して根気強く学ぶ姿勢を持てる人に向いている仕事といえるでしょう。
女性フリーターが正社員を目指すうえでおすすめの職種に関しては、「フリーターの女性は結婚できない?正社員も目指せる7業種を紹介​​」でも紹介していますので、ご参照ください。

自分に合った就職先を見つけたい30代フリーター女性の方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、フリーターの就職を支援するエージェントです。未経験者向けの求人を数多く取りそろえており、そのなかから専任の就活アドバイザーが相談者一人ひとりに合った案件をご紹介します。また、応募書類の添削や面接対策、企業との条件交渉などもすべてアドバイザーがサポート。一人での就職活動が不安な方も安心のサービスです。ハタラクティブで正社員就職を目指しましょう!

就職を考える30代フリーター女性のお悩みQ&A

ここからは、就職を考える30代フリーター女性が抱えがちなお悩みにQ&A形式で回答していきます。

30代フリーターですが就職したほうが良いですか?

自身の現状や将来に不安を感じているのであれば、正社員として就職するのがおすすめです。正社員と比べ、フリーターは雇用や収入が不安定なため、将来的に生活維持が困難になるリスクがあります。また、年齢が上がるほど就職は難しくなる傾向も。就職への気持ちがある30代フリーター女性の方は、できるだけ早く就職活動を始めたほうが良いでしょう。「高卒フリーター女性は正社員で就職できる!注意点とおすすめ職種をご紹介!」でも正社員になるメリットについて解説しています。

資格を取ったほうが就職に有利ですか?

仕事に結びつく資格を取得すれば、就職で有利に働く場合があるでしょう。ただし、資格の有無にこだわり就職を後回しにすると、フリーター期間がずるずると長引いてしまう可能性も。「フリーターにおすすめの資格を職種別に解説!取得時の注意点や勉強法も紹介」でも説明しているように、正社員になりたい30代フリーター女性は、働きながら資格を取る方法もあります。資格取得は、自身の状況を踏まえたうえで計画的に目指しましょう。

30代女性がフリーターからの就職を成功させるには?

30代女性がフリーターから正社員を目指す際のコツは、「アルバイトの経験をアピールする」「企業選びの基準を定める」「経験不問の求人に応募する」などです。正社員登用制度の実績がある企業に就職し、制度を活用するのも一つの手。また、就職エージェントを利用するのもおすすめです。フリーターから正社員就職したい方は、「フリーターから正社員になるには?就職成功のコツやおすすめの職種を紹介!」も参考にしてみてください。

30代フリーターから正社員就職は可能ですか?

就職活動のやり方や自身のやる気次第で、30代フリーターから正社員になることは可能です。ただし、正社員経験が乏しいまま年齢を重ねてしまうと、就職は難しくなる傾向にあります。フリーターを脱却したい方は、正社員就職へ向けて早めに動き出しましょう。
ハタラクティブでは、フリーターの方の就職支援を行っています。未経験者可の求人も多数取り扱っているため、就職をお考えの方はぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ