仕事が面白くない理由と辞めたいと感じたときの対処法をご紹介!

仕事が面白くない理由と辞めたいと感じたときの対処法をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が面白くない主な理由には、人間関係ややりがいが持てないことなどがある
  • 仕事が面白くない場合はプライベートを充実させるのも良い方法
  • 仕事が面白くない場合でも社内の人に愚痴をこぼすことは控えよう
  • 面白くないまま仕事を続けると成果を出しづらくなる
  • どうしても仕事が面白くないなら転職するのもおすすめ

「仕事が面白くない」「辞めたい」と思っている方も多いでしょう。仕事が面白くないと感じる理由は「やりがいがない」「自分に合っていない」などさまざまです。原因に合わせた対処法を実施しましょう。このコラムでは、仕事が面白くない理由や対処法などを紹介。また、やってはいけないことや転職をする際の注意点もまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事が面白くないと感じる13の理由

仕事が面白くないと感じる理由は、会社に人間関係が良くない、理想と現実がかけ離れている、仕事が合わないなどが挙げられます。以下に仕事が面白くないと感じる理由をご紹介。仕事が面白くないと感じる原因を追求してみることにより、自分がやるべき正しい対処法が見えてくるでしょう。

1.会社の人間関係が良くない

楽しく働くためには、人間関係がとても大切な要素です。好きな人や尊敬できる上司と毎日一緒に働ければ文句はありませんが、周りに嫌いな人や苦手な人ばかりいると仕事が面白くないと感じてしまいます。
仕事が辛くても人間関係が良好であれば我慢できますが、そうでなければネガティブな気持ちが大きくなって「仕事が面白くない」と感じてしまうでしょう。

2.仕事にやりがいを感じられない

やりがいを感じられないと、仕事がどんどん面白くなくなってしまうようです。やりがいの定義は人によって異なりますが、入社後何年経っても責任がある仕事を任されなくて、最終的に嫌気がさしてしまい、仕事が面白くないと感じるパターンがよく見られます。

3.仕事で正当な評価がなされない

どんなに頑張って仕事をしても、それに対して上司などから正当な評価をされない場合は、モチベーションの維持が難しくなり、仕事が面白くなくなってしまう可能性があるようです。
一生懸命取り組んで結果が出た仕事に対しては、正当な評価がなされると達成感を感じられますが、そうでなければ不満を感じて、仕事に対するやりがいもなくなってしまいます。

4.仕事が単純で面白くない

やる気があるのに毎日単純な仕事ばかりだと、面白くないと感じてしまいます。仕事を通して成長できる環境があることは大事なことで、雑用ばかり押し付けられてしまうと、「もっと責任のある仕事がしたい」と感じてしまうのは当然のことです。

5.職場で怒られてばかりいる

上司や先輩に仕事を認められないで怒られてばかりいると、仕事自体が面白くなくなってしまいます。毎日そのようなことが続けば、精神的にも耐えられなくなるでしょう。

6.同期と能力を比較される

常に同期と比較されて、仕事に対する能力に差が出てしまうと「面白くない」と感じられなくなってしまいます。ほかの誰かと比べられて非難されるなどのことがあると、上司や会社に不信感を覚えてしまうでしょう。

7.理想と現実がかけ離れている

入社するときに抱いていた理想と現実があまりにもかけ離れていた場合に、仕事が面白くないと感じてしまうことが少なくありません。どんどんモチベーションが下がって、やりがいを失ってしまう可能性が高くなります。

8.仕事が合わない

自分の適性と仕事が合わないと、面白くないと感じてしまう可能性は高くなります。人には向き不向きがあって、自分でもそれに気づいていない方は少なくありません。
自分の適性や性格が分からない場合は、インターネット上にも「職業適性テスト」や「性格診断テスト」などがあるので、一度試してみることをおすすめします。

9.忙し過ぎる

多忙過ぎることは仕事を嫌いにさせて、面白みを感じさせなくしてしまう大きな要素です。忙しいと心の余裕も次第になくなっていき、精神的にも限界を迎えてしまいます。

10.思うように結果が出せない

自分が思うような結果が出せないと、仕事が面白くないと感じやすくなるようです。結果がいつまでも出なければ、頑張れば頑張るほど精神的に追い込まれる悪循環に陥ってしまいます。

11.ストレスが大きい

過度なストレスは、仕事が面白くないと感じやすくなる大きな理由となります。絶対に結果を出さなければいけないなどのプレッシャーがかかる環境に置かれている方は、特にストレスがかかりやすいです。

12.給料が安い

仕事の量や成果に対して給料が安いと、面白くないと感じてしまいます。労働に見合う対価をもらうのは働くうえでとても大事なことで、それが満たされないとモチベーションがどんどん下がってしまうのは当然です。

13.休みが少ない

休みが極端に少なければ、最初はやりがいを持てた仕事でも「面白くない」と感じるようになってしまいます。仕事に楽しさを感じるためには、ある程度プライベートも充実してなければいけません。適度に休暇を取ることは大事なことで、それが許されなければ不満もストレスも溜まるのは当然です。

会社を辞めたいと思っている方は、転職を失敗する人と転職した方が良い人について書かれているコラム「会社を辞めたい!つまらないと感じる仕事との向き合い方」をチェックしてみてください。
また、毎日仕事が面白くなくてどうにかしたいと思っている方には、現状から脱却する方法が書かれているコラム「『仕事がつまらない』という気持ちとサヨナラする方法」がおすすめです。

仕事が面白くないときにやってはいけない3つのこと

仕事が面白くないと感じても、仕事を放棄したり、愚痴をこぼしたりするのは避けましょう。以下に、仕事が面白くないときにやってはいけないことを詳しくご紹介していきます。

1.仕事を放棄する

どんなに仕事が面白くなくて嫌になっても、社会人として無断で仕事を休むことは絶対にしないでください。会社からの信用をなくすばかりか、今後の自分の人生も狂わせてしまう可能性を高めてしまいます。
また、サボり癖をつけてしまうとどうしても人間は楽な方に行きたい気持ちが強くなってしまう傾向にあるようです。

会社からの信用を失うと、今後同じ職場で働くときには肩身が狭くなり、部署を移動しても悪評はずっとつきまとってしまうことになります。査定にも影響して、給料が少なくなる恐れも。そうなるとどんどん悪循環に陥って、一切のプラス効果を望めなくなるでしょう。

2.愚痴をこぼす

仕事が辛くて面白くないときでも、上司や先輩といった会社関係者に愚痴をこぼすことは控えましょう。どうしても誰かに言ってストレスを発散させたいなら、家族や信頼できる仕事と関係のない友人に話を聞いてもらってください。
会社の同期に相談しても状況が改善されることはほぼありません。そのうえ、愚痴を言った情報が社内の誰かに漏れることも十分に考えられます。一時的には気持ちがスッキリしても、結局「仕事が面白くない」という状況は良くなりません
それどころか相手に弱みを見せてしまうことにつながり、モチベーションの低い人、頑張りが足りない人、などと悪い方に評価される可能性が高くなります。

3.無理をしてポジティブになろうとする

仕事が辛くて面白くない場合に、無理に前向きになろうとするのは得策ではありません。中には無理に明るく振る舞うことで気持ちが楽になる人もいます。しかし、大半の人には無理にポジティブを装うことは逆効果です。
無理をすればするほどストレスを溜め込むことになって、精神的にも身体的にも悪影響を与えてしまう可能性が高くなります。無理をし過ぎて、精神的に追い詰められた状態になってしまう人もいるでしょう。

仕事が面白くないときにやるべき9つの対処法

仕事が面白くない、辛過ぎると思ったときにやってみるべきことは、上司や先輩に相談する、仕事が面白くなるよう工夫するといった方法を試すのがおすすめです。以下に仕事が面白くないと思ったときの対処法をご紹介。すぐにできることが多いので、自分の悩みや適性に合わせて積極的にチャレンジしてみましょう。

1.上司や先輩に相談する

社内の人間に愚痴をこぼすことは良くありませんが、悩みを相談できる信頼できる上司や先輩がいれば、ストレスを過度に溜め込むことを予防できます。
相談するときには、「もっと仕事で会社に貢献したい」「どんどんいろいろな仕事にチャレンジしたい」などと、自分のやる気を伝えることがポイントです。
いつでも気軽に相談できる上司などがいれば、精神的にも楽になります。そのような人を社内でつくるためには、普段から積極的にコミュニケーションを取るように心掛けることが大事です。上司や先輩などへの報告や連絡もしっかり行いましょう。

自分に対する客観的に意見を聞いてみよう

自分に対する客観的な意見を聞いてみるのも、仕事を楽しくするためには重要です。上司や先輩に相談することにより、職場で自分がどのような存在で、どう評価されているのか知れます。そうすることで自分がとるべき行動が分かるようになり、考えも正しく整理できるようになるでしょう。

2.仕事が面白くなるよう工夫する

仕事が簡単過ぎたり、雑用ばかり押し付けられていたりして「面白い」と感じられない方には、楽しくできる工夫をしてみることもおすすめです。
たとえば、単純な仕事なら目標とする時間を設定して、その時間までに完了させることにチャレンジしてみましょう。いろいろ試行錯誤することは、仕事のマンネリ化解消につながります。

その中で、正確に仕事をこなす術を磨ければ、上司や先輩、同僚など周りからの評価が高まり、やりがいのある仕事を任せてもらえる可能性が高まります。
任せられた仕事のクオリティーを高めることを目標にしてみると、そのためにやるべき要素がたくさん見えるようになり、単純な仕事にも面白さを感じられるようになるでしょう。

3.プライベートを充実させる

どうしても仕事が楽しくできず、面白くないと感じてしまう場合は、プライベートを充実させるのも良い方法です。単純な仕事を任されているからこそ、オフタイムを満喫できるメリットがあります。
多忙な人ではできないことを自分だけができると考えると、「仕事をしているからこそ今楽しい時間を過ごせる」と感じられるようになるでしょう。
たとえば、朝から晩まで毎日働いていると家族との時間も取れず、好きなときに旅行に行くこともあまりできません。しかし、それは責任が少ない仕事をさせてもらっているからこそ、自由に休暇もとれて家族との関係も良好に保てていると考えれば、面白くないと思っていた仕事への嫌悪感が和らぎます。

4.面白くない原因を分析する

ただ仕事がつまらない、面白くないと考えないで、自分にとって何が嫌なことで、何に楽しさを感じられるか分析してみましょう。楽しいことへのウエイトを多く置いて、つまらない仕事は手順を見直してほかの人にふることにより、今よりも楽しく仕事ができるようになります。
自分が得意なことにはやりがいを持てる場合が多いため、そのような仕事は積極的に取りにいき、同僚や後輩が困っているときにサポートしてあげれば感謝されることも多くなり、仕事が面白くなっていきます。チームで仕事をする楽しさを知ることができれば、より仕事にやりがいを持てるようになるでしょう。

5.休暇をとる

仕事の面白くない原因が、多忙や自分の時間を充実させられないことにあるなら、休暇を取りましょう。状況的に休みが取りにくい場合であっても、思い切ってある程度長い休みをもらうことにより、精神的なリフレッシュを図ることが可能となります。
ある程度長い期間仕事から完全に離れてゆっくりすることで、休暇中に仕事をしたいと強く感じることも多いようです。休暇明けに新鮮な気持ちで仕事に取り組める可能性は高くなるでしょう。

6.副業をはじめてみる

現状「仕事が面白くない」と感じていて、ほかに興味を持っている仕事がある方は、副業をはじめてみることもおすすめの対処法です。
これは今の収入に満足できていない方にも良い方法で、副業なら自分の好きな仕事を選ぶことが可能です。現在はインターネット上からさまざまな仕事を見つけることができますし、在宅ワークも数多く用意されています。

 

資格やスキルを活かせる仕事をして、本業よりも稼いでいる方もいるようです。
また、副業でいろいろな仕事を行えば、経験を積むことができ、スキルアップにもつなげることができます。

7.小さな目標をもって仕事に取り組む

仕事が面白くないと感じている場合は、小さな目標を立てることもおすすめの対処法です。わずかなことでも良いので、毎日ちょっとしたことを目標にしてそれを達成しましょう。気持ちを前向きにすることができます。
たとえば、電話が鳴ったときに誰よりも真っ先に応答することを目標にしたり、同じ仕事をするにしても翌日よりも1秒でも早く完了できるようにしたりするのもおすすめです。
そうすることで業務の中に緊張感が生まれて、些細な仕事にも達成感を感じられるようになります。退屈な時間を極力少なくすることができれば、やりがいが生まれて毎日楽しいと感じられる時間が増え、仕事が面白くなる可能性がアップします。

8.部署異動を願い出る

いろいろ試してみても仕事を面白いと感じられない場合は、上司や人事に相談して部署異動を願い出てみるのも良い方法です。
部署が変われば今までとは違った人間関係で仕事ができることになり、脳に刺激を与えることもできます。仕事内容も変わり、新鮮味を感じることができるはずです。

部署異動をして後悔しないように、自分の適性を事前に判断してからそれに合った部署を希望するのがポイントです。やみくもに行動に出ることは避けましょう。また、どの部署に自分と合いそうな人がいるかを確認しておくことも大事です。

9.割り切る

何をしても面白くない場合は、仕事だと割り切ってみましょう。世の中には仕事を本気で楽しめている人の方が少ないことを承知して、あくまでも生活する手段と考えることにより、気持ちを楽にできます。
単純で自分には物足りない仕事をしなくてはいけない場合でも、楽をしてお金をもらえていると思えば不満よりも満足感の方が高くなることでしょう。

今の仕事はあくまでも今後のステップアップのためだと割り切れば、どのような仕事でも経験や成長のために必要なことだと考えられるようになる可能性が少なくありません。
そう思えれば、簡単に仕事を辞めることを阻止できて、そのうちやっていることが面白くなってくる場合もあります。

仕事が面白くなくて苦痛に感じている方は、その主な理由や間違った対処法などを紹介しているコラム「仕事がつまらない理由とは?おすすめの対処法も紹介」をチェックしてみてください。
また、会社がつまらないと感じている方には、正しい対処方法が書かれているコラム「会社がつまらないと感じた時にすること」がおすすめです。

面白くないまま仕事を続ける4つのデメリット

面白くないまま仕事を続けることには、貴重な時間を無駄にしてしまう、自己肯定感が下がってしまうといったデメリットがあります。具体的には、以下のような大きなデメリットが生じる可能性があるので注意が必要です。

1.貴重な時間を無駄にしてしまう

自分に合わない仕事を無理して続けると、貴重な時間を無駄にしてしまうことがあります。
特に若いうちはそうなる可能性が高いので、早めに見切りをつけることも大事です。ただし、早まって退職したせいで後悔することも多いため、周りの意見にも耳を傾けることも重要なポイントになります。

若いときにした苦労は、いずれの道を選んでも自分の財産となり、20代の経験や過ごし方は将来の収入や出世にも大きな影響を与えます。
仕事の内容だけで身の振り方を決めるのではなく、早めに自分の性格や適正を見極めるのが最も大切なことです。

 

同じ職場に留まる場合も、面白くないまま仕事を続けてしまうと将来に良くない影響を与える可能性を高めてしまうことも。そのため、毎日「つまらない」「やりがいを感じられない」と思いながら業務を行うのではなく、楽しさを見出す努力をしてみましょう。
若いうちに成果を多く出すことで上司や役員たちからの評価も上がり、会社人生の中でも貴重な時間を有効に使えるようになります。

2.仕事で成果を出しづらくなる

面白くないまま毎日だらだら仕事をしていると、精神的にも疲れが蓄積されて成果を出しづらくなってしまいます。
つまらないと思いながら低いモチベーションで毎回仕事をこなしていると、パフォーマンスも下がり成果が得られる確率をどんどん低下させてしまうでしょう。

今の仕事に興味を持てない方は、自分に合う仕事を見つける方法などを紹介しているコラム「興味がない仕事を続けるデメリットとは?パターン別の対処法も解説」をチェックしてみてください。

3.自己肯定感が下がってしまう

面白くない仕事を続けていると、仕事で成果を出しづらくなってしまいます。仕事で成果を出せないと、社内での評価が悪くなり、職場での居心地が悪くなってしまうでしょう。そうなると「自分はダメな人間だ」「自分は仕事で成果を出せない」と、自己肯定感の低下にも繋がることも。自己肯定感が下がると、仕事以外の私生活にも悪影響を及ぼしかねません。自己肯定感が下がるデメリットに関して詳しく知りたい人は「仕事に自信がない人の要因は?不安を解消する方法を解説!」を参考にしてください。

仕事が面白くない!辞めたいと感じたら転職するのも手

何をしてみても仕事が面白くない、今の職場にいたままでは将来的にも良い効果が得られない、精神的に限界ということであれば、前向きな転職活動をはじめてみるのも良い方法です。周りの意見も聞いて現状をきちんと把握し、仕事を辞めることがベストと判断したのであれば、迷わず行動に移しましょう。以下に転職活動を始める際のコツをご紹介します。

転職を考えた理由を明らかにする

転職すると決めたなら、まずは自分の中で転職する理由を明確にすることから始めてみてください。具体的には紙に書き出して、転職先はどこが自分にマッチしているかをはっきりさせましょう。
自分が転職先に求める希望や条件も記載して、今より生活の質や今後の人生の質が落ちないことが明らかになったら、思い切って行動に移してください。

将来の自分を想像する

転職することを決めて行動に移すときには、目先のことだけではなく、5年、10年先に自分がどのようになっているか、どうなりたいかを具体的にイメージしましょう。単に仕事がつまらなくて現状から脱却するためだけに転職をすると、負のループに陥る可能性を高めてしまうことも。転職先で面白い仕事に就ける保証はなく、転職した会社もすぐに辞めてしまう可能性も考えられます
将来どうなっていたいかを想像することで、転職に対する希望が膨らみ、理想の職場に就職できる可能性が高まるでしょう。

スキルを身につけてみる

転職を成功させるためには、前職で経験を積んで、新しい資格やスキルを身につけることも有効な方法です。
企業が中途採用で社員を獲得するときには、会社に利益を与えてくれるかどうかを重視しています。実績や高いスキルがあれば、より条件の良い職場への転職を成功させられる確率はアップするでしょう。

転職活動をスムーズに進めたいと思っている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。特に、働きながら理想の職場を見つけるには、プロを頼ることにより、転職活動を効率良く進められるでしょう。

転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターといった若年層の転職・就職活動をサポート。これまでに仕事に面白さややりがいを感じられなくて転職を希望した人に理想の職場を紹介し、成功に導いてきた豊富な実績があります。プロのアドバイザーが、転職希望者の悩みや相談に丁寧に乗って、一人ひとりの性格や適性もしっかり見極めることが可能。新しい職場に求める希望や条件をヒアリングしたうえで、あなたに合った求人のみをご提案します。
すべてのサービスを無料で提供しているので、まずはお気軽にご利用ください。

仕事が面白くないと感じる人に向けたQ&A

ここからは、仕事が面白くないと感じる人が抱きがちな疑問にお答えしていきます。疑問を解決して、仕事と私生活に彩りを与えましょう。

仕事が面白くないときはどう乗り切るべきですか?

仕事が面白くないと感じるときは、自分の目標を設定してみましょう。自分のスキルに応じて、少し難しいと思えるくらいの目標を設定することで、やりがいを持って仕事に取り組める可能性があります。仕事にやりがいを持てれば、楽しいと感じられることも。詳しくは「仕事が楽しくない時の乗り切り方」のコラムでご紹介してるので、あわせてチェックしてみましょう。

今の仕事に興味を持てないです…

始めたばかりの仕事ならば、まずは慣れるまで仕事に取り組んでみましょう。仕事に慣れてくることで、楽しいと感じる可能性もあります。仕事を続けても興味が持てない場合は、「興味がない仕事を続けるデメリットとは?パターン別の対処法も解説」のコラムをご覧ください。興味が持てない仕事を続けることのデメリットや対処法をご紹介しているので、ぜひご覧ください。

仕事が面白くないのはどうして?

仕事が面白くないと感じる原因は「人間関係が良くない」「業務内容が自分に合わない」のように人によってさまざま。原因が自分にあるなら、仕事に対する意識を変えたり、自分に合った職場に転職したりするといった方法が有効的です。「仕事楽しい?つまらない?感じ方の違いや特徴を解説」でも、仕事が面白くないと感じる理由をご紹介。仕事を楽しむための方法も解説しているので、参考にしてみてください。

仕事が面白くないと感じたらどうしたら良い?

このコラム「仕事が面白くないときにやるべき9つの対処法」に記載の対処法を試してみても、仕事が面白くないと思う場合には、思い切って転職を検討するのも良いでしょう。自分の希望に合った職場に転職することで、仕事が楽しいと感じる可能性もあります。効率良く転職活動を進めたいなら、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、丁寧なヒアリングを行い、あなたの適性に合った求人をご紹介します。

この記事に関連するタグ