仕事が辛いのは当たり前?しんどいと感じる原因と対処法を解説

仕事が辛いのは当たり前?しんどいと感じる原因と対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事が辛いことは当たり前といわれるのは、業務内容や仕事の責任感が原因
  • 仕事が辛いときは、リフレッシュや休みを取ることも大切
  • 仕事が辛いことを当たり前と思ってしまうと抜け出せなくなるので注意
  • 仕事が辛いことが当たり前になる前に、転職を考えるのも一つの手

「仕事が辛いのは当たり前?」と思っている人もいるでしょう。仕事が辛いと思うことは当たり前ではありません。辛いと感じる原因としては、業務量の多さや人間関係などが挙げられます。このコラムでは、仕事が辛いと感じる原因とその対処法を紹介。また、対処法を実践しても変わらなかったという方に向けて転職の方法を解説しています。今の状況から抜け出したいと思う方はぜひ参考にされてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

「仕事が辛いのは当たり前」といわれる理由とは?

「仕事が辛いのは当たり前」といわれるのには、さまざまな理由があります。辛い理由として業務内容がきつかったり、責任感の重い仕事でプレッシャーがかかったりすることが挙げられるでしょう。
辛いと感じる理由は人によって異なり、精神的なものから体力的なものまで、働いている人の多くは何かしらのストレスを感じながら働いている場合が多いです。
しかし、辛い気持ちや過剰なストレスをそのままにしておくと体調を崩してしまう恐れがあります。そうならないためにも、自身の「辛い」という気持ちに寄り添い、現状を改善できるよう対処法を学んでいきましょう。

仕事が辛い理由や度合いは人によって違う

前述にもあったように、「辛い」と感じる理由は人によってさまざまで、辛いと感じる度合いも人によって異なります。多くの人が何かしらのストレスを感じながら働いていますが、全員が自分と同じ理由というわけではありません。「みんな頑張っているから自分も頑張らないと」と無理を続けてしまうと、さらに自分を追い込んで辛さが増してしまいます。人によって辛い理由や度合いが違うことを頭に置いておき、自分の気持ちに寄り添い休む時間を作りましょう。
仕事が辛くて辞めたいと思っている人は「仕事が辛い!辞めたい!理由と対処法を解説します」のコラムで辞めたい理由や対処法を詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。
未経験OK多数!求人を見てみる

仕事が辛い・しんどいと感じる3つの原因

仕事が辛い原因には体力的・精神的なものから成績や結果、人間関係などさまざまな理由があります。
ここでは、仕事が辛い・しんどいと感じる3つの原因について詳しく説明していくので、自分はどの理由に当てはまるかを確認していきましょう。

体力的・精神的にきつい

仕事がしんどい原因として考えられるのは、業務が過酷で、体力面や精神面で許容範囲を超えている可能性があるでしょう。また、仕事と自分の適性が合わなかったり、やりたい仕事ではなかったりするときも、仕事にしんどさを感じる場合もあります。
また、残業が多い会社の場合、残業することが当たり前だと錯覚してしまい抜け出せない原因にもなるので注意が必要です。

仕事で良い成績や結果が出せない

仕事になかなか慣れなかったり、成果が出せなかったりしたときに「仕事が辛い」と思いがちです。良い結果を出せないと自分にはこの職場で働く価値がないのだと思い込み、しんどさを感じる原因になるでしょう。
仕事で結果が出ない原因としては、「会社の評価基準が正しくない」「そもそも努力の方向性を間違っている」「失敗を反省しない」などが挙げられます。このように、会社が原因のものから自分が原因のものまであり、結果だけに焦点をあて過ぎて、結果が出ない原因を理解できていない場合もあるのです。「良い結果が出ない」と悩んでいる人は、まず自分に改善できることがないかを考えてみることも解決方法の一つになるでしょう。

人間関係が上手くいかない

人間関係が上手くいっていないと「仕事が辛い」と感じるようになります。基本的に、職場では毎日同じ人間と長時間同じ空間を共にします。それなのに、お互いの関係が上手くいっていないと、相当なストレスを感じてしまいやすいです。
うまくいっていないのが同僚であれば互いに干渉しなければすむかもしれませんが、相手が上司の場合、逃げ場がありません。そんな環境では当然、仕事に対してもしんどさを覚えるようになってしまいます。
また、上司がパワハラ気味だったり、威圧的な態度を取ったりしていると、会社や上司に対し怖いイメージを感じてしまい「会社に行きたくない」「仕事が辛い」と思う原因になるでしょう。

人間関係で悩んでいる方は「会社の人間関係にストレスを感じる?転職を決める前に試したい
対処法を解説
」のコラムも合わせてご参照ください。

仕事が辛いときの3つの対処法

仕事がしんどいと感じる原因はさまざまですが、大事なのは原因ごとの対処法を確立しておくことです。ここでは「仕事が辛い」と感じるときの3つの対処法について紹介していきます。自分に合った対処法を見つけて実践してみましょう。

1.相談に乗ってもらう

仕事がうまくいかないのであれば、頼りになる人や身近な人に相談に乗ってもらうのがおすすめです。誰かに話を聞いてもらうことで気持ちの整理を行うことができ、仕事が辛いと感じる原因を知ることができます。また、苦手な業務については、アドバイスをもらうなどをして仕事のやり方を改善していくと良いでしょう。人からのアドバイスを参考にしながら、どのようにすれば苦手な業務をスムーズにこなせるか、いろいろ工夫を重ねるのも大切です。

周りの人に話しにくい場合は相談窓口を頼る

誰かに相談したいけど、周りに相談できる人がいない、仕事のことは話しにくいという場合は、厚生労働省が運営している総合労働相談コーナーの利用をおすすめします。厚生労働省が運営する相談窓口には、職場でのトラブルから気軽なお悩みまでが相談可能です。
相談窓口は全国の労働基準監督署内などに379ヶ所設置されており、電話やメールでの相談も受け付けている機関もあるので、気軽に相談を行うこともできます。

参照元
厚生労働省
総合労働相談コーナーのご案内

2.リフレッシュや休む時間を作る

「仕事が辛い」「上手くいかない」などと、慢性的なストレスを感じる場合は、ストレスを発散させるためにリフレッシュや休む時間を作ることをおすすめします。リフレッシュを行う際は、「1日の中での小さな楽しみ」「週に1回の楽しみ」「月に1回味わえる大きな楽しみ」という具合に段階的に楽しみを用意しておくとストレス解消には効果的です。
それでも、仕事の内容自体が過酷すぎるなどの理由で、リフレッシュする時間を取れない場合は、上司に配置転換や勤務スタイルなどについて相談したり、思い切って仕事を休んだりすることも一つの手でしょう。

会社の休み方が分からない人は「仕事を休みたいのはこんなとき!休むときのマナーや対処法を紹介」のコラムで会社の休むときの連絡方法を解説しているのでぜひご覧ください。

3.働く環境を変える

いろいろ工夫を重ねても仕事のしんどさから逃れられない場合もあるでしょう。そのときに残された手段としては働く環境を変えることが挙げられます。ただし仕事を変えても必ずしも問題が解決するとはかぎりません。
自分に合っていない仕事や会社に転職しても、また同じように仕事が辛いと感じてしまう可能性が高いといえます。そうならないためにも、まずは自己分析や企業研究をしっかり行い、自分に合った企業や仕事を見つけましょう。

「仕事が辛いのが当たり前」から抜け出すには転職・退職するのも一つの手

仕事に行くのが辛いけど「仕事が辛いのは当たり前」と思っている状態から抜け出すためには、転職や退職をするのも一つの手です。
今までで紹介してきた対処法を「実践してみたけど何も変わらなかった」という方は、転職や退職を視野に入れたほうがいいかもしれません。

自分にとって辛くない仕事を見つける

転職するにあたって前述したように、まずは自分に向いている仕事を見つけることから始めましょう。今働いている会社と同じような会社に転職したとしても、また辛い思いをするのは自分です。そうならないためにも、自分の適性や働きやすいと感じる環境を知り、それにマッチした企業を探していくことから始めてみましょう。

「自分に合った仕事の探し方がわからない」という方は、「自分の適性に合った仕事の探し方」のコラムで仕事選びの際に大切なことを紹介しているので、合わせてご覧ください。

転職エージェントを活用する

自分にとって辛くない環境や仕事を見つけるには、転職エージェントの利用もおすすめです。
転職エージェントは、一人ひとりに専任の担当者が付き、就活の相談から履歴書の添削、面接練習など就活全般をサポートしてくれる特徴があります。仕事が辛くて転職を考えている人は一度転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

自分に合った仕事や企業が知りたいけど、何からしたら良いか分からない場合はハタラクティブに相談してみてはいかがでしょうか。ハタラクティブは20代中心の既卒、フリーター、第二新卒を対象とした就活支援サービスですが、単に求人を紹介するだけではありません。
経験豊かな就活アドバイザーがマンツーマン体制で対応し、就活全般をサポートしています。
さらに、企業の詳しい内部情報を持ち合わせているため、一人ひとりに合った仕事を紹介できるのが特徴です。
また、転職後に「こんなはずではなかった」という事態を極力避けるため、志望企業の良い部分も悪い部分もしっかりと伝えています。さらに、再就職が決まればそれで終わりではなく、入社後も定期的に連絡を入れ、問題点がないかの確認も行っているので安心して働けます。
なお、サービスはすべて無料ですので、転職について悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ