本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 営業職のストレス解消法は?耐性をつけるには?限界がきたら転職も考えよう

営業職のストレス解消法は?耐性をつけるには?限界がきたら転職も考えよう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・営業職のストレスの原因はノルマや人間関係、クレーム対応など
    ・自社の商品、サービスに納得できずストレスを感じる営業職の方もいる
    ・完璧主義にならないことや、休日に気分転換することがストレスの対処法
    ・営業職に向いていないのは、コミュニケーションやスケジューリングが苦手な人
    ・営業職として働き続けることが難しいと感じたら、転職を考えるのも1つの手

営業職のストレス解消法は?耐性をつけるには?限界がきたら転職も考えようの画像

営業職の仕事にストレスを感じ、「辞めたい…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。営業職でストレスを感じる人は、ノルマに追われていたり、クレーム対応で疲弊したりしている場合が多いです。まずはストレスの原因を突き詰め、改善策を考えましょう。このコラムでは、営業職のストレスの原因や対処法、向いていない人の特徴などを詳しくご紹介します。営業職を続けるかどうか悩んでいる方は、ぜひご参考にしてください。


監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!


営業職のストレス5つの原因

営業職の仕事には、どのようなストレスが生まれやすいのでしょうか。下記に主なストレスの原因をまとめました。


1.ノルマへのプレッシャー

営業職といえば、ノルマに追われるイメージがある人も多いでしょう。もちろん売上目標がモチベーションになることもありますが、「達成できないと給与が減る」「成果が出ないと上司に責められる」といったプレッシャーはストレスの原因になりやすいようです。また、大抵の場合人事評価も営業成績が指標になるので、降格する恐怖を常に抱いている営業職の方も少なくありません。つまり、営業職はノルマが発生し、評価指標が明確な数字に現れてしまうという点で、ストレスが溜まりやすい職種といえるでしょう。


2.職場の人間関係が悪い

「競争意識が高く雰囲気が悪い」「上司がいつもプレッシャーをかけてくる」といった状況も、職場での人間関係もストレスの要因になるでしょう。特に営業課の部署では、競争意 識の高さから雰囲気が殺伐としていたり、上司が常にプレッシャーをかけてきたりと、気の休まらないなかで仕事をしなくてはならない場面も多々あります。また、ノルマという明確な数字が出るゆえ、達成しないと部署内で責められ、肩身が狭くなってしまう状況も考えられるでしょう。


3.クレームがつらい

営業職として働いていると、ときには理不尽なクレームを受けることもあるでしょう。たとえ顧客のクレームを腹立たしく思ったとしても、信頼関係を壊さないよう誠実な対応が求められます。こういった日々のクレーム対応に疲弊し、気が付いたら大きなストレスとなってしまっている場合もあるでしょう。


4.残業が多い

営業職では、定時を過ぎても顧客の都合に合わせて対応するシチュエーションも多くあるでしょう。営業職の方のなかには、こうした残業が多いことで心身ともに疲弊してしまう人もいます。それでも、ノルマが達成できているならまだ救われます。しかし、「残業が多いのに成果が出ない」という場合、残業の疲労から通常業務に支障が出ていることが多く、重なる残業が悪循環を作っている恐れもあるでしょう。


5.商品に納得できない

自分自身で納得のいかない商品・サービスを販売している場合、「おすすめできないものを売っている」という罪悪感や不甲斐なさからストレスを感じることも。特に顧客の立場を考える営業職の方は、他社に比べて劣っていると感じるものを売るということに大きなストレスを感じるでしょう。「この商品を売ってもお客様のためにならないのでは」という迷いから提案も控えめになり、結果ノルマが達成できないという悪循環に陥ることも少なくありません。


営業のストレス解消6つのポイント

ここでは、営業職のストレスを改善する6つのポイントをご紹介します。営業の仕事に限界を感じている方は、一度下記の方法を実践してみましょう。


1.ストレスの原因を突き詰める

前章で営業職に考えられるストレスの原因を挙げましたが、人によってストレスの原因は異なります。ストレスを解消するには、自分自身のストレスの原因を突き詰めることが大切です。たとえばノルマが達成できないことにストレスを感じている場合でも、それは表層的な悩みに過ぎず、実は「顧客と長期的な関係を築くのが苦手」という営業における能力の不足が原因になっていることもあります。そのため、ストレスを改善するには「自分が本当はどんなことに不安を感じているのか」「苛立っているのか」を明確に知っておく必要があるでしょう。


2.業務の効率化を図る

自分のストレスの原因が多忙・残業の多さによるものであれば、業務の効率化を図ってみるのも手です。営業の仕事は、飛び込み営業や電話セールス、既存顧客への提案やアフターフォローだけでなく、書類の作成や事務処理など多岐にわたります。そのため、各業務をしっかりと優先順位をつけてこなしていかないと、どうしても残業がかさんでしまうでしょう。業務を効率化するため、ツールを利用しタスクを整理するのもおすすめです。メモに優先順位を記しデスクに貼っておくだけでも効果は見込めるでしょう。


3.上司や会社に相談する

ストレスの原因を口に出して話すだけでも、軽減できることがあります。部署内で言いづらいことでなければ、上司や同僚に相談してみましょう。売上を競う仲間に悩み相談することに抵抗があるなら、「普段はどのようにストレスを解消しているか」と質問する形で聞いてみると自然です。また、モチベーション向上やメンタルケアのためのメンターがついている会社もあります。職場内の悩みでも、部署とは関係のないメンターになら打ち明けることができるのではないでしょうか。


4.余暇の時間にリラックスする

ストレスを改善するには、仕事と私生活にメリハリをつけ、余暇の時間にリラックスすることが大切です。仕事が終わった後や休日に気分転換の時間を設け、しっかり休養をとりましょう。自分なりのストレス発散方法があると、仕事へのモチベーションを維持しやすくなります。特に適度な運動は、ストレス解消に効くといわれており、心身ともに健康を維持するため効果的です。ストレス解消には、ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動を試してみましょう。また、自然豊かな公園をゆっくりと散歩するのもおすすめです。リラックス効果を得るには、過度な運動は避け、軽く汗ばむ程度に済ませましょう。
ほかにも、ヨガやマッサージ、カラオケなどもストレス解消にぴったりです。休日の昼間は適度な運動でストレスを解消し、夜は趣味に没頭し余暇の時間を満喫しストレスを軽減させましょう。


5.誰にも負けない強みを持つ

仕事でうまくいかないことがあると、どうしても自分に自信がなくなり、モチベーションが下がってしまいます。特に営業職の場合、営業成績がその人の価値基準のように映ってしまうことも。どんなときでも自信を失わないよう、誇りになる自分の強みを持ちましょう。ノルマ・成果などの数字ではなく、「聞き上手」「世間話が得意」など、自分本来の人間的な魅力・強みに目を向けてみてはいかがでしょうか。


6.数字以外の面に意識を向けてみる

ノルマがプレッシャーになる人は、仕事において数字以外の部分に意識を向けてみると良いでしょう。「徹底的に顧客の要望をヒアリングする」「まずは顧客と仲良くなる」など、数字を追いかけること意外にも、営業に必要な要素はたくさんあります。ストレスが軽減されるだけでなく、その取り組みが成果につながるでしょう。


ストレス耐性をつける5つの方法

営業職の仕事にストレスを抱えている人は、ストレス耐性がない可能性もあります。この章では、営業で大切な「ストレス耐性」をつける方法をご紹介。ぜひご参考に、明日からの仕事にお役立てください。


1.断られることが失敗ではないと考える

営業の際、顧客に提案を断られると「失敗した」と思ってしまう人は多いでしょう。なかには、「自分の営業の仕方に問題があった」、「自分の人格を否定された」と考え、落ち込んでしまう人も。しかし、冷静になって考えると、断られたことが失敗ではない可能性も考えられます。
たとえば、営業の仕方に問題がなくても、顧客にとってその商品は必要なかったということもあるでしょう。その場合、単に提案した商品の選択を間違えただけで、別の顧客に提案していたら受け入れてもらえた可能性も十分考えられます。また、別のサービスを提案すれば、同じ顧客でも契約に繋がるチャンスはあるでしょう。そのため、断られたからといって失敗したと落胆せず、「成功していたかもしれない可能性」に目を向け、前向きに提案を続けていくことが大切です。


2.何のために営業しているのか目標を明確に

仕事に追われていると、自分が働く目的を見失い「何のために営業をしているんだろう」と疑問に感じてしまうこともあるでしょう。そういった働く疑問を感じたときこそ、自分の目標意識を見つめ直すチャンスです。就職活動のとき、自分はどうして営業職を志望したのか。営業職に就いて実現したかったことはなにか。初心に戻って自分の仕事を見つめ直すことで、目標意識が明確になり、ストレスに強いメンタルを持てる可能性もあります。たとえば営業成績が下がってしまっても、「自分の目的はお客様を喜ばせることだ」と明確に分かっていれば、前向きに進んでいけるでしょう。数字だけに惑わされないためにも、自分の仕事への目標はしっかり定めておいてください。


3.完璧主義にならない

仕事に失敗はつきものです。ミスをするたびに落ち込んでいたら、ストレスは募るばかりです。ストレス耐性をつけるには、多少自分を甘やかすことも大切。もちろん、社内に迷惑をかけるような失敗をした場合は重く反省し、同じミスを繰り返さないよう徹底する必要があります。ただし、多少のミスであれば重く考えすぎず、「完璧にできなくて当たり前」という気持ちを持って仕事をすることも大切です。ストレス耐性をつけるために、自分を追い込まない働き方を意識してみましょう。


4.数字を追いすぎない

先述のように、数字を追い求めすぎることでノルマへのストレスが発生します。営業職の方にとって「ノルマ」は、常に意識せざるを得ない数字でしょう。しかし、数字を気にしすぎると、自分自身の価値を数字でしか図れないようになってしまいます。ストレス耐性をつけるためには、数字を気にしつつも、仕事の他の要素にも目を向ける余裕が大切です。顧客に営業をかける際も「必ず買ってもらおう」と力みすぎるのではなく、「楽しく話せたら良いかな」と適度に気を抜いて接したほうが自然な印象を与えうまくいく、という場合もあるでしょう。


5.上司の指示がすべてと思わない

営業職の方のなかには、上司との関係でストレスを感じている人も多いようです。「上司にいつも怒られる」「上司からの指示が多く疲れてしまう」という人は、「上司がすべて正しいわけではない」と考えるようにしましょう。仕事に慣れてきたら、自分なりのスタイルで営業をかけてみると、思わぬ成果が生まれることも。成果が出れば上司もあなたのやり方を認めてくれる可能性もあるので、試してみて損はないでしょう。


営業職に向いていない人の6つの特徴

「仕事がつらい」「なかなか成果を出せない」といった理由でストレスを感じる方は、そもそも営業職に向いていない可能性があります。下記で営業に向いていない人の特徴をまとめたので、ぜひ自分自身を振り返ってチェックしてみてください。


1.提案力・理解力がない

営業職では、商品やサービスの魅力を伝えるだけでなく、顧客のニーズを的確に把握することが必要です。提案力や理解力がないと要望に対応できないため、良好な関係を築けず「つらい」と感じることもあるでしょう。


2.コミュニケーションが苦手

営業職の本質は、「自分を売り込む仕事」と考えて良いでしょう。 初対面の人と話して気に入ってもらったり、空気を読みながら会話をして契約に繋げたりと、相手との「会話」で仕事を進める場面が非常に多いです。そのため、人と話すことに苦手意識を感じている人は、多かれ少なかれ仕事に支障がでている可能性もあります。


3.スケジュール管理ができない

売上目標を達成するためには、計画的な行動が大切です。最終的なゴールから逆算し、実績を出すためのスケジュールを立てる必要があります。目標を見据えたスケジュール管理ができない場合、余程セールストークが達者でない限り、営業職として成果を出せない状況も多くなるでしょう。


4.プライドが高い

営業職は、自分のプライドよりも顧客への配慮や人間関係の構築が重要です。高すぎるプライドは、営業職として仕事をするうえでの障壁になることも。自分のミスを認めなかったり、上司や同僚のアドバイスに耳を傾けなかったりすると、人間関係や自身の成長に支障をきたします。すべての意見を鵜呑みにする必要はありませんが、ときには相手の意見に耳を傾け、柔軟に対応することが大切です。


5.指示待ち

指示がないと行動できない人は、営業職に向かないでしょう。営業職は自らアクションを起こし、自分にしかできない提案方法で契約につなげる仕事。顧客とのコミュニケーションはパフォーマンスのようなもので、そこに厳格なマニュアルはありません。ただ商品の機能面だけを伝えるような提案では、相手の心にも響かないでしょう。自由度の高い顧客との会話や提案に面白さを感じ取れない場合は、営業には向いていない可能性が高いです。


6.数字や人間関係にストレスを感じやすい

お伝えしたように、営業成績や人間関係など、さまざまな要因で仕事にストレスを感じやすい人は、営業職にも向いていない可能性が高いでしょう。営業職をしている限り、その都度営業成績は発表されます。同僚と比べられたり、上司からプレッシャーをかけられたりすることもあるでしょう。そういったことにストレスを感じる場合、営業職を続けるのは難しいと考えられます。また、成績が悪かったときに立ち直れず長い間落ち込み続けてしまう人も、ストレス耐性がなく、営業には不向きといえるでしょう。


限界だと思ったら転職も1つの手段

「営業職に向いていない…」「もうストレスの限界…」という方は、思い切って別の職種や業界へ転職を考えるのも手です。


営業からの転職を成功させる秘訣

以下、営業からの転職を成功させるためのポイントをまとめました。現在転職を検討している方は、ぜひご参考にしてください。


なぜ営業を辞めたいのか理由を明確に

なぜ営業を辞めたいのか、その理由を明確にしなければ、転職しても同じようにストレスを抱えることになってしまう可能性があります。そのため、営業職を辞めたいと思った経緯、営業の仕事のどのような面がつらかったのか、などをしっかり言語化することが重要です。その内容が他業種への転職で解決されるものであれば、自分の適性に合った仕事を見つけましょう。


営業の仕事自体が辛いのか会社が合わないのか考える

なかには、営業の仕事ではなく、自分の働いている会社の風土や雰囲気が合わなかったという人もいます。そのため、自分が辛いと思っている原因が「営業の仕事」なのか「会社」なのかはっきりさせましょう。もし会社が原因であれば、別の企業の営業として活躍できる可能性もあります。特に数年間営業として働いてきた方であれば、ある程度仕事のノウハウを把握している営業職で転職したほうが、スムーズに業務に慣れることができる場合もあるでしょう。


営業からの転職でおすすめの職種3選

最後に、営業職からの転職でおすすめの職種をご紹介します。


1.事務職

営業からの転職で多いのは、事務職です。営業職として仕事をしてきた人であれば、ある程度の事務処理能力や書類作成技術が身についているので、業務に慣れやすいメリットがあります。ただし、事務職の給料は営業職より下がることが多いので、その点は注意しましょう。
事務職であれば、特に営業事務がおすすめです。営業として活躍してきた経験を活かせるだけでなく、営業マンと協力して売上を支えられる職種なので、馴染みやすいでしょう。営業事務の仕事は、営業部署で営業マンをサポートし、書類の作成やプレゼン資料作り、電話対応などを行います。


2.人事職

人事では営業と同様に招待面の人と接する機会も多いので、比較的仕事に馴染みやすいでしょう。人事の業務は、新卒採用や中途採用、社員教育など幅広いです。ただし、接する相手が顧客ではなく就活中の学生や求職者、新入社員であることが多いので、コミュニケーションの仕方に工夫が必要でしょう。「自社の製品を売り込む」ことが目的ではなく、採用条件に合った人材を見極めるための対話力が重要になります。


3.企画・マーケティング職

企画・マーケティング職は、新しい自社商品やサービスを生み出し、市場に広めるための仕事です。商品・サービスの販売戦略を立てる点で、営業と通づる部分があるでしょう。企画・マーケティング職の場合、深い業界知識や分析力が必要になり、経験・知識の浅い新入社員が配属されることがあまりありません。しかし、営業職で経験を積みセールスのノウハウを熟知していれば、販売戦略の資質を買われ、優遇して採用されることも期待できるでしょう。


「自分に合う仕事がわからない」「転職活動に不安がある」という人は、その人の適性に合った求人を紹介する「転職エージェント」の利用がおすすめです。


ハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。アドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合ったお仕事をご紹介。営業職の経験を活かした仕事選びも一緒にサポートします。未経験OKの求人を多数ご用意しているほか、応募書類のアドバイスや面接対策といったサポートをマンツーマン体制で実施。サービスはすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    カウンセラーの方が親身に最後までサポートしてくれたおかげもあり無事…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?