1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター就活
  4. >
  5. フリーターだと自己PRが書けない?バイト経験を正社員就職につなげるコツ

フリーター就職のコツまるわかりガイドフリーターだと自己PRが書けない?バイト経験を正社員就職につなげるコツ

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

このページのまとめ

  • フリーターは今までのアルバイト経験などから応募先で活かせることを自己PRしよう
  • 自己PRとは、自分の長所を応募先の企業に伝え、知ってもらうこと
  • 自己PRする際は企業が求める人物像を意識し、具体的な内容を記載する
  • 卒業してからずっとフリーターの場合、履歴書にはアルバイトの経歴を記載する

フリーターだから自己PRに書けることがない、と感じている方は多いのではないでしょうか。アピールで大切なのは「どのようなことを経験して何を得たか」というプロセスと結果のため、これまでのアルバイト経験を元に作成できます。このコラムでは書き方のポイントを例文付きでご紹介。バイト経験を活かし、正社員就職を目指しましょう。

フリーターだと自己PRが書けない?

結論から述べると、フリーターでも自己PRを書けます。「フリーターだから自己PRに書けることがない」と感じているのであれば、自分のなかで自己PRのハードルを必要以上に上げてしまっている可能性が考えられるでしょう。
大事なのは大企業に勤めていたか、正社員だったかではなく「どのようなことを経験して、そこから何を得たか」というプロセスと結果です。アルバイト経験しかなかったとしても、今までの経験を掘り下げて、自己PRポイントを引き出しましょう。
「フリーターだから自己PRできない」とは考えず「これからは正社員として働きたい」という仕事への思いを伝える気持ちが大切です。ここでは、自己PRの書き方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

自己PRとは

自己PRとは自分の長所を企業に伝え、知ってもらうことを指します。転職活動においては企業に自分を売り込む絶好のチャンスになりますので、今まで培ってきた経験や実績、スキルなどをアピールしてください。
さらに、それらの経験や身につけたスキルを応募先の職場でどのように活かせるのか、と付け加え一歩踏み込んだ内容にしましょう。

なぜフリーターだと書けない?

フリーター期間があることによって、経歴に自信を持てず、アピールできるような仕事をしていないと感じて自己PRが考えられない、という人は多いようです。
しかし、フリーター期間があることをネガティブにとらえる必要はありません。フリーターでも働いているのですから、業務の経験について語れます。
また、履歴書の職歴欄は基本的に正社員雇用のみを記載するもの。「アルバイトとして雇われていた期間の仕事は履歴書に書いて良いのか?」と疑問に感じる人もいますが、長く働いていて語れる業務経験があるなら書いたほうが良いでしょう。

自己PRの書き方

ここでは、採用担当者に分かりやすく効果的な自己PRの伝え方を学びましょう。

・最初に結論を伝える

まず始めに、「自分の自己PRポイントは◯◯です」と結論から述べることが大切です。「何をアピールしようとしているのか」という結論を採用担当者に理解して読んでもらうことで、その後の文章の理解度も高まり、読み手の頭に入りやすく分かりやすい文章に仕上がります。
自己PRに限らず、志望動機やES、面接の質問においても「結論から述べる」は大原則になりますので覚えておきましょう。

・経験を具体的に書く

結論を述べたあとには「具体的なエピソード」を続けましょう。
自己PRするに至ったエピソードについては「どのような状況で」「どのように長所を活かしたか」を意識し、実際あった話を説明する必要があります。その後は、結果としてその後どうなったかをまとめましょう。

・企業にどう貢献できるかまとめる

自己PRとなる能力が、入社後にどう活かせるのかを採用担当者に伝えます。
このとき企業の理念や仕事内容に触れつつ述べると「その企業だからこそ自分の能力を活かせる」という気持ちが伝わるのでおすすめです。
どう活かせるかは明確に伝える必要があるので、「この能力を活かして頑張りたい」という不明確な表現は避けてください。
たとえばPRポイントが「責任感がある」であれば「責任感を活かして、生産性の改善と品質向上に取り組みます」といったように、企業の仕事内容に合わせて具体的に書きましょう。

フリーターが就活で自己PRする際の3つのポイント

ここでは自己PR内容を考える際に意識するべきポイントをご紹介します。

1.企業が求める人物像を意識する

多くの採用情報には、「企業の求める人物像」が記載されています。基本的には企業の求める人物像と自分の持っている能力がマッチングする部分をクローズアップしましょう。
しかし、実際以上に誇示して見せようとしたり、自分の主張したいことばかりを盛り込みすぎて企業の求める人物像からかけ離れてしまったりしては逆効果です。
自分の強みと企業の求める人物像が一致することが内定へのカギとなりますので、意識しておきましょう。

2.実績やスキルは具体的にする

今までフリーターを続けておりアルバイトの経験しかなかったとしても、アルバイトで経験した実績やスキル、アルバイトを通して成長したことをアピールしてください。
「いろいろ」「さまざま」「たくさん」などの言葉を多用すると抽象的な印象になってしまいます。たとえばコミュニケーションスキルであれば、「コミュニケーションでリピーターのお客様を増やした」「後輩の育成をし、相談に乗ることで信頼を得てチームの関係性が潤滑になった」など具体的に書くようにしましょう。
自分が正社員としてその業界で働くために資格を取得したことや学んだこと、努力したことがあればそのことも組み込みます。実績やスキルを応募先の企業でどのように活かせるのかを記載することをおすすめします。

3.自己PR内容の根拠を明確にする

自分の自己PRを伝える際は、信憑性を高めるためにも「なぜ、それが強みだといえるのか」という根拠も合わせて伝えることが大切です。
これまでのフリーター経験のなかでその強みが役立った実際の出来事を伝えると、一気に信憑性が高く説得力のある自己PRになります。

フリーターから正社員を目指す場合の自己PR例文

ここでは、自己PRの例文を紹介します。今までのアルバイト経験を元に作成しましょう。

接客スキルを伝える自己PR例

私は今まで、コンビニで接客するなかで接客スキルを磨いてきました。
コンビニは常連のお客様が多く、お会計時に「いつもありがとうございます」とお声がけをしたり、いつもタバコを購入されるお客様の銘柄を覚えてスムーズにお渡ししたりと、待ち時間が少なく気持ち良くご利用いただけるよう努めました。そのうちお客様から話しかけていただけるようになり、私の名前を覚えていただけるなど、ホスピタリティを持った接客の重要さを学びました。
前職で学んだこのことを活かし、貴社でもホスピタリティをもった接客でお客様へ快適な時間を提供し、リピーターを増やして貴社の売上に貢献したいと思います。

行動力により集客率を上げた経験による自己PR例

私は、前職のドラッグストアで自分が今すべきことを考え、実行する行動力を身につけました。
発注の担当を任されるようになり、私は「店の立地からどのような客層が多いのか」「周辺にどのような店があるのか」「この店には、どのようなニーズがあるのか」などを調べ上げました。
その結果、勤務先の周辺には単身用のアパートやマンションが多く、客層のメインは一人暮らしの女性であることが判明しました。さらに、周辺では女性向け商品を扱っている店舗が少ないことが分かったのです。これを受け、コスメやヘアケア用品などの仕入れを増やし、店長の許可のもとポップやチラシの作成に取り組みました。結果として、私が発注をする以前の水準と比べ、売上を1.2倍上げることができました。
このように、自分で考えて提案し、周りを巻き込んで行動していく力を、貴社でも発揮したいと思っています。

フリーター期間の履歴書や職務経歴書の書き方

フリーター期間があった場合でも、その期間が長ければ履歴書や職務経歴書に記入する必要があります。ここではその書き方を学びましょう。

正社員を辞めてフリーターの場合

正社員を辞めてフリーターをしている人の場合、履歴書や職務経歴書でメインの職歴になるのはあくまでも正社員時代の職歴です。
そのため、アルバイト経験を書くことによって履歴書の印象が悪くなってしまうのならば書かなくても構いません。しかし、フリーターが長く、アルバイト期間の職歴を書かないと空白期間が長くなってしまうようであれば、書いた方が好ましいです。
また、アルバイトの業務内容が応募する企業に役立つものの場合は、PRポイントになりますので、意識して書くようにしましょう。

卒業してからずっとフリーターの場合

学校を卒業してからずっとフリーターの人は、履歴書も職務経歴書もにアルバイトの職歴を書きます。採用担当者は「なぜ正社員ではなくずっとフリーターだったのか?」を疑問に思うので、フリーターを続けていた理由と、「これからは正社員として頑張りたい」という旨を書いておくと良いでしょう。

・雇用形態がアルバイトだったことは明記する

履歴書に勤めた会社名を書くときは、横に「(アルバイト)」と記載しておきましょう。
また、業務内容は応募する企業の欲しい人材や活かせそうな内容に絞って簡潔に記載してください。
採用担当者はいくつもの履歴書や職務経歴書に目を通すため、見やすい書類になるよう意識しましょう。短期のアルバイトを複数行っていた場合、すべてを書くと見づらくなってしまいます。その場合は「その他、短期のアルバイトに従事」とまとめても問題ありません。

自己PRが書けないときは

そもそも自己PRする内容が浮かばない、というときに試すと良いことをご紹介します。

自己分析をする

自己PRを作成するには、あらためて自分のことを見つめ直す必要があります。そのために自己分析をしましょう。
自己分析では、今までの自分の過去を振り返り、経験してきたなかで特に印象的なエピソードを書き出し、そこから自分の価値観を掘り下ます。それらの書き出したエピソードを通じて、自分の強みといえる部分を探し、自分がどんな人間なのかを振り返ってみましょう。

企業研究をする

企業研究をして企業を知らなければ、そもそもどのような強みが必要なのか判断できません。
企業研究をすることで何を自己PRすべきかが分かりますし、複数ある強みのなかから応募職種で役立てられる強みが何かが見えてきます。

自己PRだけでなく「志望動機」が大切なポイントになる

採用担当者は「なぜ、この仕事をしたいと思ったのか?」という志望動機もチェックしています。
自己PRだけでなく、なぜその企業を志望するのかという動機や、その仕事をやりたい理由も考えておくようにしましょう。

転職を検討している方は、若年層に特化した就職・転職支援サービスのハタラクティブへお気軽にご相談ください。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーがマンツーマンであなたの就職・転職活動をサポートします。自己PRや履歴書、職務経歴書の添削なども行っています。
ここにしかない求人情報や企業情報も多数取り揃えているので、希望条件に適した転職先がきっと見つかるでしょう。サービスは全て無料なので、安心してご利用いただけます。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    自己PRを例文付きで解説!就活で受ける書き方とは?

  • image

    例文あり!履歴書の自己PRに自身の強みを盛り込もう

  • image

    自己PRで判断されることとは?既卒の自己PR作成方法

  • image

    ニート就職の壁!自己PRを突破する方法とは?

  • image

    自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介

  • image

    職種未経験者が自己PRを書くポイント

  • image

    もう悩まない!転職時の自己PRとは

  • image

    フリーターが知りたい履歴書の書き方!職歴はどう書く?自己PRも解説

  • image

    大学中退者が履歴書を書く時のコツ

  • image

    例文を交えてご紹介!履歴書の自己PRの書き方

  • image

    自己PRとは?定義を知って効果的な書き方を覚えよう!面接の例文も紹介

  • image

    自己PRが書けないときの対処法を紹介!転職と新卒での違いも解説

  • image

    フリーターの職務経歴書作成のポイントは?基本の書き方とヒント集

  • image

    履歴書の自己PR欄の基本の書き方とは?新卒と転職での違いや例文を紹介

  • image

    面接で重要な自己PR!基本から例文まで紹介します

  • image

    フリーター就職のための就活ガイド

  • image

    学生時代の話もOK?職務経歴書に書いて良い内容とは

  • image

    自己PRで行動力をアピールするには?旅行や留学も対象?例文もご紹介

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる