就職に有利?簿記1級を取得するメリットとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職に有利?簿記1級を取得するメリットとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・簿記は3級から1級まであり、複数の団体で検定を実施している
    ・難易度の高い簿記1級を取得していれば、就職や転職、昇進などに活かせる
    ・簿記1級はかなり難関なので、専門的に学んでいない人は3級から挑戦してみよう

就活や転職活動を有利に進めるために、資格取得を考える人もいるでしょう。中でも、簿記は人気のある資格のひとつです。
しかし、実際に簿記が転職に活かせるのか、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。
ここでは、簿記の試験内容や合格率、資格を取得することのメリット、勉強方法などについてまとめました。

◆簿記とは

簿記の検定を行っている団体は複数ありますが、知名度や評価が高いのは日本商工会議所の検定「日商簿記」です。
日商簿記は、3級から1級まで設定されており、2級と3級は年3回、1級は年2回試験を実施しています。日商簿記には受験資格がないため、3級を受けずに、2級から受験することも可能です。

簿記3級は、仕訳や総勘定元帳、財務諸表の作成といった「商業簿記」の基礎が中心。合格率は30~40%、およそ50~100時間の勉強時間が必要だと言われています。
簿記2級には、3級の内容をベースに、工場や製作所などの製造業に関わる「工業簿記」に関する問題が出題。合格率は20~30%前後と言われており、勉強時間は150~250時間が目安です。

さらに、簿記1級は難易度も上がり、極めて高度な商業簿記、工業簿記、会計学、原価計算に関する内容が出題されます。合格率は6~10%、年間の合格者は1500人程度しかおらず、勉強時間は約700時間と言われていることからも、難易度の高さが伺えるでしょう。
1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られるため、公認会計士や税理士などの国家資格への登竜門とされています。



◆簿記1級のメリット

前項で説明したように、簿記1級は難易度が高い試験です。そのため、簿記1級を持っていることで、以下のようにさまざまなメリットが得られます。

【就職に活かせる】

大企業に就職や転職をしたいと考えている人は、簿記1級を取得していることで、選考時に有利になるでしょう。
倍率の高い大企業では、簿記2級レベルだと他の応募者と大きな違いになりません。しかし、難易度の高い簿記1級を取得していることで、能力の高さをアピールできるだけではなく、目標に向かって取り組む姿勢や意欲も示せます
経理だけではなく、経営企画、システム開発、マーケティング、営業といった職種でも活かせるでしょう。

【転職や昇進の武器になる】

キャリアアップのために転職するとき、簿記1級を取得していると給与アップが狙えます。中小企業から大企業へのステップアップも目指せるでしょう。
また、簿記1級を取得することで、内勤への異動や、早期昇進に繋がる可能性も。
会計や経理の管理職、上場企業の会計職を目指している場合は、簿記1級を取得するのがおすすめです。

【独立したときやフリーランスになったときに役立つ】

簿記や会計の能力は、経営のために必要なもの。将来独立したときやフリーランスになったときに、簿記・会計の能力がないと会計上の問題に対応することができません。
ただ帳簿をつけるためなら、経理を雇ったり会計事務所にお願いしたりすれば解決できますが、円滑に運営するためには経営者自身が知識を身につける必要があります。

【経済ニュースの理解度が増す】

簿記1級レベルの知識があれば、経済新聞や経済誌などのニュースの理解が増すでしょう。
経済に関するデータやニュースの理解度が深まれば、国内外の経済情勢を知るだけではなく、業界やライバル企業の動向を推測することも可能。
読み取った情報は、業務に活かすことができるでしょう。




◆まずは3級から目指してみよう

簿記1級の試験内容は難易度が高く、初学者を想定していないと言えるでしょう。
また、1級の学習時間の目安は700時間と言われています。膨大な量を学ばなくてはいけないため、途中で挫折してしまうことも考えられるでしょう。
そのため、大学で専門的に学んでいた人や、専門的な知識に自信がある人以外は、3級から目指すことをおすすめします。

簿記の勉強方法は、参考書や問題集を用いて独学する方法と、スクールに通う方法の2種類です。
3級は出題範囲が定められているため、勉強する時間が確保できるのであれば、独学で合格することも可能でしょう。
テキストは何冊も手を出すのではなく、自分に合った1冊を繰り返し使ったほうがおすすめ。問題を何度も解いていき、簿記の問題に慣れることが大切です。

資格がないけど転職したいという人は、ハタラクティブへお問合せください。
ハタラクティブでは、アドバイザーが1対1でカウンセリングを実施。キャリアプランやスキル、経験に合わせてあなたにぴったりの業界、職種を提案します。
履歴書や職務経歴書の作成方法もアドバイスしているため、資格がない人でも自分の強みをアピールできる書類が作れるでしょう。
転職を考えている人は、お気軽にハタラクティブまでご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ