仕事のストレスで会社を辞めたいと思った時は

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 仕事のストレスで会社を辞めたいと思った時は

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ストレスを抱えているときは正常な判断ができないことがあるので、まず身近な人に相談してみる
    ・業務内容や評価に関することがストレスの原因なら、上司に相談してみる
    ・人間関係の悩みがストレスの原因なら、自分の考え方や行動を変えてみる
    ・パワハラやセクハラなどの深刻なケースは、人事部に相談してみる
    ・解決しない場合は転職を検討する

仕事をしていると少なからず感じるストレス。
「休日にリフレッシュすればまた頑張れる」というレベルなら良いですが、「もう仕事を辞めたい」と思うほどのストレスなら、対処法を考えなくてはなりません。

当コラムでは、どんなことがストレスの原因になるのか、また、仕事を辞めたいと思ったときは何をすべきかをご紹介します。
仕事を辞めてしまう前に、ぜひご一読ください。

◆仕事で感じるストレス

まず、仕事を行う上で感じるストレスにはどんなものがあるか見ていきましょう。

【ストレスとなる原因】

・仕事内容が合わない

仕事へのやりがいを感じることができず、嫌々仕事を続けているとそれがストレスになります。
「仕事はお金を得る手段」と割り切れれば良いですが、能力や性格に合わない仕事を無理して続けていくのは厳しいかもしれません。

・人間関係の悩み

職場では、性格が合わない人ともうまくやっていかなければならないため、人付き合いでストレスを感じることは多いです。また、中には日常的に悪口やうわさ話などが横行している会社も存在するため、個人間の相性ではなく環境自体が悪いということもあります。

・評価に納得がいかない

目標をクリアしているのに評価が上がらない、売上に貢献しているはずなのに給与が低いなど、自分が適切な評価を受けていないと感じることもストレスに繋がります。

・長時間労働が続く

仕事量が多すぎて家に帰れない、プライベートの時間がほぼないなど、労働時間が長すぎるのもストレスの原因です。
職種によっては仕方がない部分もありますが、辞めたいほどつらいのであれば解決策を練らなければなりません。

・社風が合わない

仕事の進め方が性に合わない、会社の方針が変わって自分の考えと合わなくなったなど、会社と自分の価値観が違う場合もストレスになる可能性があります。

・不当な扱いを受けている

パワハラ、セクハラ、いじめ、賃金カット、サービス残業など、不当な扱いを受けている場合は、会社に行くのもつらくなってしまうでしょう。
これに当てはまる場合はすぐに対処しないと、精神性疾患につながる恐れもあります。

【比較的解決策を見つけやすいストレスもある】

ストレスにはさまざまな原因があることがわかりましたが、実は業務内容や評価に関することが原因なら、上司に相談して解決することも多いです。
例えば、「自分の能力と仕事のレベルが合っていない」のであれば、状況次第で仕事量を調節したり、フォローしてくれたりする可能性がありますし、「実績に対して評価が低い」のであれば、どうすればより高い評価をもらえるかを聞いてみることで評価基準を確認できます。
しかし、上司に相談したが解決しなかったという場合や、そもそも業務に対する適性がない、社風が合わないと感じる時は、転職を検討してみるのも良いでしょう。

【解決が難しいストレス】

人間関係のこじれや劣悪な職場環境、上司からの不当な扱いがストレスの原因となっている場合は、解決策が見つかりにくいことが多いです。
しかし、必ずしも「すぐに辞めるのが正解」というわけではありません。まずは次の項目で紹介することを実践してみてください。
それでも無理なら、転職を視野に自分の働き方を見つめ直してみると良いでしょう。


◆辞めたいと思ったらやること

会社を辞めたいと思った時は、辞める前に以下のことを試してみましょう。案外悩んでいたことが解決でき、ストレスが軽くなるかもしれません。

【身近な人に相談する】

一人で悩んでいると冷静な判断ができなくなる場合があります。まずは信頼できる人に相談し、第三者の意見を聞きながら気持ちの整理をしましょう。
社内に相談内容が漏れるリスクを避けたいなら、家族や友人など社外の人に話すのが無難です。

【自分の対応で解決する】

相手の変化を望むよりも、自分が変わったほうが案外早く解決できることもあります。例えば、「相手に求めすぎない」「仕事の関係と割り切る」など、自分の考え方や行動を変えてみることです。とはいえ、無理をすると更に強いストレスになることもあるので、バランスを見て対処法を考えましょう。

【人事部などに相談する】

パワハラやセクハラまがいの深刻なケースは、部署異動で対応してくれる場合もあります。ただし、会社の規模によっては難しい場合もあるので、きちんと相談窓口が機能しているか見極めたほうが良いでしょう。


◆転職するなら知っておきたいこと

上記を試しても解決せず、相変わらず辞めたい状況が続いている場合は、転職を考えたほうが良さそうです。では、その際はどんなことに注意するべきなのでしょうか。

【辞める決意を固めておく】

仕事を辞めるのは勇気がいることです。特に真面目な性格の人は仕事を辞めることに罪悪感を感じてしまう場合もあるでしょう。しかし、このままズルズルと仕事を続けていても、心身ともに疲弊するだけでプラスにはなりません。たとえ上司に引き止められても揺らがないよう、辞める決意を固めましょう。

【在職中に並行して転職活動をスタートする】

よほどのことがない限り、転職活動は在職中に行うことをおすすめします。なぜなら、収入面での心配をしなくて済むのはもちろん、職に就いているほうが社会的信用があるとみなされるからです。

【企業選びは慎重に広い視野で行う】

今の会社を早く辞めたい気持ちはわかりますが、企業選びは慎重に行ないましょう。焦って選ぶと転職先でも同じことに悩み、それが原因で再度転職することになりかねません。

【「転職したいけど自信がない」という方は...】

学歴や経験、スキルに自信がなくて転職に踏み切れないという方は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブなら、専任のアドバイザーが一人ひとりの悩みをしっかりとヒアリングし、その人に合った求人をご提案しますので、「自分にどんな仕事が合うかわからない」という方にもおすすめです。
また、ハタラクティブでは、既卒や第二新卒、高卒、フリーターなどの若年層向けのサービスを提供しているので、未経験可の求人も多数用意しています。
まずはお気軽にご相談ください。





職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ