フリーターの自己PRで気を付けることは?フリーター就職のコツまるわかりガイド

このページのまとめ

  • 自己PRを求めるのは、応募者がどのような人材か知るため
  • 自己PRは順序立てて話し、強みを1文で表現しよう
  • 内容に説得力を持たせるために、根拠を盛り込もう
  • 短所を聞かれたときは、なるべくポジティブな表現で伝えることが大切

面接では過去の仕事内容などを聞かれ、何ができるかを判断されます。フリーターで就職経験がない場合、スキルや将来性は自己PRで判断されることが多いため、内定を左右する重要なアピールの機会といえるでしょう。入社後に活躍する姿を採用担当者がイメージできるよう、効果的に伝える方法をご紹介します。

質問の意図は?

就職活動をする際、自己PRは履歴書や面接で必要となります。

自己PRを尋ねる企業側の意図は、応募者がどのような人なのか知ること。
ほかにも、自分自身を理解しているか、自分のことをどう表現するのか、うまく伝える力があるか、という点も見ているようです。
働く上で、大勢の人と関わりを持つことになります。一緒に働くとなれば、仕事をスムーズに進めるために信頼関係を築くことが大切。そのためには、自分の強みや考えていることをうまく相手に伝えるスキルが必要になります。
フリーターが自己PRの内容を考えることは、自分自身をよく知るためにも重要。自分の得意分野や強みがわかっていれば今後正社員として働くときにも役立つので、しっかり考えましょう。

自分の強みを1文で言えるようにしよう

自己PRをするときは、話を組み立てて話すことが大切です。順序立てて強みを伝えることで内容がわかりやすくなり、効果的にアピールできます。
フリーターが自己PRを考える際のポイントは、過去や将来についてしっかり考えること。
まずは過去のバイト体験を振り返り、関わった業務や身に付いたスキルを明確にしましょう。経験したことや学んだことを明らかにし、どのように仕事に活かせるのか考えます。
また、将来どうなりたいかというビジョンや夢についてもそれぞれ箇条書きにすると、分かりやすくなるでしょう。
次は、書き出したものの中から就職を希望する職種に関連する事項をピックアップしてください。
応募先企業の求める人材像を確認し、それに合う内容にすることが大切。魅力的な強みでも志望企業で活かせなければプラスの評価を得られないため、事前の企業研究が重要です。
自分の強みは1文で表現し、端的に伝えることを心がけましょう。

根拠を明確にすることが大切

自分の強みを伝える際は、併せて根拠を述べることが大切。
根拠も添えずに「私の強みは人とコミュニケーションを取るのが得意なことです」とだけ言っても、「どうして?」と思われてしまいます。
信憑性を高めるために、「どうしてコミュニケーション能力が強みと言えるのか」という理由を示すことが必要です。
自己PRに根拠を盛り込むために、これまでのフリーター経験でその強みが役に立った事実を合わせて伝えましょう。実際の経験を述べることで、説得力のある自己PRになります。

短所の伝え方に気を付けよう

自己PRの際は、併せて短所を聞かれることが多くあります。
面接で短所を問われたときに「優柔不断」や「頑固」といった言葉をそのまま伝えてしまうと、採用担当者にマイナスのイメージを持たれてしまいます。
ポイントは、視点を変えてネガティブな言葉をなるべくポジティブな表現に換えること。
例えば、「優柔不断」であれば「物事の選択を慎重にしすぎるところがある」、「頑固」であれば「意志が強く信念を貫こうとする」と言い換えられます。
短所であっても、表現を変えることで長所にも捉えられるでしょう。この言い換えに慣れれば、自分でも短所と思っていた部分が実は強みだったということに気づけます。
短所を伝える際は、「時間にルーズ」「約束を忘れてしまう」といった仕事に直接影響があるものは言わないようにしましょう。

フリーターからの就職活動に不安をお持ちの方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒などの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。
面接対策や応募書類のアドバイスといったサポートをマンツーマン体制で行っておりますので、ぜひご利用ください。

よくある悩み別コンテンツ

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ