1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. より良い自己PRになる「就職に有利な資格」をご紹介

より良い自己PRになる「就職に有利な資格」をご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・新卒の合否基準は人柄や将来性なので、資格の有無はあまり気にしなくてよい
    ・業務に関連のない資格は、自己アピールとしてメリットなし
    ・自動車運転免許証は取得しておいたほうがよい
    ・TOEICは、他の語学系試験よりも就活に断然有利

ほとんどの履歴書には「免許・資格」という欄があります。大学生活やアルバイトに一生懸命になっていた方の中には、いざ就活準備をする段階になって「書ける資格がない!」と焦る人もいるでしょう。そんな方でも今からでもできる対処法や、本当に必要な「免許・資格」について詳しくご紹介します。また、資格の有効性についても考察していきましょう。

◆就活に資格は必要?

履歴書に「資格・免許」という欄があると「何も持っていないよ」と焦る人がいることと思います。一方「この資格は希望する会社では不要かもしれない」ということもあるでしょう。
では現実問題として、どんな資格を有していれば就活に役立つのでしょうか。一般的に就活で必要とされるスキルには、どのようなものがあるのかを詳しく考察していきます。同時に、それらの有用性についても言及していきましょう。

【新卒に高いスキルは不要】

実のところ企業側は、就活生に高いスキルを求めてはいません。なぜならば、社会人経験がない新卒を選考をする場合、人柄や今後の可能性を合否の判断基準として見ることが多いからです。

もちろん、有資格者だからといって不利になることは全くありません。しかし、評価に繋がるのは、業務に関連する資格を有している場合に限られることが多いのも現実です。そのため、全く業務に関連のない有資格をアピールしても、メリットは少ないと思われます。

また、本当に業務に必要な資格は、入社後に取得させる企業が多いようです。講習や受験料、登録にかかる費用などは、企業が補助することもあります。これらを踏まえて考察すると、就活のために慌てて資格を取得する必要はなさそうです。

しかし、一方で、ぜひ取得しておきたい免許や資格もあります。次の項目では、それらについて見ていきましょう。

◆取得しておきたい資格と免許

直接業務に関係無くとも、ぜひ取得しておきたい資格や免許があります。お持ちでない方は、下記を参考に取得を検討してください。

【自動車運転免許証】

企業によっては、社用車を使用して業務を行うところがあります。その場合「免許持っていません」では、自身も企業もお客様も困ってしまうでしょう。

特に営業職の場合は社外への移動があり、車を運転する機会が多くあります。また、都心では必要なくても交通網が希薄な地方へ転勤になると、通勤自体に免許や車が必要になることもあるでしょう。

さらに、業務上で荷物を運んだり同行したりするときに、車が運転できるととても有利です。「使える」人材として評価されることでしょう。

【運転免許証の取得にかかる期間と費用】

運転免許を取得するには、以下の3方法があります。それぞれ期間や費用が違うので、詳しくは自分で連絡を取り説明を受けてください。

・教習所で免許を取得する
「教習所免許」とは、自宅から自動車運転教習所(自動車学校)に通学し講習を受けて、免許を取得する手法です。大学へ通いながら取得したい場合や、短期間の集中した休みが取れない場合に活用されています。期間は約2カ月、費用は約35万円です。

・合宿で免許を取得する
平均2週間という短期間で免許が取得できるうえ、費用も15~25万円と割安。まとまった休みが取れる学生に利用されています。

・一発免許で取得する
教習所や合宿で講習を受けずに、直接、免許センターで試験を受けて免許を取得する方法です。しかし、これは難易度が高く現実的ではありません。

もし、履歴書を書く時点で教習所や合宿で講習を受けているのならば「普通自動車運転免許証 ◯◯年△△月取得予定」と書いても問題ありません。大切なのは、就職した時点で免許を取得しているということです。

【語学系の資格】

語学系の資格試験には、英検、TOEFL、TOEICなどがあります。その中でもTOEICは、積極的に受験したほうがいいでしょう。特に、外資系や商社を目指す人は、語学系の資格があると断然有利です。また、その他の国内企業でも、取引先や顧客様が外国の方という場合もあるので、語学資格は高く評価されています。

・実用英語技能検定(英検)
年に3回実施されており、履歴書に書けるのは最低でも2級からだと言われています。しかし、外資系や商社では、2級だとかえってマイナス評価になるかもしれません。2級のレベルは高校卒業程度とされていますので、ビジネスの場では重宝されない恐れがあるからです。
時間的に余裕がある場合は、準1級~1級もしくはTOEICに挑戦してみるとよいでしょう。

・TOEFL
英語を母国語としない人を対象に実施されるテストです。海外留学のための試験で、その点数は入学や卒業の基準として用いられています。試験の内容はアカデミックなものが中心ですが、ビジネスの役に立たないということはありません。留学のための努力を評価してくれることもあるでしょう。

・TOEIC
英語による実践的なコミュニケーション能力を測るテストで、年に10回実施されています。日常会話やビジネス会話の能力が問われる試験です。この試験で高得点を出せば出すほど、就活に有利になります。実施回数が多いので、時間的余裕がある方はぜひ受験するとよいでしょう。

◆その他の資格

その他にも、下記のように色々なビジネス資格があります。自身が希望する企業の業務に関係がある資格ならば、ぜひ履歴書に書いてください。

・簿記
・マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト
・公認会計士
・秘書検定 など

もし、何も資格が無くても悲観することはありません。先に述べたように、新卒の場合は人柄や可能性が評価基準になることが多いため、まずは自身を律することから始めてください。そのうえで資格取得を考えるとよいでしょう。

それでも不安な方は、ぜひ「ハタラクティブ」へご相談ください。豊富な知識と経験を持つエージェントが、あなたの就活を親身にサポートします!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる