フリーターでいられるのはいつまで?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 一生フリーターの悩み
  4. >
  5. フリーターから脱出する方法
  6. >
  7. フリーターでいられるのはいつまで?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターでいられるのは20代まで。30歳を超えると正社員として採用されるのが難しくなってくる
    ・フリーターは自由で気楽だが、仕事のスキルが身に付かず、収入面での不安も大きい
    ・正社員はきびしく辛いというイメージがあるが、一定の収入も社会的な信用もあり安定している
    ・フリーターに焦りを感じているのなら、正社員を目指そう

「自由だし責任も少なく楽」「生活できる程度の収入は得られている」「まだ自分に合った仕事が見つかっていない」など、フリーターでいる理由はさまざまですが、一方で、「いつまでフリーターを続けられるだろう」と漠然とした不安を持つ方も少なくありません。
では、フリーターでいられるのはいつまでと考えておくべきなのでしょうか?

◆フリーターいつまで続けられる?

フリーターとして働く人の中には、自らそうした働き方を選択しているという人も多くいます。
なぜならフリーターは、正社員よりも責任を持たなくて良い、時間に自由が利くなどの利点があるためです。
また、気になる収入面も、20代の段階ではそこまで大きな差はありません。
業務的に残業がないことも多いので、自分の時間を持ちたい人にとって、フリーターという働き方はメリットが大きいと言えるでしょう。

しかし、フリーターが楽だと思えるのは若い間だけというのを知っておく必要があります。
30代を超えると収入にも大きな差が出てくるほか、雇用が不安定になり、新しい仕事も見つかりづらくなるからです。

そして、ずっとフリーターでいることはできても、正社員になるにはタイムリミットがあります
一般的には、未経験で30歳を超えると正社員になるのが難しくなってくるとされており、40歳を超えると、正社員として採用してくれる会社はほぼなくなると考えられています。
30歳を過ぎて後悔しても遅いのです。

次項ではフリーターと正社員のメリット・デメリットをご紹介しますので、「今はフリーターでいたい」という方も、それぞれの違いを知り、自分に最適なライフプランを立ててみましょう。

◆フリーターと正社員のメリット・デメリット

フリーターでいることのメリット・デメリットは以下のとおりです。

【フリーターのメリット】

・自由度が高い、責任が少ない

アルバイトはシフト制のところが多いため、勤務時間や勤務日数が比較的自由に調整できます。
例えば、稼ぎたい月は多くシフトを入れたり、旅行に行く期間は休みにしたりと仕事に縛られず働くことが可能です。また、直接責任を負うこともないので気楽に働けます。

・残業が少ない

基本的には決められた業務時間のみで、残業がないケースが多いです。規定時間を超えた場合はしっかり残業代が出るので、サービス残業ということにはなりません。

・好きな仕事ができる

気軽に入職・退職できるので、「やってみたい」「興味がある」という程度でもチャレンジしやすいです。また、自分に合った仕事に出会えれば、そこから正社員を目指せる場合もあります。

【フリーターのデメリット】

・スキルが身につかない

フリーターの仕事は、あまりスキルが身につかない単純作業が多い傾向にあるようです。そのため、いざ正社員になろうとしても職歴としてアピールしずらく、就職活動が難航する恐れも。

・年収が低い

一口にフリーターと言っても人によって年収は違いますが、大抵の場合は正社員と比べると低めです。また、20代ではあまり差がないように思えても、30代、40代と年を重ねるにつれ、その差は大きくなっていきます。

・不安定

給料は働いた分だけ支給されるので、病気や怪我で働けなくなったらその分収入は減ります。また、長期雇用を前提としていないので、会社の都合でシフトを減らされる可能性もあるでしょう。
この不安定さゆえ、カードの審査なども不利になってしまうことが多いようです。

・老後の心配がある

年を取れば体力もなくなってくるので、できる仕事が少なくなります。ひとり暮らしの場合は、貯金をするのは難しいかもしれません。
老後には年金がもらえますが、国民年金と厚生年金がもらえる会社員や公務員と違って、フリーターは国民年金しかもらえないため、金銭的に厳しい状況となるでしょう。


続いて、正社員として働くメリット・デメリットをご紹介します。

【正社員のメリット】

・スキルを磨ける

正社員として働く場合、研修や勉強会に出席できる機会が多いです。中には資格取得のためのバックアップをしてくれる企業も存在します。
将来転職するにしても、転職先でそのスキルを活かすことができるため、自分のスキルアップを会社がサポートしてくるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

・安定している

期間の定めがない雇用形態なので、長期に渡って働くことが可能です。

・収入が多い

固定給のほか、業績に応じて賞与があり、会社によってはさまざまな手当ても付けてくれます。また、勤続年数を重ねるごとに固定給が上がることも多いので、将来的にはかなり年収が上がっていくと考えられます。

【正社員のデメリット】

・自由度が低く、責任が重い

勤務時間は固定であることが多く、その企業が定めた就業規則に従わなければなりません。
仕事に対しての責任は重く、仕事量も多いです。また、場合によっては異動や転勤などに応じ、生活スタイルを変えなければならないこともあります。

・長期休暇が取りづらい

正社員での勤務の場合、長期の休みが取りづらくなります。もちろん有給休暇はありますが、「周りのことを考えると申請しづらい」という人も多いようです。

・拘束時間が長い

業務の進捗状況によっては、残業や休日出勤に応じる必要が出てきます。仕事にやりがいを感じているなら別ですが、つらい仕事を長時間させられるとストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。


両者のメリット・デメリットを挙げていきましたが、いかがでしたか?
フリーターの働き方は魅力が大きいですが、やはり年齢を重ねるごとに厳しくなっていきますし、何より将来の不安が大きくなると考えられます
正社員は厳しくつらいというイメージが大きいかもしれませんが、自分の適正に合った仕事を選べば、あまり大変だと感じないかもしれません。フリーターでいることに焦りを感じているのなら、正社員を目指しましょう。

◆正社員を目指すなら20代のうちに行動を!

「フリーターの経験しかなくて正社員になれるか不安…」という方でも、若い間なら未経験歓迎の求人が見つかります。また、既卒やフリーターを積極的に採用している企業もあるので心配いりません。

もし一人での就活が不安なら、就職支援サービス利用してみてはいかがでしょうか。就職支援サービスでは、就活に必要な情報を得ることができるほか、就活に関するさまざまなサポートも受けられます。

ハタラクティブは、主に高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層の方を対象にしたサービスのため、未経験可の求人も豊富にご用意しています。
希望条件に合った求人のご案内はもちろん、応募書類の添削や面接練習などにも応じているので、不安なく就活を進めることができます。
まずはお気軽にご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ