仕事が面白くない理由と辞めたいと感じたときの対処法をご紹介!

仕事が面白くない理由と辞めたいと感じたときの対処法をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が面白くない主な理由には、「人間関係の悪さ」「やりがいが持てない」など
  • 仕事が面白くない場合は、プライベートを充実させるのも良い方法
  • 仕事が面白くない場合も、社内の人に愚痴をこぼすことは控えよう
  • 面白くないと感じているまま仕事を続けると、成果を出しづらくなる
  • どうしても仕事が面白くないなら転職するのもおすすめ

「仕事が面白くない」「辞めたい」と思っている方も多いでしょう。仕事が面白くないと感じる理由は、「やりがいがない」「自分に合っていない」などさまざま。原因に合わせた対処法を実施し、社会人生活の時間を無駄にしないことが大切です。このコラムでは、仕事が面白くない理由や対処法などを紹介。会社でやってはいけないことや転職をする際の注意点もまとめましたので、ぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

仕事が面白くないと感じる13の理由

仕事が面白くないと感じる13の理由の画像

仕事が面白くないと感じる理由は、「会社の人間関係が良くない」「理想と現実がかけ離れている」「仕事が合わない」などが挙げられます。
ここでは、仕事が面白くないと感じる理由をご紹介。仕事が面白くないと感じる原因を追求することにより、対処法が見つかるでしょう。

1.会社の人間関係が良くない

楽しく働くためには、人間関係は非常に大切な要素です。人間関係の良い環境で働ければ、仕事に対するモチベーションも上がりやすいでしょう。その一方、互いに苦手意識を持っていたり、新人が馴染めない空気があったりすると、仕事も面白くないと感じやすくなってしまいます。仕事が辛くても、人間関係が良好であれば周囲から励ましてもらえることもありますが、そうでなければネガティブな気持ちが大きくなってしまうでしょう。

2.仕事にやりがいを感じられない

やりがいを感じられないと、「仕事が面白くない」と感じるようです。「仕事のやりがい」の定義は人によって異なりますが、入社して何年が経ってもやりがいがある仕事ができず、最終的に嫌気がさしてしまったことで仕事が面白くないと感じることがあります。

3.仕事で正当な評価がなされない

どれほど頑張って仕事をしても周囲から正当な評価をされない場合は、モチベーションの維持が難しくなり、仕事が面白くなくなってしまう可能性があるようです。
仕事が評価されない可能性を詳しく知りたい方は、「仕事で評価されない…制度の詳細と低評価の理由とは」のコラムもあわせてご覧ください。

4.仕事が単純で面白くない

やる気があるのに対して任される仕事が単純に感じるものだと、面白くないと感じてしまいます。仕事を通して成長できる環境があることを期待して入社した結果、雑用ばかり押し付けられてしまうと、そのうち「もっと責任のある仕事がしたい...」「やる気が出ない」と考えるようになるでしょう。

5.職場で怒られてばかりいる

会社で怒られていると、仕事自体が面白くなくなってしまいます。怒られることが続けば、精神的にも辛くなるでしょう。怒られる際のよくある理由は「仕事で怒られる人に共通する特徴を解説!対処法もご紹介」で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

6.同期と能力を比較される

常に同期と比較されると、仕事を面白いと感じられなくなってしまいます。さらに、比べられるうえに非難されることがあると、上司や会社に不信感を覚えてしまうでしょう。モチベーションの維持も難しくなり、そのうち仕事に対する能力に差が出てしまうこともあります。

7.理想と現実がかけ離れている

入社する前に抱いていた理想と現実があまりにもかけ離れていた場合に、仕事が面白くないと感じてしまうことは少なくありません。どんどんモチベーションが下がって、仕事をする楽しさを見失ってしまう可能性が高くなります。

8.仕事が合わない

自分の適性と仕事が合わないと、仕事が面白くないと感じてしまう可能性は高くなります。人によって向き不向きがあり、自分の適性を理解できれば、会社での役割や得意なタスクも見えやすくなるでしょう。自分の適性や性格が分からない場合は、自己分析や、インターネット上にある「職業適性テスト」「性格診断テスト」などを一度試してみることをおすすめします。

9.忙し過ぎる

多忙過ぎることは、仕事をするための体力も維持しにくくなり、面白みを感じなくしてしまう大きな要因の一つです。忙しいと心の余裕も次第になくなっていき、精神的にも限界を迎えやすくなってしまいます。

10.思うように結果が出せない

自分が思うような結果を出せないと、仕事が面白くないと感じやすくなるようです。結果がいつまでも出なければ、頑張れば頑張るほど精神的に追い込まれる悪循環に陥ってしまいます。

11.ストレスが大きい

過度なストレスは、仕事が面白くないと感じやすくなる大きな理由となります。結果を出すことが当たり前だというプレッシャーがかかる環境に置かれていたり、重要な役割を担っていたりする方は、特にストレスがかかりやすいでしょう。

12.給料が安い

仕事の量や成果に対して給料が安いと、面白くないと感じてしまいます。労働に見合う対価をもらえるかは働くうえで大事なことであり、それが保障されていない環境だとモチベーションがどんどん下がってしまうでしょう。

13.休みが少ない

最初はやりがいを持っていても、休みが極端に少ないと仕事の疲れが残ったまま出勤する日が続くことになるので、「面白くない」と感じるようになってしまいます。仕事が楽しいと感じるためには、休みを確保してメリハリのある生活を送るのが良いでしょう。

仕事が面白くなく会社を辞めたいと思っているときは、転職に失敗する場合と転職した方が良い場合について書かれている、「会社を辞めたい!つまらないと感じる仕事との向き合い方」をチェックしてみてください。また、毎日仕事が面白くなくてどうにかしたいと思っている場合には、現状から脱却する方法が書かれているコラム「『仕事がつまらない』という気持ちとサヨナラする方法」がおすすめです。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が面白くないときにやってはいけない3つのこと

仕事が面白くないときにやってはいけない3つのことの画像

仕事が面白くないと感じても、仕事を放棄したり、過度に愚痴をこぼしたりするのは避けましょう。周囲からの評価が下がり、仕事の面白さをさらに感じにくくなる可能性があります。以下に、仕事が面白くないときにやってはいけないことを詳しくご紹介していきます。

1.仕事を放棄する

どんなに仕事が面白くなくて嫌になっても、無断で仕事を休むことはしないようにしましょう。無断欠勤が判明すると、会社からの信用をなくすばかりか、評価や処分の内容によっては今後のキャリアにも影響したり、給料が少なくなったりする恐れがあります。同じ職場での肩身が狭くなり、部署を移動しても悪評がつきまとうことも考えられるでしょう。
また、そのうち何度も欠勤したくなってしまうこともあるようです。そうなるとどんどん悪循環に陥って、前向きに仕事できるようになる可能性を望めなくなるでしょう。

2.愚痴をこぼす

仕事が辛くて面白くないときでも、上司や先輩といった会社関係者に愚痴をこぼすことは控えるのが無難です。愚痴をこぼすのではなく、改善を目的とした相談をするのが良いでしょう。また、誰かに話してストレスを発散させたいときは、家族や信頼できる友人のような、仕事と関係のない人に話を聞いてもらうのがおすすめ。会社の同期に愚痴を話すことで状況が改善されることはないでしょう。もし愚痴をこぼした情報が社内に広まった際には、一時的には気持ちがスッキリしても、「仕事が面白くない」という状況は良くなりません。場合によっては、「モチベーションの低い人」「頑張りが足りない人」など、悪い方に評価される可能性が高くなります。

3.無理をしてポジティブになろうとする

仕事が辛くて面白くないときに、無理に前向きになろうとするのは得策ではありません。無理に明るく振る舞うことで気持ちが楽になることもありますが、常にその方法で解決しようとするのは逆効果になる可能性があります。無理をすればするほど自分を取り繕うエネルギーが必要になるため、ストレスを溜め込んで、精神的にも身体的にも悪影響を与えてしまうことも。無理をし過ぎて、精神的に追い詰められた状態になってしまうこともあるでしょう。

仕事が面白くないときにやるべき9つの対処法

「仕事が面白くない」「辛過ぎる」と思ったときには、上司や先輩に相談したり、仕事が面白くなるよう工夫したりするといった方法を試すのがおすすめです。以下に、仕事が面白くないと思ったときの対処法をご紹介。すぐ実践しやすいことが多いので、自分の悩みや適性に合わせて積極的にチャレンジしてみましょう。

1.上司や先輩に相談する

社内の関係者に愚痴をこぼすことは良くありません。しかし、前述したように、「仕事が面白くない」と感じる原因を解決するために相談するのは良い方法です。悩みを相談して改善が見込めれば、ストレスを溜め込むことを予防できます。相談するときには、「もっと仕事で会社に貢献したい」「どんどんいろいろな仕事にチャレンジしたい」などと、自分のやる気を伝えることがポイントです。いつでも気軽に相談できる上司や先輩社員などがいれば、精神的にも楽になります。そのような人間関係を社内でつくるために、普段から積極的にコミュニケーションを取るように心掛けましょう。

自分に対する客観的に意見を聞いてみよう

自分に対する客観的な意見を聞いてみるのも、仕事を楽しくするためには重要です。上司や先輩に相談することにより、職場で自分がどのような存在で、どう評価されているのかを知れるでしょう。客観的な意見を取り入れることで自分がとるべき行動が分かるようになり、考えも正しく整理できるようになることが考えられます。

2.仕事が面白くなるよう工夫する

仕事が簡単過ぎたり、雑用ばかり押し付けられていたりして「面白い」と感じられない方には、楽しくできる工夫をしてみることもおすすめです。たとえば、単純な仕事なら目標とする時間を設定して、その時間までに完了させるというチャレンジをしてみましょう。試行錯誤しながら仕事を進めることは、仕事のマンネリ化解消につながります。
工夫の中で正確に仕事をこなす術を磨けば、上司や先輩、同僚など周りからの評価が高まり、やりがいのある仕事を任せてもらえる可能性も。また、仕事のクオリティーを高めることを目標にしてみると、細部にも気を配れるようになり、単純な仕事にも面白さを感じられるようになるでしょう。

3.プライベートを充実させる

仕事が楽しくできず面白くないと感じてしまう場合は、プライベートを充実させるのも良い方法です。面白くないと感じる仕事だからこそ、オフタイムを満喫できるメリットがあります。多忙な出勤日を乗り越えた先に休日があると考えると、「仕事をしているからこそ楽しい時間を過ごせる」と感じられるようになるでしょう。たとえば、毎日朝から晩まで働いていると家族との時間を取れず、思い立ったときに遠出することもあまりできません。しかし、久しぶりに家族との時間ができるからこそ、限られた時間を大切に捉えられると考えれば、面白くないと思っていた仕事への嫌悪感が和らぎやすくなります。

4.面白くない原因を分析する

ただ「仕事がつまらない」「面白くない」と考えるのではなく、自分にとって何が嫌なことで、何に楽しさを感じられるかを分析してみましょう。分析することで、改善策や対処法、自分の得意分野が見えてくることがあります。
自分が得意なことにはやりがいを持てる場合が多いため、そのような仕事は積極的にこなし、同僚や後輩が困っているときにサポートしてあげれば感謝されることも多くなるでしょう。チームで一つの仕事をやり遂げる楽しさを知れば、より仕事にやりがいを持てるようになります。

5.休暇をとる

仕事が面白くない原因が、多忙や自分の時間を充実させられないことである場合、休暇を取ると良いでしょう。思い切ってある程度長い休みを取得することにより、精神的なリフレッシュを図れます。長い期間仕事から完全に離れてゆっくりすることで、休暇中に仕事をしたいと強く感じるようになることも多いため、休暇明けに新鮮な気持ちで仕事に取り組める可能性が生まれるでしょう。

6.副業をはじめてみる

「仕事が面白くない」と感じながらほかの仕事に興味を持っている方は、副業を始めてみることもおすすめの対処法です。現在はインターネット上からさまざまな仕事を見つけられ、在宅ワークの求人も数多くあります。また、副業の仕事もこなせるようになれば、経験を積んで現職のスキルアップにもつなげられるでしょう。

ただし、会社によっては副業を禁止としていることもあるため、就業規則に違反しないかどうかをしっかり確認するようにしましょう。副業をする際の注意点は、「副業をする会社員が注意したいこと」のコラムもあわせてチェックしてみてください。

7.小さな目標をもって仕事に取り組む

仕事が面白くないと感じている場合は、小さな目標を立てることもおすすめの対処法です。わずかなことでも、毎日新しい目標を立てて達成できるよう取り組んでみましょう。
たとえば、電話が鳴ったときに誰よりも真っ先に応答することを目標にしたり、毎日のルーティンワークは前日より早く完了できるようにしたりするのがおすすめです。その結果、業務の中に緊張感が生まれ、些細な仕事にも達成感を得られるようになるでしょう。退屈な時間を極力少なくできれば、やりがいや楽しさを感じられる時間が増え、仕事が面白くなる可能性が高まります。

8.部署異動を願い出る

試行錯誤をしてみても仕事を面白いと感じられない場合は、部署異動を願い出てみるのも良い方法です。部署が変われば、今までとは違った人間関係の中で新しい仕事ができるようになり、ポジティブな刺激を得られます。部署異動をして後悔しないように、自分の適性を事前に判断してから異動部署を希望するのがポイントです。やみくもに行動することは避け、部署ごとの空気感やストレスの少ない人間関係であるかを確認しておくことも大事です。

9.割り切る

何をしても仕事が面白く感じない場合は、気持ちを割り切ってみましょう。あくまでも生活するための手段と考えることで、気持ちを楽にできることがあります。自分にとっては物足りなく感じる仕事をしなくてはいけない場合も、その分お金をもらえていると思えば満足感を得やすいでしょう。
さらに、今の仕事は今後のステップアップに役立つものだと割り切れば、どのような仕事でも経験や成長のために必要なことだと考えられるようになる可能性が少なくありません。

仕事が面白くなくて苦痛に感じている場合は、その主な理由や間違った対処法などを紹介しているコラム「仕事がつまらない理由とは?おすすめの対処法も紹介」をチェックしてみてください。また、会社がつまらないと感じている場合には、対処方法が書かれているコラム「会社がつまらないと感じた時にすること」がおすすめです。

面白くないまま仕事を続ける3つのデメリット

面白くないまま仕事を続けることには、貴重な時間を無駄にしてしまう恐れや、自己肯定感が下がってしまうといったデメリットがあります。以下のように、大きなデメリットが生じる可能性があるかを、自分の状況を踏まえて参考にしてみてください。

1.貴重な時間を無駄にしてしまう

自分に合わない仕事を無理して続けると、社会人としての貴重な時間を無駄にしてしまうことがあります。特に、若年層はポテンシャルを評価されて未経験業界に転職できることもあるため、早めに見切りをつけることも大事です。
20代の経験や過ごし方は、将来の収入や出世にも大きな影響を与えます。仕事の面白さだけで身の振り方を決めるのではなく、早めに自分の性格や適正を見極めるのが大切。ただし、急いで退職すると後悔することもあるので、退職前には周りの意見にも耳を傾けてみましょう。

限られた時間を有効に使おう

退職せずそのまま同じ職場に残る場合も、面白くないまま仕事を続けてしまうとキャリアビジョンを達成しにくくなる可能性を高めてしまうことも。そのため、毎日「つまらない」「やりがいを感じられない」と思いながら業務を行うのではなく、楽しさを見出す努力をしてみましょう。若いうちに成果を多く出すことで上司や役員たちからの評価も上がり、社会人生活の貴重な時間を有効に使いやすくなります。

2.仕事で成果を出しづらくなる

面白くないまま毎日仕事をしていると、精神的にも疲れが蓄積されて成果を出しづらくなってしまいます。低いモチベーションで毎回仕事をこなすことになるため、パフォーマンスも下がり、成果を得られる確率がどんどん低下してしまうでしょう。今の仕事に興味を持てない方は、自分に合う仕事を見つける方法などを紹介しているコラム「仕事に興味がない…続けるデメリットは?パターン別の対処方法も解説」をチェックしてみてください。

3.自己肯定感が下がってしまう

面白くない仕事を続けて成果を出しづらくなると、社内での評価が悪くなったり職場での居心地が悪くなったりしてしまうでしょう。そのような状況が生まれると、「自分はダメな人間だ」「自分は仕事で成果を出せない」と、自己肯定感の低下にも繋がることも。自己肯定感が下がると、仕事以外の私生活にも悪影響を及ぼしかねません。自己肯定感が下がるデメリットに関して詳しく知りたい方は、「自分に自信が持てない原因とは?自己肯定感を高める方法を紹介」をぜひ参考にしてください。

仕事が面白くない!辞めたいと感じたら転職するのも手

「仕事が面白くない」「今の職場では将来的にも良い効果がない」という場合は、前向きに転職活動をはじめてみるのも良い方法です。現状をきちんと把握して仕事を辞めることがベストであると判断できた場合は、迷わず行動に移しましょう。ここでは、転職活動を始める際のコツをご紹介します。

転職を考えた理由を明らかにする

転職すると決めたら、まずは転職する理由を明確な言葉にすることから始めてみてください。具体的に紙に書き出して、同じストレスを抱えないためにも、転職先に求める条件は何かまではっきりさせましょう。自分が転職先に求める希望や条件もはっきりすれば、転職活動における軸も見えるようになります。また、志望動機にも説得力が生まれやすくなるでしょう。

将来の自分を想像する

転職することを決めて行動に移すときには、目先の生活についてだけではなく、5年、10年先に自分がどのようになっているか、どうなりたいかを具体的にイメージしましょう。つまらない仕事から脱却するためだけに転職をすると、転職先でもミスマッチを起こしたり早期退職につながったりと、負のループに陥る可能性を高めてしまうことも。将来どうなっていたいかを想像することで、転職をするうえで必要なことが明らかになり、理想に近い職場に就職できる可能性が高まるでしょう。

スキルを身につけてみる

転職を成功させるためには、現職でしばらく経験を積んで、新しい資格やスキルを身につけることも有効な方法です。企業が中途採用で社員を獲得するときには、会社に利益を与えてくれる人材かどうかを重視しています。実績や高いスキルがあれば、より条件の良い職場に採用してもらえる確率はアップするでしょう。

面白いと感じられる仕事に転職したいと思っている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。特に、働きながら理想の職場を見つけるには、プロに頼ることにより、転職活動を効率良く進められるでしょう。
転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターといった若年層の転職・就職活動をサポート。プロのアドバイザーが、転職希望者の状況をカウンセリングし、性格や適性もしっかり見極めます。新しい職場に求める希望や条件を踏まえて一人ひとりに合った求人のみをご提案します。すべてのサービスを無料で提供しているので、お気軽にご利用ください。

仕事が面白くないと感じる人に向けたQ&A

ここからは、仕事が面白くないと感じる人が抱きがちな疑問にお答えします。仕事の乗り切り方や仕事に興味を持つ方法も回答していますので、ぜひご覧ください。

仕事が面白くないときはどう乗り切るべきですか?

仕事が面白くないと感じるときは、自分の目標を設定してみましょう。自分のスキルよりも少し難しいと思えるレベルの目標を設定することで、やりがいを持って仕事に取り組めるようになる可能性があります。仕事にやりがいを持てれば、楽しいと感じられることも。詳しくは「目標が見つからない無気力な日々を変えるには?社会人が今日からできること」のコラムでもご紹介していますので、あわせてチェックしてみましょう。

今の仕事に興味を持てないです…

始めたばかりの仕事なら、まずは慣れるまで仕事に取り組んでみましょう。仕事に慣れてくることで、楽しいと感じられるようになる可能性もあります。仕事を続けても興味が持てない場合は、「仕事に興味がない…続けるデメリットは?パターン別の対処方法も解説」のコラムを参考にしてみるのがおすすめです。興味が持てない仕事を続けることのデメリットや対処法をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

仕事が面白くないのはどうして?

仕事が面白くないと感じる原因は「人間関係が良くない」「業務内容が自分に合わない」のように人によってさまざま。原因が自分にあるなら、仕事に対する意識を変えたり、自分に合った職場に転職したりするといった方法が有効的です。「仕事が楽しいと感じる人の特徴って?コツはあるの?」でも、仕事が面白くないと感じる理由をご紹介。仕事を楽しむための方法も解説しているので、参考にしてみてください。

仕事が面白くないと感じたらどうしたら良い?

このコラムの「仕事が面白くないときにやるべき9つの対処法」に記載したように、仕事が面白くないと思う場合には思い切って転職を検討するのも良いでしょう。自分の希望に合った職場に転職することで、仕事が楽しいと感じる可能性もあります。効率良く転職活動を進めたいなら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、丁寧なヒアリングを通して一人ひとりの適性に合った求人をご紹介します。

この記事に関連するタグ