新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 一生フリーターの悩み
  4. >
  5. 一生フリーターの今後
  6. >
  7. ずっとフリーターでいるより人生が豊かになる正社員へ!

ずっとフリーターでいるより人生が豊かになる正社員へ!

公開日:

最終更新日:

ずっとフリーターでいるより人生が豊かになる正社員へ!の画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターという呼称は34歳まで。35歳以上は単なる非正規雇用とみなされがち
    ・フリーターは社会的な信用が得られないないため、信販会社の審査に通りづらい
    ・フリーターは雇用が安定していないため、病気や出産時に困ることがある
    ・正社員を目指すならば、少しでも年齢が若いほうが有利

フリーターをされているみなさん、ずっとこの生活を続けるつもりでいらっしゃいますか?
「自由が効きやすいのはいいけど、将来のことが気になる」「年齢的にそろそろ厳しいかな…」と思われている方、今があなたのターニングポイントかもしれません。
フリーターから脱却するにはどうすれば良いのか、一緒に見ていきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ずっとフリーターでも大丈夫?

まず、フリーターの定義を確認しましょう。
一般的にフリーターとは、主にアルバイトで生計を立てている15〜34歳の非正規雇用者を指します。
主な収入がアルバイトによるものでも、35歳以上の人のことはフリーターとは呼びません。つまり、フリーターというのは、若年層に限られるということです。

では、35歳以上でアルバイトをしている人はなんと呼ぶのでしょうか。特に決まった呼称がありません。この背景には、35歳にもなってアルバイトなんて…という社会一般的な偏見があると想像できます。
これらを踏まえると、ずっとフリーターでいたいというのは、無理があるかもしれません。

社会的な信用が得られないということは、賃貸物件を借りづらかったり、大きな買い物をする際にローンの審査が通らなかったりします。正規雇用に比べて収入が少ない、福利厚生が受けられないといデメリットはもちろんのこと、新生活のスタートすら難しいというのは大きな問題と言えるでしょう。
親からの援助がある学生時代や実家暮らしのときには思いもよらなかったことが、ウィークポイントとして噴出してくるかもしれません。それらを鑑みると、ずっとフリーターでいるというのは将来的に危ういと言えます。

フリーターになる理由

不安定な身分であるにも関わらず、フリーターを続けている理由はなんでしょうか?よく耳にする事柄を下記します。

 
やりたい事が見つからず卒業後の進路が決まらなかった

学生時代に将来のことを考えたにも関わらず、確固たる目標が見い出せずに卒業してしまった。

 
就職を希望したが就活が上手くいかなかった

就活をしたが、書類審査や面接などが通過せず心身共に疲れ果ててしまった。

 
就職以外にやりたいことがあったから

企業に縛られるよりも、自分が好きなことを楽しみながら自由に生活していきたい。

 
家族や持病などが原因

親や兄弟に介護や看病が必要となり、就職どころではなくなったから。

フリーターでいることのデメリット

正規雇用であれば、病気休暇や産前産後休暇、育児休暇などが適用され、雇用が途切れることがありません。また、企業が加入している保険により医療費が賄われたり、お見舞金が支給されることもあります。
一方、フリーターの場合はそれらの保障はありません。そればかりか、アルバイトすら辞めることになりかねないでしょう。

収入自体も、正規雇用とは大きな差があり、今後、結婚や家族が増えたときのことを考えると不安だと思われます。
それ以前に、自分の生活だけで目一杯なため、異性との交際や結婚は考えられない…という人もいるかもしれません。
つまり、フリーターの自由さは、社会での生きづらさと表裏一体と言えるでしょう。

フリーターから正社員への就職に関するQ&A

フリーターを続けることに不安を感じている方に向けて、正社員への就職に関する疑問をQ&Aにまとめました。

 

就活に向けて準備することはありますか?

まずは規則正しい生活をするのがおすすめ。アルバイトは勤務時間が不規則なことが多く、日によって生活リズムが変わることも珍しくありません。一方、正社員は勤務時間が固定されていることが多いので、出勤時間に合わせて早起きするなど、一定のリズムでの生活が求められます。すぐに変えるのは難しいため、就活前から準備しておくと安心です。そのほかの準備について「そろそろ正社員を目指したい!フリーターを脱出する方法」をご覧ください。

正社員の仕事は難しそうで不安です

正社員はアルバイトに比べて責任は重くなりますが、最初から難しい仕事をするわけではありません。難易度の低い仕事から始め、少しずつ覚えていくのはアルバイトと同じ。勤続年数が長くなれば仕事の難易度は高くなりますが、その分スキルや経験が積めるというメリットがあります。「正社員になりたくない人必見!正社員のメリットとは?」も参考にしてください。

フリーター歴が長くても就職できますか?

フリーター歴が長いと就職で不利になりやすいのは事実。しかし、フリーターを続けた理由と、「なぜ今正社員になるのか」を説明できれば就職の可能性は十分にあります。
たとえば、「資格取得に向けて勉強時間を確保するためフリーターをしていた」「資格が取得できたので正社員に就職したい」などの説明が考えられるでしょう。
面接での説明については「空白期間を面接で質問されたときの対策」をご一読ください。

面接でフリーターについて聞かれたら?

嘘をついたり、ごまかしたりせず、正直に答えましょう。フリーターになった理由が「働きたくない」などネガティブな場合は、反省の意を伝えて「今後はしっかり働きたい」とアピールするのが大切。また、「やりたい仕事が見つかった」「長所に気づいた」など経験から得たものがあれば、仕事に活かせると評価される可能性もあります。「フリーターが就職面接を受ける前にまとめておきたい内容3選」を読んで面接対策をしましょう。
ハタラクティブなら就活アドバイザーと一緒に面接対策ができます。一人ひとりに合わせた対策をしますので、面接に不安がある方はぜひご相談ください。

就職したいと思っているなら

フリーターでいることを不安に感じ、就職したいと思っているならば、すぐにでも動いたほうが賢明。年齢を重ねるごとに就職が難しくなる傾向があるからです。
そうは言うものの、1人での就職活動はなかなか上手くいかないと予想されます。そのような場合は、就職・転職支援エージェントを利用してはいかがでしょう。
ハタラクティブでは、フリーターの方への就職支援を積極的に行っています。書類の書き方から面接対策、就職後のアフターフォローまで、細やかにサポート。はじめて就職活動をされる方でも安心して臨めます。
お気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ