30代フリーター女性は将来が不安?正社員になる方法やメリットを紹介!

30代フリーター女性は将来が不安?正社員になる方法やメリットを紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・30代フリーター女性は収入面や雇用面の安心性が低い
  • ・30代フリーター女性は年齢を重ねるごとにやりたい仕事に就きにくくなる
  • ・30代フリーター女性は婚活で不利になるケースが多い
  • ・30代フリーター女性が正社員になれば、生涯賃金アップが期待できる
  • ・30代フリーター女性が正社員を目指す方法は「未経験可求人への応募」「資格取得」など

「30代の女性がフリーターだと将来は暗い?」と心配している方もいるのではないでしょうか?フリーターは比較的気楽に働ける反面、収入や雇用が不安定であるため、早めに正社員に就職するのがおすすめです。
このコラムでは、フリーターとして働きつづけることのデメリットや、正社員へ転換するメリットを紹介。また、フリーターから正社員になる方法もまとめています。
参考にして、正社員就職を目指しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

30代フリーター女性が抱える3つの悩み

多くの30代フリーター女性が抱えている悩みを3つ紹介します。
10代、20代であればまだまだ先は長いので、大きな悩みを抱えにくいですが、女性の結婚適齢期とも言われている30代前後になってくると、不安はどんどん増していく傾向にあるようです。

1.収入が不安定

年齢を重ねるほど、収入が不安定になっていく可能性が高いです。
フリーターは基本的に時給制であるため、よほど無理して働かない限りは毎月稼げる額には限度があります。20代までは長時間働いても大丈夫だったのに、30代になると体力的にきついと感じるようになり、無理がだんだんきかなくなって収入も不安定になりがちです。

2.貯金ができなくて将来が不安になる

20代のうちにある程度の貯金ができていないと、30代に入ると将来に対する不安が大きくなります。
体力がある20代のうちは、アルバイトでもたくさん収入を得られても、年齢を重ねるにつれて長時間働くのがつらくなってくるでしょう。無理して稼ぐことができなくなっていきます。
実家暮らしなら20代のうちはまだ親も若いので、貯金ができなくても不安を抱えにくいですが、30代ともなると親も老いてくるため、一人になったときのことが頭をよぎるように。将来への不安を抱えやすくなります。
また、一人暮らしをはじめると、家賃、光熱費、食費などを全て一人でまかなわなければいけなくなって、生活するだけで精一杯になり貯金が急にできなくなる人が多いです。

3.仕事にやりがいを持てなくなる

アルバイトだと、どうしても仕事にやりがいを持てなくても悩んでいる方も多いようです。
特に正社員と同じ職場で働いている場合は、30代になって正社員の若い世代が増えてくると、自分の方が仕事をできたとしても頼りにされるのは正社員という場面がどうしても多くなります。それが原因で仕事に対するやりがいを失い、落ち込んでしまう方も少なくないようです。

フリーターで女性と男性の収入差を知りたいという方は、30代フリーターが就職を成功させる方法なども紹介しているコラム「30代フリーターは就職しないとやばい?男女別に正社員との収入差を解説!」を参考にしてください。
また、アラサーフリーターでも結婚できるかを知りたい方には、結婚や貯金の悩みなども解説しているコラム「アラサーフリーターから就職するには?貯金や結婚などの悩みも解説!」がおすすめです。

30代女性がフリーターとして働く4つのメリット

正規社員ではなく、フリーターとして働くことにはさまざまなメリットもあります。そのため、あえてアルバイト求人を探して転職を繰り返している30代女性も少なくありません。
ここでは、30代の女性がフリーターとして働くメリットを4つ紹介します。

1.仕事を見つけやすい

正社員として働くことができる職場を見つけることは簡単ではありませんが、アルバイトなら自分がしたい仕事を見つけやすいです。
さらに、業種も気にしなければその日からでも働ける仕事はたくさんあります。今ではネットで検索すれば、自分が働きたい日時を選んで、希望する時間だけ勤務することも可能です。

2.仕事を辞めやすい

正社員と比べると、仕事を辞めやすいのもアルバイトの特徴です。
キャリアアップのためにいろいろな職場で多くのことを学びたい方にとっても、フリーターには大きな魅力があります。
また、画家などの芸術家や、女優やお笑い芸人などの芸能人を目指していて、いつチャンスが巡ってきてもいいように、簡単に辞めやすい仕事を選んで働いている方もいるようです。

3.プライベートを充実させやすい

時間にゆとりや自由度をもたせて、プライベートを充実させるためにフリーターを選択している方もたくさんいます。シフト制であれば曜日や時間に関係なく、プライベートの用事を入れることが可能です。

4.仕事でストレスを抱えにくい

アルバイトの仕事は比較的簡単なものが多く、ストレスを抱えにくいことも大きなメリットです。
そのため、以前正社員として働いていて精神的な大きなダメージを受けた方が、フリーターになるケースも多くみられます。

30代女性がフリーターを続ける7つのデメリット

30代女性がフリーターを続けることには、以下のような多くのデメリットがあります。
ここでは主なデメリットを7つ紹介します。

1.収入が安定しない

ほとんどが時給制であるため、収入が安定しません。また、正社員とは異なり、病気や怪我などで仕事を休んでしまうとその分収入が減ってしまうことも、フリーターとして働く大きなデメリットです。
長期入院が必要になった場合は、しばらくの間無収入になるリスクも抱えています。

2.昇給のチャンスがない

アルバイトでも、長く勤務していたり高い能力が認められたりすることで時給を大幅にアップしてくれる職場もありますが、正社員より可能性は低いといえます。
たとえ長い間働いていたとしても、後から入社した正社員のほうが給与が高くなっていくことがほとんどです。

3.ボーナスがない

ボーナスがないことも、長く勤務している30代女性フリーターにとっては大きなデメリットです。
基本的にアルバイトにはボーナスがないため、たとえ同じ仕事をしていても正社員のように多額のお金を一度に受け取ることができません。

4.年齢を重ねるほど求人が少なくなる

仕事を見つけやすいのがフリーターのメリットですが、年齢を重ねるごとに応募できる求人は減ってしまいます。
表向きは年齢制限を設けていなくても、現実には20代から30代になると、書類選考で落とされることが増えるのが現実です。

5.福利厚生が手薄い

正社員と比べて福利厚生が手薄いことも、フリーターのデメリットです。
たとえば、正社員であれば研修費が出たり、高級ホテルや旅館にただ同然で宿泊できたりするのに、アルバイトにはその権利がないということはよくあります。

6.世間体が悪くなる

年齢を重ねるごとに、フリーターに対するイメージは悪くなっていくのが現実です。
特に今の時代は男女関係なく正社員として働く人が増えたことから、30歳を超えてフリーターを続けている女性への世間の目は厳しくなっています。
世間一般的には「生活力がない」「考えが甘い」「だらしない」などのイメージを持たれてしまうこともあるようです。

7.婚活の面でマイナスイメージになりやすい

10代、20代のうちは、女性のフリーターが婚活の面で大きなイメージダウンになることは少ないようです。しかし、30代までフリーターを継続している女性へは、婚活の面でもマイナスイメージになりやすい現実があります。
結婚は本人だけの問題ではなく、お互いの家族の意見も大きく影響してくるため、世間的なイメージは結婚を決めるのに大きな影響を与えがちです。

このままずっとフリーターを続けていいか悩んでいる方は、フリーターのメリットやデメリットを解説しているコラム「フリーターのメリット・デメリットとは?」をチェックしてみましょう。
何歳までフリーターをしていていいか心配になっている方には、フリーターに関する悩みなども紹介しているコラム「フリーターは何歳までに就職するべき?メリットやデメリットを解説」がおすすめです。

30代フリーター女性が正社員になる4つのメリット

30代の女性がフリーターから正社員になると、以下のようないろいろなメリットがあります。
将来のために、今をしっかり見つめ直すことも重要です。

1.保障・保険が充実する

アルバイトと正社員では、福利厚生以外にも保障や保険に大きな差が出るのが現実です。
病気や怪我をして長期間仕事ができなくなったとしても、休業中の生活保障が受けられます。また、国民年金と厚生年金では老後の安心感が異なるでしょう。
たとえ会社が倒産したりリストラにあったり病気などが原因で退職を余儀なくされたりしても、正社員なら失業保険で当面の間生活費を賄えるので、万一のときの安心感も段違いです。

2.生涯賃金の大幅アップが期待できる

フリーターと正社員を天秤にかけたときに、真っ先にあげられるのが生涯賃金の差です。
20代のうちは働き方によってはアルバイトをしていた方が、収入が多いケースもありますが、前記したように正社員には昇給やボーナスがあるため、30代半ばくらいから年収がどんどん上がっていく傾向にあります。

それに比べてフリーターはあまり給与が上がらないため、若いときよりも稼ぎにくくなる可能性が高いです。
正社員になって働くことで、生涯賃金を大幅に上げられるでしょう。

3.社会的地位を獲得できる

アルバイトに役職がつくことはほぼありませんが、正社員だと実力が認められて「主任」「係長」「課長」「部長」などの肩書きがつく可能性が高くなります。そうなると収入面で優遇される以外にも、社会的な信用も得られることになるでしょう。
また、正社員であれば住宅ローンをはじめとした各種ローンの審査も通りやすくなります。

4.安心して働くことができる

正社員は、収入面以外にもいろいろな面で会社から守られているため、安心して働くことができます。経営不振などでリストラに逢う可能性も0ではありませんが、アルバイトと正社員では前者の方が職場を去ることになる可能性が高いのは言うまでもないでしょう。

アラサーフリーターで将来や結婚への不安を感じて就職を考えている方は、正社員を目指すべき理由などが書かれているコラム「フリーター女性が正社員就職を目指すべき理由とは?一生このままで結婚できる?」をチェックしてみてください。
また、30代ではじめて正社員を目指そうと思った方には、就活のコツなどを紹介しているコラム「30代で初めての正社員を目指すには?就活のコツやおすすめの業界を解説」がおすすめです。

30代女性がフリーターから正社員になる5つの方法

30代女性フリーターでも、以下のような5つの方法で正社員になることは可能です。30歳を超えて正社員になりたい人は、自分に合った方法を選択してチャレンジしてください。

1.これまでの経験を活かせる仕事を探す

長くフリーターとして働いてきたという方なら、アルバイトの経験を活かせる仕事を探すことで、正社員になれる可能性を高めることができます。
即戦力になる人材は多くの企業が求めているので、書類選考や面接時に、具体的にどのような貢献ができるのかを採用担当者にアピールしましょう。

2.未経験者歓迎の求人を探す

20代より30代の方が正社員として採用してもらえる可能性は低くなるのが一般的ですが、年齢不問や未経験者歓迎の求人を探して応募することで、比較的採用されやすくなるでしょう。

3.正社員登用制度のある会社を探す

正社員登用制度のある会社を探して採用してもらえれば、一定期間勤務して実力を認められれば正社員になることが可能です。
派遣社員や契約社員としてのスタートになりますが、その後の努力次第で正社員就職ができることがあります。

4.資格を取得する

事前に仕事に必要な資格を取得すれば、正社員への近道となります。
特に介護をはじめとした医療系の仕事や、エンジニアなどは2021年時点で今後も人手不足の傾向が続くことが予想されるため、正社員就職しやすい傾向があります。興味がある人材不足の業界情報を集めてみるのも良い方法です。

5.就職支援サービスを利用する

ハローワークや就職エージェントなど、正社員就職をサポートしてくれるサービスを利用しましょう。
ハローワークでは、自分の希望に合った仕事を紹介してもらえます。そのほか、カウンセリングや職業訓練なども受けられる無料の支援があるため、積極的に利用することがおすすめです。
また、転職エージェントを利用してみるのも正社員になるためには良い方法です。
特に、30代女性のフリーターの正社員就職に強い就職エージェントや、人材不足である業界に強いサービスを利用すれば、就職成功の可能性を高めることができるでしょう。

就職・転職をサポートしているハタラクティブでは、フリーターから正社員になりたい方の相談に乗って、理想の職場を紹介します。
専任のキャリアアドバイザーがあなたの希望を丁寧にヒアリングしたうえで、適性も把握していろいろな求人をご提案させていただきます。
履歴書や職務経歴書などの応募書類作成のアドバイスもして、面接対策にもマンツーマンで対応します。
ハタラクティブが提供しているサービスは、全て無料で利用できるので、どうぞお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION