仕事がつまらないときは転職すべき?原因と対処法を20代へ向けて解説

仕事がつまらないときは転職すべき?原因と対処法を20代へ向けて解説の画像

この記事のまとめ

  • 仕事がつまらないときは、転職の前に問題を明確にしよう
  • 20代の転職理由には、人間関係や仕事内容のへの不満が多い
  • 仕事がつまらないときは、今の環境で自分にできることを考えよう
  • 転職先で「仕事がつまらない」と感じないためには自分を知ろう
  • 仕事がつまらないのが解決しないときは転職も検討しよう

「仕事がつまらない」「転職したい」と誰もが一度は感じたことがあると思います。仕事がつまらないときは、転職を考える前に原因を突き止めることが大切です。今の環境でできることを探し、それでも状況が改善されなければ、転職を検討しましょう。このコラムでは、つまらないと感じる5つの原因と3つの対処法を解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事がつまらないときは転職すべき?

「仕事がつまらない」という短期的な感情から、なんとなく転職するのは避けましょう。長く働いていると、入社したてのころのモチベーションを失い、目の前の業務にただ集中してしまいがち。すると、「なんだか毎日の仕事がつまらない」という状態になってしまうものです。まずは、「仕事がつまらない」と感じる原因を明確にし、今の環境で改善できることを考えてみましょう。
それでも、状況が改善されないようであれば、仕事や職場に原因がある可能性があります。その場合、転職を検討するのがおすすめです。

仕事がつまらないのは当たり前と割り切るべき?

「仕事がつまらないのは当たり前」と、日頃からしんどい思いをしながら、仕事を続けるのは良くありません。仕事に身が入らず、昇給を逃す可能性もあります。また、つまらないと感じながら仕事を続けると、自分に合った転職先で活躍する機会を逃すことにも繋がります。「興味がない仕事を続けるデメリットとは?パターン別の対処法も解説」のコラムでは、仕事の業界や業務に興味が持てない原因と対処法を詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。

「仕事がつまらない…」転職を考える5つの原因

「仕事がつまらない」と感じる原因には、「自分の適性に合っていない」「仕事にやりがいや目標がない」「自分の仕事を正当に評価されていないと感じる」などがあります。まずは、何が原因で「仕事がつまらない」と感じ、転職を検討しているのか明確にしましょう。

1.仕事が自分の適性と合っていない

転職を考えている人の中には、「安定性を重視して仕事を選ぶ」「夢や憧れで仕事を選ぶ」など、自分の性格や能力の適性を考慮せずに現在の仕事を選択したことで、やりがいを見出せていない人もいます。適性に合わない業務だからこそ、「人に配慮する」「丁寧に行わなければならない」「時間をかけて取り組む必要がある」など、通常より気を使わなければならない場面も訪れるでしょう。無意識のうちに不満を募らせ、仕事がつまらない状況に陥ってしまう人が多いようです。

2.仕事に目標がなくやりがいを感じない

「目の前の仕事を何のためにやっているのか分からない…」と感じる方もいるようです。仕事に対する目標がないと、やりがいを見出せず「つまらない」「しんどい」と感じてしまう原因となります。「目標で仕事の成果が変わる!成功に繋がる設定の仕方とは」では、目標を設定する意味と目標の立て方について詳しく解説しています。転職を考える前に仕事の目標設定をし、つまらないという気持ちが改善するかどうか試してみてください。

3.自分の仕事を正当に評価されていないと感じる

仕事に意欲的に取り組んでも、上司から正当な評価をされず、「仕事がつまらない」と感じる人もいるでしょう。特に、給与やボーナス、昇進などに関わる評価について不満を感じると、転職を検討する原因となりやすいようです。ほかにも、自分よりも業績を挙げていない人が高く評価されているのを目の当たりにしたときに、会社や上司への不信感を抱くケースもあります。

4.理想の仕事と現実の仕事にギャップがある

転職を考える人のなかには、「仕事が合っていない気がする」「自分のやりたい仕事はこれじゃない」と、今の仕事内容に違和感を覚える方もいます。また、「仕事を進めるペースが周りの人と合わない」「職場の環境が整っていない」など、理想どおりに業務を進められず不満がたまることも。こうした理想の仕事と現実の仕事とのギャップは、「仕事がつまらない」と転職を考える原因となります。

5.人間関係が上手くいっていない

「周りの社員と会話が弾まない」「ジェネレーションギャップがあり、仕事のやり方が合わない」など人間関係が上手くいかないことで、仕事がつまらないと感じる人もいるでしょう。「仕事の人間関係のトラブルは解決できる!?」のコラムでは、嫌いな人との付き合い方も紹介しているので、人間関係に悩み転職を検討している方は参考にしてみてください。

20代で転職を考える人が抱える仕事の悩み

転職を検討している人が抱える悩みは、仕事内容や賃金、人間関係などさまざまです。ここでは、厚生労働省の調査をもとに、20代の方がどのような理由で転職しているかを紹介します。

20代の転職理由は自己都合がほとんど

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(18p)」によると、20代で転職した人の離職理由は、自己都合の割合がほとんどを占めており、20~24歳で87.3%、25~29歳で87.4%でした。また、自己都合による20代の離職理由で大きな割合を占めているのは以下の6つです。

・満足のいく仕事内容でなかったから
・賃金が低かったから
・労働条件が良くなかったから
・人間関係が上手くいかなかったから
・会社の将来に不安を感じたから
・他に良い仕事があったから

6つの中で最も多い転職理由は、20〜24歳では「人間関係が上手くいかなかったから」、25〜29歳では「満足のいく仕事内容でなかったから」です。

20代転職者の離職理由別の割合(令和2年)
  自己都合 契約期間の満了 出向(移籍出向) 倒産・整理解雇・人員整理による動奨解雇 その他 不明
20~24才 87.3 3.3 0.2 2.5 1.2 5.6
25~29才 87.4 4.4 0.5 5.3 1.9 0.5

(単位:%)
引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況(18p)

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

タイプ別「仕事がつまらない…」に関する悩み

ここでは、「入社数ヶ月の社会人」「入社3年以上の社会人」「フリーター」の仕事に関する悩みと転職する場合のポイントをそれぞれご紹介します。転職を検討している方は、今の環境で出来ることをしてみるのがおすすめですが、転職事情について知りたい方は参考にしてみてください。

入社数ヶ月の社会人の場合

入社したての社会人は、夢や目標を持って入社したにも関わらず、思い描いていた仕事と現実にギャップを感じ「日々の業務がつまらない」と悩んでいる人が多い傾向にあります。また、働き始めてから自分の理想とする仕事や働き方が見つかり、より自分に合った職場に転職したいと考える人もいるでしょう。

入社数ヶ月で仕事を変えるのは可能?

入社数ヶ月でも対策次第で転職は可能です。新卒入社から3ヶ月で退職したら転職は不利?その後の影響や対策を解説!で紹介しているとおり、第二新卒を積極的に採用している企業もあり、20代であれば十分に転職が目指せます。
入社3年以上の社会人の場合

「自分の能力をさらに伸ばせる環境に身を置きたい」と考える人が多い傾向にあります。入社して3年程度経つと業務や環境にも慣れ、「今の業務がつまらない」と物足りなさを感じ、「そろそろ次のステップに行きたい」「新しい物事に挑戦したい」と意欲が湧いてくるころです。しかし、なかにはスキルアップするための教育・人事制度が整っていない会社も。「ここに在籍することで自分の望むキャリア形成ができるのか」と不安に思い転職を検討し始める人もいます。

入社3年以上でも未経験の職種に挑戦できる?

20代であれば、入社3年以上であっても未経験の職種に転職することは可能です。社会人としてのマナーやスキルが備わっていることはメリットとなります。ただし、年を重ねるほど難易度が上がる傾向にあるので、早くに転職活動することをおすすめします。
フリーターの場合

フリーターの方は、ルーティンワークの仕事が多い傾向にあり、毎日同じことの繰り返しに「つまらない」と感じる方は一定数いるようです。また、重要度の高い仕事を任せてもらえないことに、「つまらない」と感じるフリーターの方もいます。アルバイトとして長期間勤めていると、簡単な発注や管理業務など責任のある仕事を任されることもあるでしょう。しかし、正社員と比べると決められた範囲内での仕事が多く、大きな達成感を得られにくい傾向があります。

フリーターから正社員は目指せる?

今の仕事が「つまらない」と感じるフリーターの方は、年を重ねると就職が難しくなっていく傾向にあるので、就職・転職エージェントを上手に活用しながら正社員を目指すのも良いでしょう。正社員は給与面や福利厚生面で充実していることが多いので、生活を安定させたい人も転職の検討をおすすめします。「フリーターから正社員になるには?就職成功のコツやおすすめの職種を紹介!」では、フリーターから転職するコツを詳しく紹介しています。正社員に興味のある方は参考にしてみてください。

仕事がつまらないときの3つの対処法

仕事がつまらないときの対処法として、「今の環境で自分にできることを考える」「自分のやりたいことを探る」「転職して仕事や人間関係を変える」の大きく3つを紹介します。仕事がつまらないのは当たり前と割り切るのではなく、日々の仕事が楽しくなる工夫をしましょう。

1.今の環境で自分にできることを考える

「仕事がつまらない」と感じたときは、すぐに転職を考えるのではなく、まずは、今の環境で自分にできることを考えてみましょう。「同じ仕事をしている人にやりがいや目標を聞いてみる」「配置転換の希望を出してみる」など、今の職場でできることはいくつかあります。誰かに相談するのはハードルが高いという人も、「今の仕事で感じたやりがいを書き出す」といった小さいことから始めてみましょう。仕事の業務への捉え方を変えるきっかけに繋がります。以下で1つずつ解説していきます。

1-1.同じ仕事をしている人にやりがいや目標を聞いてみる

同僚や先輩、上司など、同じ職場の人はもちろん、ほかの会社で同職種に就いている人にも、どのようなやりがいや目標があるのか聞いてみましょう。聞いた目標を自分の業務にも取り入れ、やりがいを感じられるかどうか試したり、自分にとって価値があるものなのかを確認したりするのもおすすめです。

1-2.配置転換の希望を出してみる

スキル・キャリアアップを図りたい場合は、配置転換ができるか上司に相談してみるのもおすすめです。環境がステージアップすることで、「日々の業務がつまらない」と感じずにモチベーションを高められるでしょう。
配置転換について相談する際は、自分がどのようなキャリア形成を目指しているのか、具体的なビジョンを話すことが大切です。配置転換するための条件は、会社によって異なるので、社内規定をチェックし、自分が対象となるのか確認してから相談しましょう。

1-3.今の仕事で感じたやりがいを書き出す

小さなことでも良いので、「嬉しかったこと」「楽しかったこと」「やりがいを感じたこと」など、仕事中に感じた出来事を書き出してみてください。自分が当たり前と思い、忘れていたような事から、仕事をする上で自分が大切だと感じている点に気づけ、日々の業務にもポジティブに捉えられるでしょう。

2.自分のやりたいことを探る

「仕事がつまらない」と感じている人の中には、そもそも自分のやりたいことが分からずに転職を考えている人もいるでしょう。そういう人は、今「つまらない」と感じている現状を書き出し、その反対のことを考えてみてください。自分の理想の仕事や働き方を見つけるヒントとなるでしょう。「やりたいことを見つける方法とポイントをご紹介」では、やりたいことを見つける方法と具体例を詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

3.転職して仕事や人間関係を変える

今の環境で自分にできることをしても「仕事がつまらない」という状況が改善されない人は、転職も検討しましょう。特に、人間関係で悩んでいる場合、社風が合っていない可能性もあります。その場合は、自分に合う転職先を選択することで解決できるでしょう。転職を考える場合は、本当に転職で解決する問題かどうか確認してみてください。

「仕事がつまらなくて辞めた…」転職理由の答え方

転職理由は、前職での不満を言うのではなく、転職先で実現したいことを重点的に述べるようにしましょう。「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」のコラムでは、転職で使える回答例も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

転職後に仕事で「つまらない」と感じないためには

「今の仕事がつまらない」と転職を考えている人は、転職をくり返さないためにも以下4つのポイントを実践してみてください。

1.転職を考える前に自分を知ろう

転職先のミスマッチを防ぐためにも、自分について知りましょう。「なぜ今の仕事がつまらない?」「転職先で実現したいことは?」「ワクワクする仕事は?」など自分へ質問をしていきます。重要なのは、答えが出たらさらに深掘りをすることです。たとえば、今の仕事がつまらないと感じる理由が「人間関係が上手くいっていないから」であれば、「具体的に何が嫌?」と掘り下げることで「上司によく指摘される」→「仕事に正確さを求められる」→「正確性の必要な業務が苦手」など自分への理解を深められます。自分の特性を基準に次の職場を検討することで、「転職先がつまらない」と感じるのを防ぐことが可能です。

2.転職先に求める条件を整理しよう

今の仕事が「つまらない」と感じた原因を参考に、転職先に求める条件を考えましょう。ポイントは優先順位をつけておくことです。すべての条件にマッチする企業を見つけることは難しいといえます。効率的に転職活動を進めるためにも、優先順位の高い3つをあげて転職先に求める譲れない条件を明確にしておくと良いでしょう。

3.仕事のモチベーションを高める工夫をしよう

充実感を持続させるには、仕事へのモチベーションを高める仕掛けを作ると良いでしょう。人は誰でも、時間が経過すると「慣れ」が生じます。入社直後は新鮮な気持ちで仕事に取り組めても、時間が経つと業務に慣れ、「つまらない」と感じやすくなるでしょう。以下はモチベーションを高める例です。

・ネガティブな言葉が浮かんだら、ポジティブな言葉に置き換える
・5年後、10年後の目標をつくる
・毎月1日に今月の目標を立てる
・誰の役に立っている仕事なのか、付箋に書いて目につく場所に貼っておく
・自分へのご褒美を設定する

仕事に対する意欲が高まれば、「つまらない」と感じずに日々の充実感を得られるので、転職を考えている方は実践してみてください。

4.転職のプロと相談しながら仕事を決めよう

一人で転職先を探すと情報が偏ったり、「思っていた仕事と違った」とミスマッチが起こったりしやすいので、就職・転職エージェントを上手に活用すると良いでしょう。転職のプロに相談することで、自分では気づけなかった情報やアドバイスを得られるのでおすすめです。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、高卒や既卒、フリーター、第二新卒など、20代の若年層の方に特化した求人情報のご紹介をしています。専任のアドバイザーが、適職を知るためのカウンセリングも行っているほか、書類作成、面接対策などもマンツーマンでアドバイス。
サービスは全て無料で利用できますので、就職・転職活動でお悩みの際は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ