正社員になりたい!女性フリーター向け就活術

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・内定を得られる女性フリーターには「コミュニケーション能力がある」「バイトの経験を活かせる仕事を選んでいる」「仕事に役立つ資格を持っている」などの特徴がある
    ・法的に求人で応募者の年齢を指定することはできないが、若い人材を求めている企業は多く、年齢を重ねると正社員になるのが難しい傾向にある
    ・フリーターから正社員を目指すには、「未経験者歓迎の求人を探す」「正社員を目指す道筋を明確にする」「バイトの経験を活かせる仕事を探す」などのコツがある

今はフリーターをしているけど、ゆくゆくは正社員として働きたい…。
そう考えている女性フリーターの方は少なくないのではないでしょうか。

このコラムでは、内定が出やすい女性フリーターの特徴や正社員になるためのポイントなどを紹介しています。
いずれは正社員になりたい、就活を始めるか悩んでいる…そんな女性フリーターの方は必見です。

◆内定が出やすい女性フリーターの特徴

フリーターから正社員を目指した時、内定が出やすい女性には共通する特徴があります。

【内定が出やすい女性の特徴】

・コミュニケーション力がある

どんな仕事でも重宝されるコミュニケーション能力。
周囲の人と円滑なコミュニケーションを図れる人材は、正社員としても活躍しやすいため、内定を得やすい傾向にあります。

・アルバイト経験を活かせる業種を選択している

例えば、接客バイトから接客業の正社員、データ入力バイトからパソコンを用いた事務の正社員…など、アルバイトで磨いたスキルを活かせる正社員求人に応募するというのも内定率を高めるためには効果的。自分の経験やスキルを見直してキャリアを考えてみると良いかもしれません。

・行動力がある

内定を得るためには、まずは就職活動に力を入れることが前提。フリーターから就活をするには、自分で情報収集をする必要がある、不採用だった場合の問題点の改善を自力でしなければならない…などさまざまなハードルがありますが、それを乗り越える行動力がある人は内定に近づくでしょう。

・素直に人の意見を聞ける

「こういう仕事が向いているんじゃない?」「こうしたほうがうまくいくと思うよ」…そんな風にアドバイスをもらっても、「でも…」「だって…」と意見を受け入れず、自分の考えだけで行動しているようでは就職活動はなかなかうまくいかないかもしれません。
就活をする上では他人からの客観的な意見が良いアドバイスになることもあるので、ときには周りの人の意見を素直に受け入れてみましょう。

・仕事に役立つ資格を持っている

事務の仕事であれば簿記検定やMOS、介護業界であれば介護職員初任者研修など、希望する職種や業界で役に立つ資格を取得しているというのは内定獲得のためのポイントになります。
今のスキルや経験だけでは正社員になれる自信がない…という方は、就職活動と並行して資格の勉強をしてみても良いかもしれません。

このような条件を満たしていれば、正社員として採用される確率は高くなるでしょう。
内定を得るための条件は職種や業界によっても異なるので、自分の希望する仕事の場合はどうだろうか…と考えて行動に移してみると良いのではないでしょうか。



◆年齢によっても内定の出やすさは変わる

フリーターの女性が正社員になる際、見られているのは経歴だけではありません。
法律上、求人募集には年齢制限を記載できないようになっています。そのため、例えば企業側が「20代の人材を採用したい」と思っていたとしても、求人票にそれが書かれることはありません。
しかし、実際に採用する際には年齢も加味した上で判断されていることは少なくないのです。

特に、体力を必要とする仕事や働きながらスキルを身につけなければならない仕事では「できれば若い人材を採用したい」と考えられていることは多いもの。実際に、下記のように年齢を重ねた女性フリーターは正社員になれる確率が低くなっていく…という調査結果も出ています。

〈女性フリーターの年齢別正社員移行率〉

女性全年齢計:10.7%
15~19歳:17.1%
20~24歳:18.1%
25~29歳:12.3%
30~34歳:8.4%
35~39歳:8.2%
40~44歳:7.8%
(2012年の結果)

このように、女性のフリーターは20代前半をピークに、年齢を経るにつれて正社員移行率が下がっていくことがわかります。
正社員になりたいという気持ちが強いのであれば、できる限り早く就活を始めるのがおすすめです。

参照元:独立行政法人労働政策研究・研修機構 - 平成24年度若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②  http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2014/documents/0144.pdf


◆フリーターから正社員になるにはコツがある

フリーターが正社員になるためには、いくつかのコツがあります。それを押さえて、効率的な就職活動を行ってみましょう。

まずは、どのように正社員になるのかを決めましょう。
正社員になる道には、正社員求人に応募するというものだけではなく、アルバイトや契約社員からの正社員登用を目指す、紹介予定派遣で派遣から正社員になる…などもあります。

また、正社員求人に応募する!と決めた場合、その求人の選び方も大切。フリーターから正社員を目指す場合には、「未経験者歓迎」の求人を重点的に狙うようにしましょう。
その他、最初の項目でも触れましたが、アルバイトの経験を活かせる業種や職種を目指すのも内定への近道。スキルを活かして働ける仕事を探してみましょう。

一人で就活をするのは不安、自分に向いている仕事がわからない…そう悩んでいる方は転職エージェントの活用がおすすめ。
転職エージェントというと、正社員経験がなければ利用できないのでは?と思ってしまいがちですが、フリーター経験のみでも利用できるサービスもあります。
ハタラクティブは、若年層に特化した転職エージェント。学歴や職歴を問わずご利用いただけ、丁寧なカウンセリングをもとに利用者の方に合った求人の紹介をしています。
就職活動をするか悩んでいる…というフリーターの方は、まずはお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ