転勤ありの会社で辞令を拒否できるのはどんなとき?

転勤ありの会社で辞令を拒否できるのはどんなとき?の画像

【このページのまとめ】

  • ・転勤の目的は、社員や会社が成長するため、雇用の維持、適材適所の配置などが挙げられる
    ・就業規則に「転勤あり」と記載されている場合は、原則拒否することはできない
    ・やむを得ない理由があるケースでは、辞令を拒否することも可能
    ・転勤には、自分自身を成長させることができる、人脈が広がるといったメリットもたくさんある
    ・地元を離れたくない人は、「勤務地限定採用」をしている企業へ就職するのがオススメ

地方や海外に辞令を言い渡される転勤。
引っ越しをともなう転勤の場合、「地元を離れたくない」「家族と離れたくない」とすぐには受け入れ難い人もいることでしょう。
今回は、転勤を命じられたら拒否できるのか?という疑問についてお届けします。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

そもそも転勤の目的って何?

転勤は人事異動の一環です。
その目的はいったい何でしょうか。
挙げられる理由には、以下のことが考えられます。

・社員を成長させるため
・会社組織のステップアップを図るため
・人材を適材適所に配置するため
・雇用を維持するため
・事業を拡大させるため

それなりの理由があって行われている人事異動制度。
いろいろな支店や子会社などで働くことで、これまで以上の経験を積むことができるという理由が挙げられます。また、人が動くことによって新しい風が社内に入り、活気を見出すこともあるでしょう。
さらには、新たな活気と個人のスキル向上により、会社組織や事業を大きくすることが叶うかもしれません。

しかし、どうしても辞退したい場合はどうしたらいいのでしょうか?そもそも、転勤を拒否することはできるのか…。
次項では、転勤を拒否できるケースについてご紹介します。

転勤を拒否できるのは異例?

各企業には、就業規則というものがあります。
そこには、転勤の有無についても書かれてあることが一般的です。
もし、就業規則内に「各支店への転勤あり」といった記載がされている場合には、支社や支店への転勤を命じられることでしょう。
締結している労働契約に基づいて転勤を命じられると、拒否をすることは原則不可能です。それでもなお転勤辞令を拒否しつづけると、最悪の場合、懲戒処分を受ける可能性も考えられます。

では、どのような理由であれば、転勤を拒否することができるのでしょうか。
いくつかある例外について見ていきましょう。

雇用契約に明記されている場合

「◯◯勤務地限定」「転勤なし」といった規則の下で入社した場合でも、稀に転勤辞令が出されることがあるようです。
しかし就業規則に反しているため、別の場所への転勤辞令が出ても拒否することができます。

「権利の濫用」とされる転勤辞令の場合

社員への嫌がらせ行為とされる異動命令は、目的が不当なため、辞令を拒否することが可能です。
しかし、「社員の経験値を上げるため」「他の支店で経験を積ませたい」といった目的が明確化されている場合には、権利の濫用には当てはまらないため、拒否することは難しいでしょう。

やむを得ない事情がある場合

たとえば、「介護の必要な家族がいるが、自分以外にお世話をする人がいない」「病気の子どもの治療が今後も続くため、専門医療のあるこの地を離れられない」など、やむを得ない事情を抱えている場合には、転勤を断ることができる可能性があります。
しかし、会社側の対応にもよるため、必ず拒否できるとは言い難いのが現実です。

何かしらの理由があって転勤を拒否したいのであれば、まずは会社側に相談してみましょう。
「転勤あり」の会社だと分かって入社した場合は、基本的には拒否できないものと認識しておくことが重要です。もし、転勤は考えられない…と初めから気持ちがブレない人は、就活の時点で転勤なしの企業情報を把握しておきましょう。

転勤にもメリットはある

急に転勤辞令が出て、気持ちが前向きになれない人も多いものです。
転勤ありの会社に就職したけど、希望していた勤務地とは別の場所で気分が乗らない…といったこともあるでしょう。
しかし、転勤を拒否することはできないため、ポジティブに変換する方法がオススメ。
転勤のメリットを知って、気持ちを転換させましょう!

転勤のメリット

転勤をすることで生まれるメリットには以下のようなことが挙げられます。

現状をリセットできる

今の現状に満足していない人は、転勤を機に人間関係や職場環境をリセットすることができます。そのため、ストレスを軽減できる可能性も高いでしょう。

出世コースが期待できる

転勤が多い人ほど出世コースを歩んでいる…と言われることがあります。その理由は、会社を牽引してくれる人物になるためには、いろいろな場所で経験を積む必要があるとされているからです。
海外転勤が命じられた人を出世コースに乗っていると見る人も多いでしょう。転勤はいわゆる、将来のポジションを把握できる指針の一つとも言えます。

人脈が広がる

転勤をすることで、他の支社や支店との人脈を広げることが可能です。また、違う土地のことにも詳しくなれるため、プラスαの情報を手にすることができます。

手当がつく

転勤の場合は、会社から手当がつくのが一般的です。
額は企業により異なりますが、支給されるものは、交通費や引越し手当、単身赴任手当、支度金など。社宅や寮を保有している会社もあるため、転勤になる場合の手当についても事前に知っておくとよいでしょう。

成長のチャンス

仕事として違う土地に行くのですが、見知らぬ場所で生活をスタートさせるため、面倒な手続き関連はもちろん、生活適応能力も共に向上することが期待できます。
また、その土地の言葉を学べたり、観光名所に足を運んだりできる楽しみもあり、人生を豊かにすることができることでしょう。

住み慣れた土地を離れる…というイメージが湧いてしまう転勤ですが、上記のようにメリットもたくさんあります。
仕事でも生活面でも成長を遂げることができるため、可能であればチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

「地元は絶対離れたくない」という人は、勤務地限定採用などの求人枠を探すのがオススメ。
転勤がないことが提示されている企業を探し、その中から希望に叶う企業へ応募するとよいでしょう。

もし、自力で探すには限界があるという方は、当ハタラクティブの転職エージェントサービスを利用してみるのもオススメです。
ハタラクティブでは、非公開求人を常時1,000件以上ご用意しています。その中には、未経験者歓迎の求人も多数!企業の規模に関係なく、自分のやりたいことができる会社に就職したいという方にピッタリの求人をご紹介させていただきます。
サポートするのは、プロの就職アドバイザーたち。実績はもちろん、知識も豊富なため、どんな相談にも対応可能です。
地元愛を貫きたい方、ぜひ転勤のない企業選びをしませんか?

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION