新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 協調性の意味とは?上手な自己PRの例文や長所/短所への言い換えも

協調性の意味とは?上手な自己PRの例文や長所/短所への言い換えも

公開日:

最終更新日:

協調性の意味とは?上手な自己PRの例文や長所/短所への言い換えもの画像

【このページのまとめ】

  • ・協調性とは周りの人と協力しながら目標に向かって行動ができる素質のこと
    ・ビジネスシーンでの協調性は、業務の状況を見ながら行動できることなどを指す
    ・協調性がない人も長所に言い換えれば、就職試験でアピールできる
    ・自己PRでは実際のエピソードを交えながら協調性をアピールするのがポイント

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

協調性をアピールしたいと思っても、どのようにアピールすれば良いのか分からない人も多いでしょう。志望職種によって求められる協調性が異なるので、自己PRをする際は注意が必要です。このコラムでは協調性の意味だけでなく、職種ごとの上手なアピール方法やグループディスカッションでのアピールの仕方について解説しています。会社に「協調性がない」と思われないために、気をつけるべきことを知っておきましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

協調性の意味とは? 

協調性とは他者を理解し、お互いに支え合いながら物事を進めていける素質のこと。協調性の高い人は、コミュニケーション能力に優れていて、支え合いや助け合いの精神に長けている傾向があります。
「組織」という一つの集団を円滑に運営していくためには、スタッフ一人ひとりの協力が必要不可欠であり、協調性は社会生活を営むうえでとても重要なスキルです。そのため、多くの企業は協調性のある人を採用したいと考えています。

ビジネスシーンで求められる協調性とは? 

協調性のある人とは簡単にいうと「周りの人と仲良くできる人」ということですが、ビジネスシーンで求められる協調性は少し違った意味が加わります。
ビジネスシーンでは、単に周りの人と仲良くすれば良いというわけではありません。社会人に求められる協調性とはどういったものなのか、詳しく解説します。

組織や業務全体のことを優先して考え、行動できる

仕事では自分の担当業務の進捗具合をしっかり把握することが大切ですが、協調性のある人はそれだけにとどまりません。自分の業務をきちんとこなしつつ、周囲の状況を見て業務全体が円滑に進むよう働きかけていきます。
「この人がいると、どんな業務でもうまくいく」と思えるような人がいた場合、その人は周りにも気を配れる「協調性のある人」である可能性が高いでしょう。

主張が異なる人ともしっかり向き合える

多くの人が在籍している会社では、自分と同じ意見の人ばかりとは限りません。なかには「気が合わない」と感じる人がいることもあるでしょう。そのようなときに、求められるのが協調性です。
ビジネスシーンでは、主張が異なる人とも向き合えるスキルや目標達成のために他の社員と力を合わせられるスキルが求められます。

自分やチームメイトの長所や短所を踏まえて、生産性を上げられるよう取り組む

人の向き・不向きをしっかり理解したうえで助け合い、協力し合うことができれば、生産性は上がっていくでしょう。チームメイトが苦手なタスクを抱えていたときに、いち早く気づいてサポートできるのが、協調性のある人です。

協調性がある人と協調性がない人の特徴 

自分に協調性があるのかどうか分からない人もいるでしょう。まずは協調性のある人の特徴を見ていきましょう。「協調性がない人の特徴に当てはまった…」という人も落ち込む必要はありません。協調性がないことを長所に言い換えることで、充分なアピールポイントになります。

協調性がある人の特徴

協調性は性格だけでなく、態度や行動にもよく表れます。協調性がある人の特徴は以下のとおりです。

・いつも笑顔で話しかけやすい雰囲気がある
・社交的で、やったことがないことにも積極的にチャレンジする
・周りの人の気持ちや場の空気を読み取ることが得意
・他人に感情移入しやすい
・メールなどのレスポンスが早い
・時間や規則をしっかり守る

協調性がある人の特徴を見ると「人に好かれやすい人」であることが分かります。また、「人から頼られる人」ともいえるでしょう。

協調性があることを短所に言い換えるには?

協調性がある人の短所として、「人の意見に流されやすい」「自分の意見をハッキリ言えない」などが挙げられます。ただし、就職試験ではそのまま伝えるのではなく、「人の気持ちを考えすぎて本心を言えないことがある」と答えると良いでしょう。
人の気持ちが考えられることはプラスであり、意識をすれば改善しやすい短所なので、採用担当者にさほどマイナスな印象を与えずに済みます。

協調性がない人の特徴 

協調性がある人の特徴にあてはまる項目がなかった人は、もしかしたら協調性に欠けている可能性があります。協調性がない人の特徴を見てみましょう。

・1人で行動することが好き
・優柔不断でない
・何事にもマイペースで、あまり周囲に流されない

協調性がない人は、周囲の影響を受けて意見や行動が変わることが少なく、「こうと決めたらこう!」と頑固な一面もあります。しかし、協調性がないことは必ずしも悪いことではありません。
協調性がないと感じる人は、長所に言い換えてアピールしましょう。

協調性がないことを長所に言い換えるには?

協調性がない人の長所は「人に流されにくい」という部分です。就職試験では、「自分の信念を貫き通せること」「決断力があること」をアピールすることで、プラスな印象を与えられます。

自己PR欄に協調性を書く時の注意点 

協調性があることを自己PR欄に書くときは、性格の特徴を裏付けるエピソードも添えると説得力が増します。エピソードを交えて自己PRを書くときの気をつけるポイントについて知っておきましょう。

最初にアピールポイントについて書く

エピソードから始まり、最後の結論で長所をアピールしても説得力はあまり増しません。まずは、「私の強みは協調性があることです。」のように書きはじめ、そのあとにエピソードを記載すると良いでしょう。

履歴書では3行程度で簡潔にまとめる

長所に関するエピソードは大切ですが、履歴書のスペースは限りがあるので、あまりに長いと読みにくい履歴書になってしまいます。エピソードは3行程度になるよう、簡潔にまとめましょう。

自己PRで協調性をアピールする時の3つのポイント 

「私は協調性があります」と面接で言うだけでは、表現が抽象的すぎて、採用担当者に真意を伝えることができません。協調性の高さをアピールするポイントを解説します。

1.実際のエピソードを元に協調性をアピールする

前述のとおり、協調性をアピールするときは実際のエピソードを盛り込むことで、より協調性があることを確実にアピールできます。
エピソードでは「自身の協調性を活かし、何かを成し遂げた」という経験をアピールすると効果的です。具体性を持たせることで、採用担当者にあなたの人柄をより深く理解してもらえるでしょう。

2.協調性があることを間接的にアピールする

「協調性があります」とアピールするのも良いですが、他の就職希望者と被る可能性があります。より採用担当者の印象に残るためには、協調性を間接的にアピールするのが良いでしょう。「傾聴力」や「洞察力」などと言い換え、エピソードで協調性があることをアピールするのがおすすめです。

3.入社後、どのように協調性を活かしていくかについても言及する

強みである協調性をどのように仕事に活かしていくかについても伝えることが肝心です。その際、会社の体制についての理解があると、会社のニーズに合う自己PR文を考えやすくなります。
まずは企業研究を行い、どのようなシーンで協調性が求められるかを理解するところから始めると良いでしょう。

自己PRで協調性を書く時の例文

「自己PRには協調性があることを書く!」と決めても、実際どのように書いたら良いのか分からないという人も多いでしょう。協調性のアピールの仕方は希望職種ごとに異なります。希望職種ごとの例文を紹介するので、履歴書の書き方に悩んでいる方は参考にしてください。

営業職の場合

私は協調性があることが強みです。学生時代に所属していた部活では、部長を務めていた経験があります。はじめは大人数の部員の意見をまとめることに苦労しましたが、部員と個々に話をすることで、「なぜその意見なのか」ということが分かり、意見の違いによって退部する部員を前年度より減らすことができました。また、ルールを改善することでチーム全体の成績も上げることができました。このように、自身の協調性を活かしながら、貴社に貢献してまいります。

事務職の場合

私の強みは洞察力があることです。学生時代は生徒会に所属しており、学園祭の運営に携わっていました。学園祭の運営ではデータ収集や経費計算など多くの作業を15名でこなさなくてはなりませんでしたが、それぞれの進捗を把握しながらタスクを振り分けることで目標期限よりも早く作業を終えられました。
このように周りの状況をすばやく察知できる力を活かし、チーム全体ですばやく確実に仕事に取り組んでまいります。

グループディスカッションで協調性をアピールするときのポイント 

面識のない人達と話し合い、限られた時間内で求められる成果や答えを出さなければならないグループディスカッション。
協調性を強みにしている人にとって、グループディスカッションは自分の魅力をアピールできるチャンスです。グループディスカッションで気をつけるべきポイントについて解説します。

グループディスカッションで「協調性がある」と思われる行動

協調性をアピールするためのポイントは以下のとおりです。

・相手の話をよく聞く
・相手の話を否定しない
・話しやすい空気を作る
・自分からも積極的に発言する
・結論から端的に話す
・時間を考慮する

「聞く力」と「話す力」の両方が試されるグループディスカッション。
話を聞くときは、適度に相槌を打ったりリアクションをしたりすることで、話し手が発言しやすくなるような雰囲気をつくり出していきます。相手の意見が自分の考えと違っていた場合は、すぐに反対意見を述べるのではなく、「そういう考え方があるんですね」と肯定したあと、自分の考えを述べると良いでしょう。

発言する際は、「簡潔に」「分かりやすく」を意識することが大切です。まずは結論から伝え、そのあと詳細を説明していくと相手に話の内容を理解してもらいやすいでしょう。
余裕があれば、時間配分にも気を配りたいところ。残り時間を考慮しながら振る舞うことができれば、協調性の高さを大きくアピールできます。

企業担当者に「協調性がない」と思われる行動

グループディスカッションでは協調性がないと思われてしまう行動をとらないよう気をつけましょう。協調性がないと思われる行動は以下のとおりです。

・決められた時間に遅刻をする
・自分の意見を押し通す
・自分のアピールばかりで他人の話を聞かない

遅刻はもってのほかですが、「アピールしなければ」と思うあまり、自己主張をしすぎると「周りの状況を考えられない人」という印象を与えてしまいます。また、自身の考えとは違う意見にもしっかり耳を傾けることが大切です。
 

協調性をアピールするエピソードがない場合の対処法 

協調性があることを自負していても、具体的なエピソードが思い浮かばない人もいるでしょう。協調性があることを裏付けるエピソードの見つけ方について解説します。

失敗した経験についても考えてみる

自己PRのエピソードは必ずしも特別な経験をアピールする必要はありません。特別な経験やアピールできるような成功体験が思い浮かばない人は、失敗した経験はないか考えてみましょう。
「失敗から学んだことは何か」「失敗をした後、どのように行動したのか」について、話すことも自己アピールです。

人生グラフを書いてみる

今まで経験したことがなかなか思い浮かばない人は、一度人生グラフを書いてみるのも一つの方法です。人生グラフとは横軸を年齢、縦軸をモチベーションや満足度にし、これまでの人生で起こった出来事を振り返ることができるグラフ。
グラフが大きく上がり下がりしている部分では、きっと何か印象に残る出来事が起こっているはずです。グラフを見ながら、過去のエピソードを思い返してみましょう。

もし、「希望の企業が求めている協調性とはなんだろう?」「協調性の高さを文章で表現するのが難しい」などと悩んでいる方は、就職支援サービス「ハタラクティブ」にご相談ください。就活アドバイザーが、あなたの魅力を引き立てるような自己PR文を一緒に考えていきます。
グループディスカッションや面接時のサポートも全力で行いますので、安心してお任せください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ