新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター就職TOP
  4. >
  5. フリーターだと自己PRは書けない?書き方や注意点を例文とともに紹介!

フリーターだと自己PRは書けない?書き方や注意点を例文とともに紹介!

このページのまとめ

  • ・フリーターの方が自己PRを作成するときは、アルバイトでの経験やスキルが重要
  • ・自己PRが書けないフリーターは、企業研究と自己分析をしよう
  • ・フリーターが面接で自己PRを伝えるとき、声の大きさや目線の位置に注意する

 

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

フリーターの中には、「正社員の経験がない」「フリーター歴が長い」などの不安から自己PRが書けない人もいるでしょう。このコラムでは、自己PRの書き方や注意点を解説します。自己PRは正社員でなくても、アルバイトの経験やスキルがあれば作成可能です。また、フリーター向けにアルバイト経験を基にした自己PRの例文も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

フリーターが自己PRできること

フリーターの方が自己PRを作成するときは、アルバイトでの経験やスキルが重要になります。自己PRは、正社員の経験でなくとも構いません。飲食業や運送業など、どんな仕事でもアピールできる経験やスキルはあります。今までの経験を掘り下げて、自己PRに必要な自分の強みを引き出しましょう。

自己PRの役割とは?

自己PRの役割とは自分の長所を企業に伝え、知ってもらうことです。転職活動においては企業に自分を売り込む絶好のチャンスなので、今まで培ってきた経験や実績、スキルなどをアピールしてください。今までの経験や実績を伝えることで、面接官は応募者が会社で活躍する姿がイメージしやすくなります。その姿が、応募先の会社が求める人物像とマッチしていると、採用される可能性も高まるでしょう。
また、自己PRと混同しやすい長所との違いが知りたい方は「自己PRと長所をどっちも聞かれるのはなぜ?2つの違いや企業の意図を解説」をご覧ください。

フリーター向けの自己PRの見つけ方

自分の強みや良さが分からないときは、企業研究と自己分析を行ってください。フリーターという経歴に自信がなく、自分の強みや良さが見つからないフリーターの方も多いはず。これから紹介する方法で、自分の強みを見つけて自己PRを書けるようにしましょう。

自己分析

自分の強みを見つけるには、自己分析が効果的です。自己分析は、自分の人生を振り返り、印象に残った出来事を掘り下げて、自分への理解を深めること。たとえば、何か頑張ったことがあった場合は、以下の要素を考えます。

・なぜ頑張れたのか
・具体的な行動や考え方
・頑張った成果
・頑張って学んだこと

一つの出来事を深く掘り下げることで、今まで気づかなかった自分の得意分野や物事の考え方を知ることが可能です。自己分析のやり方は、自分史を作成するのがおすすめ。自分史の作り方を知りたい方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご覧ください。

企業研究

自己PRを作るには、企業研究が欠かせません。応募先の企業が求める人物像を知る必要があるからです。自分の強みをアピールしたとしても、企業が求める人物像とマッチしていなければ、効果的なアピールとはいえません。また、自己PRを作るためだけでなく、自身に合う企業選びにも役立ちます。
企業研究は、企業説明会に参加したりWebサイトを調べたりするなどさまざまな方法があります。詳しい企業研究の方法を知りたい方は「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」をご覧ください。

フリーターの自己PRの書き方

自己PRは、結論を先に述べることや具体的なエピソードを入れることで面接官に伝わりやすい文章になります。この項では、自己PRの書き方をご紹介。自己PRを作成するフリーターの方は、ぜひ参考にしてください。

1.結論

まずは、結論を1番に述べてください。「私の強みは○○です」という形で述べると、次の文章に繋げやすいでしょう。結論を1番に述べることで、面接官が応募者の強みを明確に理解できます。面接経験が少ないと、結論を述べないまま、強みにまつわるエピソードを説明してしまうことも。そうすると、面接官は「応募者の強みは何だろう?」と探りながら聞くことになってしまいます。自己PRをよく聞いてもらうために、結論から述べるようにしましょう。

2.具体的なエピソード

結論を述べたあとは、自分の強みにまつわる具体的なエピソードを説明しましょう。「何故それが強みだといえるのか」という根拠になるエピソードがあれば、自己PRに信憑性が高まるからです。エピソードと結論がしっかり結びついていれば、フリーターの経歴はマイナスになりません。このエピソードには、「どんな行動をしたのか」「なぜ行動することになったのか」など詳しく説明することで、より明確に強みを主張できます。

3.結果

最後は強みを活かして得られた結果を述べましょう。結果が基づいていないと、それは強みとはいえないからです。また、結果だけでなく「自分の強みを応募先の会社にどのように活かすか」について1文加えると良いでしょう。面接官が、応募者の強みを活かすイメージに繋がるはずです。自己PRの書き方は「自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介」でもまとめているので、あわせて参考にしてください。

フリーターが使える自己PRの4つの例文

アルバイト経験を基にした、フリーターが使える例文を紹介します。自分の経験が自己PRに結びつかないフリーターの方は、ぜひ参考にしてください。

1.コミュニケーション力を強みにした例文

私の強みはコミュニケーション力です。私は、3年間アパレルスタッフの仕事をしていました。お客さまへの声がけするときは、「どうやったらお客さまが楽しく買い物できるか」を意識しました。始めは、声をかけたら退店してしまう人が多くいました。そのため、まずはお客さまの服装について触れたり、声がけのタイミングをお客さまによって変えたりすることで、上手くお客さまとコミュニケーションが取れるようになりました。このコミュニケーション力を活かして、貴社では、社内外問わず円滑に仕事が進められるよう邁進していきます。

2.課題解決力を強みにした例文

私の強みは、課題解決力です。私は、事務職のアルバイトとして、データ入力や書類を作成していました。何度かミスをしてしまうことがあったため、先輩に仕事のコツを聞いたり、ミスをした理由を追求して改善したりするうちに、ミスが減っていきました。何か問題にぶつかっても、この課題解決力を活かして、改善していき、貴社で活躍できるように取り組みます。

3.協調性を強みにした例文

私の強みはカフェのホールスタッフで身につけた協調性です。お店ではスタッフの連携がとれずにオーダーミスをしてしまうことがありました。それを改善するために、私はスタッフとコミュニケーションを取るようにしました。忙しそうな人のサポートに入ったり、少しでも何か困ってそうなスタッフがいたら声をかけたりすることで、円滑に仕事が進められました。私が、この協調性を大切にし、貴社に貢献していきます。

4.行動力を強みにした例文

私は、前職のドラッグストアで自分が今すべきことを考え、実行する行動力を身につけました。
発注の担当を任されるようになり、私は「店の立地からどのような客層が多いのか」「この店には、どのようなニーズがあるのか」などを調べ上げました。
その結果、層のメインは一人暮らしの女性であることと、周辺では女性向け商品を扱っている店舗が少ないことが分かりました。そのため、コスメやヘアケア用品などの仕入れを増やし、店長の許可のもとポップやチラシの作成に取り組みました。結果として、私が発注をする以前の水準と比べ、売上を1.2倍上げられました。
このように、自分で考えて行動していく力を、貴社でも発揮したいと思っています。

ほかにも、自己PRの例文が気になる方は「自己PRの例文を紹介!転職・新卒就活を成功させる履歴書や面接のコツも」をご覧ください。

フリーターが面接で自己PRを伝えるときの3つの注意点

面接で自己PRを伝えるときには、「小さな声で発言しない」「内容は長過ぎない」などの注意点があります。転職活動の経験がないフリーターの中には、緊張する場面では、大きな声で話せなかったり相手の目を見れなかったりする人もいるでしょう。この項で紹介する注意点を押さえて、面接で自分の魅力が伝わるようにしましょう!

1.小さな声で発言してしまう

小さな声で発言すると、面接官からは自信がないように見えてしまいます。自分の良さを自分で伝えることに恥ずかしさを感じる人も多いでしょう。しかし、面接では、その恥ずかしさを捨てて、堂々と発言してください。声が小さいと、自分の良さは存分に伝えられません。面接経験がないフリーターは、自己PRを覚えるだけでなく、発声の練習もしておきましょう。

2.内容が長過ぎる

面接で自己PRを長々と説明しても、面接官は理解しきれません。むしろ、長過ぎると面接官から「話の要約ができない」と評価されてしまいます。自己PRは、応募者が端的に説明して、面接官が気になる部分を掘り下げるのが理想です。フリーターの中には、より詳しく自分の良さを知ってほしいと思う人もいるでしょう。しかし、すべてを説明しきろうとは思わず、大まかな内容を理解してもらおうという気持ちで回答しましょう。

3.面接官と目を合わせない

面接官と目を合わせずに、自己PRを回答するのは避けましょう。面接官から「伝える気がなさそう」と思われてしまいます。面接経験が少なく、直接目を見るのは緊張するというフリーターの方は、眉間周辺を見ると良いでしょう。相手からは目が合っているように見えます。

自己PRだけでなく面接全体の注意点が知りたい方は「面接で気をつけることは何?模擬面接もやるべき?就職成功の秘訣を解説」をご覧ください。

自己PRが考えられないフリーターの方は

自分の強みが見つからず、自己PRが考えられない方は、転職エージェントを活用するのも一つの手。転職エージェントのハタラクティブでは、プロのアドバイザーがカウンセリングを行います。カウンセリングの中で、自分の強みや適性が分かるでしょう。
ほかにも、面接対策や面接日のスケジューリングなど幅広いサポートを実施しています。サービスがすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    おすすめ記事

    RECOMMEND

    みんなの就職エピソード

    フリーターから正社員へ 体験談 一覧

    関連記事

    • arrow
    • youtubeIcon

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ

    特集

    COLLECTION