19歳が就職で成功するには?就活でできることをご紹介

19歳が就職で成功するには?就活でできることをご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・19歳が就職活動で成功するには正社員を選ぶのがおすすめ
  • ・19歳で就職活動を成功させるには早めに行動するのがポイント
  • ・19歳が就職活動でやるべきことは「既卒」になってしまった理由をうまく説明すること
  • ・19歳が就職活動でやるべきことは「高卒」のマイナスイメージをくつがえすこと


高校を卒業し進学しなかった人の中には、「これからどうしよう…」と悩んでいるうちに19歳になってしまった人も多いはず。就活をはじめようにも、誰に相談したら良いのか分からず、一歩を踏み出せない人もいるでしょう。
19歳が就職活動で成功するには、正社員での就職を選び、早めに行動をはじめることが大切です。
このコラムを読んで就職活動のポイントを押さえ、社会人デビューを果たしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

19歳の「既卒」になった理由

高校を卒業したものの、なかなか進学先や就職先が決まらず19歳の「既卒」になってしまった人もいるでしょう。また、大学に進学したのちに、すぐに中退してしまった場合も「既卒」になります。
中には、大学進学を夢見て必死に勉強していたのに、経済面や家庭の事情で進学を諦めた人もいるようです。
しかし、「既卒」のまま何も行動しなければ、フリーターやニートのまま、歳を取っていってしまいます。現状を受け止め、早めにどのような行動をするべきなのか考えて実行に移しましょう。

19歳が就職活動で成功する方法

19歳が就職活動で成功するには、正社員を選び、早めに行動することが大切です。なぜ正社員を選ぶべきなのか、どうして早めに行動したほうが良いのかなど、就活の成功方法を詳しくご紹介します。

 

正社員を選ぶ

19歳が就職活動で成功するには、正社員を選ぶことが大切です。正社員を選ぶメリットは、非正規社員より給料が良いことや福利厚生が充実している点が挙げられます。まず、正社員と非正規社員の給料の差から見てみましょう。
 

正社員と非正規社員の給料の差

厚生労働省の発表によると、正社員と非正規社員の給料の差は、以下のとおりです。

 

~正社員の年齢別の月給~
~19歳:18万200円
20~24歳:21万4600円
25~29歳:24万9500円
30~34歳:28万4800円
35~39歳:31万7100円
40~44歳:34万4400円
45~49歳:36万8900円
50~54歳:39万8600円
55~59歳:39万6300円
60~64歳:32万5100円
65~69歳:28万6500円

 

~非正規社員の年齢別の月給~
~19歳:16万8000円
20~24歳:18万800円
25~29歳:19万8900円
30~34歳:20万4700円
35~39歳:20万7600円
40~44歳:20万8200円
45~49歳:20万8100円
50~54歳:20万6600円
55~59歳:20万5500円
60~64歳:23万7900円
65~69歳:21万6500円

 

続いて、男女別に正社員と非正規社員の月給を見てみましょう。
はじめに、男性正社員と男性非正規社員の月給です。

 

~男性正社員の年齢別の月給~
~19歳:18万3600円
20~24歳:21万6500円
25~29歳:25万5700円
30~34歳:29万6500円
35~39歳:33万5500円
40~44歳:36万8200円
45~49歳:39万9300円
50~54歳:43万6300円
55~59歳:43万3600円
60~64歳:34万4600円
65~69歳:29万5600円

 

~男性非正規社員の年齢別の月給~
~19歳:17万3600円
20~24歳:18万5300円
25~29歳:20万9200円
30~34歳:22万1500円
35~39歳:22万6000円
40~44歳:23万1100円
45~49歳:24万500円
50~54歳:24万900円
55~59歳:23万8700円
60~64歳:26万900円
65~69歳:23万1000円

 

次に、女性正社員と女性非正規社員の月給です。

 

~女性正社員の年齢別の月給~
~19歳:17万3900円
20~24歳:21万2400円
25~29歳:24万200円
30~34歳:25万9700円
35~39歳:27万1500円
40~44歳:28万7800円
45~49歳:29万5500円
50~54歳:30万5900円
55~59歳:29万9500円
60~64歳:27万3500円
65~69歳:25万8300円

 

~女性非正規社員の年齢別の月給~
~19歳:16万1400円
20~24歳:17万6700円
25~29歳:18万9900円
30~34歳:19万1000円
35~39歳:19万4700円
40~44歳:19万5200円
45~49歳:19万2900円
50~54歳:19万300円
55~59歳:18万5000円
60~64歳:18万8600円
65~69歳:18万円

 

どの年齢を見ても、正社員のほうが給料が高いことが分かります。35歳になると、月給に10万以上の差が。月給に10万円以上の差があるということは、年収は100万円以上の差があるということです。非正規職員の場合は年齢が上がっても昇給をほとんどしていません。一方で、正社員は年齢が上がるごとに数万円単位での昇給が望めるため、収入差の開きが大きくなるのでしょう。
また、正社員には基本的にボーナスが支払われます。しかし、非正規社員には支払われないことが多いです。その点でも、年収には大きな差が開くことが予想されます。

 

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 雇用形態別
 

福利厚生が充実している

正社員は基本的に福利厚生が充実しています。企業によっては娯楽施設の優待利用や住宅手当の付与、資格支援制度などを受けられることもあるでしょう。
働き方改革により「正社員と非正規社員の間の待遇格差をなくそう」という動きは出ていますが、いまだに正社員のほうが優遇されているのは事実です。非正規社員より月給が高いうえ、さまざまな手当が付与されるなら、正社員のほうが良いと感じる人も多いでしょう。
 

早めに就活をはじめる

19歳が就職活動で成功するには、早めに行動したほうが良いでしょう。なぜなら、若いほうが就職に有利だからです。なぜ若いほうが良いのかをご紹介します。

 
若い方が就職に有利?

19歳の既卒者を積極的に採用している企業は、主に応募者のモチベーションや将来性に期待しています。経験やスキルがなくても、年齢が若いほうが吸収力があると考えられ、採用されやすくなります。
また、なかなか就活をはじめずに年齢を重ねていってしまえば、採用担当者に「この年齢になるまで、何をやっていたのだろう…」と思われてしまう恐れも。そのため、1日でも早く行動をはじめることをおすすめします。

19歳が就職活動でやるべきこと

19歳が就職活動でやるべきことは「既卒」になってしまった理由をうまく説明することと、「高卒」のマイナスイメージをくつがえすことです。具体的なポイントを詳しくご紹介します。
 

「既卒」になってしまった理由をうまく説明する

就職活動では、「既卒」になってしまった理由をうまく説明することが大切です。多くの採用担当者は面接の際、「どうして既卒になってしまったのか」という質問を投げかけてきます。その理由をうまく説明できないと、「なんとなく行動する人なのかな」「何事にもやる気のない人なのだろうか」と思われてしまう可能性も。
既卒になった理由を問われた際は、、ネガティブな話はしないことがポイントです。「気がついたら高校を卒業していた」「勉強が苦手だから進学したくなかった」「働く自信がなかった」など、マイナスイメージにつながる発言は控えたほうが良いでしょう。作り話はおすすめできませんが、「進学するつもりで高校を卒業したが、家庭の事情で難しくなり、金銭面で家族を支えたいから」というように、ポジティブに捉えられる理由を簡潔に説明できれば、採用につながる可能性があります。
 

「高卒」のマイナスイメージをくつがえす

19歳は、就職活動で「高卒」のマイナスイメージをくつがえす必要があります。一部の採用担当者は、高卒者に対し「社会人になる準備ができていないのではないか」「入社後の学習意欲はあるのだろうか」といった疑念を持つことも。
このマイナスイメージをくつがえすには、以下の方法が有効です。

 

・服装や髪型などの清潔感を意識する
・はっきりと大きな声で、相手の目を見て話す
・お辞儀や挨拶をきちんとする
・正しい敬語を使う
・相手の目を見てしっかり話を聞く
・就職してからのイメージを明確に話す
・履歴書は誤字脱字に気をつけ丁寧に書く

 

「当然のこと」と思う人もいるかもしれませんが、これらのポイントをしっかり押さえるだけで、印象は大きく変わります。採用担当者の不安を払しょくして内定に近づきましょう。

ブラック企業を見極めよう!

19歳の就職で気をつけたいのは、ブラック企業の存在です。
「未経験歓迎」や「高卒可」といったキャッチコピーを打ち出し、19歳の応募を歓迎している企業の中には、いわゆるブラック企業が含まれていることもあります。入社後に後悔しないよう、ブラック企業の見極め方を押さえておきましょう。
 

ブラック企業の見極め方法は?

ブラック企業を見極めるには、情報収集を念入りに行うことが大切です。求人票を確認したり説明会で話を聞いたりして、判断しましょう。
主な見極めポイントは、以下の4つです。
 

1.給与が異様に高い

同業他社と比較したときに、給与が異様に高い企業は、過酷な労働条件である可能性が高いです。残業時間が長い分、みなし残業手当が含まれていたり、休日出勤を頻繁にさせられたりする恐れがあります。応募する前に、念入りに給与について確認するのがおすすめです。
 

2.仕事内容について具体的に触れない

「新人でも活躍できます」「アットホームな職場です」などのキャッチコピーばかりを掲げる一方、具体的な仕事内容を明かさない企業には注意が必要です。
ブラック企業は実際の仕事について掘り下げると、応募者が少なくなってしまうため、聞こえのいい言葉で実情を隠そうとする傾向があります。また、入社した人が長く続かないため、新人でも活躍できるという裏があることも。入社してみたら過酷な業務が待っていた…ということもあるでしょう。
 

3.離職率が高いまたは書いていない

離職率が高かったり、そもそも求人票に書いていない企業は、人材の定着率が低いと考えられ危険でしょう。仕事を辞めてしまう人が多いということは、労働条件が悪く、仕事内容に問題がある可能性が高いです。
 

4.面接時に内定を出す

面接の最後に即座に内定を出す企業はブラック企業の可能性があります。入社してもすぐに辞める人が多く、急いで人材を確保したいという気持ちの現れと考えられるからです。
これらのポイントは、インターネットを使い、自分でリサーチを進めることも可能ですが、限界もあるでしょう。そこでおすすめしたいのが、就職エージェントの利用です。就職支援サービスでは、就職先の紹介やセミナー開催、相談などを実施しています。企業の内部情報も把握している場合が多いので、ブラックかどうかの見極めも任せられるでしょう。

 

ハタラクティブは、若年層専門の就職エージェントです。専任担当制を採用しているため、相談から内定まで同一スタッフがサポート。就活の基本や具体的な対策など、いつでも気軽に相談できるのが特徴です。また、ハタラクティブで扱う求人は未経験者歓迎が多数。学歴不問の求人も多く、人柄重視の採用をしてもらえます。サービスはすべて無料となっているので、初めて利用する方もご安心を。
「経歴に不安がある」「周囲に相談できる人がいない」「そもそも、就活の方法が分からない」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION