努力できない原因とは?今すぐ自分を変える方法とは

努力できない原因とは?今すぐ自分を変える方法とはの画像

この記事のまとめ

  • 努力できない人の特徴は「向上心がない」「飽きっぽい」「面倒くさがり」など
  • 努力家の特徴は「好奇心旺盛」「目標を掲げている」「自力で解決しようとする」など
  • 努力できない原因が分からないと、自分に自信がなくなってしまう
  • 努力できない原因を解決するなら、目標を書き出したり仲間を見つけたりする
  • 努力できない原因が分からなくても、自分を責めたり無理したりするのはやめる

「自分は努力できない…」と悩んでいる方はいませんか?原因が分からず、不安を感じている方もいるでしょう。「努力できない」と感じたら、まずは自分自身と向き合うことがポイントです。
このコラムでは、努力できない人の特徴や原因の探し方を解説します。また、解決策をはじめ、努力した偉人の名言集も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

努力できる人・努力できない人の特徴

まずは、努力ができる人・できない人の特徴を紹介します。以下でさまざまな視点から比べたものをまとめました。

【努力が苦手な人の特徴】
・仕事に興味がない
・向上心がない
・楽なほうに流されやすい
・努力しても変わらないと思っている
・否定的な考え方をする
・面倒くさがり屋
・飽きっぽい性格
・無計画で物事を進める

【努力家の特徴】
・やりがいを求めている
・好奇心旺盛
・よく考えて行動する
・努力した分だけ結果に繋がると信じている
・目標を掲げている
・勉強や訓練を続けている
・前向きな考え方
・自力で解決しようとする

上記に挙げられた特徴はあくまでも一般論です。
どうしても努力できない人のなかには、「もう失敗したくない」「どうせ努力してもうまくいかない」といった心理的要因を抱えた人もいるでしょう。
努力できないことが、単なる「やる気が起きない」「努力する意味がわからない」といった意識の問題であれば、改善の余地はあります。
仕事でも努力ができない、モチベーションが保てないときは、「仕事を頑張れない!原因と対処法を考えよう」のコラムもあわせて参考にしてください。

努力できない原因が分からない人が陥りがちなこと

この項目では、努力できない原因が分からないという人が陥ってしまうかもしれないことを紹介します。以下を参考に、自分が該当しないかどうか振り返ってみましょう。

自己肯定感が低くなる

努力できないということは、物事がうまく進んでいない可能性があります。そのため、「自分に責任があるのではないか」と責めてしまったり、何をしてもうまくいかないと自信を失ったりすることも。その状況になると、自己肯定感が低くなってしまい、ネガティブな思考に陥りやすくなるでしょう。また、新しいことへのチャレンジ精神がなくなってしまうことも予想されます。

自分の目標や夢が叶えられない

努力できないということは、自分の目標や夢を叶えることに近づけていないことも考えられます。今一度、奮起をして目標や夢に近づけるように努力することを意識しなければ、諦めなければならない状況になる恐れもあるでしょう。

過去について後悔してしまう

目標や夢を叶えるための努力を怠ってしまい、「あのときこうしていれば…」と後悔することがあります。たとえば、公務員の就職試験や芸能界の活動などは、年齢が限られていることも。決められた年齢をオーバーしてしまうなら、今までどれだけ努力をしてきたとしてもすべて無駄になってしまうでしょう。いつか努力するのではなく、今しなければ後悔することもあることを忘れないようにしてください。

努力できない原因を探ってみよう

「何をしても続かない」ということは、自分自身の努力が足りないのでは?と思いがちですが、それには理由が隠れていることも。努力が続かなくて悩むときには、以下のような理由が考えられます。

・理想が高すぎて、目標まで程遠く感じる
・途中でモチベーションが下がる
・飽きてしまう
・目標が明確ではない
・他に興味が湧いてしまう
・全く成長しない、と感じる
・コツコツ努力することに苦手意識がある

努力が続かない理由は人それぞれです。まずは、自分自身の気持ちとしっかり向き合い、「△△が原因かもしれない」という根本的なものを探る必要があります。原因を探ったあとは、努力できるような解決策を見い出しましょう。
自分を変えたいと考えているのならば、「サボり癖を直すには?自分を改革をする5つの方法」もチェックしてみましょう。新たなヒントが見つかる可能性があります。

努力できない原因が分からない人の解決策

努力をしたいと考えていても、努力することが難しい、努力できないという人はも多く存在しています。努力を「しない」のではなく、「できない」のであれば、十分に解決できるはずです。
努力できない原因が分からない場合は、以下で紹介する方法を試してみましょう。何かヒントとなるものが見つかるはずです。

自分の目標や夢を具体的に書き出す

自分の目標や夢を具体的に書き出してみましょう。紙に書いたり、パソコンで打ち出したりしても構いません。「こんなことを実現させたい」「安定した人生を歩みたい」など、頭のなかにある考えを文字や記録に残すことで、自分の思いを認識できます。
このように可視化しておくと、「入社した△△年に立てた目標や夢は□□であった」など、気持ちの振り返りができますし、変更することも可能です。今自分が何に向かっているのかが分かると、努力もしやすくなるでしょう。

一旦5分だけ努力してみる

1日のなかで努力をする時間を決めてみましょう。自分で決めた時間に努力する意識を持つことで、努力する自分というものがイメージできるようになりますし、努力を当たり前にできるようになる可能性があります。また、「何時から何時」など時間を区切って1日のスケジュールに入れておくことも試してみてください。習い事や部活をしていた学生時代のように、この時間はこれをやるというようなスケジュールをあらかじめ組んでおくと、効果を発揮しやすくなるでしょう。

努力できたら対価を設定する

努力ができたら、自分に対価やご褒美を設定してみましょう。努力が苦手ならば、それを達成できた際には自分の中でも大きな進歩となります。内容は自分が嬉しいと感じるものなら何でも構いません。ご褒美を決めておくと、努力することへのモチベーションにもつながるでしょう。

一緒に努力できる仲間を見つける

一緒に努力できる仲間を見つけてみましょう。努力は一人でも問題なく行うことができますが、一人だと気が緩んでしまい、人によっては気持ちが折れてしまったり、サボってしまったりする可能性があります。しかし、一緒に努力する仲間がいれば、お互いに支え合うことで努力できないループを抜け出せることも。一緒に悩みを抱えてくれたり、解決に向けて走ってくれたりする存在がいれば、気持ちを前向きにすることができるでしょう。

努力することを楽しむ

努力することを楽しんでみましょう。「努力しなければ」と考えすぎてしまうと抵抗感がついてしまい、物事がうまく進まなくなる恐れがあります。そこで試したいのは、努力することを楽しんでしまうことです。課題をクリアしていくことをゲームのように進めていくことができれば、少しは楽に行えるでしょう。自分が楽しめるように工夫することも、努力を成功へ導く手段の一つといえます。
仕事が楽しくない場合の切り替え方については、「仕事が楽しくない時の乗り切り方」もあわせてご覧ください。

努力した偉人の名言集

努力できず、自分一人ではどうしようもない…というときには、下記のような偉人の名言に触れてみるのもおすすめ。一つ一つの言葉はやる気をアップさせたり、沈んだ気持ちを元気づけたりする力があるはずです。

「天才とは努力する凡人のことである」/理論物理学者:アインシュタイン

「天才は1%のひらめきと99%の努力である」
「名ばかりの成功者になるよりも、真に価値ある人になれるよう努力しなさい」
 /発明家:エジソン

「石の上にも三年という。しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない」/パナソニック創業者:松下幸之助

「目標を達成するには、全力で取り組む以外に方法はない。そこに近道はない」/元バスケットボールプレーヤー:マイケル・ジョーダン

「誰よりも3倍、4倍、5倍勉強する者。それが天才だ」/細菌学者:野口英世

「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ」/心理学者:ウィリアム・ジェームズ

「やれなかった、やらなかった、どっちかな?」/詩人・書家:相田みつを

「必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ」/戦国武将:織田信長

努力できないときは、誰かの声に耳を傾けてみることも一つの解決策です。
なかなか前に進めない気持ちに呼びかけるように、あなたの心にピッタリの名言を見つけてみてください。

努力できない原因が分からない人が注意したいこと

努力できないからと無理をしたり、自分を責めたりすることは良くありません。前向きな気持ちで努力できるようになるためにも、以下の内容を意識してみましょう。

努力ができないことを責めすぎない

努力できない自分を責める必要はありません。自分では努力ができていないと思っていても、他者から見るとしっかり努力していると感じられていることもあります。目標や夢を叶えるために、理想の自分に近づけていないと、「自分は努力できていない」「努力が足りない」と感じることもあるでしょう。しかし、自分を責めても何も解決しません。「今日はこれくらい頑張った」と自分を認めて、きちんと前を向けるよう意識することが大切です。

他人に任せられるところは任せる

周囲にいる人間たちを信用して、任せられるところは任せましょう。すべてを自分で背負う必要はありません。人によっては努力できないのではなく、努力すべきことが多すぎて足りていないという可能性もあります。一人で抱え込まず、周囲を頼ることも覚えていきましょう。そうすると、自分が行うべき努力量も自ずと見えてくるはずです。

無理はしない

努力するために、心身ともに無理をしないようにしましょう。目標によっては、努力を継続することで効果を発揮したり、達成できたりするものもあります。しかし、それによってストレスを感じて体調を崩してしまっては意味がありません。適度なバランスを保ちながら、自分に合った努力の仕方を見つけてみましょう。

努力できないことで将来に不安を感じているなら、エージェントの利用がおすすめです。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングによって、一人ひとりにぴったりの求人をご紹介。就職に関するお悩み相談にも対応しています。また、書類添削や面接対策のサポートも行っているので、就職活動が初めてでも安心です。努力ができず、自分が何をしたいのか分からない…と悩む方は、一緒に将来の夢を探してみませんか?
サービスの登録・利用料はすべて無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

努力できない原因に関するQ&A

最後に、努力できない原因に関するさまざまな疑問について、Q&A方式で解決していきます。努力できずに悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

努力ができるようになるにはどうすれば良い?

まずは、身近な目標を立ててみましょう。どんな些細なことでも構いません。それを達成することができればあなたの成功体験となり、自分の自信にもつながるはずです。また、目標とする憧れの人を見つけてみるのもおすすめ。努力するモチベーションも生まれます。詳しくは、「向上心がないのは悪いこと?対処法や向いてる仕事を解説」もぜひチェックしてみてください。

努力ができないことから仕事もうまくいきません

仕事をうまくこなすためには、一つ一つの仕事に誠意をもって取り組むこと。たとえ小さな仕事だったとしても、しっかりと向き合うことで、自然と「がんばろう」と努力する気持ちも生まれてくるでしょう。また、すぐに諦めないことも重要。分からないことに対して、素直に助けを求められることも、仕事をこなすうえでのポイントになります。仕事ができるようになるコツは「仕事ができるようになるには意識改革が必要!できない人との違い5選」でも紹介しています。

努力できないのは甘えでしょうか?

努力できないのが甘えとは一概には言えません。努力できない理由は、人によってさまざま。たとえば、「明確な目標がない」「仕事内容が自分に合っていない」「モチベーションがない」などがあります。そのため、努力できない理由を探してみましょう。原因が分かれば具体的な対策が取りやすくなるはずです。「仕事を頑張れないのは甘えが原因?新入社員の場合は?対処法をご紹介」では、仕事が頑張れないときの対処法について解説しているので、あわせて参考にしてください。

この記事に関連するタグ